プリキュアシリーズ人気ランキング!どれが面白くておすすめなのかまとめてみた!

プリキュアシリーズ、人気なのはどれ!

puri_04

もはや女の子大人気番組の定番となったプリキュアシリーズ!

まさに平成を代表するアニメの一つと言えるでしょう。

今回はそんなプリキュアシリーズ、歴代で一番人気なのはどれかアンケートをとってみました。

皆さんが好きなプリキュアシリーズは何番にランクインしているでしょうか!

是非ご確認ください!

人気の関連記事はこちら


プリキュアシリーズ人気ランキング:16位ふたりはプリキュアSplashStar

プリキュアシリーズ人気ランキング:16位はふたりはプリキュアSplashStar

ふたりはプリキュアSplashStarが人気の理由

ふたりはプリキュアSplashStarが人気の理由はこちら

・前年までとはキャラクター・世界観等々を一新した作品で、前よりパワーアップしていて、すごく楽しかったです。オープニングのまかせて★スプラッシュ☆スター★がよかったです。

プリキュアシリーズ人気ランキング:15位ハピネスチャージプリキュア!

プリキュアシリーズ人気ランキング:15位はハピネスチャージプリキュア!

ハピネスチャージプリキュア!が人気の理由

ハピネスチャージプリキュア!が人気の理由はこちら

・他のプリキュアシリーズとは少し違うネーミングで、おしゃれをモチーフにしているところも珍しく感じ子供と楽しく見ていました。キュアフォーチュンが大人っぽくて好きでした。

・ハピネスチャージプリキュアは初めは絵と3Dの違和感に慣れませんでしたがそれ以外は本当に素敵な作品だったっと思います。とくにひめのおっちょこちょいだけどまっすぐ頑張る感じがプリキュアらしく本当に可愛かったです。最後、敵が消えるのではなく現実世界で仕事をしている点も好きでした。

・ハピネスチャージという謎のタイトルで面白いと思いました。いろいろな職業を経験していて、子供達にも分かりやすくて良かったと思います。主人公が明るくて、ちょっと恋愛要素もあって大人が見ていても面白かったです。

・ダンスやおしゃれをテーマにしていて、見ていて楽しい気分になれたし、必殺技を出すときにいろんなダンスをCGで見れたのでほかのプリキュアシリーズよりも特別感があったように思います。

プリキュアシリーズ人気ランキング:14位Yes!プリキュア5GoGo!

プリキュアシリーズ人気ランキング:14位はYes!プリキュア5GoGo!

Yes!プリキュア5GoGo!が人気の理由

Yes!プリキュア5GoGo!が人気の理由はこちら

・丁度子供が見ていた年代ではありましたが、とても映像が綺麗なことに驚きました。色鮮やかで、それぞれのカラーでの変身時の映像は毎回眺めてしまいました。内容は、非日常の戦いですが、女の子たちのグループのやり取りやいざこざはわりと大人向けだとも感じました。

・Yes!プリキュア5の続編で、毎週楽しく見ていたからです。プリキュア達に加え、前作から続投した敵のブンビーさんの浮き沈みが、大人として共感できて面白かったです。

・私がしっかり見た最後のプリキュアがこれです。5からGoGoまでちょうど寮生活を送っていて、友達とよく見て話題にしていました。ココとナッツがイケメンで、特にナッツがかっこよくて好きでした。

・前作からのメンバーに加え、追加戦士も増えた事で、より楽しんで見ていました。恋愛要素も増えたので、本来の対象年齢の子供たちにはちょっと早いのかなとも思いましたが。とにかくうららが可愛いかったです。

・プリキュア5シリーズはただプリキュアの活躍を描くだけじゃなくて恋愛要素やその禁断さもほんのり描かれていて好き
また東京ミュウミュウから着想を得て美少女戦隊モノにしたことはその後のプリキュアシリーズに大いに影響を与えたと思う

プリキュアシリーズ人気ランキング:13位ふたりはプリキュアMaxHeart

プリキュアシリーズ人気ランキング:13位はふたりはプリキュアMaxHeart

ふたりはプリキュアMaxHeartが人気の理由

ふたりはプリキュアMaxHeartが人気の理由はこちら

・放送当時、自分が小学生だったのでちょうど見ていました。初代もいいんですが、初代の二人だけでは描けないストーリーもあり、初代よりこっちのほうが好きです。初代のときはクイーンに頼っていた二人も、クイーンが消えてしまい、自分たちでどうにかしないとという思いで戦っていく中、新しく増えた仲間とともに奮闘する。二人の絆と自分たちしかいないという気持ちが強く描かれた作品だと思います。

・ふたりはプリキュアの続編でなぎさとほのかが、またみられるので前作のファンとして当然みました。新キャラのシャイニールミナスのルックスがかわいく、彼女が物語にどう絡むのか楽しみにしていたのを覚えています。

・素手で戦うなぎさとほのかに加えマックスハートになって登場したひかりの性格と見た目に可愛さが好きでした。積極的な感じではないけれど、自分の考えに一貫性がある性格に惹かれました。

・初代が面白かったのでそのまま終わりでなく続投で新たな事件、敵との戦い仲間の登場というのはとてもうれしかった。さらにパワーアップした展開でとても楽しめる作品でした。

・前作の主人公、なぎさとほのかはそのままが活躍してくれたのに加え、新たに登場したひかりがミステリアスで、謎が多く、興味をそそられたから。
他の二人とはまた違うクールなキャラクターも魅力的だった。

・もう10年以上も前に放映されていたにも関わらず、全く古臭さがないのがすごいと思う。映画にも登場したが、二人は対照的な性格ではあるけど、プリキュアに変身すると団結してつても強い女の子になるところが好きです。

・前シリーズにもう1人加わって、クオリティが落ちると心配したのですが、ひかりのファンがすごく多くて当たりキャラでした。メンバーカラーは白か黒かだったのに、3人目は黄色という斬新な色使いが秀逸でした。

プリキュアシリーズ人気ランキング:12位ドキドキ!プリキュア

プリキュアシリーズ人気ランキング:12位はドキドキ!プリキュア

ドキドキ!プリキュアが人気の理由

ドキドキ!プリキュアが人気の理由はこちら

・いつもは勉強は少し苦手な主人公が多かったのですが、ドキドキ!プリキュアは主人公が勉強も運動も得意でしかも生徒会長という異例なパターンでした。敵役の名前がジコチューというのがおもしろかったです。

・物語がきちんと構成されていて、観ていて最後は感動して泣いてしまいました。主人公とレジーナの絆にも感動しました。キュアソードがとてもかっこよくて好きでした。絵がとてもきれいでした。

・プリキュアというより、声優さんにひかれたプリキュアシリーズです。金髪男子役の櫻井さん、敵のイーラは田中真弓さん。敵なのに、応援してしまいました。後は、赤ちゃんのアイちゃんが可愛かったからです。

・プリキュアもですが、敵が魅力的だったシリーズだと思います。妖怪みたいな見た目の敵も多い中、人間の姿をしていて、プリキュアと心を通わせた?みたいなシーンも、敵同士なのに相手を思う、ある意味人間味のある悪役だったなと思います。

・吉田仁美さんのED曲が本当に良くて、作品内容ももちろん好きだが曲で言えばドキドキが一番好きだと思う。キャラにしてもプリキュアの歌を歌っていた宮本佳那子さんが声優として出ており、気に入っている。主人公の相田マナもとても良い人柄で見ていて気持ちがいい。

・スマイルプリキュアに続いて、よく見ていたシリーズです。生き残りのプリキュアが出てくるところから始まる、という今までにない話の展開に初めは驚きましたが、「友情」についていろいろ考えさせられるストーリーだったと思います。プリキュアの名乗りが短くてわかりやすかったのも、印象に残った理由の一つです。

・キュアダイヤモンドが美人で、毎週見るのが楽しみでした。また、知的でクールビューティーな格好良さも兼ね備えており、なかなかいないキャラクターでいつも楽しませてもらったからです。

・こちらはBSで放送していたものを観たのですが、こちらのキャラクターが可愛いのでとても好きです。キャラクター的にはキュアハートが最後の最後まで悪者に立ち向かう姿勢が大好きです。

プリキュアシリーズ人気ランキング:11位Go!プリンセスプリキュア

プリキュアシリーズ人気ランキング:11位はGo!プリンセスプリキュア

Go!プリンセスプリキュアが人気の理由

Go!プリンセスプリキュアが人気の理由はこちら

・絵柄が現代風でかわいかったのもありますが、キャラクターがとても魅力的でした!主人公はちょっと地味目でしたが、キュアマーメイドが美人で文武両道のお嬢様だったり、キュアトゥインクルが人気モデルだったり、キュアスカーレットがバイオリンを弾く本物の王女様だったりと、女の子が憧れるキャラクターばかりだったのもよかったと思います。また、みんなすごくしっかりしていて、大人の目から見ても「カッコいい子達だなぁ!」と思える部分があったのも魅力でした。

・キャラデザが本当にかわいい。他にもかわいいキャラデザのプリキュアもあるけれど、女の子の夢であるお姫様がモチーフ。それぞれ大地、海、星、そして炎。まさに美しさの中にも強さが見られて素敵だと思います。
また、何よりもストーリーが良く、上品で良かった。敵に向かってごきげんようなんていう作品はなかなかないと思います。以上の点から選びました。

・初めは“プリンセスになる事が夢”というのがどうなんだろう…と思いましたが、はるかちゃんがとても真っ直ぐで一生懸命で、基本的にピンクポジションのキャラよりイエロー系にはまる自分が、気付けばいつも応援していました。でも結局一推しはきららちゃんでしたが😅

・夢に向かって進む、夢を持つことは素敵だと思わせてくれました。女の子は誰でもプリンセスとい描写も好きです。オープニング、エンディングの歌が素晴らしい。イントロ聞くだけで鳥肌が立ちます。

・中学生という設定で小さい子どもにはわかりづらいとは思ったが
全寮制の学校での生活を中心に描かれる内容はわかりやすく見やすい内容だと思った。また「つよく、やさしく、美しく」というキャッチフレーズが耳に残り心地良い感じだった。

・変身するときに使うプリンセスパフュームが大人が見ても可愛くて、一緒に使うドレスアップキーも子供もとても欲しがっていました。このシリーズの敵役の名前もゼツボーグといって面白かったです。

・プリキュアのプリンセス衣装が可愛くて、姪っ子に真似して作っていました。とても喜んでもらえましたが、それ以上に衣装の可愛さと、実物の人間が着ても可愛い仕上がりにとても満足しました。

・女の子は、一度憧れるプリンセス
プリンセスになるためには、マナーレッスンを主人公が励んだりしていて
ドレスを着て戦うという斬新さと
エンディングも、ミュージカルな感じで好きでした。

・ストーリー自体はほとんど見たことがないですが映画を観て変身後の主人公がとても可愛く見えました。ちょっと抜けている主人公を慕って一緒に戦っている仲間も可愛らしいキャラクターでちゃんとお話を観てみたいな、と思う内容でした。

・プリンセスが普通の女の子に囲まれて、わがままを我慢したり、両親の事を思い出して泣いたり、お目付け役に怒られたり、プリンセスぽくないのに、プリンセスを前面に押し出した話で面白かったです。

プリキュアシリーズ人気ランキング:10位スタートゥインクルプリキュア

プリキュアシリーズ人気ランキング:10位はスタートゥインクルプリキュア

スタートゥインクルプリキュアが人気の理由

スタートゥインクルプリキュアが人気の理由はこちら

・大好きなアイドルの、でんぱ組.inc成瀬瑛美さんが主演だからです。第1話の時点から、宇宙モチーフだったり、80年代っぽいモチーフだったり、可愛さがこれでもかと詰め込まれていてとても惹かれました!

・この間から始まった新作で、1話を見た限りとても世界観が好みだった。
モフルンを脅かすレベルのかわいい妖精キャラ、フワも登場し、平成最後にとんでもないものぶっ込んできたなと思った。
エンディング含めVaporwaveに近い世界観を感じる

・今まで最初から見たものがなく、今期のプリキュアを最初からちゃんと見てみようと思っています。初回を見たのですが、ついキャラクターの話し方の真似を日常生活でしてしまいます。笑
宇宙や星座がモチーフで、星座占いも面白いなと思っています。

・まだ始まったばかりですが、全シリーズを引きずることなく子どもがすんなりと受け入れていました。ポップなキャラデザインがかわいいです。星座も一緒に覚えることができるのでこれからも楽しんでみます。

・まだ始まったばかりですが、宇宙をテーマにしたプリキュアで珍しいなと第一印象で思いました。妖精のフワもとても可愛らしく、主人公も好奇心旺盛で予想外のことをしでかしてくれたりとこれからの展開が楽しみです。

・現在放送中のプリキュアです。まだ始まって間もないですがキャラクターがすごく可愛くて魅力的です。主人公は自由奔放のような感じですが、今後色々な経験を積んで成長して最後はどんな風になるのかとても楽しみです。宇宙人の女の子も可愛い(特に触覚?が)プルンスは沢山喋るしツッコミ役の立ち位置で、フワは思ったより喋れることに驚きました。今はプリキュアになっているのが2人、あと2人増えるみたいなので楽しみです。インクボトルのペンダントとインクカラーペン、舞台が宇宙で星座をモチーフにしているのも素敵です。アニメの終わりにある星座占いをひそかに楽しみにしながら見続けます!

・まだ始まったばかりですが、宇宙をテーマにしたキャラクター達が可愛いです。またエンディングのメロディーや歌詞がキャッチーで初めてでも覚えてしまう魅力にひかれました。

・少し複雑だが、星をテーマにしていて宇宙に興味を持ってくれるといいなと思った。星座や占いなど、女の子が好きそうな要素が詰まっていて、大人も一緒に楽しめる。敵のインパクトが強い。

・まだ始まったばかりですが、もうすでにワクワクしています。なんといっても顔が可愛いです。目がきらきら過ぎずに昭和世代の私でも懐かしい感じがする絵のタッチです。星がテーマの内容はロマンがあって女の子を引き付けると思います。

・まだ始まったばっかりだが、かわいいキャラクターと、宇宙がテーマになっていることで、昔ハマったセーラームーンともリンクし、とても楽しみなシリーズとなった。これからの展開がとても楽しみ。

プリキュアシリーズ人気ランキング:9位フレッシュプリキュア!

プリキュアシリーズ人気ランキング:9位はフレッシュプリキュア!

フレッシュプリキュア!が人気の理由

フレッシュプリキュア!が人気の理由はこちら

・休職をしていた時期に放送していてその時みていた。キュアピーチの絶対幸せゲットだよ!の決めセリフも好きだったし、亡くなったカオルちゃん役の前田けんさんも出演
エンディングの振り付けも簡単で真似して踊ったりしました。

・EDダンスが当たり前になってきていますが、最初フレッシュプリキュアのダンスを見たときは今までになかったものなので衝撃をうけました。見た目もザ・アニメといったものから長身でスリムなモデルのような体系に変わったので違うアニメを見ているような感じでした。

・フレッシュプリキュアからEDのCGダンスが始まり、以後恒例となったから。曲もよく、内容も面白い。敵がプリキュアに鞍替えしたのもこの作品が初めてだし、その鞍替えしたイースはプリキュアファンの中でもかなり人気の高いキャラであり私も気に入っている。

・初回からいるプリキュア3人に対してそれぞれに思いを抱いている男の子たちがいてそれに関係するエピソードが好きでした。またエンディングのダンス映像が前シリーズよりパワーアップして子供と楽しめたことが良かったからです。

・敵役の一人がプリキュア側に改心するという設定がシリーズ初で新しさを感じました。また、そのキュアパッションが悪からプリキュアとして生まれ変わるシーン、プリキュアとして温かく迎えるキュアピーチのかっこよさに惹かれました。

・絵柄が歴代のプリキュアの中でも1番綺麗で、アニメの作成も上手だったと思う。線がうすくごちゃごちゃしてないところが見やすかった。
変身シーンのセリフも子供が覚えやすくてよかった。

・キャラクターデザインが可愛いという理由で見始めましたが、全体を通して凄く良かったと思います。個人的には敵だった頃のせつなが好きだったのですが、人を不幸にすることばかり考えていたせつながプリキュアになって幸せを望むようになる最高のストーリーです。一人一人の口癖も前向きな物ばかりで辛い時に勇気をもらいました。せつなを含め敵キャラたちは洗脳されていて本当は普通の人だったというのもほっとしました。脇役キャラですがカオルちゃん大好きでした。前田健さんが亡くなってしまいもうあの声が聞けないと思うと悲しいです。主題歌も全シリーズで1番好きです。

・絵柄が急に変わり、ずっとプリキュアを見ていた側からすると、衝撃でもありましたが、やはり敵だったのに味方になるというストーリーが好きです。それも、元々味方でもなく、生まれた時から敵のしもべのイースを味方にしてしまうラブはすごいと思いました。途中騙されたこともありましたが、ほかの二人が許せなかったのに、ラブだけはずっとイースを信じていました。そして仲間になった時もラブ以外はずっと認められずにいましたが、ラブだけはずっと味方になっていました。当時の私に「友達とは」というものを教えてくれた作品です。

・悪役だった東せつなが、キュアパッションとして味方になる回が衝撃だった。同時に苦悩していたせつながに親友ができたことにうれしさを覚えた。このシリーズから、として、途中からプリキュアが増えるかもしれないという期待を持つようになった。

・再放送でたまたまやっていてハマった。何といっても、敵だったイースがプリキュアになるところが最大の見どころだと思う。始めはぎこちなかったせつなも、ラブのやさしさに触れて、少しずつ心を開いていく描写がよくできていた。

・前作のYes!プリキュア5と似た感じだったのですんなりと話には入っていけました。急に今どき女子感が出てきて、更に映像のきらきら感も増しました。映画での変身時は本当に綺麗です。


プリキュアシリーズ人気ランキング:8位スイートプリキュア♪

プリキュアシリーズ人気ランキング:8位はスイートプリキュア♪

スイートプリキュア♪が人気の理由

スイートプリキュア♪が人気の理由はこちら

・絵が大人っぽくて、子供と一緒に観ていても大人も楽しめるストーリー展開でした。現代の大人びた子供を上手く表現していると思いました。子供と一緒に1年間楽しめました。

・キャラクターデザインが繊細で華やかだったことと、変身バンクもきらびやかでワクワクする物だったからです。仲違いした二人がまた仲良くなっていくというストーリーもいい意味でプリキュアらしくなく、楽しめました。玩具に「合体」「変形」という要素があったのも挑戦的で良かったです。

・私が音楽をやっていたので、音楽系のプリキュアは新鮮で面白かったです。
テーマが音楽なのに、主役の家がスイーツの店だったからか、なぜがスイートプリキュアなのも不思議で面白かった。

・シリーズにしては初の、音楽をテーマにしたプリキュアが、これぞ少女アニメというかんじで安心して見られました。響の、ピアノに挑戦するシーンなど、ただ可愛いだけでない、メッセージ性もある作品だと思いました。

・私が最後に見たプリキュアです。最初は二人が本当に仲良くなるのか心配でした。しかし、誤解が解け、昔のように仲良くなり戦っていくのですが、敵であったセイレーンが急に変身して、本人もどうしていいのかわからない中、二人はずっと手を差し伸べてくれる。そんなストーリーがとても好きでした。そのあとに敵のボスと思われていたミューズのお父さんも助けることができて、見ていて本当に「よかった」と思える作品でした。

・女の子二人がプリキュアというプリキュアシリーズ一番最初の「ふたりはプリキュア」を彷彿とさせるところが好きです。音楽とお菓子というところも女の子の夢が詰まっていて可愛らしいです。

・最初から、最後まで初めて全部見た作品。キュアリズムが、可愛くて好きだった!変身するときのドレミで音階が流れるところも気にっていた。話しのながれもよかった。マスコットみたいなのも良かった。

・散らばった伝説の楽譜の音符を集めるという斬新な発想が面白いと思いました。南野奏の髪や服装が可愛かったり、お菓子を作ったり、女の子の夢や希望が沢山詰まっていて良かったです。また、ハミーも可愛らしかったりトリオザマイナーも面白かったりと、プリキュア以外の登場人物も設定やキャラクターがしっかりしていて、面白いと感じました。

・響と奏の関係性が最高過ぎます。幼馴染だったのに喧嘩してしまっていたところを、プリキュアになるという共通点を通じてまた仲が深まるというのがたまりません。正反対な二人が喧嘩しながらも仲良しにやっていくというところが最高です。口喧嘩しても仲良しという概念は、絶対に幼い頃から分かっていた方がいいと思います。また、終始一貫して「私はあなたじゃないからあなたの気持ちは分からない。だけど貴方を助けたい」というところがとてもよかった。現代に必要なのはこの心だと今でも思います。キャラデザインも頭身が高くて大人っぽく、歴代で一番可愛いデザインでした。響と奏、そしてエレンとアコも含めた家族感も良かったです。

・スイーツ好きにはたまらないプリキュアでした。可愛いしおいしそうだしあんな衣装着てみたいなって思うほどのクオリティでついつい細部まで観て研究してしまっていました。

・北条 響と南野 奏のキャラが際立ていて、すごく漫画に入りこめる。幼なじみ同士の響と奏の2人は呼び捨てで呼び合っているのにも共感が持てる。喧嘩もするけど、仲のよさが伝わってくる。

・敵が仲間になるという流れはよくある話ですが、そのなかでもスイートプリキュアのビートは本当にかっこいいので好きです。敵キャラはもともとの設定上かわいいキャラではないのですが、クールなところがよくて、存在感もばっちりなのがいいです。

プリキュアシリーズ人気ランキング:7位スマイルプリキュア!

プリキュアシリーズ人気ランキング:7位はスマイルプリキュア!

スマイルプリキュア!が人気の理由

スマイルプリキュア!が人気の理由はこちら

・毎回変わるプリキュアの絵柄の中でもスマイルプリキュアの絵が一番可愛いからです。又、スマイルプリキュアは童話をメインに話しが進んでいるので毎回の変わる懐かしい童話を思い出すのが楽しかったです。

・絵が可愛いのと「気合いだ気合いだー!」やダブルピースなど若干頭が緩い感じのキャラクターが魅力的ですごく好きです。またエンディングのダンスがキラキラしていてとても可愛いのも理由の一つです。

・スマイルプリキュアはまず、絵が最高です。他のプリキュアと違い全体的にキラキラしており、テーマの笑顔や幸せにぴったりだなと思っています。衣装のデザインもプリキュアらしさをだしながらシンプルかつかわいく、素晴らしいです。スカートからスパッツがチラ見えするのは数多くの大人の心を掴んだと思います。
ストーリーも面白く、特にジョーカーとキュアビューティが戦う回が印象深いです。仲間をとるか自分の未来をとるか、選択を迫られるなか仲間と一緒にいることを決意した彼女は最高にかっこよかったです。特にあの回は戦闘シーンもかっこよく氷の剣を抜きながら戦う姿は子供向け、女の子向けアニメの枠を超えていたと思います。

・キャラクターデザインがとにかく可愛い!“あざとい”などと言われたりもしていましたが、まんまと罠にはまったようで(笑)バックボーンやヲタ気質な所も含めてやよいちゃんにメロメロでした😅OPも格好良かったです。

・歴代のプリキュアの中でキャラクターが圧倒的に可愛いと思います。名前や絵のタッチが大好きで、子どもとハマりました。今でも塗り絵を未使用のまま保存版として大事に取っています。

・再放送で視聴。プリキュアのキャラクターがどれも好きなのと、妖精のキャンディが可愛すぎる。お別れのシーンではほんとに切なくて大号泣でした。笑顔は世界を救うみたいなテーマもよかったです。

・キャラクターのデザインが好みだったので視聴したところ、ストーリーや人間関係などの設定などもしっかりしていたので、大人が見ても楽しめる内容になっていたと思います。

・単純にキャラクターが歴代で一番かわいいのではないかと思います。キラキラの瞳やプリキュア時の衣装など、私の好みに深くマッチしました。また、各々の性格もよく、みんな同じくらい好きになった記憶があります。

・上の子が本格的に見始めたのがこのシリーズからで、下の子も大きくなってからなぜか見たがり、一緒に一番よく見ていたので、思い入れのあるプリキュアです。関西在住の我が家では、やはり関西弁のプリキュアは親近感があり、敵役も憎めないキャラクターが多く、見ていて楽しかったからです。

・スマイルプリキュアはプリキュア全作品のなかで、話の内容が一番好きです。歌も好きで今でもカラオケでは毎回歌っています。見た目はスリムで長身なものの方が好きなのですが、たまに以前のようなかわいらしい体系のものにもどるのもいいかもと思いました。

・絵本の世界をイメージした作品で、しょっぱなに本が落ちてくるところは意外でした。時々本の中に入ったり、別の世界で本に囲まれてみたり、敵がグリム童話のキャラクターだったりが、斬新で面白かったです。

・ハートキャッチにハマってDVDを観ていると、次回作が始まる時期で、タイミング良くリアルタイムで視聴したシリーズでした。そのことからやはり2番はこのシリーズです。

・歴代プリキュアの中で、一番キャラの絵が好きでした。そして5人のキャラがはっきりと立っているところが好きでした。特に関西弁を話す日野あかね、真面目に習字をすればするほどおかしく見える青木れいかなど、笑える要素を持ちつつ、一生懸命に真っ直ぐなところには感動していました。

・大人向けアニメ顔負けのシリアスシーン、プリキュアたちの怒りと涙のシーンが非常に印象的でした。みんながスマイルになるために友情で支え合って悲劇やトラウマに打ち勝つ「スポ根」的な熱い泥臭さが魅力的でした。

プリキュアシリーズ人気ランキング:6位ハートキャッチプリキュア!

プリキュアシリーズ人気ランキング:6位はハートキャッチプリキュア!

ハートキャッチプリキュア!が人気の理由

ハートキャッチプリキュア!が人気の理由はこちら

・ふたりはプリキュア以降の作品はしばらく観ていなかったのですが、ハートキャッチプリキュアのキャラクターデザインが「おジャ魔女どれみ」の方だと聞いたので観てみたら、キャラクターの可愛さもさることながら、ストーリーもひきつけられるものがあり、すぐにハマってしまいました。

・プリキュアなのにヘタレキャラのキュアブロッサム、そして部屋の片付けが面倒なのでプリキュアの能力を使ってしまうズボラなキュアマリン、プリキュア初!男装のキュアサンシャインなど、キャラが濃いところが好きです。また歴代のプリキュアの中でも、お笑いの要素が高く、大人が見ても面白かったです。もちろんプリキュアなので、純粋な心、諦めない心には感動しました。「くらえ!この愛!!」

・キュアムーンライトこと月影ゆりというキャラクターが好きだからです。幼い頃に父親が蒸発し、パートナーである妖精が自分の前で死んでしまうという、重いトラウマを抱えた女児アニメとは思えぬ大人っぽい設定に惹かれていました。

・敵が浄化されると「心の花」になる、という設定だったと思うのですが、単にやっつけて終わり、というだけではないのがよかったです。また、主人公が「最弱プリキュア」というのも新鮮でおもしろかったからです。

・何故かアンケート部分でフレッシュを押してもハートキャッチになってしまいます。フレッシュを選択しています。元々プリキュアには興味がなかったが、たまたま流れていた時にイースのデザインと「友情なんてくだらない」というニュアンスの言葉の過激さに惹かれて視聴した。イースと東せつなのあり方、その後のキュアパッションとしての生き方など、子供向けアニメだと舐めていた私にプリキュアシリーズの良さを教えてくれた。ギャグ回もありつつ、各キャラクターの芯の強さが垣間見える回は自分も勇気付けられた。今も大好きな作品です。

・ネットでキュアマリンを見て、結構ネタにされていて少し興味がわいたので観てみました。すると、劇中ではとても魅力的なキャラクターで、水沢さんの演技もすごくよかったです。テレビシリーズと映画を2周はするほどハマりました。

・変身すると、だいぶ見た目が変わるのが印象的だったからです。キュアムーンライトがかっこよくて、出る度にキュンキュンしてました。エンディングのダンスも可愛くて好きでした。

・キャラデザインがプリキュアシリーズの中で一番好き。主人公はとてもドジなのだけど、心の奥に持った芯はとても強くてかわいかった。お姉さんキャラのゆかりさんが凛としていてとても素敵だった。

・今までで最もハマったプリキュアです。普段は家庭の事情で男装をしているキャラが出て来たりというのはこのシリーズが初ではないでしょうか。ただよくいる元気な主人公ではなく主人公が常に敬語で話しているというのも魅力です。因みに1番好きなキャラは月影ゆりさんです。決して明るいストーリーだけではなくゆりさん切ないストーリーも陰があって好きです。

・他のプリキュアシリーズより、少しキャラクターデザインが違ったと記憶しています。丸くて細いかんじで、初めて見た時に新しい感じがしました。声優さんが水樹奈々さんだったので驚きました。

・ハートキャッチプリキュアは、キャラデザインがおじゃ魔女どれみのと同じで、懐かしさを覚えて見ていた。プリキュア自体が同年代で構成されていることが多い中で、年の離れたプリキュアが出てきて、ティーンじゃなくても感情移入しやすくなっていると思う。

・主人公の声優が、水樹奈々さんで注目してました。こころの花を咲かせる!がテーマの本作品は、友情について考えさせられたり、妖精たちも可愛いく
アイテムが香水というところが良かったです。

・今までの作品以上にファンシーな為、子どももとても喜んでいたのでその姿を見るのが微笑ましかったからです。個人的には画面がポップでカラフルに感じたので、こちらまで元気になれました。

・「踊ってみた」が大好きな私ですが、ハートキャッチプリキュアのダンスはプリキュアを見ていない世代の方にも親しまれており、私も実際にたくさん躍らせていただきました。思い出深いプリキュアです。

・最初は歴代シリーズと違うキャラデザインと主人公の正確に正直違和感がありました。しかしながら回を重ねるごとに頑張っている主人公に親しみを持つようになって楽しく最後まで見ていました。

・これまでのプリキュアのデザインとだいぶ違うタイプだったので、初めは少し違和感がありましたが、もともと馬越さんの絵は好きだったのですぐ慣れました。ストーリー的にはムーンライトのエピソードが辛いけど好きです。OPも歌詞が良くて大好きです。

・こちらは、上の息子が小さかったときにみていたものです。こちらも、見たかったというよりは、なんとなく見ていた感じです。あまり、頭には入っていませんが、日曜日の朝のサイクルでした。

・今までのプリキュアの絵柄からだいぶ変わってしまったが、おジャ魔女どれみが好きな自分としてはとてもうれしかった。ギャグシーンのキャラクターの表情がとても可愛かったし、水樹奈々さんの歌声も最高!この子がプリキュアになるの?!という意外性のあるキャラもいて、楽しめた。


プリキュアシリーズ人気ランキング:5位魔法つかいプリキュア!

プリキュアシリーズ人気ランキング:5位は魔法つかいプリキュア!

魔法つかいプリキュア!が人気の理由

魔法つかいプリキュア!が人気の理由はこちら

・魔法使いというテーマがわくわくして、魔法をつかったり空を飛んだりが良かった。キャラクターデザインもかわいく、絵のタッチが自分好みで話しの内容もわかりやすく、モフルンのキャラクターもかわいかった。

・まずコンセプトがとても原点回帰した魔法少女ものらしくて良かった。
はーちゃんもモフルンもかわいくて、プリキュア妖精ランキングを付けるなら1位か2位どちらかにはモフルンが入ると思う。

・子供が見始めた時にしていたのが魔法使いプリキュアで、オープニング、エンディング共に、歌がとても良かった。今はトゥインクルプリキュアを見ていますが、お風呂で魔法使いプリキュアの歌を歌います。ホウキで空を飛ぶのが、子供心をつかんでいたそうです。

・娘が初めてきちんと見始めたプリキュアです。自分自身もこの作品からプリキュアに戻ってきました。毎週一緒に見ていました。そして最終回で二人が離れ離れになり、みらいが一生懸命キュアップラパパと叫んでいるシーンで、娘が寂しくなったのか泣いていました。テレビだけれど寂しい悲しいと感じられるようになった、そんな娘の成長も見る事ができ思い出に残っています。

・息子が、仮面ライダーなどを見た後、なんとなく見ていたのですが、意外と、見入ってしまいました。一番好きというよりは、一番、見ていたプリキュアシリーズというほうが正しいかと思います。

・キャラは三人と少ないながら、それぞれの関係性がとても繊細に描かれていた。リコとみらいの、友情以上の結びつきもとても良かったし、49話は涙なしには見られません。映画もとてもいい内容なので、是非たくさんの人に見て欲しい。

・子供がプリキュアを見始めた頃のシリーズになりますが、こちらのアニメは魔法がテーマで妖精だった子が大きくなって主人公と同じ中学生になって登校したり、プリキュアになったりする所がびっくりだったのですが、魔法界と行き来出来たりする所がまた面白かったです。

・宝石によって衣装が変わるのが新しくて良いと思いました。また毎回映画がありますが、後にも先にも魔法使いプリキュア(キュアモフルン)が一番泣けました。プリキュアたちがモフルンを助けるために奮闘する姿や、モフルンが自分よりもみんなの幸せを願っていたシーン等、とにかく良い子達ばかりで、今思い出すだけで泣けるくらいです。

・魔法使いという昔からあるけどそれを最近な感じでプリキュアにした所がおもしろいと感じました。宝石によって変身の服も攻撃も変わるところが飽きなくて好きです。フェリーチェの変身前と変身後のギャップも好きです。

・こちらも絵が可愛いのを理由に見ていました。変身もできて、必殺技が歴代からあるプリキュアが魔法使い?どういうことだ?と思い興味もわき見ていました!成長する2人がかわいかったです。

・毎週は見ていませんでしたが、妊娠中に見ていました。最初は女の子と思っていたので子供が生まれたら毎週こういうのもるんだろうなと感慨深く見ておりました。ストーリーがわかりやすく子供にも見せやすいメッセージが含まれていました。

・子どもは魔法が好きなので、ちょっと不思議なお話やアイテム、ホウキで飛ぶところなど楽しんでみていました。モフルンがくまの形で、「もふ」という口癖もとてもかわいかったです。

・キャラクターデザインが好みでした。また、変身パターンが複数あり、それぞれ戦い方が違ったことで毎回飽きずに見ることができました。キャラクターが多すぎないことで、それぞれの性格を深堀でき、物語に深みを増したように思います。

・モフルンが非常に可愛らしくて大好きだからです。それまでプリキュアを観ていませんでしたが、モフルンの見た目と名前の可愛らしさに魅了され、最初はモフルングッズを集める程度でしたが次第に動くモフルンも観てみたくなり本編を観たところ、ハマってしまいました。

・魔法をテーマに取り入れている、ファンタジー要素も入った世界観が引き込まれました。特に個人的には登場人物の朝比奈みらいの明るい色のショートヘアと元気いっぱいのキャラクターに癒されていました。

・モフルンがとってもキュートで、変身の時も主人公二人と手を繋いで変身するという重要なキャラクターだったので気に入っていました。さらに映画では人型のプリキュアにもなれたし、大好きになりました。

・前年のプリンセスには負けますが、キャラデザも可愛く、OPEDもかわいい。お姫様から今度はジュエリーがモチーフになる点もよかったです。苦手なものでも一生懸命取り組み進もうとするのがよかったです。
また、最終回での大人リコとミライが会えて嬉しかったです!

・みらいは人間界の「津成木中学校」に通う中学生、リコは魔法界の「魔法学校」に通う生徒であるが、お互い違う世界の学校に通っている。二人がおりなす世界感が最高にファンタスティックである。


プリキュアシリーズ人気ランキング:4位Yes!プリキュア5

プリキュアシリーズ人気ランキング:4位はYes!プリキュア5

Yes!プリキュア5が人気の理由

Yes!プリキュア5が人気の理由はこちら

・プリキュアが5人に増えるとニュースになり、気になって観ました。カラフルなプリキュア達が、子供の頃に見ていたセーラームーンみたいだと懐かしくなったのと、可愛い姿とイケメンモードの二つの姿を持つ妖精達が魅力的だったからです。

・プリキュアが5人になり、イケメンキャラ(実はぬいぐるみのような妖精)も登場し、中学生らしい恋の物語も主軸になった。主人公と妖精の恋が育まれていくストーリーが新鮮だった。

・プリキュアの5人の女の子たちも好きですが登場人物のココとナッツの人間に変身した時の姿がカッコ良くて好きです。またたまに出てくる人間版のココとナッツとプリキュアとの恋愛っぽいエピソードがたまりません。

・プリキュアの中で、一番面白さと新鮮さとメンバーのキャラクターやチームワークの良さが感じられたシリーズだと思います。一人一人の設定がしっかりしていたし、マスコットキャラクターも可愛らしく、人間に変身するとイケメンになるという設定も良かったと思います。ヨーロッパっぽい街並みも素敵でした。

・この作品からプリキュアが5人体制になり、キャラクターの個性が際立つようになったと思います。もちろんストーリーも大切ですが、メインキャラクターが2(3)人から5人に増えた事で、それぞれにより思い入れが持てるようになった気がします。

・プリキュアシリーズで初の五人体制となった分、ずっと観てきた視聴者としては不安が大きく、どんな展開になるだろうと思いましたがすぐに馴染んで楽しめました。男の子の存在もフレッシュで良い。

・プリキュアが始まってずっと二人や三人だったのが、五人に増えて更に物語の幅が広がったように思いました。あと、プリキュアの妖精ココが人間に変身した姿がイケメンで好きでした。

・プリキュア側の二人の男性キャラクター(ココとナッツ)に夢中になりました。恋愛要素がプリキュアシリーズとしてはとても新鮮で、ココと主人公との関係に深みが出ていて良かったです。

・当初メイン5人は多すぎではと思ったが、キャラクターそれぞれとても個性的で後の戦隊プリキュアの礎を作ったと思う。ココナッツの王子2人が普段と人間の姿になったときのギャップが大きく、イケメンなココとのぞみの恋愛かな?と思える展開にドキドキさせてもらった。

・すでに自分は成人していたが、面白そうだと思って見始めたらハマった作品。カードやグッズなどもたくさん買い集めていた。一番好きなキャラはルージュでした。5人、というのがセーラームーンと少し似ていると感じた。

・要請が人型になり、その妖精に恋心を持って行くという発想は斬新でした。また、人数が一気に増えてそれぞれのストーリーも楽しめて良かったです。性格の違う少女達が、色々な壁にぶつかりながらも成長していく姿はとても良かったと思います。

・はじめてプリキュアが5人になって、セーラームーン世代の私としてはとても馴染みやすかったからです。ココ・ナッツというイケメンキャラも出てきて、周りの女の子の友達の間でもとても話題になりました。

・FUJIWARAの原西さんが真似をしていたので気になってみていました。決めポーズが良いのと、エンディングのダンスがフレッシュプリキュアからCGになり、かなりクオリティが高くて驚いたのを覚えています。

・今までが「ふたりはプリキュア」なのにYES!プリキュア5から東映の戦隊ものみたいに急に5人に増えた展開にビックリして再び見はじめました。キュアドリームののぞみちゃんがドジっ子でシンパシーを感じました。

・二人からだんだん増え五人になりカラーバリエーションの多さで見た目が特にかわいいと思いました。五人にそれぞれ個性があり悩みがありそれらをみんなで支えあっていく仲間の大切さを感じられるシリーズでした。

・この作品辺りが分岐点でメインキャラクターも増え、衣装、バトル、展開等がさらに女の子向けで憧れるような可愛さがアピールされるような感じになってきたという事で印象に残っておりそこが好きなポイントです。

・このシリーズから、プリキュアが5人体制になったことにより、よりキャラクター付けが明確になり、自分に近いキャラクターに自己投影できるようになったと思う。五人というのはももクロのようで良い。

・キャラクターが一気に増えたことが印象的です。メインのプリキュアだけでなく、ピンキーもとてもたくさん登場したので楽しめました。ぬいぐるみなどを集めたくなるかわいさで良かったです。

・プリキュアが増えた!が一番の感想でした。当時の子供たちにとっては、こんなに多いプリキュア見たことない!大人にとっては、「5人のヒロインアニメは懐かしい!」と感じることができたのではないでしょうか。

・二人組シリーズで行くのかと思いきや、戦隊もののような五色の五人組にシフトチェンジ。この方向性が後々の長期シリーズ化に繋がったと思います。五人組に先輩が入ったのも視点が変わって良かったです。

・主題歌が気にって見るときはいつも一緒に熱唱してからみていたので気分も盛り上がっていました。いまだに友達とカラオケに行くときは熱唱してしまうくらいはまってみていたので印象深いプリキュアです。


プリキュアシリーズ人気ランキング:3位キラキラ☆プリキュアアラモード

プリキュアシリーズ人気ランキング:3位はキラキラ☆プリキュアアラモード

キラキラ☆プリキュアアラモードが人気の理由

キラキラ☆プリキュアアラモードが人気の理由はこちら

・初めて観たプリキュアシリーズだから。プリキュアを好きになるきっかけをくれたシリーズ。肉弾戦封印ということで、他のシリーズとは少し趣が違っているけれど、女の子が好きなものがギュッと詰まっている感じがして好きです。実は、初回からは見ておらず途中から見始めたのですが、ちょうどキュアパルフェ登場のあたり回で、変身するに至るまでの葛藤に衝撃を受けました。「子供向けアニメにこんな重いテーマをするんだ!」と。それをきっかけにキュアパルフェが大好きになりましたし、他のプリキュアも見てみたい!と思うようになりました。

・女の子が好きそうなキュートなお菓子のモチーフが可愛かった。また番組内で出てくるお菓子のつくり方のコーナーも好きで良く見ていました。子どもの頃見ていたら「作ってみたい」と思えるお菓子ばかりで胸躍りました。

・スイーツがキャラクターの衣装にうまく取り入れられていて、見ていてとてもかわいらしいと思いました。それぞれのプリキュアの性格もうまく描き分けられていたので、大人が見ていても楽しめました。

・動物とスイーツの組み合わせモチーフが可愛かったから。プリキュア達のネーミングもお菓子が関係していて覚えやすいし、衣装がケーキ仕様で子供が同じものを欲しがっていました。
エンディングのダンスもリズミカルで母子共にマネして踊っていました。

・子どもがプリキュアに興味を持ち始めたのがちょうどアラモードの時だったのですが私も一緒に見ていたらキャラクターの可愛さ、アイテムの可愛さ、テーマがスイーツという更に可愛らしいものですっかり好きになってしまいました。主人公の声やキャラクターの前向きさにも魅力を感じました。

・キャラクターが全員可愛らしく、個性が際立っていたので好きです。メンバーの中ではとりわけキュアマカロンが好みでした。最初から最後まで飽きさせない展開でとても良かったと思います。

・肉弾戦なしのプリキュアと言う事で注目された作品でした。スイーツが好きなのもあってキャラクターが作るスイーツが毎回美味しうでしたし、キャラクターが可愛いキャラや、かっこいいキャラがいて見ていて楽しかったです。

・ミニコーナーのプリアラレッツ・ラ・1ぷんかんクッキングが、楽しかったし、とにかくプリキュアが、かわいかったから、見るのが楽しみでした。クッキングは、本編より、よかったです。

・お菓子をイメージさせるプリキュア達が活躍する姿がとてもかわいらしく感じたり、かっこいいと感じました。特にキュアマカロンとキュアショコラが大好きで、登場するととてもうれしかったです。キャラクターデザインやストーリーも魅力的で大人でも最後まで楽しむことができました。

・アマゾンプライムで少し見ました。同じく三歳の娘が、キッチン周りに興味を持ち、色々とお手伝いをしたがるきっかけになったと思います。出てくるスイーツも可愛くて好きです。

・何と言っても、あきらとゆかりの百合要素に萌えました。特にゆかり(キュアマカロン)のクールなキャラ(実はツンデレ?)に加えて猫のコスチュームは、とあるアイドルの方を彷彿させられて面白かったです。

・子供が興味を持ち始め、自分自身も初めて最初から最後まで見たプリキュアでした。スイーツのモチーフで分かりやすく、親子共に親しみやすかったです。ショコラとマカロンの美しいお姉さんコンビが好きでした。

・キラプリが始まって途中から見ていたプリキュアです。動物とスイーツをモチーフにしたのがすごい可愛かったです。最初は中学生3人と高校生2人の5人組でした。この高校生2人が宝塚かと思うほど最高すぎました。キュアショコラに何度心を奪われたことか。キュアマカロンは小悪魔というか猫とマカロンがモチーフですが、猫のような気まぐれな性格が魅力的でした。途中からパルフェが加わり、プリキュアと一緒にいた妖精がプリキュアに変身した時はマジか!と思いました。
キラプリは可愛いとカッコイイが沢山詰まったプリキュアでした。
大人になったあきら様とゆかりさん最高です!

・理由は先ほどと同じで、なんとなく見ていただけなのですが、自然と見入ってしまっていました。意外と面白く見させてもらっていました。もう最近は見ていませんが、なんとなくの日曜日のサイクルになっていました。

・とにかくキャラクターもでてくる物もなにもかも可愛いところが好きでした。ホイップクリームの攻撃なんて可愛いすぎます!!毎回紹介されるデコスイーツの紹介コーナーも楽しみに見ていました。

・プリキュアがアイテムを使って闘うので直接の戦闘シーンがないので子供に見せることに抵抗が少ない作品だった。馴染みのあるスイーツとプリキュアが組み合わさっているのも夢があり可愛らしかった。

・動物とスウィーツをテーマにした内容がとても可愛らしかったし、作品内で主人公たちが作っていたお菓子のレシピが公式サイトに掲載されていて実際に自分でも作ることができたから。

・プリキュアの声優さんが、知ってる人だった。プリキュアの絵柄もかわいい感じで好きだった。お菓子の作り方を教えてくれるのも良かった。色んなタイプの人がプリキュアになってるのも面白いとおもった。お嬢様なのにバンドしてる子とか。

・個人的には主人公たちではなく、ジュリオくん推しでした。あのビジュアルが大変可愛かったのもありましたが、声優さんが皆川純子さんだったので文句無しに素敵でした。対になっているような配色も良かったです。

・スイーツというコンセプトが面白い。子供たちの”大好き”をプリキュアという戦士にして結び付けたのが楽しかった。スイーツの名前もショコラ、マカロン、ジェラート。。など、お洒落でいまどき。自分が子供時代にはまだ上陸していないスイーツばかりでしたので、時代を象徴しているプリキュアだなぁと感心した事です。

・あきらとゆかりのデザインが最高でした。明らかに百合向けを狙っていたのが分かりますが、まんまと引っかかりました。キャラクターソングを随所である流すというのも個人的にはツボでした。是非またあきらとゆかりのような関係性のキャラクターが登場するのを望みます。正反対な二人が保護者役でありつつ、お互い喧嘩したりする中で距離を縮めていく感じが最高です。公式でファンクラブがある辺りも非常にツボでした。やはりその世界の中でも飛び抜けて人気があるキャラクターにはつい魅力を感じてしまいます。ただ、直接的な戦闘シーンが無かったのは個人的に非常にマイナスポイントです…。女の子だって暴れたいというプリキュアシリーズの良さを無くしたのは正直悪手でした。ショコラとマカロンの肉弾戦が見たかったです絶対に似合ったのに…。

・セッティングが一番かわいいと思います。プリキュアのメンバーの名前もそれぞれデザートをモチーフにされていて、攻撃もスイーツやデザートで敵を倒します。怖い感じが全くなく、どこまでもかわいいところが好きです。

・このプリキュアはスイーツをモチーフにしたコスチュームやネーミングなので、食玩が通常の魔法グッズに比べお菓子のような可愛らしさがあって好きでした。本編は殆ど観ませんでしたが、コスチュームはアラモードが一番好きなので選びました。


プリキュアシリーズ人気ランキング:2位HUGっと!プリキュア

プリキュアシリーズ人気ランキング:2位はHUGっと!プリキュア

HUGっと!プリキュアが人気の理由

HUGっと!プリキュアが人気の理由はこちら

・放送開始より前に発表されたキャラクターのビジュアルやデザインが個人的にとても好きなものだったので、アニメを見始めました。ストーリーが子供向けのアニメとは思えないほど作りこまれていて、大人の自分が見ても楽しめました。

・3歳の娘が初めて夢中になったアニメだから、こちらも思い入れがあります。育児や仕事など、登場人物が固定概念にとらわれず自由に発想している様子が、今の時代に合っていると思いました。

・プリキュアの敵が、いつも、気持ち悪いのが多い中、あまり気持ち悪くない。敵がどんどん味方になっていくのも良かった。プリキュア自体もかわいい。最後みんながプリキュアになったのがとても斬新!
。歌も良かった!

・ブラック企業や性別の問題など、興味深い内容が多かったと思います。現代社会を大きく反映しており、子供向けとはいえ真剣に見てしまいました。また、最終回での主人公の出産シーンが感動的でした。

・子育てやブラック企業、ジェンダー問題まで現在の問題を取り込みながら進むストーリー展開が素晴らしく、それぞれのキャラクターがもつ悩みや苦しみに共感することができたから。

・“将来なりたい自分になれる”をコンセプトに、キャラもよく良いストーリーだったと思います。最終回のはなの出産シーンでハグちゃんが産まれるところは、正直驚きましたが感動しました。

・1話から最終話までちゃんと見たプリキュアでした。タイトルとプリキュアのコンセプトを聞いたときは正直ネタなのかと思っていましたが、番組が始まりストーリーが進んでいくたびに、どんどん惹かれていきました。プリキュアと対立しているのが企業、バトルする時は発注をかける、敵キャラの「オシマイダー」は首から社員証をぶらさげているなどなど、子供向けのアニメですが大人が見ても十分楽しめる設定だったのも魅力の1つだと思います。個人的には、オシマイダーがバトルした最後、プリキュアの愛に包まれながら「ヤメサセテモライマス」と言いながら浄化されていく所がツボでした。また後半からは、人手不足からかバトルの相手が幹部キャラになり、オシマイダーも「猛オシマイダー」に進化していたのにも笑いました。ネーミングセンスがすごいです。
プリキュアになる女の子たちもそれぞれ魅力的でとても可愛かったです。当初は3人、途中から2人加わり5人になりました。特にルールーちゃんとえみるちゃんのコンビには何度も泣かされました。ルールーちゃんは元々敵キャラのアンドロイドでしたが、プリキュアの強さを解析するために潜入調査⇒一緒に暮らしていくうちに感化されていく⇒会社の人間にバレて連れ戻される⇒記憶を消され再び敵キャラとして立ちふさがる。までの流れと、敵キャラからプリキュアになれたのも、そこにえみるちゃんと育んだ友情と強い絆があったからで、2人のお互いを想う心が本当に素晴らしかったです。2人でプリキュアに変身するシーンは大好きです。その過程を知っているからこそ、最終回は別れのシーンは本当に胸が締め付けられ、再会したところは号泣していました。
笑いながら見たり泣きながら見たり、現実的な話の回(ジェンダー関係とか産婦人科の話とか)は話の内容が理解できるからこそ考えさせられたりしました。最終回では主人公が出産するとは思ってもいませんでした。ハグプリと出会えて、初めて見たプリキュアがハグプリでよかったと思います。

・キュアエールのキャラクターの顔やイラストタッチが好きで、最初は見始め、フィギュアなども集めていましたが、娘と、衣装が可愛いといい、娘用にキュアエールの衣装を作ったりしてエンディングを2人で踊り、親子のコミュニケーションにも繋がり、さらにキュアエールに感謝しています。

・ただ可愛いだけのプリキュアでは無い事。子供を守るお母さん=愛=強いと言うようにテーマが非常に深い。愛情で包み込んで邪悪な心を解き放つというのも本来の子育てにおいて、根本にある子供との理想的な向き合い方だと思います。

・子育てとブラック企業、ジェンダーという、子供向けではないテーマなのに、うまく子供が楽しめるように工夫されていた。初めて男の子がプリキュアになったのも、革命的だった。

・ニュースなどでも話題になった通り、様々な社会問題にも切り込んだ内容となっていてテーマが大人が見ていても本当に楽しめるシリーズだったとおもいます。特に最終回での出産シーンは感動して涙がでました。自分のなりたい夢に向かい叶える。女だから男だからといって諦めることは何一つない。はぐたんと涙の別れがあって、最後までまさか主人公の子どもだったと予想もつかず本当に驚かされました。

・毎週欠かさず見ていました。どれも内容が濃く、大人が見ていても感動する場面がたくさんありました。またキラキラ感が今までのプリキュアより数倍、増しています。子供が見ていてもプリキュアに憧れ、なりきっていました。

・子育ても一つのテーマになっており、自分の子どもと一緒に見ながら、赤ちゃんの頃の話をするきっかけになった。特に最終回の出産シーンでは、「あなたもこのように産まれてきたんだよ。」と出産のことを話せる機会になり、とても良い作品だった。

・登場人物のほまれ役を、わたしが女性声優さんで一番好きな小倉唯さんが演じていたからです。また、今までのプリキュアには小動物的なキャラはいましたが(モフルンなど)赤ちゃんが登場人物に含まれる女児向け変身アニメはかなり珍しいので強く印象に残り最終話まで観ましたが一番好きな作品になりました。

・イラストケーキを作っていた時期に一番多かったのがHUGっと!プリキュアでした。テレビもあまり見ない暮らしだったのですが注文が入るたびにイラストを調べたりしているうちに愛着がわき全員の名前を覚えほとんど見なくても絵をかけるほどになりました。(当時27歳)

・性別にとらわれずに自分らしくあることを応援したり、多様な価値観をアニメの中に盛り込んであったから。何でも出来る、何でもなれるという前向きなメッセージを発信していて子供だけでなく大人にも響く物が大きかった。

・絵のタッチは少女漫画よりであまり好みではなかったが
着ている洋服がフリフリでとてもかわいいと思った。ラストに
出産というテーマが衝撃的だったが子どもを守る母というイメージが沸いて良かったのではないかと思う。

・育児がテーマと聞いたときは、いったいどんな物語になるんだろうと思っていましたが、母親の目線から見ても問題の切り込み方が素晴らしかったので、好きなシリーズでした。二人育児や帝王切開の話題もありましたし、ジェンダー観にとらわれない登場人物達など、魅力的な話題がたくさんありました。最終回でお父さんもお母さんもおばあちゃんもみんながプリキュアに変身したときは、本当に感動しました。

・丁度子どもが見る年齢になり、途中から見始めました。話の内容も気になり始め、ついつい見てしまいました。エンディングのダンスもかわいい!しかし、最後の出産シーンには目が点…日本のアニメが進化している!と思いました。

・記念作品ということもあり力が入りまくっていたHUGっと!プリキュア。アンドロイドだったり男の子だったり誰でも、なんでもプリキュアになれるということを示してくれました。本当にどの回を見ても泣けるくらいストーリーが素晴らしく、敵も味方もカッコイイ可愛いの嵐でした。作画の力の入り方もすごく、ほまれの回や、ルールーが攻撃され機能を停止するシーンなど何度見ても心が痛くなります。そして今回はハグたんという子供がいるため彼女の叫び声がいっそう胸をしめつける、なんとも素晴らしい作品でした。

・初めは正直ふたりはプリキュアの方がいいなと思っていました。が、悪役が悪役に終わらなかったところ、涙涙の別れのシーンが良かった。何より最終回がとても良かった。出産のシーンは、2歳の子供が何回つけても釘付けで見ています。5歳の子供は感動して涙していました。

・子育てがテーマということで、子どもが楽しんでみるかどうか心配でしたが、はぐたんがとてもかわいかったので成長を楽しみながら見ることができました。ルールーも同じように成長する姿がとても良かったです。

・フレ!フレ!という花ちゃん・キュアエールの応援にいつも励まされていました。夢を追うことや諦めない心、友情の大切さを学べました。子供が楽しんで観るのはもちろん、大人も感動できるシリーズでした。

・子育てがテーマという事でちょうど親世代にもハマる様な内容でした。主人公の女の子の元気で前向きなキャラクターも可愛らしくキラキラしているのも素敵に見えました。子どもを守りたいという気持ちも共感できる内容でした。

・アニメですが、現代の日本に通じる箇所がたくさんみられた考えさせられるプリキュアでした。子ども向けアニメの中で、親やそれより上の世代にも問いかけをするような深いテーマが魅力でした。

・最終回でびっくりするくらい未来と過去がつながっていて素敵な内容でした。あかちゃんを育てるという一見不思議な内容ですが、実は主人公が産んだ子供だったというオチにもびっくりしました。出産シーンは画期的でした。

・最終回の主人公の出産シーンがとても衝撃的でした。子どものアニメの枠をこえて、親も楽しめるアニメだったと思います。むしろ、子どもには少し早いかなという内容でした。

・変身も育児もしちゃうプリキュアとして話題になっていたのをきっかけに観ました。最初は無茶だろうと思っていたのが、赤ちゃんを育てる楽しみ・大変さを共有できる終わり方が印象に残りました。

・全編を通してみるととても奥が深いシリーズだった。主人公が未来の我が娘を育てながら、未来の旦那様の哀しい心と戦っていたというのが最終回に分かったときには本当に驚いた。他にも男の子も街のみんなも全てがプリキュアになったのはすごい作品だと感じた。

・現代感まんさいで、でも子供達にも分かりやすいような内容で楽しかったです。男の子がプリキュアになるというのも衝撃でした。女だからとか男だからとか縛られないでと思いが伝わってきて良い作品だと感じました。

・最近のプリキュアと言うことでみてました!フレフレみんなーっ!と言う合言葉?掛け声?がすきでした。みんなを応援するスタイルで強くなるっていうのもステキだなっと思います。

・キャラクターをちゃんと見るようになったのはハグっとからです。はぐたんとほまれちゃんが好きでした。子供は男の子ですが一緒に見て歌ったりポーズをとったりしていました。

・大人になって暫くプリキュアは見ていなかったのですが、子どもが生まれてハグプリからまた見るようになりました。大人になってプリキュアを見ると子どものころより物語の意味が分かり、はながよく言う「なんでもできる。なんでもなれる。」というセリフには勇気づけられました。

・クスッと笑える場面や涙がポロリと出たり、感情移入しやすかった様に思います。また、歴代のプリキュアが映画じゃなくテレビで観れる高揚感や、今までに無い、男の子のプリキュアや、告白シーンなど、新しいプリキュアを作ったなぁと感じました。

・「子育て」が大きなテーマではありましたが、「男の子だってプリキュアになれる」という、社会への問題提起ともいえる描写や、未来改変を思わせるSF要素があり、小さいお子さんだけでなく若い世代や大人にも見応えのある作品だったと思います。

・個人的趣味ですが、やはりキャラクターデザインは大事だと改めて思いました😅みんなめちゃくちゃ可愛いです。ストーリーも色々盛りだくさんで、小さな子供たちにはどうなのか?と賛否両論あったようですが、また理解できる年齢になった時にもう一度見てくれたらいいなと思える内容でした。

・開始前は子育てというテーマに違和感がありましたが、始まってみると無限の可能性を持った赤ちゃんを育てる、ということをベースに、多様性、何でもできる何でもなれる、という今の時代に必要なことが盛りだくさんのストーリーだったように思います。子どもに見せたいプリキュアでした。

・はぐたんの成長過程が、我が子と重なり、とってもかわいくて好きでした。だんだん言葉が出てきて、たどたどしいしゃべり方やしぐさに毎週癒されました。はぐたんと再会できたシーンは本当に感動しました。

・子供と一緒に見ていましたが、中々今の世論に合わせていたと思います。性別とは何か、出産とは何かなど考えさせられる内容が多かったと思います。敵達も、今の世の中を反映しているかのように、どう見てもブラック企業だろうと思わせるような感じで共感が持てました。ですが少し子供には難しいかったかも知れないのが残念です。

・「なんでもできる、なんでもなれる」というメッセージ性がとても良いと感じました。ジェンダーの問題や子育ての問題などに踏み込んでいたところが、大人も楽しめてよかったと思います。


プリキュアシリーズ人気ランキング:1位ふたりはプリキュア

プリキュアシリーズ人気ランキング:1位はふたりはプリキュア

ふたりはプリキュアが人気の理由

ふたりはプリキュアが人気の理由はこちら

・セーラームーン以来久しぶりの女子のヒーローもの?で、セーラームーンを好きだった小学生時代の自分を思い出したからです。かっこいいなぎさと、可愛いほのかの真逆な感じがまたいいです。

・やっぱり元祖プリキュアは最高でした。プリキュアは今は5人とかで活躍しているのが当たり前ですが、たった2人で敵を倒していたなぎさとほのかは格好良いです。また、初代プリキュアはポイズニーやキリヤなどの敵キャラも魅力的で大好きでした。

・2人そろってでないと変身できない不便さがまた良いと感じます。ブラックとホワイトの意志の強さで攻撃力も上がるところも好きです。カッコいい女子なのに意外と乙女チックな渚も好きです。

・やはり、初代のプリキュアが登場してきた時の衝撃は強かったです。戦隊モノで二人の主人公というのも珍しく、そのコンビがとてもバランスよく観ていて心地よかったです。特になぎさのボーイッシュなところも新鮮で良かったです、

・初めて見たのは社会人になって朝の出勤前の準備中につけたテレビで。子持ちではない頃でした。古いですがセーラームーンを初めて見たような衝撃でした。戦隊モノと違い可愛い色遣いとキャラに惹かれて毎週見ていました。

・最初であり原点だから。どのプリキュア作品にも魅力があるが、やはり個人的には原点である初代は超えられないと思っている。最近のプリキュアは男子との恋愛描写が忌避される傾向にある、それは成人男性の声が大きくなりそちらにも配慮せねばいけなくなったからだ。初代の主人公はイケメン男子先輩に恋心を抱いているところが可愛らしくて良い。

・魔法少女ものなのに、ドラゴンボールの西尾大介監督が関わっていてアクションシーン迫力があるとネットで知り興味があったのでみはじめた。ストーリーも性格の違うふたりが協力し合う姿に心打たれました。

・私が小さい時に見ていたのですがオープニングのかっこよさとノリが癖になりますし何より二人のバトルスタイルが他のシリーズに比べて素手を使っており女の子なのに物理的な力強さに憧れました。

・シリーズ初だけあって衝撃的だった。バトルも肉弾戦で激しく見ていて面白い。キャラクターの中では、美墨なぎさがボーイッシュで可愛くてすごく自分好みで気に入っている。

・なんでも初代というものはその後の流行を築いていく土台だと思っています。当時は初めてOPを見た時にとても新しいと思いました。歌もそうでしたが、主人公が黒と白のカラーだったので驚きました。

・2人でいないと変身できないという設定が斬新だと思ったし、性格が正反対な2人が絆を深めていく過程が丁寧で、人間ドラマとしても面白かった。先輩への恋の行方も気になった。

・初代プリキュアで私が小さいころに毎週楽しみです見ていたからです。セーラームーンも見ていて大好きだったのですがプリキュアも同じくらいかっこよかったです。特にブラックとホワイトが変身した後に言う決め台詞は真似していました。

・やっぱり初代です!それまでの「おジャ魔女どれみ」シリーズが終わり寂しく感じていましたが、ちょっと大人っぽいたった二人のヒロイン、白と黒のカラー、かっこいいアクションに「これはすごい!」と興奮したのを今でも覚えています。

・プリキュアの二人が悪と戦うだけでなく、憧れの先輩との恋愛要素もあって、大人が観ても面白かった。
また、主役二人のキャラクターが積極的ななぎさとおしとやかなほのかと対照的なのも分かりやすくてよかった。

・初代ということで思い入れがあります。映画などで今でも登場するので嬉しいです。性格の違う二人が活躍するので、どちらかに感情移入しながらストーリーも楽しめました。これからも続けて登場してもらいたいです。

・初代のプリキュアで女の子を引き付ける魅力がすごくあると思います。なんといっても曲が印象的でどのプリキュアをみてもこれが一番プリキュアだと歌える人が多い曲だと思うし、プリキュアと言われるとこの初代を思い出してしまいます。

・キャラクターのイメージカラーが、ピンクや黄色ではなく黒と白というのが戦うヒロインの格好よさを表していて、さらに肉弾戦を行うヒロインは当初とても画期的だった。なぎさとほのかという対照的な2人が、徐々に仲良くなっていくという王道ストーリーに感動もしたし、メインが2人だけだったことでキャラクターの掘り下げがすごくできていたと思う。

・自分はこの初代プリキュア真っただ中であり、「おジャ魔女どれみ」から変わった時代も見ていました。
普通の女の子がこんなに活躍している!女子高生ってすごい!と、当時小学生の私は感動したのを覚えています。そこからプリキュアの虜です。

・マンションに住んで弟がいる少しボーイッシュななぎさと、一人っ子で大きい日本家屋に住む和風なほのか。2人の対比が素晴らしく、どっちの生活環境にも憧れます。ふじぴー先輩を好きななぎさがとてもかわいらしかったです。

・歴代の中で唯一肉弾戦が多いシリーズで
2人が揃わないと変身も出来ないので弱く感じるけど2人の絆や思いやりが常に感じられる作品だと思います。のちに続くマックスハートに続く感じが、セーラムーン世代としてはハマりました。

・世界を闇に染めようとする悪の勢力・ドツクゾーンは、7つのプリズムストーンを奪うため「光の園」を侵略するというストーリに興味を持ちました。メップルとミップルの可愛さがGoodです。

・女の子が魔法だけでなく格闘をメインに敵と戦う新しいヒーローものが誕生したこの初代プリキュアは不朽の名作だと思います。初代があったからこそ今まで続くシリーズになったので、思い入れも一番です。

・一番初回のプリキュアで大好きでよく観ていました。ほのかとなぎさの仲がとてもよく、性格の違う2人で助け合いつつ敵を倒していく姿がかっこよかったです。また、恋愛の要素もあり良かったです。

・歌が覚えやすくて、よくカラオケで歌って盛り上げてくれていました。当時仲間内でアニメの歌が流行っていて、すぐに歌えるようになったのも魅力的で、皆んなでカラオケで歌えたので好きでした。

・セーラームーンの全盛期時代から数年経って、久しぶりに日曜の朝に観た時に、懐かしさとワクワクした気持ちが甦ってきました。私の子供の時に観ていた戦士系を大人になっても観れて嬉しかったです。

・なんと言っても、初代はなんど見ても良い。パンチにキックと物理的に攻撃したり今のプリキュアではなかなかない所が見所。また、最初に見ただけあってインパクトが強く、最強のプリキュアってほのかとなぎさだなと自分の中で思っています。

・初代プリキュアはリアルタイムでは見れていないのですが、映画やたまにアニメにも登場し見ていました。初代だけあって存在感があり、目をひきます。また、ドガーンッ!と爆発があった後、その爆風に背中を押されながら手を挙げ、足を動かしながら飛んで行くシーンを毎回見ますが、そのシーンがとても好きでした。

・リアルタイムでは観ていないが、YouTubeで観たりした中で、正反対の性格の二人の友情にグッときて、思わず涙ぐんだ。映画でも二人の友情が描かれており、自分の青春時代を思い出した。

・朝日放送テレビ制作日曜8時30分のアニメ枠としては初となる戦闘美少女作品で、すごく新しかったから、めずらしくて、いつも楽しみにしてました。かわいくてかっこよくてよかったです。

・こちらは全然知らなくてアメバTVで放送されていてプリキュアを観ていたら面白かったので観ていました。プリキュアオールスターズや最近のプリキュア映画にも登場したりするので私は大好きです。

・Yes!プリキュア5GoGoでハマってしまったので少し前の年代のものも見てみました。対照的な女の子2人のやり取りなのでどちらの子の性格が好きとか、衣装の違いが楽しめます。

・私が幼い頃にリアルタイムで見ていました。
当時は女の子が戦うというのが自分にとってとても新鮮でかっこよくて好きになったのを覚えています。
今のプリキュアは魔法のようなもので戦うのが主ですが
初代プリキュアはそういったものはほぼ使わず拳やキックで戦っているのも魅力的です。

・プリキュア15周年だった去年、せっかくだから見てみようと初代を観てみました。本当にかっこいいの一言。普段とのギャップが素敵なのもありますが、性格も好きなものも違う二人の女の子が絆を深めて強くなっていく、そのプロセスが最高でした。

・私が幼いころに、漫画雑誌で連載されていたのを見て、アニメも見るようになりました。戦う女の子たちの気持ちや強さに憧れていて、自分もこんな女の子になりたいと思ったほど好きな作品でした。

・ヒロインのキュアブラックのネーミングが斬新だなと思いました。これまでは白=正義、黒=悪というイメージが強かったので。固定概念囚われず、物事に向き合ってほしいという親心ゆえ、気になる作品の1つです。

・ブラックとホワイトで名前が覚えやすい事。踊りが踊りやすい事。おちゃらけ系としっかり者で会話などテンポが良かった。変身もシンプルだけど可愛く、飽きないリズムがあったと思う。

・放送当時は学生で、トイザらスでバイトをしていました。バイト中によくプリキュアの商品をご案内したり質問されたりする事が多く、自然と親しみを覚えました。母になり、昨年の映画でまた初代プリキュアを見られて懐かしく思いました。

・やはりプリキュアシリーズ第一作である「ふたりはプリキュア」は、思い入れが強くあります。プリキュアメンバーが多いのも良いですが、人間関係が複雑になりすぎたりするので、性格やタイプの全く違う二人が、強く友情の絆を深めて共に戦っていく姿が、シンプルに見ていて共感しやすかったです。

・やはり初代プリキュアは外せません。今でもテーマソングは覚えていて歌えます。特に武器を使うこともなく敵を倒すのは、今思えばすごかったなと。シリーズ最強のプリキュアだと思います。

・プリキュアといえば初代の2人だと感じます。余計な設定がなく、普通の女の子が悪に立ち向かうというシンプルさが時を経ても色あせない印象です。アニメの主題歌を聞くと元気をもらえるのも好きなポイントです。

・自分はばっちりセーラームーン世代ですが、それ以来の女の子のヒーローが久々に出てきた!!という衝撃。やはり初代のブラックとホワイトははずせません。久々にみる変身シーンも素敵でした!!

・キュアブラックのボーイッシュなキャラクターが好きでした。格好いい女の子という感じで好感が持てました。娘も憧れの女の子のようです。プリキュアの人数も少なくわかりやすかったです。

・とにかく強くてカッコいい女の子像の始まりという感じがして、歴代の中でも重要なポジションであるから。その後のプリキュア達にも諦めずに仲間を信じる姿勢を伝えていて、出てくるだけで絶大な信頼と安定感がある。

・ハートキャッチにハマってからは全シリーズをDVDで視聴しましたが、やっぱり初代は外せないです。主題歌も良いですし、ストーリーもトップクラスで、古さを感じさせない面白さです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です