仕事の飲み会が嫌い・行きたくない!職場の人と飲みたくない理由!何故つまらないのか?

仕事の飲み会が嫌いな理由

仕事の飲み会嫌い・行きたくない

Alexas_Fotos / Pixabay

仕事での飲み会が嫌い・行きたくない、という方も多い事でしょう。

そこで今回はそのように感じている方の意見・理由について、アンケートの結果をまとめてみました。

是非ご参考ください。

店の食事があまりおいしくない

・会社で選ばれるお店は、手抜きな場合が多いです。きっと、居酒屋のことをよく知らない幹事がネットなどで予約していることが原因だと思います。やはり、実際に自分で足を運んで見つけた美味しいお店でお酒を飲むのが一番です。お店に詳しい人が感じがやるのがいいと思います。

・仕事での飲み会は食事を味わう事が目的ではなく、お酒を飲んで互いに酔っぱらい、昼間中々話せないような話をする事でストレス解消する事が目的である場合が多いので、料理の美味しさは二の次になってしまうことが多いです。

話す話題がない

・会社の飲み会などは必ず上司が居るのでつまらないです。自分は気の合う友人や会社の同僚などで飲む飲み会の方が色々な話も話せて聞けて凄く楽しいと感じます。上司がいたらお金を払ってくだらやい自慢話などを聞いたりして何が楽しいか分かりません。

・会社・仕事の飲み会についてはあまりデメリットを感じませんが、誘われたときはめんどくさいと感じてしまします。
飲んでいるときは特段不満はありませんが、話題が盛り上がらない、一方的に愚痴られるなどがあるとやだなあと思います。

話を聞いているのがつまらない

・お酒を飲むことは好きです。一人でも飲みに行きますし、気の置けない友人たちと連れ立って飲むことも大好きです。しかしながら、職場の飲み会であれば、それは「仕事」となってしまいます。周りに気を遣いながら、せっかくのおいしいお酒を楽しめないのは、まったくつまらないです。

・年齢層の離れた、特に20歳以上年上の方の話を聞くことになると、つまらない飲み会になります。会って初めの数回は色々な話をお聞きすることができて、ためになることもあるのですが、3回以上お話を聞いても同じような話をされるだけで、新しい知識や経験談を聞くことはできず、退屈なだけです。

参加しないと後ろめたい

・仕事の関係もあって仕方なく行きます。飲み会終了後はほぼ必ず2次会もあり、気が付いたら終電あるかないかで2次会が終わるので、帰りが大変です。終電が無かったらホテルに宿泊しなくてはならないので、収入の少ない自分にとっては痛い出費です。

・参加しないことがほとんどないですが、万が一参加できなかった場合に行かなかった人といった人の差がでてしまうと感じるからです。仲良さというか、やはり親密度とかも結構関係してくるように感じるので参加せざるおえないという考えに至るからです。

・会社や仕事の飲み会では、任意の集まりだが、参加しないと翌日の仕事に影響したり、良いイメージを持たれないので、行きたくなくても付き合うようにしています。でずが実際のとこはプライベートな時間までは会社関係の人とお酒を共にはしたくありません。

コスパが悪い

・会社や仕事の飲み会は、自分の好きなものが食べられないのに、会費制だったり、割り勘だったりするので、コストパフォーマンスが、悪いと思います。嫌いな上司の話を聞いたりしなくてはならないのに、好きなものを食べたり飲んだりできないからです。

・何かあるごとのお酒を飲んでいたのでは、とてもコスパが悪いと思った。飲みの席などの雰囲気や話は基本的には面白いし積極的に参加したいが毎回毎回参加していたのでは本当にコスパが悪い。本当に大事な飲み会の時だけ参加するのが一番効率もいいと思った。

・わたしは職場の飲み会が好きです。飲ミニケーションも信じている世代です。しいて言えば、おしゃべりに夢中になり、食事がおろそかになることが多いのでコストパフォーマンスが低下することがデメリットですかね。現在は、コロナウイルスで食事会がなかなか開催できないことが悔やまれます。

・意外と飲み会のセット料金の割にはおつまみも美味しくなかったり、お酒もそこまで飲めないのに時間もお金もかかりコスパが悪い気がする。コミニュケーションならお酒なしの会でもいいと思うし、特に職場のメンバーで飲む理由もないと思う。

ハラスメントがある

・デメリットを感じない、ハラスメントはもう相手にしない(相手にされない)域に入っているので気にはしません。けれどその場の風習とか、無理に飲ませる圧があれば、大変だなと思ってしまいます。人を悪い気にさせる飲み会は参加しない方がいいです。選択にはなかったのですが、「飲む人は、飲まない人に気が引ける」というデメリットがあります。費用面できちんと合意を得る算段をしても、3杯目にはそっと出し、な気分になります。

・気心の知れた同僚と飲むのは楽しいが、上司がいると話を上司に合わせなければならず、また気分を害さないようお世辞を言い、場の雰囲気を考え少々のセクハラにも耐える必要がある。お酒が入ると説教も遠慮がなくなる。

・もう飲みたくないお酒を飲まされたり、聞きたくもない上司の愚痴や自慢を聴いたり、女性社員に対する上司のセクハラを見ることのなったり嫌なことが多いイメージがあります。本人たちはお酒のせいにしているかもしれませんが、普段と本質的にはさして変わっていないという点も嫌だと感じさせます。

・以前出席した会社の飲み会で、セクハラがありました。ほとんどの女性社員はセクハラされていたと思います。それがとても嫌で、苦痛でした。飲み会の席だから嫌な顔するのはいけないかなと思い話を合わせていましたが、あんな思いをするなら、会社の飲み会は二度と出席したくないなと思いました。

・そもそも会社の飲み会に楽しさを求める人はいません。今までそうだったから、上司に言われたから、出ておけば人付き合いが良いと認識されるから、仕方なく参加しています。なので、時間と金が無駄になるつまらない会だというのは前提です。しかしハラスメントだけは話が違い、いついかなる状況でも避けるべきことで、程度によっては犯罪になります。そこへの意識が薄れてしまうことが1番のデメリットだと思います。

お金がもったいない

・上司や先輩にお金をある程度出してもらえるお誘いなら、頻繁すぎなければいいですが、ほぼ自己負担となると気は乗らないです。行きたい人といく時間とお金は惜しみませんが、そうでもない飲み会はもったいないと感じます。

・私は個人的には会社や同僚、上司や部下などとの飲み会は大好きなほうですので、強いて言うならということで「お金がもったいない」とさせてもらいました。ですから会社のお金で無料で参加できる忘年会などは何度でも参加するほうです。

・飲食店でお酒を飲む時は気の知れた人たちと美味しく楽しい時間を共有したいと思っているので、会社での飲み会は上司など目上の方たちも居ることからリラックスは出来ないため時間もお金も勿体ないと思ってしまいます。

・自分はビールが大好きなのですが、おいしいと感じる理由はやはり店の雰囲気や店員さんとの会話、つまり同じビール好きの人とあれこれ話しながら飲むところにあります。しかし職場の飲み会は、会話内容が職場の人間関係や業務内容になってしまうので、あまりお酒を楽しめません。やはり飲みたい人達と乾杯したいので、少々お金がもったいなく感じます。

・職場の食事会飲み会だと、やはり自分の好きなものを好きなだけ飲み食いするわけにもいかないので、それに対する参加費は本当に自分にとっては無駄だと感じます。コンビニで好きなつまみと酒を買う方がよっぽど有意義なお金の使い方です。

・会社の同僚と少人数で飲むならお金の点は気にしないが、大勢で上司も含めた飲み会だとお酒を注いだり話を聞く役に回るので全く飲めないからお金も時間も無駄になっている感覚がすごい。もちろん、飲み代は上司が半分以上出してくれることが大半だが、それでも満足はできない

・わざわざ嫌いな上司と飲食をすること自体が苦痛で仕方がない。コロナ禍の今飲み会がないのが非常にありがたい。確かに酒を飲むことによりコミュニケーションが深まることは確かにあるが、それは人にもよる。嫌いな人と飲食をしてさらにお金を払わなければいけないなんて拷問なのか?と思う。

・気の合うメンバーだけなら良いのですが、苦手なタイプがいる場合には飲み会自体が苦痛となってしまいます。このような飲み会に参加するのは、時間が無駄になってしまうだけではなく、お金を出すのがもったいないと感じます。

・職場の人と飲むことで同僚の普段とは違う一面をみることができたり打ち解けたりできるけれど、お金がかかるのがとにかく嫌だなと毎回思っていました。飲食するのだからお金を支払うのは当たり前ですが、このお金で自宅だったらもっとたくさん美味しい料理が作れたしお酒も飲めたのにと思ってしまいます。

時間が無駄

・飲み会で人間関係が改善したり、仕事の効率が上がるのであれば、
世の中はすでに豊かになってる。が、現状そうでもないですし、
飲まないとやってられない環境であれば、衛生環境を考えても悪いので、
私なら辞めます。

・コミュニケーション不足のために飲みニケーションが流行っていましたが、上手く行った部分は酔っている時ではなく、序盤の素面の時が多いと思います。つまり、みんなでゆったりと仕事を気にせず話す時間が必要なのであってお酒を飲む必要はないということです。

・今は、緊急事態宣言下で、お店が強制的に閉まるが、これがない時は、1次会から2次会まで続いていた。飲み会の目的をしっかりと定めることなくすると、時間とお金がすぐに無くなってしまうと感じる。飲み会の時間も大切だとは思うが、余分な飲み会の時間は、自分のスキルや自己研鑽に時間を当てたいと思っているため。

・気を遣ったり、遣われたりで時間の無駄です。仲良くなりたいのなら、仕事の中で仲良く成れば良い事です。ビジネスの関係なのですから、しっかり仕事をお互いやってさえいれば必要以上に仲良くすることもないと考えています。

・有益な情報を与えず、ただただ己の自己満で開いてくる人の飲み会は時間の無駄であるその自己満に付き合わされる人たちからしたらうっとうしい以外の感情がない。入社などの一番最初の顔合わせは建前上でるが、それ以降は出席する必要性がないと思われる。

・仲の良いもの同士で飲む分には良いのですが、会社の行事で飲むのは若いころから好きではない。最近は1次会でサッと上がりますが、若いころは先に帰れず嫌な思いを良くしました。若い方達とも親睦を図らないといけないのはわかりますが、会社帰りにごちそうするくらいがちょうど良いですね。

・職場の人はあくまで仕事仲間だと割り切っているので、自分の大事な時間をお金を使ってまで参加したいとは思いません。仕事が終わっているのに仕事の話をしなければならないし、だからといってプライベートな話をバンバンするのは嫌なので、職場の飲み会には参加しないようにしています。

・会社のメンバーとなると、気の合わない人もいるし上司もいるしで話たいことが話せないので時間の無駄だと感じます。若い人は尚更嫌がるのも無理ないと思います。コロナでその機会が無くなり、むしろ良いのですが、また復活するだろうから嫌だなと思ってます。

・時間は人それぞれに有限で、仕事が終わった後に自分の時間を割いて飲みに付き合うことに対しての時間がもったいないと考えています。また、同じ顔ぶれでいったところで、お互いの時間を仕事以外で不必要にとるのはいかがなものかと思います。

・全部が全部無駄だとは思わないですが、何となくやる新年会や忘年会は無駄だと思います。何か目的のある飲み会であれば良いですが、何もないなら気の合う人同士で好きなものを飲んでた方が美味しく飲めると思います。

・職場の人と割り切って付き合っているのに、無理に仲を深める必要はないと思うし、だらだらどうでも良い上辺だけの話をして時間を過ごすなら、自分のやりたいことに時間を使いたいからです。あまり静かだと、盛り上げなきゃと気遣いの変なスイッチが入るのも疲れます。

気を抜けない・リラックスできない

・会社から誘われ飲み会に行くのは楽しいのですが、自分の場合上下関係が厳しく入店してから、帰るまで気が張りただただ疲れるだけだと感じました。飲んでる最中に仕事の話になるのは自分の為になると勉強にはとてもなるのですが、やはり他の気遣いもしないといけなく気が抜けません。

・会社や仕事の飲み会はメンバーによって自身にとっての価値は大きく変動するものだと感じておりますが、どこか拘束力のようなものがあると感じています。参加しないと「こいつはそういうやつだ」と烙印を押されるような感覚に陥り、恐怖に襲われ、私はこれまで無理矢理にでも飲み会には参加してきました。
何よりも嫌だったのは言葉遣いに配慮したり、機嫌を取ったり、若手社員としてメニューを取りまとめたりする一連の気遣いが大きなストレスでした。その時間も「勤務時間」という呪縛から解放されない自分がいます。それから、まだ組織やチームに打ち解けていない段階、関係性が構築されていない段階で次々とプライベートな情報を聞き出してくる上司や先輩社員がいると一歩引いてしまいます。
よって、私は大体のケースで「早く帰りたい」と感じてしまい、早々に家路に着きたいと思ってしまいます。しかし、飲み会自体は好きな人間なので多少わがままな性格かもしれませんが、自分が行きたいと思えるメンバー、話をしたいと思えるメンバーとは積極的に参加したいと思っています。

・会社・仕事の飲み会のデメリットをあげるとしたら、疲れるから、です。仕事が終わった後のすでに疲れているときに行くことになるので、さっさと早く帰宅したいのに、リラックスできない状況で他人に気をつかい、マナーに気をつかい、トークに気をつかいながら飲食するので、疲れます。

・特に目上の人との場合、話も聞かないといけないし変な回答適当な返事ができない。
つまらない事や愚痴を永遠に喋ってて本当に疲れます
後輩がいてもそう言った先輩方を見てきてるので気を遣はせないようにこっちが気を遣う機会が増え疲れてしまいます

・自分が気を許せる家族や友人との飲み会であれば、安心して飲んで酔ってもたぶんそれは家だと思うので眠くなっても問題ないでしょうが、仕事の飲み会であればどこかの店だと思うので眠くなったら困ると思うので自分にとってはデメリットでしかない。

・正直、仕事仲間との飲み会は苦痛でしかない。行きつくところは「仕事のネタ」なので、スキがあればお互いの悪い所が見えて興ざめしてしまう…。なのでお酒を飲むのなら、1人もしくは気兼ねしない家族とか、仲良しの女友達の方がいいな~。

・お酒を飲む時はリラックスした状態で飲みたいのですが、上司が居たりするとやはり仕事の話になったりグラスが空いているかどうかなど気を使いながら飲むのでお酒や料理の味を楽しむより、他人に気を遣う時間が長いのであまり楽しめません。

・おいしく味わいたいお酒や食事に集中できず気を遣います。余計にお金もかかり帰宅も遅くなり何もメリットを感じません。参加しても仕事で評価が上がるわけでもなく仕事のためになる意見交換ができたことはなかったと思います。それは勤務時間中にしてほしいです。

・メンバーにもよりますが、会によっては、かなり気を遣います。あまり話したことがない人がいると、言葉にも気をつけなければならないし、一つ一つの反応を気にしてします。こっちは悪気はなくても、酒も入っていると、ついつい余計な一言が出るのではと心配する。

・上司や取引先の人が同席する飲み会であれば、仕事の延長でありリラックスはできない。飲酒しており判断力が鈍る中で気を抜けないのはかなりストレスとなる。仲の良い同僚との飲み会であれば逆にリラックスできストレス発散、にもなると思う。

・短時間で終わる飲み会ならいいが、相手に気を遣ったりしながらの長時間の飲み会は精神的に疲れてしまうので。気軽に同僚だけならいいが、上司やあまり近くない関係の人がいたらなおさら気を遣うので気を抜くことは出来ない。

・飲み会といえども仕事の延長なので、楽しいことは何一つありません。友達との飲み会とは違い、バカ話や悩み相談や自分をさらけ出せる時間ではないのでとても気を使うし、しんどい話に付き合わされたりするのでせっかくのビールも美味しくありません。

・どうしても上下関係が気になりますので、純粋に飲むことを楽しむというわけにはいきません。上司があまり飲んでいないのに自分がガンガン飲んだらいけないのでペースを抑えないといけないなとか、あの人に酌をしなければいけない、もうしたっけかな?とか気を遣うので仲の良い人達と飲むのとは全然違います。

・上司など年齢の離れた人との会話には気を遣います。私の場合お酒がそれほど強く無く酔って楽しくなることができないため、余計に気が抜けないです。また会社の飲み会だとその場で仕事の話などもあるので、常に冷静でいる必要があります。

・上司もだが、周りにいる人の気を使うのが嫌である。高い会費を払っているのだから、自分のペースで落ち着いて飲み食いをしたい。酒がはいると態度が大きくなるヤツや声が大きくなるヤツ、同じ自慢話を何度もするヤツがいるのは嫌です。

・新社会人~2年目社会人は会社によりますが、会社の大事な会食になると若手社員はお酒注ぎが仕事になります。飲んでいる残り4分の1以下になると「次の注文を伺う」、または上司の「好みを押さえる」「食べ物を分ける」など仕事も多いです。とても気は抜けません。