若白髪何故はえる?原因理由と予防対処!効果的な方法は?カラーリングはおすすめ?

若白髪の原因とみんながやっている対策・対処!

Hair

昔に比べて若白髪に悩む人が増えてるといわれている現代日本。

どうやって予防すればいいのか、そもそも若白髪の原因はなんなのか。

若白髪ができたらどうやって対処するのがいいのか。

今回はみんなの対処方法やその効果についてもまとめてみました。

是非ご参考ください。

若白髪の原因

そもそも若白髪の原因は何なのでしょうか?

その原因を知る前に、押さえておきたい2つの「白髪の種類」があります。

頭髪の黒い成分、メラニンがないと白髪になります。

メラニンが一時的に生成されなくなり発生するのが、「休止型白髪」

一方、一時的にではなく、メラニンを生成する機能が失われてしまって発生するのが「欠失型白髪」

若い時におきる白髪、つまり若白髪は「休止型白髪」である事がほとんど。

逆に加齢では白髪になる場合は「欠失型白髪」に該当します。

つまり、休止型白髪は一時的にメラニン生成機能がおかしくなっている状態ですので、その原因を抑えていく必要があります。

メラニンが作られなくなる理由

ではメラニンが作られなく理由はなんなのか。

一般的によくいわれているのは次の4つの原因です。

1.ストレス

2.栄養不足

3.睡眠不足

そして、現代人に白髪が増えていると言われる理由の裏付けが4つ目の原因

4.眼精疲労

スマホやパソコンの画面を見続ける事で現代人の多くに発生している原因です。

これらの原因により、頭皮の血行が悪くなる、ホルモンバランスが悪くなるといった症状がおこり、メラニン生成機能が不具合を起こす。

結果、若白髪が発生してしまいます。

最近若白髪が増えてきた、という方はまずこれらの原因に心当たりがないか、まずは確認してみるのがおすすめです。

もちろん、個人差もあるので、詳細の理由を調べる場合は専門の機関で調査をするのが一番です。

若白髪の予防対策どうする

では若白髪対策はどうすればいいのか、みんなが実際に行っている内容について見てましょう。

ストレス対策

・海藻類が髪に良いと聞いたことがあるので毎日の食事に海藻類を取り入れるようにしています。帽子などで頭が蒸れるのも良くないと聞いたので気を付けています。ストレスも良くないの運動をして汗をかきストレスを発散しています。

・ストレスが多くなったと感じると途端に白髪が増えて来るので、できるだけストレスを感じる機会を増やさないようにしています。また、もしストレスが増えてしまったら、可能な限りリフレッシュするなど、気分を良い方向に変えるようにしています。

・頭皮のダメージを軽減するよう心がけています。髪は頭皮に生えるものなので、白髪の予防のためにも頭皮の健康には気を付けるようにしています。また、ストレスも白髪を作る原因の一つだと思うので、ストレスを溜めないよう気を付けています。

・地肌ケアをしっかりする。髪にいいと言われている海藻類などの食べ物を食べる。一番の原因はストレスだと思うのでなるべく溜めないようにする。髪の分け目を頻繁に変え、ブラッシングを毎日朝晩50回ほど入念に行う。

バランスのいい食事

・若白髪防止の為に気を付けてることは、食事生活をしっかりして睡眠を十分に摂る事に心掛けています。周りの人に色々と相談してみると白髪が生えた等多く相談だったり、話に出てきます。そういった人達に色々と聞いたりして実施しています。

・気を付けていることは睡眠不足や運動不足を極力なくし、食事も栄養価に配慮する生活をすることです。商品として様々なケア用品が出ているので何度か試したことがありますが改善されたことはありません。幸い私は髪の色は何をしても言われない職場なのでケアというより隠すことにしています。

・若い時から白髪の多い家系なので、バランスの良い食事、睡眠不足にならないように日々の生活に気を付けています。特に食事の面では、髪に良いと言われている栄養素を含む食品を毎日摂るように意識をしています。また疲れやストレスを溜めないように、早寝早起きをしています。

・頭皮の血行を良くするため、洗髪時や入浴時又、お風呂上がりに頭皮マッサージを行っている。市販の頭皮マッサージアイテムを使用する場合もある。食事もミネラル不足にならない様心がけて食事をとるようにしている。

十分な睡眠

・ストレスを溜めないことと、睡眠をしっかり取ることです。私の白髪は目立つ時と目立たない時の差が激しく、自分からしても明らかに生活習慣が関係したものであると認識しています。そのため、白髪が目立つようになった際には休憩を心がけます。

・ストレスを溜めない生活を心掛けること。黒い食べ物を意識して食べること。睡眠を良くとって、疲労をなるべく溜めないようにすること。頭皮を清潔にしておくこと。適度な運動をすること。紫外線を浴びすぎないようにする。

・睡眠を良くとってストレスを溜めないことです。ストレスが多いと白髪が増える気がするからです。海藻類を意識して摂っています。わかめ・もずく・ひじき・昆布を食べるようにしています。お肉より魚介類を多めに摂って、大豆製品もよく食べるようにしています。あとあまり髪を洗いすぎないようにしています。毎日洗髪はしていません。たまにシャンプーを付けずに水洗いで済ます時もあります。

・毎日夜に入浴し、洗髪する。ドライヤーでしっかりと乾かす。食事ではタンパク質やミネラルを十分に摂るようにする。睡眠は8時間以上を心掛ける。ストレスを溜めないように、ヨガやウォーキングなどの軽い運動を日常的にしている。

・なるべくストレスを溜めないようにすること、気づいたときに海藻を食べるようにすること、いっぱい睡眠をとること、バランスのとれた食事をとること、頭皮を傷つけない(常にヘアセットをする、ピンで引っ張る等)ことです。

・栄養バランスの偏りをできるだけ無くすようにする。外食が多くなって偏ったらサプリを愛飲している。睡眠が出来るだけ深くできるように環境を整えたり運動をしてストレスを軽減させている。またお風呂の時に必ず頭皮をマッサージするように心がけている。

若白髪のおすすめ対策と効果

続いてみんなが実際に行っている、若白髪ができた時の対策とその効果についてみてみましょう。

ヘアカット

・若白髪のケアという点では、マッサージを意識していますが、特にマッサージの時に使っている特定の商品は無く、お風呂に入っている時やシャンプーの時に頭皮をマッサージして、血行に気をつけています。マッサージの時間を確保するためにも、また、若白髪につながりやすい冷えを防ぐために、お風呂には長めに入って体を芯から温めることを意識しています。また、若白髪のケアの1つとして、若白髪が目立つ時には抜くのではなくカットした方が良いと聞いたため、若白髪が気になったタイミングでカットしています。若白髪の防止という点では、ディアナチュラのマルチビタミンというサプリメントを毎日欠かさず飲むことで若白髪の防止をしています。

・美容院に行く時はいつもヘアスタイリストさんにカラーをするときにアドバイスをしてもらって施術をしてもらっているのと、気になる部分は若白髪カットしてもらうなどの方法でケアしています。ヘアスタイルもできる限りカバーできるようなスタイルにしてもらっています。最近はマスカラなどの商品もたくさん出てきているので行きつけの美容師さんに聞いておすすめを教えてもらうなどして商品を見てみるなどしています。家では洗髪後のドライヤー後に鏡を使って普段見えないようなところをチェックして若白髪が伸びてきているなと感じたところはハサミを使用してカットして出来るだけ目立たないようにする工夫をしています。なかなか悩ましい問題なのであまり気にしすぎないようにしています。

・10代のころから若白髪があり、私の母も若白髪があったことから多少は遺伝とあきらめています。そのため予防というよりはこれ以上増やさないよう、また少しでも白髪だらけの頭になる年齢を遅らせたいことから上記の方法は基本的に常に続けています。あとは白髪が表面に見えてこないようにする対策として、白髪が見えたら根本ギリギリでカットしたり(抜くのは頭皮を傷つけるのでよくないと聞きました)、アップヘアを避けたり(基本的に表面にはまだ出てきていないので、アップにすると中に隠れている白髪が見えやすくなってしまうので)しています。ヘアカラーは髪もですが頭皮も傷つけてしまうように思っているので、現段階ではしていませんがいずれお世話になるかと思います。

カラーリング

・白髪を見つけても抜かないようにすること。頭皮を丁寧に洗うこと。外出時はなるべく帽子をかぶるようにすること。炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取すること。大体1ヶ月から2ヶ月に1度、白髪染めを伸びてきた根元あたりだけ利用する。株式会社ダリヤのクレオディーテヘアカラーのクリームタイプを利用しています。セルフでカラーリングできなかったときは、美容室でヘアカットの際に白髪染めもしてもらいます。生活習慣を見直し、早寝早起きで自律神経を整えて頭皮への血行を良くするようにする。過度なダイエットをして食事のバランスが偏らないようにすること。コンビニ食などを食べすぎないように、食生活も見直すこと。

・2ヶ月に1回、自宅でブローネ 香りと艶カラークリームで、根元の白髪を染めています。忙しくて時間がない時は、美容院で根元だけでなく全体を染めています。時間があるときも、必ず半年に一度は美容院でフルカラーしてもらうようにしています。自宅でセルフカラーを続けていると、どうしても髪全体に色むらができてしまうからです。白髪染めしてから1ヶ月以上立った時に、目立つ場所で白髪がキラキラっとしてしまった時は、分け目を作らないようにまとめ髪にし、生え際などの目立つ場所に白髪がある場合は、サロンドプロ カラーオンリタッチ 白髪かくしEX ダークブラウンのようなマスカラのような形状の製品で、ささっと隠したりします。

・先に入力した方法で防止していますが、それでも白髪になってしまった場合は、定期的に美容室で白髪染めをしてもらいます。ただ、それだと伸びて来た部分の白髪がすぐに目立つので、シエロコーミングカバーのナチュラルブラウンを使って、髪をとかしてなでつけるように白髪に塗っています。この商品は、髪に浸透しないカラー剤であり、シャンプーをしたりするとすぐに色が落ちてしまいます。しかしながら、それだけ髪には負担がないと思うので、メリットと捉えています。下手に自分で白髪が染まる商品を使ってしまうと、次に美容室に行った時に使われるカラー剤との相性が悪い場合に結果的に白髪がうまく染まらなくなるため、このようにその場限りで白髪を隠せる商品が私はいいと思います。また、携帯しやすいコンパクトな商品なので、前髪など白髪を見つけたらささっとすぐ塗れるところもとても気に入っています。

・美容院での白髪染めがメインとして、少し目立ってきたら、ビゲンの部分白髪隠しや、マスカラタイプを使用して、応急処置をしている。その他は紫外線にも気を付けなるべく外出の際は、キャップをかぶったり、紫外線防止スプレーをしてからの外出をしたりしている。(特に春先から夏にかけてはかなり気をつけている。)ロングヘアーだと白髪が目立つ様な気がするので、ショートヘアーにして、美容師に白髪の目立たないヘアースタイルにしてもうらう様リクエストしたりしている。頭皮の血行不良やストレスも増える原因と聞いた事があるので、その原因に当てはまらない様に意識して気をつけて生活している。(マッサージや食事に注意したり、適度な運動も行っている。)

カラーリング(ヘナ)

・私は頭皮が弱いので市販の毛染め剤を使えません。あるとき友達にヘナが刺激が少なくて良いと聞いてからは、ヘナで染めています。クイーンズヘナという商品です。独特のお抹茶みたいな香りがありますが、慣れてしまうと結構いい香りだなと思うようになりました。1か月で1センチくらい伸びて根元が白くなるので、だいたい1か月に1回染めています。自分で毛染めするのは最初は大変でしたが、私はショートヘアなのと、ヘナは特に早く作業しなくてはならないわけでなく、マイペースでできるので続いています。染めるとツヤが出るのも気に入っているところです。デメリットとしては選べる色があまり多くなく、明るいカラーにはできないのが残念だなと思っています。

・わたしの場合、前髪の部分に集中的に若白髪が生えてくるので、部分的に染めています。使っているのはヘナという植物から作った染め粉です。「ナイアード」というメーカーの「ヘナ+木藍 黒茶系」という商品です。ハーブから作った染め粉で、頭皮への刺激が少ないです。化学染料、保存料などの添加物は無添加です。使い方は、染め粉をぬるま湯で練ったものを髪に塗り、タオルとラップで包んで保温・保湿しながら1時間ほど待つと白髪が黒っぽく染まります。完全な真っ黒ではないのですが、ところどころ生えた若白髪を自然に染めるのには十分です。10日に1回くらいのペースで染めています。頭皮へのダメージが少なそうなので、頭皮を健康に保ち若白髪が増えないようにするのにも向いている商品だと思います。

・美容院でヘナカラーを使った白髪染めを月に2回ほどしています。自宅でできる商品は利用したことがありませんが、美容院に行った後は髪が痛んでいるように感じるので、オイルタイプの美容液を髪に塗布しています。使っているのはジョンマスターオーガニックのARオイル N(アルガン)とケラスターゼ RF フルイドクロマリッシュです。髪の保湿のほか、カラーリングを長持ちさせる効果tがあるので使っています。また、ブラシもこだわっており、美容師さんにお勧めされたアヴェダのパドルブラシを愛用しています。このブラシでブラッシングしたりマッサージしたり軽く頭皮を叩いたりして、地肌の健康を意識しています。また時々ジョンマスターオーガニックのカラートリートメントも使っています。

・できてしまった若白髪は正直諦めています。市販されている白髪染めを何度かしましたが、肌に合わなくて頭皮があれてしまいました。髪の毛もパサパサで痛んでしまいました。友達からヘナがいいと聞いたので、ネットで購入してみました。マハラニへナというサイトです。ヘナと併せてインディゴも購入しました。始めにヘナに対してアレルギー反応がでるかどうか、肌に塗ってパッチテストをします。数日たっても大丈夫そうなら始めます。髪の毛にヘアオイルを塗ってからのほうがおすすめです。ヘアトリートメントになります。適温で溶かしたヘナを塗って、1時間以上待ちまち、それから洗い流します。そうすると、白髪の部分のみがオレンジ色に染まります。一週間後にインディゴで染めると、オレンジの部分が黒になります。面倒ですが、髪も頭皮も傷みません。おすすめです。

エコロヴィスタ

・たまに入浴時に頭皮マッサージをしています。自分の指の腹で頭皮を押してマッサージします。マッサージをすると血行が良くなり、また自分でも気持ちが良いと感じるので続けています。あと、シャンプー、リンスにこだわりがあり、洗浄力が強すぎる商品は買いません。洗浄成分がアミノ酸由来の商品を選ぶようにしています。現在使っているシャンプー・トリートメントはエコロヴィスタシャンプー(スムースリペア)、エコロヴィスタヘアトリートメント(スムースリペア)です。若白髪が目立たないように染める時は、ヘナを使用しています。以前はヘアマニキュアを使用していましたが、白髪は上手く染まりません。ヘアマニキュア・ヘナは美容院で染めてもらっており商品名は不明ですが、ヘナで染めるようにしてから白髪も自然な気がします。ヘナは白髪に色が入るのでメッシュのようになり白髪が目立ちません。ちなみにまだ白髪染めは使用したことがありません。