口内炎の原因と対策対処方法!効果がある人気の商品はどれ?チョコラBBや塗り薬がおすすめ?

口内炎の原因と対策!

Mouth

口内炎の原因はなんなのか。

また、口内炎の対策や、実際に口内炎ができた場合の対処はどうすればいいのか。

今回はみんなが実際に行っている、口内炎の対策方法や対処方法についてまとめてみました。

その効果はどうなのか、自分にあった方法はどれなのか、是非ご参考ください。

様々な口内炎の種類と原因

一口に口内炎といっても、実は様々な種類と原因があります。

まずはその種類と原因について見てみましょう。

アフタ性口内炎

原因が特定しずらい口内炎の症状。

一般的に免疫力が低下する事で発生すると言われています。

また、ストレス・偏った食生活等による栄養不足の他、口腔粘膜が損傷する場合でも発生します。

免疫力なのかストレスなのか栄養不足か、もしくはそれらの複合なのか、という事を数値的に測定する事が難しいため、厳密に原因を特定しづらいですが、意識的にケアする事は可能です。

カタル性口内炎

外的損傷が原因で発生する口内炎です。

よくあるケースは、虫歯・入れ歯の不具合、口腔粘膜の損傷。

また、やけどもカタル性口内炎にあたります。

ウイルス性口内炎

その名の通り、ウイルスが原因の口内炎です。

白い苔状の斑点ができるのが特徴です。

また、アフタ性口内炎かと思ったら、実はウイルス性だった、というケースもあるので、気になる場合は早めに病院で受診するのがおすすめです。

代表的なウイルスの種類には単純ヘルペスウイルス、水痘帯状ヘルペスウイルスがあります。

アレルギー性口内炎

アレルギーがある場合、口内炎が発生する事があります。

食品だけでなく、金属アレルギーが原因で口内炎になる事もあるので、気になる方は一度検査をしてみるのがいいでしょう。

ニコチン性口内炎

喫煙によるニコチン摂取が原因となる口内炎です。

喫煙習慣のある方が気を付けたい口内炎です。

口内炎対策どうしている

実際にみんなが口内炎対策をどうしているのか、その方法について意見をみてみましょう。

食生活で防止

・暴飲暴食をしないようにすること。口内炎ができる時は、限って、外食が続いて脂っぽい食べ物やお酒の飲みすぎなどで食事が乱れてしまうときによくできていたので、毎日の食事に気を使うこと。あとは、ビタミンCを摂ること。

・口内炎を防止するために、ビタミン摂取を心がけ、いちごやオレンジなどのフルーツやブロッコリーなどの野菜を食事で取るようにしています。ビタミンが不足してると感じた時は、サプリメントを飲んで、なるべく不足しないように補っています。

・胃腸が悪くなると、口内炎ができやすいと思っていますので、なるべくゆっくり食べるようにしています。また暴飲暴食もしないようにもしています。栄養バランスにも気をつけています。肉中心にならないよう、ビタミンを多く含む野菜を多く取るように心がけています。

ストレスをためない

・口内炎ができないようにするために、1番はストレスを溜めないことだと思います。去年までは口内炎が出来ては治っての繰り返しでした。抱えていた荷物と責任がなくなってからみるみるうちに回復して、今ではほとんどできません。

十分な睡眠

・ストレスと疲労を溜めないように気をつけています。ストレスは趣味で発散して、疲れてるなと感じたら、いつもより多めに睡眠を取るように心がけています。睡眠をしっかり取るようになってから、口内炎が出来にくくなりました。

・睡眠不足になると口内炎ができやすくなると感じますので、なるべく睡眠不足にならないように生活のリズムが狂わないよう心がけています。また食事のバランスにも気を付けています。特に緑黄色野菜を取ることを心がけています。

外傷に気を付ける

・口の中を傷つけないように気を付けております。熱いものは冷ましてから食べる、ゆっくり食べて唇をかまないようにするなど。口の中を清潔にするため、歯磨きの後のリステリンなどを使って常に清潔な状態を保つように気を付けております。

・口内炎は主に食べ物で口に傷付けると出来る、と前に医師から直接聞きました。フランスパンやせんべいなどの固いものは少しづつ口に含んで食べるようにしています。魚も骨に注意を払い、箸でなるべく骨を取り除いてから食べるようにしています。

・寝不足や疲労の蓄積を避け、免疫力を維持するよう努めています。歯の治療後に噛み合わせが変わるとそこから頬を噛みやすくなって口内炎になりやすくなることが多いので、噛み合わせの状態を良くするようにも務めています。

体調を整える

・お腹や身体の状態が、顔や口内炎で出ると思うのでまずは、体調を崩したり胃に悪いものを取りすぎないようにしています。けっこう風邪などを引いた場合にも、菌のせいなのか口内炎になったりするので免疫を落とさないことも大切かなと思いっています。

口内の乾燥を防ぐ

・私の場合よく口内炎ができるのは睡眠不足時のほかに、深酒をした後だと気づきました。口を開けて寝てしまうことで口腔内が乾燥してしまうのが原因と思い、飲みすぎないこと、飲みすぎたあとでもしっかり歯を磨きリステリンをすること、水を十分飲み睡眠時間を確保することにしています。

口内を清潔に保つ

・口の中を噛まないように気を付ける事と、清潔に保つ為にマウスウォッシュを使用するようにしています。殺菌作用があるマヌカハニーを毎日ティースプーン1杯程摂取しています。なるべく睡眠不足にならないようにしています。

・口の中を清潔にすることが1番だと思うので、食後の歯磨き(できない時はマウスウォッシュ)をすることと、水分をしっかりとること。あとは太ると噛んでしまい口内炎になるので、顔ヨガをして顔に肉がつかないようにしています。

・いついかなる時でも食後の歯磨きを欠かさないようにしています。(キャンプ等外出するときも歯ブラシセット持参です)また、物を食べる時もなるべく内側の唇を噛んでしまわないようにゆっくり咀嚼することを心がけています。

口内炎になった時の対処

続いて実際に口内炎になった時にどうするか、みんなが実施している対処方法についてみてみましょう。

安定のチョコラBB

・コンビニや薬局、CMなどでもよくみかけるチョコラBBや市販の栄養ドリンクを飲んでケアしています。チョコラBBは、もともと肌荒れ対策として飲んでいたのですが、ストレスや暴飲暴食などで口内炎になることが増え、口内炎予防にも効くと知ってから飲み始めるようになりました。錠剤なので飲みやすく、ドリンクタイプもあるのですがコンビニに立ち寄った際に手軽に買えて飲めるので、出先で口内炎に悩まされる時も助かっています。また、口内炎ができた時にはいつも以上にビタミンCを摂ることを心掛けるようにしています。朝にフルーツを食べるようにするだとか、間食に甘いデザートを食べていた代わりにフルーツをつまむなどのビタミンを摂る意識をして対処しています。

・もしも口内炎になってしまった場合には、口内炎にも効くと謳われている、チョコラBBやトラフル錠などのサプリメントや薬を飲みます。それと並行して、なるべく口内が汚れないように、食後に歯磨きやマウスウォッシュで洗浄し、口内を清潔に保つように心がけています。それでもなかなか治らない場合や、食事中などに噛んでしまい、患部に痛みがある場合には、口内炎軟膏大正Aなど、患部に直接塗るタイプの薬を綿棒や手で塗り、経過を観察しています。また、口内炎の原因は、ストレスや睡眠不足、ビタミン不足による免疫低下と言われているため、ゆっくりお風呂に入って疲れをとること、たくさん睡眠をとり、身体をしっかりと休めることも心がけています。

・口内炎になった場合は、ドラッグストアで口内炎用の貼り薬を購入したり、塗り薬を使ったりしています。塗り薬は口の中が不味くなったりするのであまり使ったりはしないです。貼り薬は昔から使っていますが、口の中に変な味がでないのでいいなと思っています。他には栄養をよく取るようにして対処しています。女性向けの栄養ドリンクなどをよく飲むようにしています。チョコラBBなどの疲労回復や栄養がたくさん入っているものをいつも比較的使っています。価格帯や種類もたくさんありますが、やはり高い栄養ドリンクの方が口内炎には早く効果があるなと感じています。薬と栄養ドリンク二刀流で使うと比較的かなり早く口内炎が回復すると思います。

・口内炎が出来てしまった初期は、その手軽さもありチョコラBBをよく飲みます。またフルーツをとる、サプリメントを摂取するなどでビタミンを摂るよう心掛けます。直接のアプライとしては、口内炎の箇所に直接塗るタイプの軟膏のようなクリームを使用したり、貼るシールタイプ、パッチのものも使用したことがあります。以前までは知り合いが多く使用していることから軟膏タイプを使用することが多かったのですが、口腔内ですぐ剥がれてこうかが薄くなってしまうことが多かったので、パッチライプを使用することが多くなっています。また最近はよく飲み薬(錠剤)をとっており、体内から炎症を抑えてくれるので結局こちらが最も効果があるように思います。

リステリンで殺菌

・リステリントータルケアの紫色のものでうがいを徹底して実施しております。穴の開いた口内炎の場合はとてもしみますが、炎症を少し和らげることができるので痛みをこらえて実施しております。またチョコラBBを粒の場合は3~5粒寝る前に飲んだりします。ドリンクの場合は1本飲みます。あとは、食事をする際はできるだけものが当たらないようにて食べるようにしております。大きいものが出来てしまった場合は口内炎に貼って治すものを使用しております。しかし、あまり得意ではないためできるだけ使用しないようにしております。メインはリステリンの紫色の刺激の強い商品で徹底的に口を注ぐようにしております。若い時はチョコラBBですぐ治っておりましたが、30歳を超えてからは治りが遅くなっております。

イソジンで殺菌

・口内を噛んでしまって口内炎が出来た場合は、食後の歯磨きの後に、イソジンうがい薬で口内をゆすぐようにしています。口内は雑菌が多く、清潔な状態を保てないと、口内炎の治りが遅くなってしまいます。イソジンうがい薬には、ポビドンヨードという殺菌剤の成分が含まれているため、口内を清潔に保つことが出来ます。毎食後イソジンうがいをすることで口内炎の治りが早くなります。栄養不足で口内炎が出来てしまった場合は、チョコラBBとプロポリスが含まれている飴を摂取するようにしています。栄養の中でも特にビタミンが不足すると口内炎が出来やすくなります。サプリメント、健康食品で効率的にビタミンを補給すると、口内炎が早く治ります。

トラフル軟膏

・口内炎ができては治ってを繰り返していた時期に使っていた薬が、「第一三共ヘルスケア」の「トラフル軟膏」です。口内炎に直接手で塗るタイプの薬で、私は寝る前には絶対塗っていました。その他にも気づいた時や、ご飯を食べ終わった後に塗っていました。半透明な感じの色で、粘り気があるさわり心地で、これが私にはとっても合っていて、めちゃくちゃ使っていました。塗った後に少し気になってしまって舌で撫でてしまって薬が取れてしまうことがありますが、それに気をつければ大丈夫だと思います。後は、出来るだけ痛みを感じないようにするためにみかんやレモンなどの柑橘類や、ポン酢など、しみるような食べ物はできるだけ控えるようにしていました。

トラフルクイックショット

・口内炎になった時は、薬を塗るようにしています。トラフルクイックショットという口内炎に効くスプレーをかけて、少しでも早く治すようケアしています。スプレータイプなので、口内炎のできたところに向けてかけれるのでとても助かります。トラフルシリーズは、スプレータイプ以外にも錠剤、軟膏、貼るタイプとあるので自分にとっていいと思える種類を選べるのがいいです。口内炎になった後の治療以外にも、なる前のケアができるのがトラフルシリーズなのでおススメです。トラフルBBチャージならビタミンを摂取できるので、口内炎になる前のケアをすることが可能です。口内炎はなってからが痛いので、ならないように薬を使用してケアするようにしています。

アフタゾロン

・まず、イソジン等のうがい薬で口をクチュクチュとゆすぎます。この時口内炎がかなり沁みますが、すっきりします。これを一日3~4回症状が良くなるまで行います。イソジンがない場合は真水で頻繁にクチュクチュうがいします。そして、朝昼晩歯磨き後3回「アフタゾロン」という薬を綿棒に取り患部に塗り込みます。アフタゾロンは口内炎の治療薬で病院で処方されている他、市販もされています。市販品でも安価で1000円かからなかった記憶があります。うがい薬とアフタゾロンの併用で2~3日程度で口内炎が改善します。あとは気休め程度ですが、ビタミンBのサプリメントを摂取しています。ビタミンBは肌荒れ、ニキビ、口内炎に聞くとメーカーでも謳っている所が多いので信じて飲んでいます。

排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)

・栄養の偏りが疑われる場合は、サプリメントで栄養を補給するよう心がけています。皮膚の再生に寄与するとされるビタミンAやビタミンB、そしてもちろんビタミンCも採れる、DHCの「マルチビタミン」、炎症がさらにひどく収まらないようであれば、ジェ-ピ-エス製薬の「排膿散及湯」をしばらく飲み続けることもあります。痛みがどうしようもない場合は皮膚科を受診するか、薬剤師のいる薬局などで「ケナログ」軟膏などを入手して口内炎の箇所に塗るようにしています。噛み合わせが原因の場合は、歯科医院で適切な処置も施してもらいます。また、ポテトチップやせんべいなどの固いものを噛むときには慎重に噛むようにして、上下の歯のスライドでずれる範囲をできるだけ小さくして頬の内側を噛まないように気を付けます。

アフタッチ

・患部に貼るタイプの商品を使っています。具体的には『アフタッチ(佐藤製薬)』『トラフルダイレクト(第一三共ヘルスケア)』の2つです。ひとからはよく『ケナログ(ブリストル・マイヤーズ)』を薦められますが個人の感想としてはどうしても気になって舌でなぞりすぐに取れてしまうこと、就寝時に悪化することを防ぎたいとの理由から塗るタイプよりも貼るタイプの方が効果が高い印象があります。これらの薬が効果を発揮するのは口内炎が発生した直後、初期と考えています。数日経過し大きくなってからは気休め程度で、あまり効果を感じられません。ごく初期であれば数日で抑え込み、ほとんど痛みを感じないまま無くなることが多いです。口内炎についてはとにかくできてすぐの対応が重要と考えています。トラフル錠もサブとして併用する場合がありますが、あくまでメインは貼るタイプにしています。

デンタルクリーム

・デンタルクリームという透明なジェル状の商品を塗っています。この商品は、透明で目立たないし、ジェルなので取れにくいので、痛みを感じたら塗るようにしています。しみて話しにくい事も改善されます。就寝前は、口内炎パッチという商品を使います。この商品はシールタイプですが、貼りたての時は赤くて多少目立ちます。剥がれにくいし、口内炎をしっかりガードしてくれるので、目立ちにくい部分であれば日中も使う時があります。ステロイド成分が配合されているタイプは、普通のタイプよりも早く治るので重宝しています。大きくて痛みが酷い時は、イソジンを綿棒で口内炎に直接付けて状毒もしますが、かなり痛いです。痛いですが効果はあります。

口内炎軟膏大正クイックケア

・まずは、うがいをよくして口の中を清潔に保つこと。あと乾燥すると菌が増えて治りが遅く酷くなる気がするので、水分をこまめにとる。マスクをして乾燥しないようにする。薬は夜の歯磨きの後に塗り薬を塗り薬(大正製薬の口内炎軟膏大正クイックケア)を塗って寝ます。あまりにひどい痛みの口内炎の時はシールタイプの口内炎の薬を貼って寝ます。あとは食事はしみるので、塗り薬を塗った状態で、なるべくビタミンの多い果物(みかんなど)を取り入れたり、レバーや舞茸のスープなどを作って積極的に食べるようにしています。舞茸のスープは沸騰して舞茸を入れるのではなく、水の状態から入れて沸騰させるほうが栄養が多いと聞いたので水の状態から沸騰させています。

サトウ口内軟膏

・サトウ口内軟膏を使っています。この薬を患部に塗りあとは待つだけです。最初は少し違和感を感じますが時間とともに馴染んできますので気にならなくなります。これを夜に塗って朝起きれば大抵の口内炎は気にならないレベルになっています。完治しない場合もありますのでその時は朝に再度塗りなおしてください。また、口内炎になっている状態での歯磨きについては要注意です。幹部を歯ブラシで激しくこすってしまうとより悪化しますので軟膏を塗った場所以外を清掃し患部付近は優しい(というかほとんど触れないように)ブラッシングを心がけましょう。ここで歯磨きをおろそかにしてしまうとまた別な個所が口内炎になってしまうので歯磨きは欠かさないようにしましょう。

ケナログ軟膏

・通常の場合は軽度であることがほとんどなので、なにもケアせずに自然治癒に任せることが多い。痛みが強い場合はケナログ軟膏を使用する。綿棒に垂れない程度の適量を取り患部に塗布する。飲食したり歯磨き等で軟膏が取れてしまうのでその都度塗布を繰り返す。痛みが気にならなくなるまで継続するが、2~3日で改善しない場合は病院での治療を検討する。その他市販薬で同様の処方を持つもので代用も可能である。あとは食生活を見直すことも重要で、刺激物、食べ過ぎ、渋み成分なども悪化させる原因となりうるので避けるように気を付ける、ストレスを生じないようにリラックスした環境で過ごしたり、十分な静養を心がけることも非常に重要であると考えられる。

新デスパコーワ

・基本的には、食事面で、豚肉や緑黄色野菜、納豆などビタミンが豊富な食材を使った料理を食べるようにして、なるべく睡眠もしっかりとって、自然に治るのを待つ。食事の際に染みて、食事がし辛い、話すときにあたって痛い等なにかしら普段の活動に影響があったり、どうしてと早く治したい時には、市販の口内炎の塗り薬(KOWAの新デスパコーワ)を1日に数回と夜寝る前に塗ったりして、様子をみる。塗り薬を塗れば、1日、2日で、直ぐ良くなることが殆んど。また、ビタミン剤(チョコラBB等)や栄養ドリンク剤(チョコラBB等)を補助的に1日一本飲んだりして、少しでも回復を早められるようにしている。ビタミン剤やドリンク剤は、普段から予防的に飲んでいる時もある。

病院のレーザー治療

・口内炎になった際は、まずは口内を清潔にすることを心がけます。なにか食べ物を食べた後には必ずうがいをし、可能であれば歯磨きなどをするようにしています。その他には殺菌の意味も込めイソジンなどのうがい薬を使用してうがいをすることで口内炎がすぐに収まるような気がしています。素早く治したいときは、口内炎に効果的な塗り薬などをネットで検索しその薬を薬局で買い使用しています。大抵はそれで治ると思いますが、それでも治らずに歯医者に行ったこともあります。歯医者ではレーザー治療をしていただいて、口内炎をレーザーで焼き炎症を抑えるという治療法でしたがかなり効果的で、治療の次の日にはすっかり治っていました。