鬼滅の刃アニメとコミックどっちがおすすめ!これから見る人は原作漫画がいい?ファンの意見は!

鬼滅の刃はアニメとコミックどっちが面白いのか!

kimetsu_01

男性に限らず女性にも人気の「鬼滅の刃」

今注目のアニメ・コミックとして話題の作品ですね。

原作のコミックはもちろん、アニメも大好評の鬼滅の刃ですが、より面白いのはどちらなのか。

これから鬼滅の刃を楽しみたい人には、鬼滅の刃のアニメとコミック、どちらがおすすめなのか。

実際に鬼滅の刃ファンの意見をみてみましょう。

鬼滅の刃原作コミック・漫画がおすすめ

鬼滅の刃なら原作のコミック・漫画の方が面白い、という意見がこちら。

・原作でキャラクターの心情を省略することなく楽しんでほしい!余白ページの「大正コソコソ話」(おまけの豆知識コーナー)や学園設定のページは必読です。漫画の臨場感、言葉選びなど絶対におススメです。泣けます。

・アニメの方が、手軽で動きや音声があり、時間もかからず、見やすいようには想いますが、やはりコミックで最初から読んで話の流れや細かい感情みたいなものを予習してから、アニメを見た方が、より解かるかと想います。この作品に限らず、コミックや原作がある場合は、そちらを先に見てからアニメを見る方が良い気はしています。

・アニメはオープニングの曲も映像もかっこいいし、作品自体もとても良いのですが、大人が見るのにはどちらかを選ぶのならコミックの方がじっくり読めるし、何度も繰り返して読めるので、作品の展開が早い分、理解するのにアニメより断然わかりやすいと思うからです。

・アニメでやっていないところも見れる。細かく書き込まれた漫画に引き込まれて欲しい。先生の絵のタッチが好き。戦いのかっこよさ、臨場感のある動きがとてもすき。キャラそれぞれのかっこよさを体感して欲しい。コミカルな部分の可愛さもいい。

・アニメでは限られた時間の中で話を進めていかないといけないけれど、原作のコミックではもう少し丁寧に描かれている部分もあるし、自分のペースでキャラの心情を追いつつ続きの話を見ていくことが出来るから。また、キャラの表情がじっくりみられるから。

・正直どちらもおすすめですが、どちらかというならコミックスをおすすめします。読みやすく設定や展開も王道的な流れなので一気に読み切ることが出来ると思います。さきにコミックスで細かい設定などを理解したうえでアニメを見るとより楽しめると思います。

・アニメの方には、既に声が付いているので何となくキャラごとのイメージが声で伝わってくる、臨場感があるという良さがありますが、敢えてコミックから読み進めることでキャラの性格などを探り探り知ることができ面白いと思います。また、如何にアニメ版の声がしっくりくるかというのもわかると思います。

・個人的には、漫画からはいっているので、原作を大切にしたい。アニメが悪いということではないが、こまごましたところで、差異が出てきてしまう。どうしても、原作の内容と比べてしまうため、個人的には漫画だけをみてほしいと思う。

・「鬼滅の刃」のアニメは見たことがなく、コミックで既刊を読んできたこともあるが、もともと声優の声の演技が入ったアニメより、丹念に心象風景が絵と文字で描写され、後は自分で想像を広げる形のコミックが自分の性に合っているため。

・正直に、アニメよりも漫画の方が始めるハードルが低いかな?と思うので漫画です。読み始めればその魅力はすぐに伝わると思います。でもアニメもコミックもどちらも素晴らしいと思います。でもアニメを見る人が増えると二期に繋がるかもしれないのでアニメをおすすめする気持ちもあります。

・アニメしか見ていないが社会現象になるほど面白いと思わなかった。原作は面白いのにアニメはいまいちというパターンは多いのでたぶん漫画のほうが面白いのだろうなと推察した。機会があればぜひ漫画を読んでみたい。

・アニメも技の臨場感があり見ていてワクワクする作品になっていますが、全体的に戦闘シーンが長く感じる。また、アニメが放送されているのはまだ物語の半分にも満たないため、今の時点でおすすめできるのはコミックの方だと感じました。

アニメの方が面白い

鬼滅の刃はアニメの方が面白い・おすすめ、という意見がこちら。

・コミックも展開がどんどん進んで面白いが、やはりアニメをお勧めする。アニメはとにかく絵がきれいで見とれることもあるくらい。また、鬼との戦いのシーンも漫画より動いている絵の方が状況が分かりやすくて好き。漫画も単行本は全巻読んだが、早くアニメで動いている絵で見たい。

・漫画では技の動きがイマイチわかりづらい。アニメは相当気合が入っていてみていてワクワクする。特にバトルシーンはかなり見どころだと感じた。漫画も悪いわけではないが描きたい絵と描いている絵に差があるように思える。

・作画、サウンド、CV等、全てが高水準であり、初心者の導入として理想的なものに仕上がっているため、まずはアニメから見ることをおすすめしたいです。ただし、アニメの範囲では活躍していない魅力的なキャラも多くいるので、アニメを見て興味を持った人には是非コミックも全巻読んでほしいと思います。

・もちろんコミックも面白いが、鬼滅の刃のアニメは映像に非常に凝っており、とても迫力がありお勧めできる。また、声優も豪華でそれも見どころの一つである。そしてOPの曲が非常にかっこよく何回見ても飽きないのでおすすめです。

・鬼滅の刃のアニメは、とてもクオリティが高いです。映像の美しさや、キャラの動きの滑らかさは、鬼狩の戦闘シーンで顕著にあらわれています。また、アニメ中の音楽も素晴らしく、各エピソードがとても感動するものだからです。

・カラーでの色合いが独特できれいです。また、声優さんの声がキャラクターのイメージにぴったりで特に善逸の声がかっこいいです。この作品はバトルをしているところも見どころの一つなので、アニメのほうがより迫力があり最大限に楽しめると思います。

・基本的には原作(コミック)がおすすめですが、普段から、時代ものや異世界、絵柄の癖などで読みすすめる方が苦手というかたは、アニメなどはアマゾンプライムなど安価に視聴することも可能なので、アニメで試しに少し見てから、コミックを購入してみるのがいいかもしれません。

・先ずビジュアル面でアニメ化した際にとても綺麗にデザインされなおされてとても良い感じになっており、そして挿入歌と合わさった時の雰囲気がとても良く、特に鬼の累とヒノカミ神楽を用いて戦ったシーンはとても感動してしてしまい、そんなアニメ版をおすすめします。

・どちらから入ってもハマると思いますが、アニメから入った方が入りやすいと思います。すずにハマると思うので、そのまま続きをコミックスでみる流れが楽しめると思います。気づいたらそのうち全巻揃えてしまうと思いますが。

・コミックももちろん面白いのですが、アニメの方がコミックで省略されたところも拾っているところ、作画が良いところでおすすめです。アニメの動きは戦闘シーンをより盛り上げているので、導入としてはぜひアニメからが良いと思います。結局コミックも読んでしまうかもしれませんが…。

・正直なところどちらでも大丈夫だと思っています。私は本誌で読んでからアニメをみましたが、アニメから入った方がキャラクターを覚え易いと思うので普段こういう作品に触れない方はアニメから入った方が良いかもしれません。

・ufotableさんの作画がとても綺麗で、作品のイメージにもあっていることと、声優さんの演技も素晴らしくて世界観に入り込んで作品を楽しむことができると思うからです。また、内容がまとめられていて、内容も理解しやすいと思うからです。

・コミックでは絵のタッチや描き方がシーンによっては怖く感じることがあります。アニメではそんな部分が少しマイルドに緩和されている部分があるように感じます。お子さんや女性など、少年漫画にあまり馴染みのない方など幅広い層が見やすいのはアニメだと思うからです。

・アニメを視聴したのちにコミックを見た方が良いと私的には思います。アニメは物語の導入や作画が非常によくできているため、まだ見たことのない方はアニメを視聴してほしいです。シナリオも丁寧なため、アニメをお勧めします。

・私がアニメから入ったというのもありますが、とにかく映像が鮮やかできれい。原作は少しくすんだ色味でそれも魅力ですが、好き嫌いは分かれそう。わりとグロテスクな描写もありますが、映像の華やかさと豪華な声優さんたちで楽しめると思います。

・この作品は戦闘シーンがかなり多く、アニメ版のほうがより戦闘の臨場感や息遣い、表情変化などを感じ感情移入しやすいと感じています。また何よりOP曲のLISAさんの「紅蓮華」とのマッチング感がよりこの作品の 面白さを引き出しているので、アニメ版をおすすめします。

・アニメでは、声優さんのアニメに対する感情が入り凄く見やすい。色々なキャラクターがいますが、それぞれキャラクターの声があっており楽しい。また醍醐味である必殺技を出す時の映像が漫画と違ってリアルに見えどんどんハマっていきました。

・まず映像がすごく綺麗です。LiSAさんの紅蓮華が流れるオープニングも最高にカッコいいです。これは漫画では味わえない感動です。あと声優さんの名演技もアニメならではですね。声優さんの演技力がすごいので本当に感動します。

・アニメは1~2話の間に盛り上がる場面が必ずある、自分で読むアクションが必要な漫画と違い、受動的態度で臨めるから。対して漫画だと、最初の方は、週刊少年ジャンプの連載にしては展開が遅めだったため、面白くなってくる前に飽きる可能性がアニメより高いと思われるから。

・作画が神。戦闘シーンも背景もすべてが作りこまれていて綺麗。戦闘シーンのコマ割りは特に!必見です。主軸はコミックスと同じですが、簡略化されている部分も多いので話の展開が早くて一気見に向いてる。声優陣が豪華ではずれがない。

・ストーリーそのものはコミックで知り、面白さのきっかけはコミックなのですが、アニメでの世界観や戦いの激しさを臨場感たっぷりに伝えてくれる魅力はコミックにないものだと思うからです。コミックでの主人公の技の描写が少しイメージしづらいものだったのが、アニメで分かりやすくなった気がします。

・コミックで読んだことがないのですが、アニメで1話から見始めて2日で見終わりました。コメディ色のある部分においても、絵のタッチや音でとても楽しく、感動的部分では涙が自然と流れるほどの人間的な感動がしっかり表現されていて鬼も鬼狩どちらも感情移入して見れました。楽しかったです。

・私の中の鬼滅の魅力の1つに色彩の豊かさがあります。羽織やキャラクターの色合いがアニメの方が綺麗に伝わると思ったからです。
あと時代背景や雰囲気も漫画よりアニメの方がすんなり入ってきて見やすかったからです。

・コミック版は、決して絵が上手いとは言えず、戦闘シーンがおざなりな印象。それに比べて、アニメ版は演出が綺麗でなおかつスピード感があるので、見ていて楽しい。ufoの作画が元々クオリティが高いので安心して見れるのもポイント。

・技を出すときの表現が昔の葛飾北斎の絵を思わせるような描き方で面白いと思いました。コミックの方ではその水の動きがみられないのでアニメをまずは見てほしいと思います。おすすめはコミックを見てからアニメ、アニメの後に気になるところ重点的にコミックでおさらいです。

・コミック、アニメとどちらも捨てがたいですが、やはり声優さんもとても豪華で一話しかでてこないような敵にもすごい有名声優さんを使用しています。他のアニメをみた人なら聞いたことがある声がでてきます。あと映像もとても綺麗のでアニメオススメです。

・漫画だと登場人物達の声が聞けるので絵だけでは伝わらない本人たちの気持ちがすごくわかるからです。それに、それぞれの髪や刃の色や鬼の細かな模様や色がわかるからです。あと単純な理由ですが鬼滅の刃は話がすこし複雑なので漫画と違い頭で考えながら読まなくても理解しやすいからです。