漁港の肉子ちゃん面白い・感動の理由とは!泣ける?さんま・しのぶ・花江夏希・Cocomiに賞賛!

漁港の肉子ちゃん感想口コミ評判!

漁港の肉子ちゃん面白い

映画「漁港の肉子ちゃん」の上映が開始となりました。

明石家さんまさんプロデュースであったり、木村拓哉さん工藤静香さんの長女「Cocomi」さんが声優をつとめることで話題になっている作品。

漁港の肉子ちゃんが好評の理由についてみてみましょう。

漁港の肉子ちゃん公式webサイト

漁港の肉子ちゃん面白いという評判




※随時更新

漁港の肉子ちゃん前評判:面白そう・楽しみ

・まず初めに、この映画の映像を見始めた時は、正直あまり興味はありませんでした。でも、くるくると動く強烈なキャラクターの肉子ちゃんと他のキャラクターや、綺麗な背景、音楽を聞いていると、セリフがスッと心の中に入ってきて、なぜか涙が出そうになりました。映画見に行きたいと思いました。

・肉子ちゃんというインパクトがある名前のお母さんの生き方が単純に気になる。そのお母さんを持つキクコが、「お母さんみたいには生きたくない、でもね」というセリフが最後に聞こえたのでどういう風に感じているのかなと興味を持ったため。

・まさかのさんまさんが脚本ということでなんだか新たな世界が見えるようで少し期待しています。また声優メンバーも豪華で何よりも元嫁の大竹しのぶさんが担当されているということでニュースでも話題になっていたし、見てみたい気持ちです。この状況下なので映画館には行きませんがDVDで待ってます。

・西加奈子さんの原作が面白かったので。主人公がありふれたタイプではないところに惹かれます。その声優を大竹しのぶさんが演じるなんて面白そう!と思いました。明石家さんまさんがプロデュースなのも興味深いです。

・まず第一に、元夫婦二人で仕事をしているところに好感が持てるので、映画でも良いコンビネーションが感じられそうです。あとはアニメーションが見易くてきれい。母と子が似ていないのはどうしてなのか気になるので、そこをじっくりと見てみたいです。

・肉子ちゃんと息子君の話。何か訳があって、いろいろな場所を転々と動いているとテレビで観ました。どんな理由があるのか知りたいと思ったので観てみたいと思いました。ただ絵柄はあまり好きなタイプではありませんが、おもしろそうだと思っています。

・予告編をwebで見ました。まず大竹しのぶさんが声優をされているキャラクターにインパクトがあって目を引きつけられます。笑いあり、感動あり、でも頭を使わずに見られる映画なのだろうなという印象だからです。作画も好みです。

・過去夫婦をやっていた明石家さんまのプロデュースと大竹しのぶのCocomi。「生きているだけで丸儲け」の意味を持つ娘のいまるちゃんを名、それを名付けたさんま
・しのぶ夫婦の感性があふれ出しそうな心温まるストーリーに惹かれました。

・アニメーションの作画はあまり好みではない雰囲気だが、原作西加奈子の作品も好きだし、出演している声優さんもかなり豪華なん方ばかりなので、どういった感じになるのか気になる。話題性はかなりあると思うので、興味があります。

・まだ予告も見始める前の第一印象は、明石家さんまプロデュース映画はとても気になるが映画名がイマイチどんなものか分からない為、イメージができず、興味が沸かなかった。釣りバカ日誌のようなものなのかなと感じた。しかし、予告を見た時に見てみたいと思った。このコロナ禍ではあるが暖かさを感じた。映画館に観にいきたいと思った。

・父親から勧められて、原作を以前通読しましたが、内容が起伏に富み、大変面白い小説でした。実写化で映画化されるのは難しいと思っていましたので、アニメーションでの映画化は着眼点がいいと思います。明石家さんまプロデューサーの味付けが楽しみです。

・明石家さんまさんのプロデュースだからきっと面白いのであろうと思う。タイトルからして何だろう?と興味を惹かれるし。小説はまだ読んでいないが、読んでみたいと思う。さんまさんの青春時代のエピソードが織り込まれているという話だが、それも気になる。

・絵がキレイです。また、声優さんも豪華な方ばかりですので、気になっていました。YouTubeでも告知?なども拝見していますので、そこで見てみたいと思っています。アニメが好きですので話題のやつはチェックしてますで是非見ようと思います。

・個人的にイラストが好きなタッチで描いてあるから面白そうだと思いました。内容はなんとなく想像ではありますが、主役の肉子ちゃんが漁港での生活ぶり、その中で生まれる人間関係、恋愛?も入るのかな?と想像しました。ただ一つ、肉子という見た目のまんまの名前をつけたところが、あまりよろしくないと思います。それも個性で、本人がいいならそれでいいのかもしれませんが、その体型の見た目により嫌な思いをする人が出ない事を願います。

・西加奈子の原作がそもそも面白いし、明石家さんまがプロデュースする映画の声優に大竹しのぶがキャスティングされたことで期待感が増した。また、公開前のプロモーションでも明石家さんまと大竹しのぶの元夫婦の掛け合いが多く見られて和気藹々と映画を作ったのかなと温かい気持ちになった。

・明石家さんまさんのプロデュースなら面白そう。あまり真剣に考えずに軽い気持ちで観れると思う。深く考えないといけないミステリーや社会は物語は見終わったあとにしんどくなるが、軽い気持ちで観れる映画は今の時代にはあっていると思う。

・予告編やテレビでの情報を見る限り、主題歌を歌う少女の歌唱力が素晴らしくとてもきになる。肉子を演じる大竹しのぶの演技力もとても高いので、短時間の予告編などだと違和感しかないが、それが作品全体にどう影響があるのかとても気になる。

・監督が渡辺歩さんなので期待せざるを得ません。初期のドラえもん感動作シリーズを手掛けていらっしゃるので、今回の『魚港の肉子ちゃん』も心震わせる作品にして下さるのではないかと期待しています。キャラクターデザインの小西さんもジブリ作品
・今敏監督作品の原画を手がけていらっしゃったと思うので、キャラクターの動きや表情などもとても楽しみです。

・原作が西加奈子さんなので、確実におもしろいだろうなと思います。ほかの作家さんも好きな作品と言っていたのを覚えています。キャストも豪華ですし、コマーシャルも何度かテレビで見ましたが、話の内容が気になります。

・さんまさんは笑いのセンスがあり、ユーモアのある人柄で周りの人を惹きつける力のある人というイメージです。そんなさんまさんがプロディースする映画なのでつまらないわけがないと思います。肉子ちゃんが母親なので、母親目線で鑑賞する事ができますし、泣けるストーリーだと感じました。

・明石家さんまさんのユニークな発想が、映像で見られるので楽しみ。まずタイトルからして斬新。そして元奥様の大竹しのぶさんや人気声優の花江夏希さん、Cocomiさん、マツコデラックスなど豪華キャスト揃いぶみなのもすごい!

・物語が面白そう!映像もとっても綺麗ですごく引き寄せられす。声優さんも大好きな人ばかり出演していて絶対に見たいと思いました。あと、肉子ちゃんの男性に騙されて悲しい思いをしたのに、それでもニコニコして明るい性格なところも惹かれます。

・ジブリが王道できたアニメ映画界に新しい風を起こしてくれそうだから。絵の感じも独特な気がするし、何よりジブリではやらないだろうなという内容がいい。自分の母親がこんな人だったら自分ならどう感じるだろうか?なんて自問自答しながら見られそう。アニメと関係ない業界の人が作るアニメ映画がどんなものなのかにも興味がある。

・90秒の予告を見ただけで、何か胸にこみあがってきて涙がでました。自然の風景がとてもきれいに描かれていて、気持ちが良かったです。内容はよくわからないのに、早く肉子ちゃんをもっと知りたくなったし会いたくなりました。

・会社のエレベータで肉子ちゃんのCMが流れていて、面白そうだと思っていました!ストーリーは西加奈子さん原作なので間違いないし、食べ物がたくさん出てきそうな気がするので美味しそうな映像が見られそうで楽しみです。

・西加奈子さんの原作を読んでとてもストーリーが好きなので、映画になった場合どのような表現になるのかとても興味があります。変に実写ではなくアニメーションにすることで原作のイメージを損なわず原作ファンにも受け入れられるのではないでしょうか。

・肉子ちゃんのキャラクターに惹かれる。退屈と思われがちだが、肉子ちゃんの思う「普通」が物語の中でどのように描かれているか気になる。そんな母をもつキクコを演じているCocomiさんの吹き替えも初めて聞くので楽しみです。

・正直最初はさんまプロデュースと聞いて企画もの?と偏見があり、木村拓哉さんの長女が起用されるとあったのでなおさら話題性重視の作品なのかと思っていました。しかし作品のことを調べてみると、とても絵が綺麗でクオリティの高さに驚きました。どうやら鉄コン筋クリートで美術監督を務めた方が今回も担当しているとのこと。納得しました。原作も西加奈子さんとあり、きちんとした映画であると認識し、俄然鑑賞欲が湧きました。

・明石家さんまプロデュース映画「漁港の肉子ちゃん」については、とても興味があります。理由としては、2つあります。一つ目は、明石家さんまがプロディユースすることです。お笑い芸人がプロディユーしたことで、有名なのは「北野武」と「松本人志」がいますが、さんまはなかなかこのような仕事を行なわないので、非常に楽しみなところです。もう一つは、主人公
・肉子ちゃんを大竹しのぶが演じることです。これまで、さんま
・しのぶの元夫婦が一緒に仕事をする機会はトーク番組以外で見たことがありませんでした。ですので、どのような作品に仕上がっているのがというのも楽しみなところです。表題としては、港町の船にすむ母娘のハートフルコメディーということなので、最近笑ったり泣いたりしていないので楽しみたいとおもいます。

・ちょっと映画のタイトルがどうかとも思いますが、さんま独自の世界が垣間見れるような気もして期待します。面白そうというよりは、期待を込めた予想ともいえるものです。さんまのちょっと常識外れの、常識を超えるような部分がみれることを期待します。

・テレビで取り上げられているのをみた。明石家さんまさんはキャリアが長く目が肥えているはず。そのレベルの人がプロデュースを買って出るほどの原案なので、面白い作品になっていると思う。タイトルはどうかと思うが


・まずタイトルを見たときに、肉子ちゃんという名前に親しみを感じました。あらすじを読んでいくと、見た目も性格も全然違う母と娘のお話と知ってすごく興味がわきました。声優に挑戦されている俳優さんたちも好きな方なので、おもしろそうだなとおもいました。

・予告動画を観たんですが、関西弁で話しが進んでいって、ほんの短い動画なのに心がジーンとしてしまいました。お母さんが豪快でいつも笑っていて、まさにさんまさんの言葉ではないが、生きているだけで丸儲けという感じがしたんです。主題歌もすごく素敵です。ぜひ観てみたいと思いました。

・原作は売れているベストセラー小説だから。またさんまさんが物語に惚れ込んでプロデュースしたとあり、どんな素晴らしい内容なのかと気になる。又吉がおすすめしたりと気になる映画だから。心あたたまる物語な気がして見てみたい。

・お笑いのレジェンドがプロデュースした映画なら面白くないはずがないと思います。タイトルのネーミングセンスも抜群で思わず引き付けられてしまいます。映画の内容もどれだけ笑わせてくれるんだろうと今から楽しみでいっぱいです。

・この映画に関して、大竹しのぶさんとさんまさんのやり取りをメディアで拝見しましたが、芸人としてのさんまさんではなく、プロデューサーとしてのさんまさんの手腕を見てみたいと思ったので、是非見てみたいと思いました。

・生きてるだけで丸儲けのフレーズに心打たれました。人それぞれ色んな生き方があるんだなと考えさせられました。自分に価値なんてないと思っていたので、みんな望まれて生まれてきたんやでなんて優しい言葉なんだと思いました。明石家さんまさんの映画にとても温かみを感じます。声優に元奥さんが入っていることにも共感しました。ぜひ見に行きたいです。

・さんまさんがプロデュースするなら面白そうだと思います。また、さんまさんからのオファーで宮迫さんも声で出演するみたいなので期待が高まりました。その役柄がセミというのがまた期待をさせられます。一瞬の役なら大爆笑です。