エール面白い?つまらない?朝ドラ感想評判口コミ!志村けんは何話から?

朝ドラエール感想口コミ評判

asadora_02

朝ドラ「エール」がスタート。

コロナ騒動で世間が暗いムードの中、明るい雰囲気のドラマに期待が集まっています。

またコロナウイルスに感染し残念ながら亡くなられた志村けんさんが登場する作品という事もあり、注目のドラマです。

そんな朝ドラ「エール」ですが、おもしろいのかつまらないのか、みんなの感想評判はどうなのか、意見をみてみましょう。

連続ドラマ小説「エール」面白い

エールが面白かったという意見がこちら。

・良かった点は窪田正孝さんと二階堂ふみさんが主人公という点。greeenが主題歌を歌ってる点。作曲家?の人の人生というのは最近はなかったと思うので、新しい感じで良いのではないかと思う点。最近は暗いニュースが多いので、音楽で幸せにしてくれると良いなと思いました。

・これまでにない朝ドラだと思います。明るく楽しい演出が、暗いニュースが続く今には、とても必要なのだと思います。紀元前からスタートするというのは、想像もできず、最初はチャンネルを間違えたかと思ったほどでした。あんな斬新な始まり方は、見たことがありません。

・紹介パートは縄文時代から始まり、CGによる火山噴火の絵が印象的でした。フラッシュモブでプロポーズをするパートでは、窪田正孝のダンスがキレッキレで格好良かったです。二階堂ふみの切り返しも面白かった。本編パートに入っても主演の二人の関係性ややり取りがメインで進んでいくのだろうなあと、二人の表情など期待が持てます。警備員・萩原聖人がキーマンです。

・主役の窪田正孝さんと二階堂ふみさんの明るく可愛らしい笑顔が何より良かったと思います。主題歌も大好きなGREEEENの曲で朝から元気がもらえそうに感じました。また両親役の唐沢寿明さんと菊池桃子さんも短いシーンの中でも存在感ばっちりで安心する演技でよかったです。これから主人公の二人がどう出会って、素敵な曲を生み出していくのか楽しみになりました。

・このドラマを見て、改めて音楽が生活の中の娯楽に必要なものなのだと感じました。主人公・裕一の演技が良かったです。今、コロナウイルスで世界中が揺れていて緊張している時なので、ストレス発散や緊張を解きほぐしたい時にピッタリの作品だと思いました。

・物語のはじまりに、ドラマ全体のハイライトとなる「最も主人公が輝くとき」を持ってくるのは朝ドラ特有の導入部です。今回は東京オリンピックの楽曲を作曲した主人公が、オリンピック開会式会場へ夫婦で向かう場面。これに続く主人公の半生をこれから見ていくという期待感の高めながら、主人公が誕生した瞬間へ一気に飛ばして第一話を終えた構成はほかったと感じています。

・主人公裕一の繊細な性格がよく表現されていました。責任ある仕事の重圧感から吐いてしまったり、隠れてしまったりと人間味があって親しみを感じました。奥さんの音がしっかりしていて夫婦愛を感じることが出来ました。窪田さんも二階堂さんも演技力があるので今後の展開が楽しみです。

・まず俳優さんが好きな人だから良かったです、(ダンスも上手かった)あと原始時代から始まり二人の原点から織りなされるドラマが楽しみで仕方ありません、スカーレットを越える明るいドラマになる事をかなり期待しています。

・とても気の弱い主人公でありながら、素晴らしい音楽を世の中に送り出して人々を元気づけたりしているという設定に興味がわきました。長崎出身のオリンピックの係員に主人公が感謝されるシーンが特によかったなと思います。

・いきなり原始時代から始まったのはびっくりしましたけど斬新で面白かったと思います。そして時代はどんどん流れ現代にたどり着いた流れも良かったです。主役の窪田正孝さんの気弱で頼りない役どころ上手に演じていたと思います。

エールつまらなかった・面白くなかった

エールがつまらないかった、面白くなかったという意見がこちら。

・始め昔の設定で始まり、時代がコロコロと変わっていく。でも、窪田正孝さんと二階堂ふみさんの2人がいつも出てくる。音楽はいつの時代にも大切なものなんだ、と言われるとなんとなくその設定は納得できるけれど、ドラマがいつまで経っても始まらない感じで、少し残念な感じでした。

・もう少し説明がほしかったと思います。場面展開が早すぎで、正直、ついていくのがやっとという感じでした。もう少し、ゆっくりとなぜ人類は音楽と共に生きていくことになったのかを知りたかったです。

・1話だけの導入なので、まだストーリーがわかりません。オリンピック入場曲を作曲し、その曲に自信が持てなくて窪田正孝がトイレにこもってえずくシーン、トイレの汚さがリアルで食事中にはお勧めしません。また、全般窪田正孝は格好悪い役で、感情移入はしにくいと感じます。

・スタートが原始人のコントのような演出から始まり、ミュージカルのようなシーンが斬新さをねらったのかもしれませんが、違和感を覚えてしましました。正直あのシーンを省いて、オリンピック会場のシーンからの方をもっとたくさん見たかったです。

・前説のような、導入部分が・・・なにこれと、新しい面白さを演出しているのでしょうが共感できず、どちらかといえば引きました。ナレーションがいい声の方でなければ、視聴をやめようと思ったかもしれません。自分たちだけが楽しいと言った感じの5分間でした・・・最初から、東京オリンピック場面で良かったと思います。

・第1話を見ましたが、正直、つまらない部分が相当ありました。サプライズのフラッシュモブとか放映されていて、現代に合った演出を試みているのはよく伝わりましたが、痛々しく感じました。シリアスに真面目に放映した方がいいと思いました。

・初回は、15分ではなく30分に延長してほしかったです。もう少し最初にストーリーの流れが大体わかった方が次に見ようかなと思えると思いました。裕一と音の演技はとても良く好きでしたが、他の俳優さん達は何か物足りなかったです。

・「音楽についての物語」という印象付けのためだとは思いますが、主人公の人生とは関係のない「音楽とは」のエピソードシーンにメイン2人を使用した映像が流れると、主人公とヒロインに関係するのか否かの判別が難しく感じられました。また朝ドラでは珍しい演出で、新しいことに挑む、新しいドラマであることに対する主張は理解できますが、第一話はじまりから5分以上割いたことはどう捉えられるか…少々不安を感じました。

・最初の紀元前の場面や、いきなり現代でのプロポーズなど前置きの意味がいまいちよくわからなかったです。プロポーズも夫婦の設定なのになぜ彼氏がいると断ったのかよくわかりませんでした。東京オリンピックの開会式の時から、生まれた時に遡る形だけでよかったと思いました。

・いきなり話が始まって歌はないのかなと思いながら見ていたら最後が歌がなっていて呆気なく終わってしまった、前回は歌が先だったのでまだ慣れない流れに戸惑いながら見ていました話の流れも早かったのでもう一度見たいです。

・冒頭の原始時代から現代にかけて音楽についてあれこれ見せるシーンがつまらなくて残念でした。そのシーンをなしにして、東京オリンピックのシーンから始まった方が主人公に感情移入しやすかったのではないかと思います。

・若い方には原始時代から始まり現代要素も含まれ現代に流れフラッシュモブでプロポーズをするが振られてしまう演出は年配の方には理解できなかったのではないかと思いました。まだ始まったばかりで仕方が無いのかもしれませんが説明が長過ぎて少々退屈でした。

志村けん待ち

志村けんさんが出演するのを待ち望む声も。

ちなみに志村けんさんが登場するのは5月放送分だという事です。

・志村けんさんが登場するという事ですので、それまでは見ようと思います。今のところまはまだ様子見です。

・個人的にはスカーレットの方が好みだが、志村けんがでるのが楽しみ。亡くなったのは残念だが最後にエールでもう一度会えると思い、登場を楽しみにしている。