おかえりモネ面白いと好評の理由!キャストが豪華?主演清原果耶が好演?感想口コミ評判!なぜ人気?

おかえりモネ面白い・好評の理由!

おかえりモネおもしろい好評の理由

新しくはじまった朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」

視聴者の面白い・楽しいと好評の理由をまとめてみました。

是非ご参考ください。

おかえりモネ公式webページはこちら
おかえりモネ公式web

おかえりモネ人気の理由

・15分の間に過去のフラグだろうなと考えさせられるエピソードが数か所ちりばめられている所。続けてその動向を見守っていきたいと視聴者に感じさせる努力が脚本にも演者にもあると思います。

・なぜ島を離れて森林組合に勤めるようになったのか、心の中が見えない主人公が魅力的。森林組合の人たちや夏木マリさんも個性的で楽しく、会話も面白いです。どんな人物なのか掴めない坂口健太郎さんとの関係も気になります。

・現代よりのドラマなので、前作の朝ドラより物語に入りやすいです。主人公のモネも可愛くて今後が楽しみです。その他の出演者も素敵な演技をされる方達なのでテンポの良い流れで面白いです。東北の方言も温かみがあって好きです。

・気仙沼が舞台と聞いていて、内心「震災」をテーマにした重苦しい内容を想像していたものの、見事に裏切られた感じ。前作の朝ドラが私的にはイマイチだったので、コレなら毎日見ても苦痛ではないかも…と思いました。登場人物がさわやか、朝にぴったりのテンポが見ていて心地いいです。

・主人公の清原さんに強いクセがなく、とても爽やかなので朝から見ていてすがすがしいです。個性的で強烈な主人公もいいのでしょうけれど、これくらい無難な女の子の方が私は見やすいなと思いました。これからどんな風に成長していくのか穏やかに見守れそうです。

・まず目を惹いたのは、百音が生まれ育った町の自然の豊かさ。海も山も豊かで、主人公が恵まれた自然環境でのびのびと育ったことが良く解ります。主人公が産まれる場面も大嵐の最中とあって、これから始まる物語が波乱に満ちたものになることを暗示してるかのようですね。愛情に満ちた両親と、厳しくも温かい職場の人たちとこれも朝ドラの王道かと感じました。ただ始まりの1,2週目は子供時代からの物が定番だったのに、今回は最初から成長した本人登場なのは型破りでした。そして何より印象的だったのは、主人公の目線。明るく元気いっぱいのように見える主人公の百音が「島を離れたい」と告げた時の表情が、たんに田舎から都会に出たいと言った物ではなく、特別な事情が隠されいるように感じました。それが何なのか、これからドラマが進むにつれ明らかにされて行くのが楽しみです。

・ヒロイン役の清原果耶さんがとてもさわやかで透明感があり、朝見るとすがすがしい気持ちで1日を始めることができます。久しぶりのオリジナルのシナリオなので何が起きるか物語がどう進んでいくかわからないのがわくわくします。

・清原さんが主人公の百音を演じていますが、フレッシュで若々しい感じが伝わってきます。朝の爽やかな雰囲気にぴったりだと思っています。以前も朝のテレビ小説でも出演されていてすごく印象に残っている女優さんでした。今回も演技が自然で良いです。

・清原果耶ちゃんの素直な演技。作りすぎず、本当に果耶ちゃんが思ったことが表情に表れているように思いました。それが嫌味がなく、これからのモネの成長と合わせて楽しみだと思います。また周りの出演陣も大物ばかりなので期待ですね。

・朝ドラでは、主人公が子役からスタートというのが多いけれど、「おかえりモネ」では第一話からヒロインが出演していたところが良かったと思う。また、ヒロイン以外のキャラクターの個性が立ち物語の厚みを増していると思う。

・空には不思議な現象が沢山あり小さい時から雲をみてはなぜだかジット見入ってしまう事が何回もありました見ると心が癒やされたり希望が湧いてきたりとか不思議な気持ちになることが何回もありましたそれが一つでもわかった時の嬉しい気持ちになれ朝のドラマにはピッタリできもちの良い一日がおくれそうになります。

・久しぶりの爽やかなイメージの朝ドラと感じた。大阪制作にありがちな「苦労」「苦難」を前面に出さず、どこにでもいる様な普通の女の子が主役なのも好感が持てた。また、普通であれば主役を張れるクラスの俳優が脇を固めていることによる安心感がモニターの中から伝わって着た。

・朝からBUMP OF CHIKENの爽やかな曲から始まり、清原果那さん演じる百音もとても爽やか、緑沢山の風景も爽やか。朝から重たさが全くなく、とにかく爽やかという言葉が似合うドラマで、気持ちよくみることができるドラマです。

・第一話ということで期待感が高まる中、冒頭で台風や破水などが起こりとても緊迫感のあるシーンで盛り上がりを感じ期待感が高まった。そして急に場面が海からまさかの山に変わったので、興味が引かれて続きがとても気になった。自然の景色も明るく美しく、さわやかで朝から気持ちの良い場面が続いた。キャストも豪華で目を引いたし、今後はそのキャストの中でどういう相関図ができるのか楽しみになった。

・久しぶりに朝ドラ見ます。第一話は百音の生まれるところからですが、浅野忠信、鈴木京香、竹下景子が登場したのでこれから出てくる登場人物の紹介のようにも感じましたが、豪華さがあり良かったです。就職して別々で暮らす百音を心配するお父さんも愛着が湧きました。

・気象がキーポイントいうこともあり自然の映像がきれいです。特に樹齢300年といわれているヒバの樹の映像は、樹の生命力を感じられました。物語の序盤なので全体的な話の流れは掴みづらいですが、主人公がなぜ島を出て山に関する仕事を選んだのか、物語がなぜ現代と震災の間から始まっていいるのかなどの伏線がちりばめられていて、今後の展開に期待を持たせていると思います。

・まだ1話目だけ見ての感想ですが、キャストがすごく豪華だと思います。好きな演技のうまいベテラン俳優さんがたくさん出ていて初回から引かれる作品だと思いました。今回の朝ドラでは珍しくは子供時代からのスタートではなく、先の展開に期待です!

・まずは映像の綺麗さがとてもよかったです。「そしてこの子」と清原さんが初めて出てきたときの青空と光の加減が絶妙で素敵でした。森の中の自然と海の荒々しさ、自然がありのままにとてもきれいでした。天気予報と自然というテーマにもとても興味を持てる内容でした。

・台風の中での出産シーンが真に迫っていてみなさんの演技もリアルで目が離せなくなりました。語り手の主人公の祖母がすでに現在では亡くなっていて、カキに生まれ変わっているという設定がとてもユニークで印象的でした。

・まだ始まったばかりですが、キャストが自分好みで期待大です。主人公は朝ドラ典型の明るいドジっ子 ではなく、何か影がありそうなところも興味深いです。清原さんは透明感があって可愛いし、夏木マリさんもかっこいい。これからの展開に期待が持てます。

・最初から映像の美しさが印象に残っていて今日も美しく朝から清々しい気持ちになれました毎日の展開の面白さももちろんですが空をどううつしてくれるのかが楽しみに見ています撮影は大変な思いをして撮っているのだろうと感じられるくらい素敵な映像です

・1回目は百音(モネ)が生まれた時のエピソード、2回目は高校を卒業して森林組合へ見習いとして就職の場面がありました。2014年のお話で、モネが自転車に乗って走る場面がありましたが、何か爽やかな感じで良かったです。森林組合の職場も何となく楽しげな職場で明るい感じで良いと思いました。空に彩雲が出た話では、将来何か明るいものが示されている様で、今後の展開に期待したいと思います。

・これまでの朝ドラが通算1年以上、時代が昭和中心だったことに対し、平成末期に移行したこと。いきなり、主人公が社会人で仕事をしている設定から始まり、子供時代の話はその脇道での回想にて明らかになりつつあること。