子供がYouTuberになりたいって言ったら賛成?反対?みんなの意見とその理由は!

子供がYouTuberになりたいって言ったらどうする?

YouTuber

今や子供がなりたい職業ランキングで上位に食い込んでくるYouTuber。

世間的な認知度も当たり前の時代になり、我々にとっても動画投稿・配信は身近なコンテンツとなっています。

そこでもし、自分の子供がYouTuber(ユーチューバー)になりたいって言ったらどうするか。

賛成するのか反対するのか、またその理由は何故なのか、みんなの意見をまとめてみました。

是非ご参考ください。

自分の子供がYouTuberになるのに賛成

まずは自分の子供がYouTuberになるのに賛成の意見。

・自分の考えを大勢にの人に自分の言葉で伝えて収入を得ることが出来るの将来の夢に入れても問題はないです。ただ、ネットを通じて不特定多数の方々に発信するので教養や常識、言葉遣いなど学習をしなければならないと教えます。

・職業のひとつとして、反対する理由はありません。どんな職であれ、少なくとも顔を出さないということはないので、むしろユーチューバーだと編集して顔を出さないということもできますし、自分の考えたことが、直結して結果として現れる成果主義なので、良くもあり厳しい業界であるとも思います。

・なりたいと思うものがあるなら、それを応援します。それで上手くいかない事もあるかもしれないですが、頭ごなしに否定しても子どもが前を向けなくなってしまうだけかなと思います。将来やりたいものが無い子も多い世の中ですから、やってみたいと思う気持ちを優先させてあげたいですね。

・子どもから大人のYOUTUBERまで、言葉遣いが悪く、私自身は良い印象がないので好きではないのですが、子どもはYOUTUBEを見たがりますし、動画は楽しいものだという認識があります。なりたいと言えば、一度どういうものであるか経験する為にも賛成はします。ただYOUTUBEをあげる人間になるか、お金を稼げるだけのYOUTUBERになるか、やってみてわかると思います。

・10代、20代のうちはなんでもチャレンジしてみらば良いと思っているため。もしうまくいかなくても、やらなくて後悔するより、やって納得した方が、経験は詰めるし次に繋がることも見えてくると思う。30代までに道が決まればいいのではないでしょうか。

・YOUTUBEやってもらいます。とりあえずYOUTUBEやってみた後の結果が気になる。どんな動画を出すよりもやってみた結果本人が何を得て生かすことができるかが気になる。本人が評価を気にしてどのように動画を改善をするかもしくは諦めるかなどが先の話になると思いますが気になります。

・これからの時代は、会社に雇われることは必ずしも必要ではないと考えているからです。また、副業としてもYoutubeは悪くないと思っているので、会社員になったとしても、是非動画投稿をしてもらいたいと思っています。

・儲けがなくても稼ぎの幅があった方が後々役に立つと思うからです。なのでYOUTUBERになるのはいいのですが、必ずしもそれだけで生活できるとは限らないことだけは伝えようと思います。あくまでも稼ぎ口の1つとしてやる分には問題ないからです。

・学業を疎かにしない事を条件に許可すると思います。ただし、義務教育を終えるまでは完全に親が管理してプライバシーやネットマナーを教えながらになると思います。動画のチェックやSNS上での発言等々は自由にはさせないです。

・これからさらにYoutubeが生まれた時からあるという世代が多くなるのでそれを否定する必要はないかと。むしろ自分で稼ぐことを覚えられるのであればそれは賛同しても良いことかと思っています。子供が大きくなった時にもYoutubeはあってほしいですね

・なんにしろやりたい事がある、将来の目標があるのは良い事だと思うので賛成すると思います。それを本業に出来るかどうかは分かりませんが、子供が自分からやりたいと言ってきた事に関しては出来るだけ応援や援助はしていくと思います。

・やりたいと言ったことはやらせてあげたい。youtubeなら子供一人で出来ないようなよっぽど大掛かりで手の込んだことじゃなければ予算もそんなにかからないだろうし、好奇心は大切にしてあげたい。自分がそう育てていただいたことも大きな要因の一つ。好きこそものの上手なれ、だと思っているし、0から1が一番難しいことだとも思うので、その一歩の背中を押してあげたい。

自分の子供がYouTuberになるのに反対

続いて自分の子供がYouTuberになるのに反対という意見。

・YouTuberは、自分の好きな事をして稼いでいて一見楽な仕事に見えますが最初はうまくいかず収入源にもならないと思います。また、アンチコメントをする人間もいるので心のケアがないと続けるのは大変だと思います。

・今現在は収入を得られる職業化もしれないが、このまま継続するかはわからない。人気商売だろうし、視聴者を増やすために違法なことに手を出す人もいるだろうし。親であれば堅実な職業についてほしいと思う。芸能人になるのと同じだと思う。

・現在のYouTuberのかたは、広告収入等で稼いでいるかたもいるかもしれませんが、もちろん全員でもなく一握りだし、今後老人になっても続けられるの?と心配になります。親としてはそのような博打の人生ではなく、手に職を!と思ってしまうのが本心です。

・絶対にダメという事ではないですが、はじめからそれだけを目指してほしくはないので、まずは反対します。なぜなら、それを理由に学業を放棄する可能性があるからです。最終的にYouTuberになれればそれでも問題ないのかもしれませんが、実際はなれるとは限りません。本人が途中で飽きてしまったり、単純に合わない可能性もあります。そうなれば、他になにもできない(正確には、社会から認められずらい)大人になってしまい、その後の苦労は目に見えています。ですが、子供の間は自分の時間も多くあります。学業をある程度熟した上で両立し、成果をだせるのであれば、状況次第では賛成しても良いのではないかと思います。

・稼げることはあるかもしれないが、いわれのない激しい誹謗中傷を受ける可能性があるため、勧めない。どんな仕事でも苦労はあると思うが、顔の見えない見ず知らずの人から叩かれ傷つくような仕事にはついてほしくない。

・今後の動画配信という分野が伸びる可能性は高いと思います。しかし今現在ユーチューバーという仕事で成功できる人間というのは一握りであり、もし挫折した後将来露頭に迷う可能性が高いと今は思います。ですが、時代の流れで動画配信という職種が主流となり、世間でも認められるようなそんな存在になった時、改めて考えたいと思います。

・趣味でやる範囲ならいいが食べていけるとは思えないし、炎上するとプライバシーまでさらされる恐れがある。当事者のみが被害を受けるならいいが、家族を巻き込まないでほしい。YouTuberは職業にあらず小説家や役者と同じ名乗ったもの勝ちの実体のないライフスタイルなので、そこで展望が止まってしまうのは感心できない。

・最初からYouTuberを目指して欲しくない。仕事は別でちゃんとしてもらって、あくまで趣味としてやってもらいたい。配信する内容によるが、一度社会に出てから、なにが良くてなにが悪いか向き合ってから行って欲しい。