月姫-A piece of blue glass moon-リメイク面白い?つまらない?感想口コミ評判レビュー!神ゲー?クソゲー?

月姫-A piece of blue glass moon-感想口コミ評判レビュー

月姫-A piece of blue glass moon-面白いつまらない感想評判

名作と名高い月姫がリメイクで発売!

月姫-A piece of blue glass moon-は面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

月姫-A piece of blue glass moon-メーカー公式webサイトはこちら

月姫-A piece of blue glass moon-面白い?つまらない?





月姫-A piece of blue glass moon-前評判:面白そう・楽しみ

・個性豊かなキャラクターが揃っていて、展開がとても楽しみになります。現段階で公開されているシナリオを見ても、遊んでいくうちにもっとシリアスな展開が待っているんじゃないかと期待できます。ゲームを通して一つの作品を経験したくなるような期待が持てます。

・初めて知ったゲームだけど、物語の展開が気になる。アドベンチャーゲームはあまりやらないけど、どんな内容で(ホラーなのか恋愛系なのか)どう進んでいくのか気になるところだった。設定が複雑な感じなので、どんなシナリオになっているのか気になった。イラストが可愛い。

・21年ぶりの新作それだけでファンは嬉しく期待値も上がっているかと思います。キャラクターがかわいいと思います。昔死にかけた時に与えられた能力を持ちその能力と葛藤しながら平凡な生活を送る、しかし事件に巻き込まれる設定にわくわくします。

・私は月姫の後に発売されたFateシリーズのファンであり、TYPE-MOONが創り出す世界観に引き込まれた一人である。そのため、以前から月姫には興味を持っており、プレイしてみたかったが、月姫自体が13年も前のPCゲームということもあり、手を出しづらかった。しかし、今回のリメイク版はPS4とSwitchでリリースされるため、かなり期待している。

・過去のリメイク作なので昔のグラフィックやシナリオがブラッシュアップされて、PS4の綺麗なグラフィックでもう一度名作が楽しめると思うので期待しています。奈須きのこ先生の書くシナリオのファンですが、リメイクされて面白さが増していることを期待しています。

・人気ビジュアルノベルゲームのリメイク版で、発売の5ヶ月前から予約受付を開始している点から、初回限定盤の特典は既存ファンの満足度が高いものを用意している可能性が高いと予想。茅野愛衣・佐倉綾音・本渡楓など、人気の声優を起用している点も魅力のひとつ。後発の、9月発売予定の同作の世界観やキャラクターを流用した格闘ゲームの方も期待大。

・FGOからFateシリーズのファンになったので、奈須きのこ、武内崇、TYPE-MOONというだけで期待できます。旧作をプレイしたことがありませんが、新しいグラフィックを見ただけでプレイしたいと思えます。ヒロインも主人公もわかりやすく可愛くて一目で惹かれました。

・立ち絵と声優が合っている感じがするのでそこは期待。また、ストーリー構成がしっかりしていそうな感じがするので後編への繋ぎ方や伏線回収をどうするのかを見ていくのが面白そうだと考えます。また、キャラクターが魅力的なので表情の描き方も期待したいと考えます。

・Fate stay/nightが大好きで、同じメーカーの過去作である月姫がリメイクされると聞き、大変興奮しました。また、以前のグラフィックには正直古臭さを感じていたのですが、今回そこに手を入れることで新しいキャラとも言えるような良い意味での変化があったことに感動しています。Fate stay/nightと同じくストーリーに期待しています。

・今から20年以上も前に作られたゲームを現代に置き換えると言う発想が斬新で面白そうです。また、ゲーム楽曲に力を入れていて別売りでサウンドトラックのみを発売すると発表されたのを見て、早くゲームをやりながら音楽の世界観に浸れることを期待しています。

・かつてのゲームに比べてデザインがだいぶ洗練され、システムもエフェクトなども格段にレベルが上がっている点。収録されなかったシナリオの展開は一番気になるところです。すでに遊んでいるユーザーも楽しめるよう、元来のシナリオにも手が入っているだろうから、どれだけ違和感なしに展開されるのか。

・学園が舞台で対する敵が吸血鬼というあまりない設定が期待値をあげる。普通の学生と思っていたら体術に長けていそうで戦闘するシーンがどうなっているのか早く見てみたい。キャラクターも個性がありそうでキャラクター同士の絡みがどうなるのか人間関係がどうなるのか気になるところ。

・奈須きのこのファンなので、同人ゲームだったものがビジュアルノベルがプレイできるのは嬉しい。ストーリーも薄暗くて、これぞ那須ワールドという感じで期待しています。今再現するとなるとあの名作がどう表現されるのか、というのが楽しみです。

・少々ホラーチックに作られた内容がはらはらするようなものとなっている。キャラのビジュアルは好みな人に好みだなと感じるし、絵のタッチはどこかライトノベルを彷彿とさせるようなものに仕上がっている。私はこのゲームをプレイしたことも見たこともないが、気になる作品にはなった。

・プレイヤーの選択によって物語が分岐するというシステムは、複数回プレイしても飽きることが無い点で面白そうだと思います。キャラクターや背景のデザインが綺麗な印象を持っているので、その点に関しても期待できると思います。

月姫-A piece of blue glass moon-前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・現段階ではアニメーションにどの程度動きがあるのか、あまりなければ期待できなさそうだなと思います。ノベルゲームだと思いますが、アニメーションにもこだわりがあると遊び前にももっと期待が高まります。キャラクターの絵にもう少し実際の肉体感があるといいなと思いました。”

・アドベンチャーゲームなところ。アクション系だったらプレイしたかもしれない。設定が少し中二的なので、ちょっととっつきにくいかもしれない。(全シナリオをクリアするために)長時間かけないとクリアできなさそうなところ。

・21年ぶりなので仕方ないところもありますが声優さんが変更になったところです。

・今作はリメイク版であるものの、リメイク前の月姫のストーリーを全て収録しておらず、収録されているストーリーが分けられている分割商法であるため、その部分が非常に不安である。分割販売をする以上、残りのストーリーは後日改めて販売されるわけであり、それがいつになるのか不明という点が気になる。今作が販売された数年後に残りのストーリーが販売されてもストーリーの大部分を忘れてしまいそうなので、そこが残念なポイントである。

・過去のリメイク作がPS4で発売されるので、CERO:Zで18才以上のみ対象のレイティングではありますが、シナリオやグラフィックなどが過激さを抑えた表現になってしまうのではないかと危惧しています。

・ややマイナーなジャンルとも言えるビジュアルノベルというゲームで、新規ファンの開拓がどの程度できるか。リメイクということは、どの程度追加要素が加えられているかも既存ファンにとっては気になるところではないかと思われる。伝奇ものと謳いながら主人公やメインヒロインをはじめとしたキャラクターの全体的なデザインが伝奇っぽさがイマイチ伝わってこないので、ビジュアル面が受け入れられるかどうかも人気の分かれ目になりそう。

・初回限定版の内容含め、既存ファンにはたまらない本品ですが、ストーリー展開や雰囲気、世界観が若干既存作品とかぶっているため、新しいもの好きの方はあまり興味を引く内容ではないのではと思いました。ずっと好きな方向け
・ターゲットがある程度絞られた作品であり、こちらもマンネリ化を感じる方はいらっしゃるのではないかと感じました。

・この手のゲームによくある、服装の変化が乏しい点が期待できなさそうだと考えます。また、連打ゲーになりそうな点は後半にいくに連れて飽きがきそうで面白くなさそうだと感じます。見る限り、魅力的なキャラクターに対して背景が微妙そうな点は期待できなさそうです。

・前編・後編での分割になってしまったことです。どうしようもないことかもしれませんがそこだけは本当に残念でなりません。また、弓塚さつきのメインへの昇格も個人的に期待していただけに残念です。追加されているキャラについてもあまり魅力的でなかったので、どうせなら追加などせずに原作の良さをそのまま活かしても良かったのはと感じました。

・強いて上げるとすれば、ps4 とNintendo Switchの二つにしか対応していない点と、通常版の価格がパッケージ版とダウンロード版とで変わらずダウンロード版の方を少し廉価になっていない点が残念です。

・キャラクター声優が一新されている点が気になりました。もともとのキャラクター声優があっていると思っていたので。今回は新人さん起用だと思いますが、雰囲気にあうのかピンと来ません。シナリオ自体はだいぶ長くなるでしょうから、テキストを読む時間の確保が難点かと思います。

・戦闘シーンが気になるが操作できるキャラクターが少なそうであまり期待できない。トゥルーエンドがなさそうでバッドエンドのにおいがしそう。

・絵が古いままというか、それほどビジュアルは良くなっていないかも…という点が少し残念です。雰囲気がそのままなのは昔ながらのファンにとっては嬉しいけれど、新しいファンがついてくれるのかというのが少し不安かも。

・まず公式ホームページで年齢制限があり、インターネット上に出ている情報が少ないように思います。公式ホームページの内容を見てもゲームの情報が得にくく、分かりづらかったので、あまり期待できないと感じました。