トッカイ~不良債権特別回収部~面白い?つまらない?ドラマ感想口コミ評判!好評不評の理由は!

トッカイ~不良債権特別回収部~ドラマ感想口コミ評判!

WOWOW開局30周年記念連続ドラマWトッカイ ~不良債権特別回収部~感想口コミ評判

WOWOW開局30周年記念連続ドラマWトッカイ ~不良債権特別回収部~が放送開始です。

かなり骨太な本格ストーリーと、それに見劣りしないキャスティングで注目の作品です。

トッカイ~不良債権特別回収部~は面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

WOWOW開局30周年記念連続ドラマWトッカイ ~不良債権特別回収部~ドラマ公式webサイトはこちら
WOWOW開局30周年記念連続ドラマWトッカイ ~不良債権特別回収部~ドラマ公式webサイト

トッカイ~不良債権特別回収部~面白い?つまらない?

トッカイ~不良債権特別回収部~前評判:面白そう・楽しみ

・不良債権を回収する人々の戦いを見るのが楽しみです。政府の失政のツケをなぜ国民が払わされなければいけないのか?不良さ危険を回収する人々は国民の大切な税金を守る為に戦っています。彼らが、どんな風に大物達と渡り合い不良債権を回収するのか?とても見ごたえのあるドラマになりそうです。

・私は平成生まれなのでバブル時代のことはよくわからいのですが、バブルが崩壊した時は大変だったとよく聞くのですがあまり想像したことがなかったのでそのバブル時代のことを元に作られたドラマだと思うので一度見てみたいと思いました。お金の動きも今とはちがうとおもうので色々気になるところもあり面白そうなドラマだと思いました。

・お金の話で少し難しそうだなと思いました。でも、こういうドラマでしかみることの出来ないものが見れるような気がして気になりました。伊藤英明が主演であるならきっと面白いはずだという期待もとても感じました!!

・骨太のドラマで、展開が気になるところです。バブルが崩壊してからというもの、経済は持ち直すことはなかなかありません。そのなかで、悪質な業者から、果たして不良債権が回収できるのか。その心理戦などがとても興味あります。

・このドラマのイメージ画像を見ただけでとても面白そうです。内容の濃い、本格的なドラマという印象を持ちました。出演される俳優さんも演技派の方ばかりで、期待を裏切らなさそうです。金融業界もののドラマが好きなので、見てみたいと思います。

・30周年記念ドラマ、ということなので、制作側も気合が入っていると思うのと、民放や地上波ドラマではあまりなさそうな、社会派で硬派な内容のようなので見ごたえがありそう。真面目な半沢直樹シリーズといった感じ?

・予告動画を観ただけで、背筋がゾクゾクしてきます。このジャンルのドラマ大好きです。伊藤英明さんを筆頭に広末涼子さんに仲村トオルさんなど演技派の俳優さんたちが出演しています。国民の税金を守るために戦う渋い男たちを観る事ができるのを楽しみにしています。

・題材がとても面白そう。自分の人生では経験できない、知ることのできない職業の裏側を、フィクション込みだとしても見れるのはとても楽しい。お金が絡んだ正義と悪の戦いは面白い。キャストがとにかく豪華な作品は演技を見るだけで価値があると思う。

・社会的内容のドラマだと感じ面白そうだと思った。悪者対正義というような感じで、最後は悪者を成敗して、見終わった後はスカッとできるのではないかと思う。また、ポスターも出演者が並んで歩いており、正義を守る的な印象を受けた。

・タイトルを見ただけで面白そうだと思いました。本音の探り合いのようなポーカーフェイスな演技が上手なベテランの役者さんで構成されているので、食い入るように見ることができるドラマだと思います。また、見るだけで勉強になりそうなドラマなので「面白そう」を選びました。

・悪質債務者から不良債権を回収するという物語なので痛快でスカッとするストーリー展開を期待する。金融ものということで「半沢直樹」と被る印象だが、用語の説明などをしつつ視聴者を置いていかないようなテンポで進んでほしいと思う。

・WOWOW30周年記念なので内容もきっと面白いはずです。でもこのドラマの想像がまったくつきません。債権なのでお金に関するドラマなのかな?借金があってー、みたいな。タイトルが面白いのでとても中身が気になってます。

・ストーリーも面白そうだし、映像も映画みたいでとても力を入れて作られている感じがする。役者さんも日本の俳優の中では演技が上手い人が揃っていそうな印象です。自分の知らない仕事の世界の、プロの話はどんなジャンルでも興味があるので、それも見てみたい理由の一つです。

・WOWOWのドラマということで正直存じ上げませんでしたが、このアンケートを機にホームページを拝見してみると、主演が伊藤英明さんということでとても面白そうだと思いました。少し難しそうなストーリーではありますが、馴染み深い出演者の方々ということもあり、また知らない世界を一つ知ることができるのではないかと思いました。

・私、大好きなんです、いわゆる経済犯罪モノっていうんでしょうか。すごくリアルな感じがするというか、怖い感じもするけど、もしかしたら現実の世界にもこういうことが起きているんだろうか、と想像させられることに、逆に妙な安心感を感じてしまいます。いやしかし、この安心感は経験を豊かな実力派の俳優、女優さんらの演技から来るものかもしれません。いやそれにしても、地上波で放送されるのならよかったのに!

・衝撃作映像化ということでとても楽しみにしています。不良債権回収絡みのお話は大好きだし、キャスティングが神がかって素晴らしいのできっと素敵なドラマになると期待しています。悪い奴らはバッサリとこらしめてほしいです。

・清武英利氏著書の作品の映像化ということで、期待値がそもそも高いです。現在のデフレの時代のさなか、日本経済が一番活性化していた時代を再現する部分にも面白さを感じる。当時を知らない為、当時を知ることもでき見る価値が非常にあると思っている。

・悪質債務者への取り立てを任務とする不良債権特別回収部というのは初めて聞いたもので、どんな仕事をする組織なのか、予想ができず見るのが楽しみです。また、予告のストーリで「国民の税金を守るために命を懸けた熱き闘い」と記されてて、給付金など税金の使われ方などにちょうど関心が高まっていたので、今の自分の興味関心とドラマの内容が重なりそうなので面白そうだなと思っています。

トッカイ~不良債権特別回収部~前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・広末涼子さんが出演されるとのことでどうなのかなとおもいますが特にこういう固めのドラマは気にならないです。伊藤英明さんは特にいいとは思いません。内容的にもありがちで面白そう等とは思わないです。期待できないです

・もう題名が長すぎてその時点で興味がなくなります。見たら意外と面白いのかと思うのですが、やはりシンプルな題名の方が興味を引かれるのではないでしょうか?それにこのドラマは大人にしか楽しめないような感じがして、老若男女楽しめる作品じゃないと面白くないと思う。

・政治ものというか、そんな感じなので面白そうとは思いませんでした。それに、現実世界では、そんなに上手くいくわけないと思っているので、ドラマとして見ても良いとは思いますが、私的には興味を惹かれませんでした。

・まず、トッカイとやらに馴染みがないので、感情移入が全然できなさそう。あとは多分時期が悪い。コロナ禍で日々の暮らしや事業が苦しい人がたくさんいるはずで、一口に債務不履行にも色々事情があるはず…とか、余計なことを考えてしまう。もっと世の中が平和で景気が良ければ、楽しめるマインドになったかもしれない。

・あまりこのドラマについては、知らないのですが。公式サイトを調べてみたところ、シリアスなテーマな印象でした。出演される役者の方も、演技派の方が多くそういった点では面白そうだと思います。ただ、ノンフィクションの内容を扱うということで、ドラマで描くと、少し軽く見えてしまいそうだなという個人的な意見で、選択させていただきました。

・まずWOWOWなので見れない。出ているキャストは豪華だし、中山優馬の久しぶりのドラマなので見てみたい思いはある。しかし、内容が真剣な内容みたいなのであまり見る気はない。ドラマは真剣な内容よりコミカルなmのが好きなので。

・予告を見た第一印象が話の内容が少し難しいと思いました。単純なストーリーではなく考えて見ないと理解が出来ないのではないかと思いました。普段見ているドラマのジャンルではなかったのでややつまらないと思いました。キャスト人が世代の人ではなかったのであまり魅力を感じませんでした。

・そもそも聞いたことがなかった。タイトルだけ見てイマイチ、ドラマの内容が想像できない。WOWOWはそもそもいえでみることができないので…(関係あるのかな?)予告とかを見てみて興味をもったらみてみたいなーとはおもう

・なにかの記念ドラマは基本的に面白いと感じたことがないからです。Wトッカイという言葉の意味がわからないので、どんな内容のドラマなのか想像するのが難しいです。WOWOWにそもそも入ってないのでおそらく見られないことから、このような回答になりました。

・社会問題、政治、金と少し難しそう。笑えるシーンはあまりなさそう。ただノンフィクションなのでドラマを娯楽として見ることに加えて、教養も刺激してくれるだろうという楽しみはある。視聴者の層がだいぶ狭いとは思う。

・「不良債権を回収する」という題材自体は、大変面白いと思います。但し、リアリティを追求した重厚なドラマだとすると、コロナ禍である今、不良債権を抱え倒産する企業が現実に存在することを鑑みると、自分の知らない世界を知ることが出来て楽しいというよりは、すぐそばに来ている明日を想起させる可能性があり、あまり面白みがないと感じてしまいました。