二重あごの原因と対策!美顔ローラー・リファカラットは効果ある?解消のためのトレーニング・マッサージは!

二重あごの対策どうしてる?

ago

年齢の増加・体重の増加で気になるからだの箇所の一つが、「あご」

昔はそんな事なかったのに、といつの間にか二重あごになっている事も。

そもそも二重あごの原因はなんなのか。

二重あごを予防・解消するためにどうすればいいのか?

今回はじっくりみてみましょう。

二重あごの原因は何?

二重あごの原因と言われているのがこちらの四つ

肥満、むくみ、たるみ、姿勢です。

その中でも特に大きな要因と言われているのは肥満。

あご周りに余計な脂肪がつく事で当然二重あごになります。

またむくみとなって顎部分のお肉が膨れる、あご周りの筋肉が衰えてたれてくる、姿勢の影響によってあごに余分なお肉がたまる、と二重あごの要因は肥満以外にも挙げられます。

そのため、肥満気味の方は二重あごになる確率は高いですし、一方で痩せてる方でも二重あごになるケースがあります。

このようにいくつかの原因があるため、自分が試した対策が効果敵ではない場合もあります。

実際にみんながどんな二十あご対策をしていたのか、その効果はどうだったのか、意見をみてみましょう。

ダイエット

・二重あご解消のためにホットヨガに取り組みましたよ。元々常温ヨガが大好きでホット環境には慣れるまで時間がかかったけどダイエット効果は抜群で、二重あごも体重減少と共に目立たなくなりました。結局体重が減れば二重あごが気にならなくなる程度だったというか、体重の増減が顔に出やすいと分かりホットヨガを続けています。ホットヨガでは滝のような汗を出せます。それだけの環境でヨガに一心不乱になれば二重顎だってなんとかなります。首をねじるポーズがあるときはなんとか呼吸を保てる程度まで頑張っちゃいます。ねじりのポーズは贅肉を落とすのに最高ですよ。呼吸が止らない程度に頑張ったら二重あごであったことを忘れていました。そこまでになるには数ヶ月ホットヨガレッスンに参加する必要がありましたが、ヨガが大好きなので体調が悪くなければ参加してます。体温を上げて汗を出すと痩せますよ。二重顎対策としてもホットヨガはオススメできます。

・20代から30代の若い頃は二重あごになるなんて想像もしていなかったです。しかし、40代の後半になり、ふと鏡で下を向き、上目遣いで自身の顔をみたとき、二重あごがたっぷりついていることをみてしまった。それからというもの、太ってきたことをお腹の肉や、下半身についた脂肪を見るたび、危機感を感じるようになりました。痩せなければと思い立ち、運動や食事制限に努めました。具体的には会社の昼食後には20分ほど歩くようにしました。しかも結構なはや歩き、大股で行い、下半身に筋力をつけるようにしました。また、腹筋をすることを毎日の習慣にしました。しかし、肝心の二重あごに対しては初め何をすれば良いのかわかりませんでした。でもとにかく体重を落とせば自ずとなくなっていくのだろうと思っていました。しかし、体重が落ちて腹筋や下半身が強化されれば、すぐに見た目に違いがでますが、二重あごには影響がなかなかでません。それでも鍛えようのない二重あごに対しては、まず体重を落とし、下を向かず二重あごを作らない姿勢を心がけています。

姿勢・生活習慣修正

・まずスマホを見る時間を減らしました。3時間くらいは見ていたのを1時間にしました。スマホ以外でもパソコンや書き物をするときは、あごを縮める感じの姿勢になっていないか気をつけます。それでもだんだん顎のあたりが縮こまってくるので、そばに鏡を置いてチェックします。たまに首をそらせて上を向いて30秒キープします。また朝と夜の洗顔後にリンパマッサージをします。両手の親指を立てて顎に置き、耳まで滑らせ、ゴリゴリと老廃物を押しつぶすように移動させます(3回)。そのあと耳後ろから鎖骨の外側に向かって老廃物を流します(3回)。鎖骨の内側から鎖骨の外側までリンパを流します(鎖骨の上のラインを3回、鎖骨の下のラインを3回)。次に脇を親指と人差し指、中指で挟んでもみもみとほぐします(右と左3回ずつ)。朝晩続けて2週間くらいで、フェイスライン全体が引き締まったような気がしました。あとはシェーディングを入れて、目の錯覚で顎を細く見せます。

舌のトレーニング

・自分は小さい時から太り気味で小学校、中学校、高校と太っていたことがコンプレックスで大学受験を終え大学に入学したあとに本気で痩せようとジムに通いました。週に3回ジムに通い体重もMAX75キロから65キロまで痩せましたが、どうにも顔のお肉とが取れず二重あごになっていたのが気になり、毎朝顔のマッサージや首から上の顎らへんのお肉を内側に運ぶようにマッサージしました。入浴後も同様にそのマッサージをしました。その効果はあまり良くなく多少なりとも変化ありましたが見違えるような変化はなかったのでインターネットで二重あご解消のマッサージ検索し、舌回しとゆう方法を見つけ実践してみると最初はあまり効果はなかったのですがみるみる効果がでてきて今では自分の顎ラインは顔の自信のあるところになりました。他にも顎の下のマッサージなども試しましたが舌回しが自分的には一番効果的面だと思います。毎朝と入浴後かかさずするのはしんどかったですが、効果がでて良かったです。

・ YouTubeで「造顔マッサージ」と検索してそれとおりにやる。そのマッサージは重たいジェルが必要なので、ニベアクリームを使用した。そのマッサージをしたことで、顔色や顔全体がシャープになった。YouTube関連でいえば、音楽に合わせて顔を動かすのを暇な時間やった。しかし、顔全体は効果があったが二重アゴだけに効いているかと言われるとかなり微妙。また、舌回しを上周り下回り合わせて10回ずつした。しかし、二重アゴの効果で言うとあまり下回りは効果がなかった感じがある。運動関連でほかにしたことは、上を向きながら舌を出し、それを左右に動かすのを毎日50回ほど。その運動に関して言えば、気になる二重アゴ全体が伸ばされるのでかなり効果があった。普段からも上を見る時には、首を伸ばすようにするなど「ながら体操」をした。首をしっかり伸ばす運動をしたことで首がスッキリしたのが3ヶ月くらいでわかつた。あえて顎を引いて二重アゴをつくるようにしてみると、前は直ぐに二重アゴになったものがかなり顎を引かないと二重アゴを作れなくなったので効果はあったと思う。

・毎日継続して行っているのは舌回し運動です。続けることに意味があると思っているので、確実に続けられるよう、毎朝右回し・左回しでそれぞれ10回のみ行います。それ以外の時間は、例えば通勤時に自転車を漕ぎながら回したり、トイレに入っている間に回したりと、気がついた時に行ってあご周りの無駄な肉を落とす意識を持っている状況です。数年続けていて、二重顎はもちろん、顔全体が引き締まったように感じています。舌回しと同時期に始めたのが頬やあご周りのツボ押しです。舌回し運動と一緒に続ける事で更に効果が上がるでしょう。また、1日に何十本もの電話を取り続ける仕事に10年以上就いていましたが、2年ほど前に電話の全くない仕事に転職して以降、二重あごが目立つようになった気がします。そのため、お風呂場やテレビを見ている時間などに、スマホで検索した物語等を大きな声で朗読して口周りの筋肉を鍛えるようにしています。口を大きく開ける事で二重あご改善に効果が出ていると思います。

・ストレッチと小顔ローラーを使ってマッサージをしました。ストレッチは顔を上(目線を上に向けて顎をのばすような感じ)にして、舌をだして数秒キープします。テレビで紹介してたものです。これは首から顎にかけてすごく伸びてる感覚があるので毎日続けてましたが、二重あごの解消というよりかはたるみ防止のほうにきくのかなと思いました。小顔ローラーは、「コジットのセイルローラー フェイスアップローラー」というやつで、ローラーが2個ついてるものと1個のものを組み合わせて、頬と、首から顎にかけてを同時にできるものでした。最初に使ったときはお肉が挟まれる感じで結構痛かったです。でも老廃物が詰まってるからなのかなと思い頑張って続けてたら痛くなくなりました。今思うと馴れだったのかよくわかりません。そのころ全体的に体重が落ち始めて二重あごが解消されましたが、小顔ローラーのおかげではなく、体重が落ちて自然と解消されたのかなと思います。

ストレッチ・トレーニング

・二重あごを無くすために、ストレッチと筋トレを重点的に行いました。まずは、お風呂に入って体が温まり結構も良くなっている所で、リンパを意識しながら拳を作ってマッサージを念入りに行います。お風呂上がりにヴェレダのホワイトバーチオイルを塗って、セルライトをつぶす木製のローラーでゴロゴロと鎖骨に向かって転がして行きます。この時、オイルは首から鎖骨の下脇の方まで塗っておき、鎖骨から下はローラーではなく手のひらで脇まで流していきます。忘れがちですが、耳の後ろ側や首の後ろも手のひらや指でしっかり痛い位に流して脂肪をリンパに運ぶようにしています。日中は、デスクでの仕事ですが、合間合間に首を捻るストレッチを行い、顎下の筋肉を鍛えるようにしています。肩を後ろに引きながら、上体は前を向いたまま、あごを肩とは反対の方向へ回しますしっかりと首回りの筋肉が伸びていることを意識しながら、左右同じように数回繰り返します。その後は、手のひらで優しく鎖骨から脇に向かってさすりおろしておきます。とにかく意識しながら動かす事で、顎と首の境目がハッキリとしてきました。

・二重あごを解消する為に、まず私が取り組んだことは フェイスローラーです。最初は半信半疑だったので手頃な価格で手に入れようと100円ショップで購入しました。それなりだろうと思っていましたが、1日30分ぐらいお風呂上がりに使い初めてみると 不思議なことにむくみが取れてきたように思います。フェイスラインが少しですがスッキリしました。その他に商品名は忘れてしまいましたが お風呂に入りながら被れるマスクのようなものを付けています。これは代謝が良くなり汗をかきます。びっくりするぐらい汗をかくので、毎日付けてみると顔のむくみが取れてスッキリします。肌も綺麗になるしおすすめです。その他には器具ではありませんが、リンパマッサージもしています。耳やリンパにはいいツボがたくさん集中していると聞いた事があります。試しに首のラインから耳の裏に向かってリンパマッサージをしてみました。痛気持ちいい感じでほかほかしてきます。血行が良くなりフェイスラインがスッキリするのでおすすめです。

フェイシャルエステ

・①舌を使った口輪筋の筋トレ→フェイスラインが改善した、二十顎にも効果あり。ひきしまる。映画みながら、本読みながらできるので楽。コストがかからない方法の中ではなかりいいと感じた。②自分でリンパマッサージ→ネットでマッサージ方法を探し、寝る前や入浴時に実践。顎下から耳までなぞって、胸鎖乳突筋をなぞり、鎖骨へ流すマッサージを繰り返し行う。保湿クリーム(ビオレの保湿クリームシリーズ)などを使用して肌に負担がかからないように気を付ける必要があると感じた。こちらもフェイシャルラインが引き締まったように感じた。1週間程度続けた頃には顎周りのラインに改善を感じたと思う。③フェイシャルエステ→クーポンをいただいたので施術を受けてみた。たかのゆりビューティークリニックのフェイシャルコースだったと思う。数年前なので詳細なコース名までは思い出せない。施術前と施術後で顔が変わる。顎周りはもちろん顔全体が引き締まり血色がよくなった。金額はお手軽とは言えないのでなかなか続けていこうとは思わなかった。

リファカラット

ago_00

・二重あご解消のために取り組んだことは100円ショップなどで売っている美顔ローラーやカッサを使ってのマッサージです。効果は感じられなかったのでシルク姉さん考案の舌運動(当時流行っていたこともあり)で顔のストレッチは顔が痛くなるくらい続けてみました。リフトアップやほうれい線には効果を感じましたが二重あごの解消とまではいかず続ける事を断念しました。年齢的に太った二重あごとは違ってたるみによる二重あごに変化してきた事もあってリファカラットを楽天で購入しました。価格は3000円程度。使い方はローラーと同じく顔の上でコロコロと転がすだけなのですが、二重あごには効果がありました。顔の半分だけで効果をみたところ明らかに顔のラインがスッキリしたので楽しくなってゴリゴリし過ぎたら筋肉痛になってしまいましたが、速攻性はありました。ただ毎日続けるのは面倒で「この日は!」と言う時だけお化粧前と寝る前に使っています。

・自分の顎が小さいという事もあって、昔から2重アゴで悩んでいました。中学生の頃はお金もなかったので、お風呂の中でアゴにラップを巻いた上からホットタオルを巻いたりしていました。年齢が上げるにつれて、ネットやレテビの情報を参考にしていろいろ試したのを覚えています。あと100均の「かっさ」をつかってみましたが、オイルなどつけていないととても痛かったです。リンパが滞っていた言うよりか、こすれて痛い感じ。何回か使っただけでアゴした(骨に沿って)内出血をしてしまいました。結局、1番効果があったのは「リファカラット」。ひたすらゴロゴロしていました。もちろん今も使っています。ずっと使っていても痛くならないしスッキリしたような気になります。

・二重顎解消に美顔ローラーを使っていたことがあります。リファという顔の上でコロコロ転がすと微弱な電流が流れるアレです。当時使っていたものは初代のリファ。まだ出はじめで、行きつけの美容院で小顔対策に良いよと紹介され勢いで購入。二重顎がずっと気になっていたので顔の下半分を重点的にコロコロやってました。微弱電流が流れていたのかは確かめられなかったです。でも、コロコロマッサージしていると顔の血色が良くなったのはたしかで、目には見えない微弱電流の存在を信じて3年間程度リファを使いました。入浴中にもコロコロやってましたよ。分解して洗うことが出来たしお湯の中でも使える便利さも気に入っていました。小顔になれたかは分からないけど、当時顎のラインがシャープになったような気がして、結構な価格だったけど買って良かったと思いました。