呪術廻戦キャラ強さランキング!最強・一番強いのはどの登場人物?

呪術廻戦強いキャラランキング!一番は誰?

呪術廻戦強いキャラランキング

アニメ・コミックで今一番人気のコンテンツの一つといえるのが、呪術廻戦。

アニメ版も原作も今なお人気上昇中の注目作品です。

そんな呪術廻戦の中でも特に強いキャラは誰なのか、最強の登場人物は誰なのか。

アンケートの結果をランキングでまとめてみました。

是非ご参考ください。

アニメ呪術廻戦公式webサイトはこちら
アニメ呪術廻戦公式webサイト

コミック呪術廻戦公式webはこちら
コミック呪術廻戦公式web

16位:釘崎野 薔薇(くぎさき のばら)

16位は釘崎野 薔薇(くぎさき のばら)

釘崎野 薔薇(くぎさき のばら)が強いと思う理由

・表面上は素直な性格で一般的な強いというイメージとは違うかもしれないが、戦っているときのギャップが印象的。
ただ、内に秘めた闇を感じることもあり、そういう性格の人に限ってとんでもないことをしでかす可能性があるから。

15位:九十九 由基(つくも ゆき)

15位は九十九 由基(つくも ゆき)

九十九 由基(つくも ゆき)が強いと思う理由

・九十九 由基は、単行本の0巻で出ている呪術高専とは別行動をとっている人物であり、特級の名を冠する最強クラスの呪術師である。0巻以外にも、最新巻15巻で出ており、京都校の生徒たちにも敗れなかった梅裏の術式をたやすくやぶっていたから。

・九十九 由基は、単行本の0巻で出ている呪術高専とは別行動をとっている人物であり、特級の名を冠する最強クラスの呪術師である。0巻以外にも、最新巻15巻で出ており、京都校の生徒たちにも敗れなかった梅裏の術式をたやすくやぶっていたから。

14位:狗巻 棘(いぬまき とげ)

14位は狗巻 棘(いぬまき とげ)

狗巻 棘(いぬまき とげ)が強いと思う理由

・五条悟とは逆に口を隠すタイプのイケメン。顔面が強い。かといって無口というわけでもなく、能力の枷で「おにぎりの具」の名前でしか会話をしないという謎設定の可愛さのギャップが強すぎる。ただ、普通に持ってる能力もとても強い。命令を強制されるのはチート。

・出てくる言葉がおにぎりの具と言うところがまず面白いです。
下手に何かを言うと相手に影響を与えてしまうからそうなっているのですが、今まで辛いこともあっただろうに、行き着くところがおにぎりの具なんだ!と好感度アップです

13位:七海 建人(ななみ けんと)

13位は七海 建人(ななみ けんと)

七海 建人(ななみ けんと)が強いと思う理由

・七海も好きです。理屈っぽい呪術のシバリや残業嫌い等、とても共感も持てます。
10分の7の分割点を強制的に弱点にするなんて誰も考えつかないですよ。そしてあの残業時間の無敵タイム。アニメしか観ていない自分としては今後のナナミンの活躍に期待です。

・七海も好きです。理屈っぽい呪術のシバリや残業嫌い等、とても共感も持てます。
10分の7の分割点を強制的に弱点にするなんて誰も考えつかないですよ。そしてあの残業時間の無敵タイム。アニメしか観ていない自分としては今後のナナミンの活躍に期待です。

12位:真人(まひと)

12位は真人(まひと)

真人(まひと)が強いと思う理由

・あの子供の無邪気さ、怖いもの知らずで、戦いを楽しみ怖さを知らない性格。戦うたびに、戦いを経験に強くなってる。怖いもの知らずで、冷酷さも兼ね備え、子供並の純粋な吸収力。強い相手と戦う度に経験値を吸収するから、最後凄く強くなりそう。

・あの子供の無邪気さ、怖いもの知らずで、戦いを楽しみ怖さを知らない性格。戦うたびに、戦いを経験に強くなってる。怖いもの知らずで、冷酷さも兼ね備え、子供並の純粋な吸収力。強い相手と戦う度に経験値を吸収するから、最後凄く強くなりそう。

11位:伏黒 甚爾(ふしぐろ とうじ)

11位は伏黒 甚爾(ふしぐろ とうじ)

伏黒 甚爾(ふしぐろ とうじ)が強いと思う理由

・五条先生を高校時代とはいえ、瀕死の状態に追い込んでいるためです。また、強さの裏返しとして、息子の恵への愛情が、ほんのりと描かれていた点も内なる強さの秘密かなと思いました。また、呪力を持っていないのにここまでできるのも強いのかなと感じた点です。

・呪力がないが天与呪縛による並外れた身体能力で、移動速度は目で追うことが困難なくらい素早く、呪具をしまっておける呪霊を体内に飼っている。また、一度は五条悟や夏油傑に勝っているので一番強いのかなと思います。

10位:家入 硝子(いえいり しょうこ)

10位は家入 硝子(いえいり しょうこ)

家入 硝子(いえいり しょうこ)が強いと思う理由

・家入硝子は非常に稀な反転術式の持ち主でさらに負傷した者を治療できるため呪術高専でも重宝されている。最強と謳われる五条悟でも他者の傷を癒すことは出来ない。家入硝子を除けば両面宿儺と乙骨優太しか該当者がおらず、彼女の尽力が無ければ呪術師の損害は計り知れない。アンニュイな雰囲気で魅力的だがいまだに謎の多い人物でもある。

・この人単体ではさほど強くはないが、反転術式で怪我などを治せることから、極端な話この人がいれば永遠と戦うことができるから。どれだけの時間がかかるかはわからないが、怪我を治せるのが一瞬でできるようになればめちゃくちゃ強いと思う。

・この人単体ではさほど強くはないが、反転術式で怪我などを治せることから、極端な話この人がいれば永遠と戦うことができるから。どれだけの時間がかかるかはわからないが、怪我を治せるのが一瞬でできるようになればめちゃくちゃ強いと思う。

9位:夏油 傑(げとう すぐる)

9位は夏油 傑(げとう すぐる)

夏油 傑(げとう すぐる)が強いと思う理由

・五条悟を最強だと考えているので、その元親友で今は敵の夏油は、五条に匹敵する強さを持っていると考えました。ここでいう強さとは、純粋にパワーだけではなく状況を設定したり、仲間を集めたりする作戦的な意味も含むかもしれません。最強のキャラのライバルには、やはり同じくらいの強さがあると思います。

・彼は過小評価されがちではありますが、他の呪霊を取り込むことによって自在に操作をすることができる術式は【呪霊操術】はかなり厄介な術式と言えるでしょう。本編ではまだ出番が少なめですが、そのポジションもあって今後大きな活躍が期待できるキャラクターだと思っています。

・4人いる特級呪術師のうちの1人であり、五条いわく「最悪の呪詛師」。使用する術式は「呪霊操術」で降伏した呪霊を取り込むことで、使役することができる。階級換算で2級以上の差があれば、ほぼ無条件で取り込むことが可能。特級呪霊をも使役できる為、間違いなくトップクラスの呪術師。

・4人いる特級呪術師のうちの1人であり、五条いわく「最悪の呪詛師」。使用する術式は「呪霊操術」で降伏した呪霊を取り込むことで、使役することができる。階級換算で2級以上の差があれば、ほぼ無条件で取り込むことが可能。特級呪霊をも使役できる為、間違いなくトップクラスの呪術師。

8位:禪院 真希(ぜんいん まき)

8位は禪院 真希(ぜんいん まき)

禪院 真希(ぜんいん まき)が強いと思う理由

・私の一番好きなキャラクターはまきさんです。なぜなら呪力がないにもかかわらず2級呪術師に匹敵する力を持っていることや、そのハンディーキャップをものともせず常に上を目指すところが女から見てもかっこよすぎて惚れました。

・名家に生まれながら、メガネがなければ呪霊を見ることもできない落ちこぼれというスタートから、実は人間離れした身体能力を持つ、肩書き以上の実力者という描写に、今までの努力量が感じられました。どこかのタイミングで覚醒して、呪力と身体能力の両取りキャラクターに化けるのではないかと予想しています。

・私の一番好きなキャラクターはまきさんです。なぜなら呪力がないにもかかわらず2級呪術師に匹敵する力を持っていることや、そのハンディーキャップをものともせず常に上を目指すところが女から見てもかっこよすぎて惚れました。

・名家に生まれながら、メガネがなければ呪霊を見ることもできない落ちこぼれというスタートから、実は人間離れした身体能力を持つ、肩書き以上の実力者という描写に、今までの努力量が感じられました。どこかのタイミングで覚醒して、呪力と身体能力の両取りキャラクターに化けるのではないかと予想しています。

7位:パンダ

7位はパンダ

パンダが強いと思う理由

・個人的に好きなキャラ。なんでパンダなんだろう。名前もなくただただパンダ先輩。しかし、パンダはパンダでも、フォルムチェンジするパンダで、パンダ以外に2つの魂が宿っているそう。アニメでは1つ明かされていて、今後もう一つのフォルムに期待が高まるところ。あと、パンダのくせにめっちゃいいこと言う系のいいやつキャラ。

・普通に作られたパンダがみんなと何の違和感もなく、過ごしているのが好きです。校長先生とのやり取りで、パンダにはお兄ちゃんとお姉ちゃんがいるんだよというくだりで、パンダがいないよと答えるシーンが大好きです。

・パンダの外見で常識的な言葉を話すおっさんぽくて憎めないキャラが好きです。普段は禪院真希の付き人みたいな位置関係で全然強そうに見えないのですが、いざ戦いとなった時の豹変ぶりが凄く絶対的な強さはないもののそのギャップに萌えました。

・個人的に好きなキャラ。なんでパンダなんだろう。名前もなくただただパンダ先輩。しかし、パンダはパンダでも、フォルムチェンジするパンダで、パンダ以外に2つの魂が宿っているそう。アニメでは1つ明かされていて、今後もう一つのフォルムに期待が高まるところ。あと、パンダのくせにめっちゃいいこと言う系のいいやつキャラ。

・普通に作られたパンダがみんなと何の違和感もなく、過ごしているのが好きです。校長先生とのやり取りで、パンダにはお兄ちゃんとお姉ちゃんがいるんだよというくだりで、パンダがいないよと答えるシーンが大好きです。

・パンダの外見で常識的な言葉を話すおっさんぽくて憎めないキャラが好きです。普段は禪院真希の付き人みたいな位置関係で全然強そうに見えないのですが、いざ戦いとなった時の豹変ぶりが凄く絶対的な強さはないもののそのギャップに萌えました。

6位:両面宿儺(りょうめんすくな)

6位は両面宿儺(りょうめんすくな)

両面宿儺(りょうめんすくな)が強いと思う理由

・「呪いの王」言われてる。1000年以上前に実在した最凶最悪の呪術師で現代に遺された彼の指20本は特級呪物。「伏魔御廚子」の使い手で、この領域展開は「相手に逃げ道を与える」という縛りをつけることで、空間を分断せずに半径200メートルまで拡張することが出来る作中では「神業」!

・物語の中で五条悟の実力を高く評価している発言があり、五条悟よりも両面宿儺のほうが実力があると思われること。また指一本で特級呪物に指定されるなど呪力は強大で、対峙した呪霊たちがこぞって恐れている様子からも強いのではと思いました。

・呪いの王で指がバラバラで完全な状態ではないながらも圧倒的な存在感と、真人が虎杖悠二と七海との戦いで領域展開をした際、両面宿儺の攻撃で真人もかなり痛手を喰らっており、両面宿儺の強さがかなり衝撃でした。強すぎます。

・1000年以上前に特級呪物として指20本が封印されるが肉体が滅んでもその強さは別格で次元が違う呪力を持っています。宿儺の器になった虎杖悠二の身体を借りて発動させ垣間見せた呪力は他の特級呪物を圧倒しています。

・今作最大の敵であり呪いの王とまで呼ばれていることからも、強いということは明白であると感じたから。彼自身、術式についての知識が非常に豊富であること、術式の詳しい情報はまだ不明な点が多いが漏瑚を圧倒したことからも、呪いの王としての強さに遜色はないと思われるので。

・歴史に名を残すような呪いで、実際特級の呪いも瞬殺している。メインの敵からも恐れられていることから圧倒的力を持っていると思われる。自分が読んだ、見た範囲になってしまうが現状対抗できるは五条悟ぐらいしかいないことから、現時点での最強候補と考えられる。

・歴史に名を残すような呪いで、実際特級の呪いも瞬殺している。メインの敵からも恐れられていることから圧倒的力を持っていると思われる。自分が読んだ、見た範囲になってしまうが現状対抗できるは五条悟ぐらいしかいないことから、現時点での最強候補と考えられる。

5位:伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)

5位は伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)

伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)が強いと思う理由

・不愛想でつんけんしたイメージであるがなんだかんだ虎杖たちと信頼しあっているイメージ。
呪術師としてエリートな立ち位置で冷静な戦い方でありどの敵が相手でも安定した戦い方ができるのも好印象。
虎杖のよきパートナー。

・十種影法術しかまだアニメでは出てきていませんが、何かまだ技を隠している気がします。宿儺と戦った時、布瑠部由良由良 八握~ の術式がまだ謎のままで、宿儺が気にかけているので絶対何かあるといつも楽しみにしながら見ています。天才君だと思うので期待大です。

・十種影法術師の使い手で、いくつもの式神を召喚でき、挙句には歴代の誰も調伏出来なかった最強の式神の八握剣異戒神将魔虚羅を顕現させているからです。また領域展開の嵌合暗翳庭も使用できるため、相当つよいのかなと思われます。

・質問3同様、特級術師を除いて考えた。伏黒の術式(十種影法術)により最大で十種の式神を用いて戦闘可能なことから、多彩な戦場展開ができると考えられるから。また、自死覚悟で魔虚羅の調伏に相手を巻き込むことも可能、もし魔虚羅を調伏できれば特級術師並みの戦闘力と考えられるから。

・不愛想でつんけんしたイメージであるがなんだかんだ虎杖たちと信頼しあっているイメージ。
呪術師としてエリートな立ち位置で冷静な戦い方でありどの敵が相手でも安定した戦い方ができるのも好印象。
虎杖のよきパートナー。

・十種影法術しかまだアニメでは出てきていませんが、何かまだ技を隠している気がします。宿儺と戦った時、布瑠部由良由良 八握~ の術式がまだ謎のままで、宿儺が気にかけているので絶対何かあるといつも楽しみにしながら見ています。天才君だと思うので期待大です。

・十種影法術師の使い手で、いくつもの式神を召喚でき、挙句には歴代の誰も調伏出来なかった最強の式神の八握剣異戒神将魔虚羅を顕現させているからです。また領域展開の嵌合暗翳庭も使用できるため、相当つよいのかなと思われます。

・質問3同様、特級術師を除いて考えた。伏黒の術式(十種影法術)により最大で十種の式神を用いて戦闘可能なことから、多彩な戦場展開ができると考えられるから。また、自死覚悟で魔虚羅の調伏に相手を巻き込むことも可能、もし魔虚羅を調伏できれば特級術師並みの戦闘力と考えられるから。

4位:乙骨 憂太(おっこつ ゆうた)

4位は乙骨 憂太(おっこつ ゆうた)

乙骨 憂太(おっこつ ゆうた)が強いと思う理由

・乙骨くんはまだ謎の多いキャラクターであることや、呪術高専に入った時から特級術死であることからまだ秘められた力や伸びしろがあると考えました。最新話では封印されている五条先生に代わって悠仁を処刑人として現れるなど強いキャラでなければ任されないであろう仕事も任されているため乙骨くんが実は一番強いのでは、もしくはこれから一番強くなるのではないかと考えました。

・単行本0巻にて、乙骨 憂太は、五条悟の遠い親戚=菅原道真の子孫になることがわかる。菅原道真は、日本三大怨霊の一人であ
るので、その血を引いている乙骨 憂太は、並外れた才能を持つ呪術師であり、本編より、無限の呪力をもっており、特級呪霊を次々を払っていたから。

・乙骨憂太は、主人公の虎杖悠仁が所属する呪術高専東京校の二年生の先輩です。彼は、学生でありながら、特級呪術師です。乙骨くんも五条先生に匹敵するくらいにチート級の
呪術を使います。彼は、特級過呪怨霊「折本里香」と主従関係にあり、彼女の力を自由に使えました。他にも底なしの呪力、無条件で術式コピー、他人を治せる
「反転術式」というとても貴重な能力も持っていました。
(本誌勢ではないので今の彼がどうなっているのかはちょっとわからないです汗)

・前述の五条先生に並ぶ術式の強さと、それ以上の呪力量を持っていることから。また、体術の高さも最近の内容から知ることができる。憑いている呪霊のリカちゃんによる攻撃やサポートと、コミックス0巻での活躍からポテンシャルの高さも評価に含めている。

・0巻でのりかちゃんとのコンビで敵を次々と倒していく姿は圧巻だったから。特に夏油をほぼ一人でかなり追い詰めたのはかなり強くないとできないことだと思う。その後で最強と言われている五条先生と遠い親戚という描画もあったため。

・現段階では登場が少ないのでわからないことも多いく、どれだけの反動や制限などがあるかわからないが、無条件で相手の術式を真似して自分で使えるから。相手からすれば自分自身と戦っている感じになりとても苦戦しそう。

・最初の0巻で、夏油を瀕死の状態まで追い込んだためです。また、五条先生にもあと数年すれば、僕と同じくらいの強さになるだろうと予言されていたこともあります。また、恋人だったリカを思う心の強さもあるかなと思いました。

・作中四人しかいない特級呪術師の一人。前日譚『0巻』の主人公であり、入学時から特級呪術師という異例の扱いを受け、最強・五条悟に「僕に並ぶ術師になる」とまで言われる。乙骨優太の能力は底なしの呪力を持ち、無条件で術式をコピー出来るというもの。また他人を治療できる反転術式が使える。しかしこれらは彼に憑いていた特級過呪怨霊「折本里香」あってのものであり、彼女を解呪した現在の能力には謎が多い。

・最初の0巻で、夏油を瀕死の状態まで追い込んだためです。また、五条先生にもあと数年すれば、僕と同じくらいの強さになるだろうと予言されていたこともあります。また、恋人だったリカを思う心の強さもあるかなと思いました。

・作中四人しかいない特級呪術師の一人。前日譚『0巻』の主人公であり、入学時から特級呪術師という異例の扱いを受け、最強・五条悟に「僕に並ぶ術師になる」とまで言われる。乙骨優太の能力は底なしの呪力を持ち、無条件で術式をコピー出来るというもの。また他人を治療できる反転術式が使える。しかしこれらは彼に憑いていた特級過呪怨霊「折本里香」あってのものであり、彼女を解呪した現在の能力には謎が多い。

3位:東堂 葵(とうどう あおい)

3位は東堂 葵(とうどう あおい)

東堂 葵(とうどう あおい)が強いと思う理由

・主人公とは良き友人関係を築き、先輩呪術師として主人公が黒閃を発動させられるようアシストをする余裕があるところや、肉弾戦メインで脳筋枠かと思いきや、術式を用いるとテクニカルな戦闘になるところに強キャラの雰囲気を感じました。

・東堂葵は学生でありながら唯一の一級呪術師であること。1000体もの呪いが放たれた百鬼夜行において特級呪術以外には術式を使っていないという事実から化け物じみた戦闘能力であると言える。また、見た目は脳筋に見えるが頭を使った戦闘が得意で驚くべき思考速度と思い切りもよい。東堂の推しアイドル高田ちゃんとの脳内会議は必見。東堂の術式『不義遊戯』は手を叩くと自分と相手(物でも可)の位置を入れ替えるというもので、相手を攪乱させスピード感のある戦闘に持ち込める。これは東堂の戦闘スタイルとバッチリ合っている。これらのことから東堂葵は非常にバランスの良い呪術師であり今後の展開でも活躍が期待される。

・虎杖との共闘でかなり強いなと言う印象でした。虎杖に戦いの手解きをしたりしていたので面倒見がいいのかなと思いました。強さもさることながら、あのキャラクターにも共感がもてます。強さは関係なく好きなキャラクターです。

・術式を使わなくてもある程度の呪霊は祓える体術の強さが1番の理由で、場所を対象と入れ替える術式がその体術をさらに効果的にしていると思うため。特に複数入り乱れる戦闘の場合、味方をサポートしつつ敵を撹乱し、戦闘センスと処理能力の高さが窺える。

・何かと展開がグロかったり暗かったりなりがちな物語の中で、五条に認められるほどの圧倒的な強さとともに明るさを持つ藤堂が、一番好きです。肉体派の強キャラなのに、アイドルを追いかけるという意外性。「存在しない記憶」で主人公の虎杖と仲良くなってしまう思い込みの強さ。呪術廻戦のなかでも他に替えがいないキャラクターです。

・体術寄りな戦術を繰り広げる東堂 葵ですが、そのフィジカル面は昔の古き良き格闘漫画を思い出させるような「アツさ」を兼ね備えています。本人の強靭及び狂人ぶりも言わずもがな必見ですが、特筆すべきは主人公である「虎杖 悠仁」との友情(?)です。本編では周りから嫌われているものの、どこか憎めない彼を愛してやってください。

・虎杖との共闘でかなり強いなと言う印象でした。虎杖に戦いの手解きをしたりしていたので面倒見がいいのかなと思いました。強さもさることながら、あのキャラクターにも共感がもてます。強さは関係なく好きなキャラクターです。

・術式を使わなくてもある程度の呪霊は祓える体術の強さが1番の理由で、場所を対象と入れ替える術式がその体術をさらに効果的にしていると思うため。特に複数入り乱れる戦闘の場合、味方をサポートしつつ敵を撹乱し、戦闘センスと処理能力の高さが窺える。

・何かと展開がグロかったり暗かったりなりがちな物語の中で、五条に認められるほどの圧倒的な強さとともに明るさを持つ藤堂が、一番好きです。肉体派の強キャラなのに、アイドルを追いかけるという意外性。「存在しない記憶」で主人公の虎杖と仲良くなってしまう思い込みの強さ。呪術廻戦のなかでも他に替えがいないキャラクターです。

・体術寄りな戦術を繰り広げる東堂 葵ですが、そのフィジカル面は昔の古き良き格闘漫画を思い出させるような「アツさ」を兼ね備えています。本人の強靭及び狂人ぶりも言わずもがな必見ですが、特筆すべきは主人公である「虎杖 悠仁」との友情(?)です。本編では周りから嫌われているものの、どこか憎めない彼を愛してやってください。

2位:虎杖 悠二(いたどり ゆうじ)

2位は虎杖 悠二(いたどり ゆうじ)

虎杖 悠二(いたどり ゆうじ)が強いと思う理由

・やっぱり主人公なだけあって強さと共にキャラとしても大好きです。呪力無しで鉄球を投げ飛ばし、コンクリートの壁をぶち破るなんて…さらに呪力の使い方を覚えて『黒閃』を連撃で敵にかました時は画力共に最高でした。よだれ垂れるほど集中するなんて…

・主人公として様々な経験を積んでいくという印象と、芯を持ったイメージ。人のために戦える性格は何よりも重要な要素と考える。今後の展開も気になる。
身体能力と呪力が相まっていることも相乗効果で強いイメージを感じる。

・最初から強さの片鱗は見えていました。話が進むにつれてかなり強くなっていると思います。東堂との共闘によってさらに強くなった気がしています。黒閃という技も連続して出せていたので、今後さらに強くなる人物だと思います。

・一番は成長速度。他の術師が何年も修行して手に入れたちからに瞬く間に追いついていく速度。次に潜在能力宿儺の力をどう使えるようになるかはわからないけど、凄まじい成長速度の虎杖ならいずれ最強と言われる宿儺の力も己の物にしてしまいそうだから。

・術師側については、特級術師を除いて考えた。今現在、虎杖は宿儺の器という立場であることから、圧倒的格上と戦うことが多く敗戦も目立つが、五条曰く後に宿儺の術式が刻まれる可能性があること、虎杖自身の術式がまだ発現していない又は自覚していないことを考えると、今後大きく成長すると思ったため。なによりも、彼は主人公であることから期待も大きいため。

・指を分けて封印しなければならないほどの強さをもつ両面宿儺をちゅうちょなく取り込み、自我を保てている為です。たまに暴走するけれど、まだ呪術師になったばかりなので、今後成長していけばさらに強くなると思います。

・両面宿儺の指を飲んで強くなってる気もするけど、性格的にも明るくて、友達思い、おじいちゃんの事もあり、これからもどんどん強く、精神的にも肉体的にも成長していくと思います。凄い天性を感じます。今まで何も知らなかった世界に飛び込んで、それでも前向きに考えれる。そう言う人は困難にも負けずに強くなって行くと思ってます。

・両面宿儺の指を食べても自我を保っていられることがまずすごいと思う。また、もともと呪術師ではなく、普通の高校生だったが、超人並みの身体能力を持っていたから。実際に呪物との戦いにおいてもほかの術師たちと謙遜なく戦っているから。

・この呪術廻戦という作品での推しキャラは主人公の虎杖悠仁くんです。彼は、ひょんなことから特級呪物「両面宿儺の指」を飲み込んでしまい担任の五条先生の計らいで呪術高専に転入した一年生です。悠仁くは、ノリがよく素直で人懐こい性格で、誰に対してもフレンドリーに接することができる、the陽キャみたいな男の子です。呪術界に関わる前から、超人的、異常なほどの身体能力を有していて、砲丸投げで30m弱(世界記録が23m弱)を記録したり、校舎4階の窓を外から蹴破って人外を蹴り飛ばしたりと、そのレベルはもはや人間離れしていました。その身は五条先生曰く「千年生まれてこなかった逸材」だそうです。特級呪物の猛毒に耐えた上、その身に受肉した呪いの王・宿儺を抑え込んで自我を保つ「器」としての適性を持っています。
私事ではありますが、悠仁くんの名前の中に「虎」の文字が入っているのもP高いです^^

・両面宿儺の指を食べても自我を保っていられることがまずすごいと思う。また、もともと呪術師ではなく、普通の高校生だったが、超人並みの身体能力を持っていたから。実際に呪物との戦いにおいてもほかの術師たちと謙遜なく戦っているから。

・この呪術廻戦という作品での推しキャラは主人公の虎杖悠仁くんです。彼は、ひょんなことから特級呪物「両面宿儺の指」を飲み込んでしまい担任の五条先生の計らいで呪術高専に転入した一年生です。悠仁くは、ノリがよく素直で人懐こい性格で、誰に対してもフレンドリーに接することができる、the陽キャみたいな男の子です。呪術界に関わる前から、超人的、異常なほどの身体能力を有していて、砲丸投げで30m弱(世界記録が23m弱)を記録したり、校舎4階の窓を外から蹴破って人外を蹴り飛ばしたりと、そのレベルはもはや人間離れしていました。その身は五条先生曰く「千年生まれてこなかった逸材」だそうです。特級呪物の猛毒に耐えた上、その身に受肉した呪いの王・宿儺を抑え込んで自我を保つ「器」としての適性を持っています。
私事ではありますが、悠仁くんの名前の中に「虎」の文字が入っているのもP高いです^^

1位:五条 悟(ごじょう さとる)

1位は五条 悟(ごじょう さとる)

五条 悟(ごじょう さとる)が強いと思う理由

・五条先生が登場すると勝てる場面が数多く存在するから。作中でも最強の呪術師扱いをされているため。呪術界でも人目置かれており、五条先生の発言で助かっている人も多く存在するらしいから。呪力が尽きず、ずっと攻撃することができるから。

・現段階で一番最強なのはこの人だと思う。特に領域展開の無量空処では、いつまでも情報が完結しなくて相手はどうすることもできないという状況になり、領域内に入れてしまえばほぼ100%勝利が確定するのではないかと思う。

・特に理由など有りませんが、漫画の設定的に最強なんだろうなと思います。
何をしても許されてるし、敵も1番先に狙ってきてるし、何よりも生徒たちから慕われているのも最強キャラだと思います。
力的にも、精神的にも。

・アイマスクを取った時の綺麗な目。上司にも気を使う事なく何でも言える自信。何より術が本当に強い!
アニメでしか見てませんが、五条悟は負ける事あるの?って思う術の強さ。自信があるから、余計に強くなってると思います。

・現役最強の特級呪術師として呪術師や呪霊から一目置かれている存在です。普段は黒の布で目隠している目(六眼)を開ければ相手のスキルが即座に見抜け、無下限呪術で空間距離を自在に操り敵の攻撃を難なくを交わすことができまた強力な攻撃が可能です。

・一度戦闘不能状態から反転術式でよみがえり、移動を目で追うことが出来ない伏黒甚爾を圧倒し勝利したから。あと、触れることが出来ないということはダメージを受けないということで、負ける要因が見当たらないような気がします。

・漫画やアニメでの扱われ方から優遇されすぎていて色んな意味で強い。おちゃらけキャラ、他の先生とは少し違う流されない思想を持っていて、生徒思い、何よりマスク(目隠し)を取ったらイケメン。戦闘においても、まだ明かされていない圧倒的な能力があって、誰がどうみても「最強」だと思う。

・五条先生が本気で死ぬ気で戦っている姿を見たことがないにもかかわらずどんな敵も圧倒してきた強さがやはり最強と言わざる負えないと思いました。今のところは五条先生が本気を出して勝てないキャラはいないのではないかと思っています

・呪術界の御三家、五条家の血縁者。領域展開「無量空処(むりょうくうしょ)」。領域内では、生きるという行為に無限回の作業が強制されて情報が完結せずに動くことすらできない。真人の領域展開と同様で閉じ込めた時点でほぼ勝ちが確定する。「六眼」という特殊な目を持ち、緻密な呪力操作や相手の術式の把握を可能とする。「無下限呪術」と「六眼」を同時に有する存在は数百年ぶりという逸材。まさに最強の呪術師!

・単行本(漫画)の一巻にて、五条悟は自分で最強だからと言っていた。
さらに、漫画の番外編にて、伏黒恵、釘崎野 薔薇、禪院 真希の三人に五条悟についての質問をしたところ、性格は最悪などと言っていたが、最強だとも言っていたから。

・主人公の師匠ポジションであり、彼の右に出るものはいないかのような描写が多いためです。序盤に圧倒的強さを見せてくるところなど、NARUTOで言うところのカカシ先生の役割なのだろうなと思いながらアニメを視聴しています。

・自分はアニメしか観ておりませんが、五条悟は自分で『最強の呪術師』を謳っている通り最強だと思います。領域展開を初めて観た時は鳥肌ものでした。どんな攻撃も無限の前には通じないなんてチート過ぎると思います。攻撃・防御面共に最強だと思いまうす。

・呪術廻戦でダントツ強いのは五条悟だと思います。まず、無限があり、触れる事が出来ないというのが最強です。あとは領域展開の強さ、術式の豊富さも最強たる所以かと思います。敵側もかなり五条を警戒していたようなので、相当厄介な人物なのかと思います。

・この呪術廻戦という作品において最強の称号が一番似合うのはやっぱり五条先生だと思います。五条先生は、自他共に認めるグッドルッキングガイでありながら御三家の一つの五条家次期党首でもある正に権力の化身。呪術師としても最強の名は伊達ではなく、呪術師の中でも四人しかいない特級呪術師として主人公の虎杖悠仁含め他三人の呪術高専一年生の担任をしています。彼が使う呪術の一つで領域展開というものがあります。それは、一握りの優れた呪術師にしか使えない術で五条先生は「無量空処」という領域展開を使うことができます。無量空処は相手に無限の情報を与えて五感全てが感じることが終わらないため何も感じず何も分からなくなってしまい、相手は行動ができなくなってしまうというめちゃつよ術式です。こんなチート級に強い領域展開を使える五条先生が一番強いと思います。

・無下限が使えるからです。また、自分でも最強です。と言っているので、自分でいるということは自分でも最強だと感じている証拠かなと思ったからです。また、いろいろな人から、強さの面でもキャラクター性でも尊敬されていると感じたからです。

・無限を具現化した無下限呪術はまだまだ登場していない技も多そうで、いつも技の美しさと破壊力に魅了されっぱなしです。
遠くにいる花御に攻撃するのに使用した技で「赫」と「蒼」とを混ぜ合わせた複合術式「茈」はアニメで見ていたらめちゃくちゃかっこよすぎます。アニメでしか見ていないので詳しくなく申し訳ないのですが、今後の活躍と術もとても楽しみです。

・瞬間移動、空中浮遊、攻撃が当たらないバリアなどの能力に加え、威力の強い攻撃まで、多様なスキルを持っていながら、六眼によって呪力消費をほぼキャンセルすることができるから。封印されたことによる影響の大きさから、封印前の強さが窺える。

・公式で作者が、「五条が出ると強すぎて敵を倒してしまうので、別の場所へ出張している設定にした」というようなことを言っていたと聞きました。能力も最強で、主人公の虎杖以上にストーリーの進行に昔から関わっているような五条先生の強さは破格だと思います。

・敵であるはずの呪いからも恐れられているし、主人公や他のキャラクターが苦労して戦った敵を瞬殺したから。アニメでも漫画でも何度が戦闘シーンがあったが、どれも圧倒的で苦戦しているとこを見たことがない。能力も攻守ともに適したものでまさに最強。

・そもそも体術面から格が違うのに、それに加えて呪術師として必要な、呪術面での技能のスペシャリスト度合いも極まって本作“最強“というに相応しい存在と言えるでしょう。領域【無量空処】でも見て取れるように、呪術師の中でかなり抜きん出た才能を持っていると思います。

・特級呪術師で学校の先生、さらに自身で最強であるといっており強いと思います。無下限呪術と六眼を持っており領域展開を使えるので戦闘で有利だと思います。一番強いと思っていましたが最近封印されてしまったので三番目にしました。

・特級呪術師で学校の先生、さらに自身で最強であるといっており強いと思います。無下限呪術と六眼を持っており領域展開を使えるので戦闘で有利だと思います。一番強いと思っていましたが最近封印されてしまったので三番目にしました。