MAJOR(メジャー)2nd面白い?つまらない?アニメ感想評価!2世の息子たちに期待?マンネリが心配?

MAJOR(メジャー)2nd面白い?つまらない?アニメ感想評価!

major_00

茂野吾郎が活躍したMAJORの第2作、アニメ「MAJOR(メジャー)2nd」が放送開始です!

2ndでは茂野吾郎も登場しますが、主役は息子たち!

早速アニメ「MAJOR(メジャー)2nd」の感想評価を見てみましょう!

2世の息子たちに期待?マンネリが心配?

・2世代目となり、息子達が今後どう活躍していくのかが楽しみです。1stの茂野、佐藤の関係が2NDでひっくり返っている設定はなかなか面白いとはおもますが、今後の展開次第でキャラクターが立たなければ1STの繰り返しでマンネリ化して飽きられる可能性もあるのかと感じます。親達との絡みで物語を展開していくのか。はたまた子供達は子供達という観点で物語が展開していくのか。いずれにしても大ヒットの1STが頭にあっての2NDですから・・・・

・この漫画が始まったときから早くアニメ化してくれと思っていた作品です。前のおやじの時の茂野吾郎の時からずっとこのメジャーという漫画やアニメ見てきているので楽しみでした。感想といたしましてはやはり安心感ある作りになっていて野球に興味ある子供や好きな方には楽しめる作品になっていますよ。吾郎と違って大吾は最初大して野球の才能という点では平凡な子なのでいきなり挫折から始まる作りからなのでここからどのように成長していくのかが楽しみです。

・偉大すぎる父・吾郎の息子として生まれた大吾の野球人生の話ですが、「微妙」という言葉があてはめる作品だと個人的には思います。野球を嫌っているのどうなの分かりませんが、主人公の許可を得ず、勝手に辞めたチームの試合の出場を決める親はどうかと思いました。私も野球経験があるだけにこれはありえないと思いました。また、どのキャラクターも作者の都合でセリフを言わされてる感じがしました。総合的に「見入ってしまうほどの面白さ」はありませんでした。

・原作の最初の方を読んでいないのですが、4年生時代があっさりと終わってしまいアレっという感じがしました。大吾の声優さんはまぁ良かったと思うのですが、佐藤光くんの声がちょっと大人過ぎるような気がしました。もうちょっと少年らしい女性声優を使った方が良いのではないかと思いました。オープニング映像のアンディの肌の色があまり黒くなかったのは今風の配慮でしょうか、ああいうのはやめてもらいたいですね。ちゃんと原作通りにして欲しいです。

・MAJORで活躍していたキャラクターのその後の姿を見ることができ、ファンにはたまりません。吾郎や薫が小さかった頃から成長を見守ってきた気持ちなので、結婚し子供を育てている姿を見ると感慨深いです。大吾は親に似て、最初から野球の才能がある天才肌の設定だと思っていましたが、野球チームに入ってもうまくいかず、野球と距離を置いてしまう姿を見て、とても寂しい気持ちになりました。偉大な親や姉の存在に押し潰されず、自分のペースで野球と向き合い、楽しんでほしいと思いました。親に似てかっこよくて賢そうな寿也の息子とも出会ったので、これから仲間と共に成長し活躍する姿を楽しみにしたいと思います。

・MAJORは学生時代に毎週楽しみにして見ていたのでMAJOR 2ndも毎週見ようと思っています。ただ2ndは漫画をある程度のところまで読んでしまっていて内容は知ってしまっているので楽しめるのかというある種の不安感もありましたが、それよりも懐かしさやワクワク感が勝り、とても楽しめました。今後は漫画の最新刊が出ても購入せずにアニメが追いつくのを待ってみようかなという気にもなっていますがそれはさすがに先が気になりすぎて我慢できないかもしれませんね。

・茂野吾郎2世の大吾くん。自分でも当然野球は上手いと思っていたら、全然ダメというのはなかなか切ないですね。でも諦めるのが早くてびっくりです。2世と言われる立場の人は子供の頃から大変なんだなぁと思いました。ラスト、佐藤くんが現れてどう変化していくのか楽しみです。事前の番組で捕手になるとの話でしたが、捕手も肩が弱いと駄目なポジションでは?エンディングの歌詞は内容にもあっていましたが、見てる側も心にもグッときました。

・2ndシーズンでは父親の茂野吾郎の話ではなく、子どもの茂野大吾の話です。話の中では肩を壊してまでもまだ野球に執念深く取り組む父親と、父親の偉大さからの非力な自分の劣等感による子供大吾の苦しみ悩みから野球に取り組む話になっています。ジュニアと言われる二世の子供達が再び父親と同じ野球という世界へ取り組んでいくという話です。父親が有名だという事からの周りからの圧力やライバルたちとの競争などがこれから始まっていく雰囲気の第一話でした。

・漫画とはまた違った演出で、自然と楽しむことができました。大吾が偉大な父親に憧れ、野球に挫折していく過程が詳しく描かれていたので、第一話からすごく引き込まれました。天才じゃない主人公の成長が描かれるので、感情移入しやすいです。漫画では極力吾郎の登場シーンがなかったので、あっさり登場してきたときは拍子抜けしましたが。OPからEDまで楽しめる内容の充実した作品に出会えました。個人的に注目したいのが、EDでプロの野球選手からメッセージが寄せられること。野球少年、ファンにはたまらんです。

・MAJORの主人公、茂野吾郎の息子が主人公のアニメみたいなのですが、2世だから才能と今までの鍛錬で飛びぬけた実力を持っている物語なのかと最初は思いましたが、どうやらそうではなさそうでした。パパ、ママ、姉がついていながら大吾にはまだピッチャーとしての肩が弱いというのは家族はわかっていただろうに何故、教えてやらなかったのか?、何故、体をつくる、肩をつくるトレーニングをやらせなかったのか?、と疑問に思いました。才能を受け継いだ姉と受け継がなかった弟がいかにして成長してゆくのか、というアニメだと思いました。