WinningPost9(2021)面白い?つまらない?新作感想口コミ評判!神ゲー・クソゲー好評不評の理由は!

WinningPost9(2021)新作感想口コミ評判!

WinningPost9(2021)面白いつまらない感想評判

競馬ゲームの金字塔、ウィニングポストの最新作「WinningPost9(2021)」が発売です。

今回はどんな機能が追加されるのか、楽しみにしているファンも多いはず。

WinningPost9(2021)は面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

WinningPost9(2021)メーカー公式webサイトはこちら
WinningPost9(2021)メーカー公式webサイト

WinningPost9(2021)面白い?つまらない?

※随時更新

WinningPost9(2021)前評判:面白そう・楽しみ

・前作では未来と1991年の2つしか選択できなかった「開始年シナリオ」を5つの開始年を選択できる新たな機能を搭載しているということで、私が最も競馬に熱中した1998何も含まれているのが楽しみです。エアグルーヴやスペシャルウィークに懐かしさを感じながらも当時の興奮を再び味わいたい。

・馬を育てる際に多彩な能力が用意されている点で、例えば信長の野望やパワプロの固有能力と同様にこれ系が好きな人は絶対にはまるだろうなとおもいます。かくいう私が能力探し、アレンジが非常に好きでした。色々な種類の能力がステレオタイプ的なものに収まらず多いほど飽きずワンパターンにならず楽しくなると思います。その点にも期待です。

・海外のレースが追加され、より様々なレースが楽しめそうです。育成も改善され、よりやりこみ要素が増えたことは非常に良いと思います。また、オンラインで世界中の人と自分の競走馬を競わせることができることも楽しめそうです。

・ライバル対決の舞台が、日本国内から世界規模に拡大しており、世界のトップホースの活躍状況により、戦いの舞台となるレースが選ばれ、世界のトップホースたちが集結した真の世界チャンピオンを決める夢の対決が楽しそう

・レースを観戦するシーンはカメラワークをふんだんに使い、臨場感あふれる演出として総合的な完成度は競馬好きも満足できる程の出来栄えで、ゲームをやりながら没入できるだろうなと期待させてくれます。ナレーションも自然で総合的に非常にリアルです。

・実在する名馬達と、自分が育て上げた馬を使ってレースさせることが出来る点開始年毎に、その当時実際に活躍していた馬
・騎手が登場し、その当時を知る人からしたら懐かしく楽しめると思う憧れの名馬を所有する事ができ、夢だった馬主になる体験をすることが出来る家族システムが面白く、疑似人生体験が可能

・なんといっても進化し続けている競走馬のグラフィックがこのゲームの素晴らしい点だと思います。馬の顔にも個性がある事を感じられる作りこみで、実際に競馬場に行っているかのような臨場感が出ているように感じました。

・安定して面白い作品を出しているシリーズなのでタイトルだけでも信頼感があります。それに今回は開始年を選べるのが大きいです。それによって初年度に手に入る馬が変わったりするらしくて、今まで以上に長く遊べそうな気がして楽しみです。

・最新の競走馬や競馬場が追加されただけでなく競馬史の再現やIF展開を作れるので競馬好きには興奮すると思います。同じ馬に騎乗しつづけることで機種の能力が上がるので好きな馬と機種の組み合わせが楽しめそうだと思います。

・育成において非常に楽しそうなのは生き物を扱うゲームならでわの配合です。このゲームは固有能力がどうなるかという点が非常に気になるゲームでもありますが、その他にも楽しそうだなと思うのは実在の馬と掛け合わせてその子孫で戦うといった楽しみ方です。実在の馬を登場させてくれていること自体が楽しい点であるとも言えます。

・信長の野望のような膨大な情報が絡み合い綿密に調整されたシミュレーションゲームのように、馬のオーナーとして育成戦略を楽しめそうで、シミュレーションの質の高さにおいて他社のシミュレーションゲーム作品と比べても非常に期待が持てそうです。

・基本的には今までのシステムを継承して、アップデートがされているように見受けられます。シブサワコウ40周年記念の作品のようなので、さらなる詳細な作りこみに期待したいと思っています。映像が少しよくなった感じが見受けられました。

・ゲーム開始の年が今までより多く選べるようになっています。2020は2つだったので楽しめる要素が増えていると思います。特に1984年からと古い開始年もある事で昔からの競馬ファンもより楽しめるようになっていると感じます。

・今回のウイニングポストで、一発で楽しそうだと思う要素は、世界最強馬決定戦です。世界中の最強馬を決定できる夢の対決が可能なのがものすごく気になります。育成要素の家族の絆の効果も気になりますし、最新データが揃っている点も見逃せません。

・進化した子孫継承システムは面白そうな予感がしている。子孫を海外の騎手や調教師としてデビューさせることができるようになり、海外でデビューした子孫騎手や子孫調教師が活躍できた時の特別の絆コマンドが入手できる。このやりこみ要素は面白いと思う。

WinningPost9(2021)新作前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・騎手と競走馬の絆の深さを示す「絆レベル」を導入とあるが、有力な騎手に最初から騎乗を依頼して受けてもらえるかどうかが疑問。早期特典の購入セット対象の馬のリストに自分の思い入れのある馬がいなくて魅力があまりなく少し残念。

・今回のキャラクターの女の子は非常に可愛らしいキャラクターが用意されていますね、しかし、女の子のバリエーションが偏っていると思いました。具体的にはどのキャラクターも目がキリッとしていて、輪郭は少し面長タイプのキレイ系に偏ってると感じます。大幅なバラエティを出す方が良いと思います。

・世界の競走馬がどれほど網羅されるのかはポイントだと思います。また、騎手のデザインもカスタマイズできれば良いかなと思います。況者の声もオンラインコンテンツとして配信すれば、よりレースを楽しむことができると思います。

・テンポ感が遅く、チュートリアルが長いようなきがした。種付けや競走馬入りの操作が複雑でよくわからない。もっと単純な操作で簡単にすすめられるようにして欲しい。またPC版では出走馬をダイレクトで選択できないのが面倒くさいと思った。

・レースにおいて、モーションで気になる点がありました。1つ目は馬のモーションです。走行中に幅を寄せる横に移動するモーションで、横移動が速すぎて不自然に見えました。2つ目は騎手のムチうち動作です。ムチを打つ手にしなりが無く不自然でした。没入から引き戻されるだろうことを感じました。

・シリーズ作品をプレイしていないと新規プレイしようという気が起きないかもしれない競馬に興味がない層には楽しみ方が分かりにくいかもしれないPS5に対応しているのかわからないが、もう少し映像のクオリティが高くてもいいのではないか個人的な感想だが、人間キャラクターの作画が好みではない

・今のところティザー動画を見ているくらいで不満な点は見当たりませんが、育成シミュレーションの宿命として「育成キャラがある程度まで強くなってしまうとゲーム自体が物足りなくなる」というところはあるように思っています。やりこみ要素や育成の新要素は発表されているため、そこでその部分がどのくらい軽減されるかという所が気になるポイントです。

・すごく残念なのがキャラクターの絵柄です。同じ会社の信長の野望や三国志に出てきそうな絵柄で、どうしても違和感を感じてしまうというかみんな胡散臭く見えてしまいます。ゲーム性とは関係のないけどこういうところってすごく気になるので改善してほしかったです。

・このシリーズは最初から競馬好きな人をターゲットとしている気がするので、これまでと同様に競馬好きではない人を新しく開拓することができない点が残念だと思います。競馬に関連する別メーカーの人気ゲームのように、競馬に興味がない層も気軽に楽しめる要素がもう少し用意されていても良さそうな気がします。

・コーエー歴史ゲームは非常に完成されたゲームでその歴史に合ったマットな絵柄もその一つだと思います。しかし、現代競馬を扱う本作においては絵柄の作画が浮いてしまっていて、人の生が感じられませんでした。それは歴史ゲームでは慣れ親しんでいたとしてもです。リアルさに欠けるなという印象を受けてしまいます。

・ゲーム中幾度とみるであろうこのゲームの肝である競争のシーンで気になるところがありました。観戦する馬と騎手のグラフィックが形は同じで色がちがうだけに見えてしまうことです。素人であっても使いまわしに気づき少し萎えるのではないかと思いました。

・今回も楽しく長く楽しむことができそうな感じはしています。いつも世界一の名馬を目指して育成をしますが、なかなか納得できる馬に仕上がらないのが、うまくできていますね。40周年記念にもかかわらず、目新しい機能がなさそうなのが残念でしょうか。

・今迄の感じからするとAIがどこまで進化出来ているかが気になります。そこによって面倒くささやストレスが大分違います。中々その点の進歩が今までもなかったので今回もそうなのか?という気持ちがどうしても出てしまいます。

・続編と言うことで、全体の目新しさはどうしても見劣りしてしまいます。新しい要素も取り入れているのですが、どうしてもメインの作業は同じなので、何年もやり続けると続編のプレイが楽しいと言うよりも作業的になってしまうのが残念な点です。

・Nintendo SwitchとPCやPS4などで販売されるが、Switch版だとスクリーンショットが撮れないのが難点です。スクリーンショット対応にしてもらいたいとは思います。強制的に他人の馬を買わされて、それで初出走を強いられてしまうため自家生産にこだわりたいが自由が効かないのは残念です。