モンハンライズ面白い?つまらない?感想口コミ評判!神ゲークソゲー?翔蟲好評不評の理由!簡単難しい・難易度は?すぐ終わる?

モンスターハンターライズ感想口コミ評判!

モンハンライズ感想口コミ評判

2021年上半期一番の注目作ともいわれているゲームソフト、「モンスターハンターライズ」が発売です。

超人気コンテンツが今回はNintendo Switchで発売。

体験版もすでに配信されており、神ゲークソゲー色々言われています。

モンハンライズは面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

モンスターハンターライズ公式webサイトはこちら
モンスターハンターライズ公式webサイト

【ポイントでモンスターハンターライズがダウンロードできる!】

【モンスターハンターライズ最速超詳細攻略本】

モンハンライズ面白い?つまらない?神ゲークソゲー?

【ポイントでモンスターハンターライズがダウンロードできる!】

【モンスターハンターライズ最速超詳細攻略本】

モンハンライズ前評判:面白そう・楽しみ

・新しいエリアや新しいモンスターが見れるのが楽しみです。後、グラフィックも更にキレイになっているのでワクワクしています。たいけんの武器を納刀することで攻撃力アップするのは今までにはないことなので嬉しく思います。

・今まで乗る事しかできなかったモンスターに乗って、操れる『操竜』がとても面白そうだと感じました。操ったモンスターと別のモンスターとを戦わせることもできるので、その点もとても魅力的です。今まで、できないと思っていた要素でしたので、とても驚きましたし、実際にプレイしたら楽しいだろうなと思いました。世界観が和風なテイストも好みですし、新たなモンスターもどんなのが出てくるのか期待が募ります。

・任天堂switchから発売となるので、新規ユーザーやPSPの時代のように皆でワイワイできそうなイメージが沸いてくる。移動手段も多彩なので、操作が得意でない人でも参加しやすいと思いました。モンスターの強攻撃時に、ボイスが発生するのも初心者向けに作られてると感じました。

・翔蟲を使用することによりカウンター攻撃を出しやすくなり、重い武器でも攻撃に瞬発力が出そうです。苦行でしかなかった卵納品クエストも楽しみになりました。体験版には入っていなかった百竜夜行は、狩り仲間と一緒に遊ぶことで盛り上がりそうです。

・今回のモンハンは任天堂Switchで初めて発売されるとあり期待してます。今までのモンハンもたのしかたですが今のコロナな影響の中皆で出来るオンラインゲームは必要だと思います。新モンスターや新しい機能も楽しみです。

・今作から取り入れられた、翔虫を使用したアクションでの立体移動や操獣が今までのモンハンにはないギミックなのでぜひ練習して今作を楽しみたい。あとは今作からの新モンスターがいるのでどんなアクションをしてくるのか楽しみ。

・アイルー(猫)とガルク(犬)の両方をお供につれて歩ける事。体験版を遊びましたがどちらも大変可愛いです。またモンスターハンター3以来の和風テイストな世界観でとても楽しみにしています。新登場モンスターももちろん楽しみです。

・モンスターハンターワールドに出ていたモンスターも出るという点。慣れ親しんだモンスターがいるのはわくわくする。ワールドをやりこんだわけではないが、どんな風になっているのか新たにやってみたいような気がする。

・新しい機能が搭載されている点です。進撃の巨人の立体起動装置のように縦横無尽に飛び回れるのがとても面白そうですし、双剣使いなのでとてもうれしいです。また、オトモガルクに乗って移動できる点など今までにない要素があるのがとても楽しみです。また実装当初キャラボイスがついていると発表されていて世界観を損なってしまうのではないかと不安でしたがオフにできるそうなのでそこも安心要素だなと思いました。

・個人的にはまずグラフィックもテクスチャがリアルになった分XX(ダブルクロス)よりもワールドの方にかなり近くなったように思いました。自分はまだスイッチを持っていなくて前から買いたいと思っていたのですが、「モンスターハンターライズがやりたい!」というのもスイッチを買いたい理由の1つになりました。

・モンスターを倒すための兵器があったりして、里のみんなで力を合わせて、モンスターから里を守ったりする防衛戦ができるのかなと思って里のキャラクターや友達と協力するのが自分はすごく楽しそうだなと思います。個人的には責めるよりも防衛する方が白熱すると思うので好きですね。

・新しいクエストの百竜夜行が面白そうです。次々に襲ってくるモンスターから砦を守るという内容みたいでやることが多くて頭が混乱してしまいそうだけど、一匹をじっくりと刈るものとは全く違った面白さがありそうで楽しみです。

・オープンワールドになって、世界が広がったので、ただウロウロするだけでも楽しそう。モンスター同士が戦う等の環境が作られて、戦略面等が今までとは一新して、プレイヤーとしては1から新たな体験ができそうだから。

・ゴリゴリぶつかって倒すイメージのあるモンスターハンターにおいて、忍者の世界観がどのように関わってくるのかストーリーがすごく楽しみです。物語の主人公たちも個性が立っていてモンスターを狩るだけではなくてゲームの世界観も楽しめそう。

・追加された翔虫システムによって、より立体的な移動や戦闘が可能になった点です。操作に慣れるまでは少し時間がかかりそうですが、上手く使いこなせれば動きの幅が大きく広がるため、様々なプレイが楽しめそうです。

・マップ上で壁の駆け上がり機能など、昨今流行りのオープンワールドチックな要素も少し加わり、アクション性が高まったところ。新武器が追加となり、色々な狩りの仕方が試せそうなところ。Switchでの発売ということで、従来より良い画質でプレイが出来そうな点と、参加要請やハンターコネクトなど周りに一緒にやるプレイヤーがいない場合でも多人数プレイが楽しめそうな点も期待している点。また、カメラ機能はSNSでの盛り上がりに貢献しそう。

・ユクモを彷彿とさせる和風の雰囲気がとてもワクワクします。今回から追加される新モンスターも魅力的で、早く遊びたいですね。また、百竜夜行というモンスターが拠点に攻めてくるイベントもこれまでとは違いとても面白そうです。

・長年続いている新作で、今までの良さを残しながら、新しい要素やモンスターを取り入れているところが面白そうだと感じています。同じモンスターばかりだとマンネリ化してしまうので、新しいモンスターや武器を追加して、変化を加えている部分は期待できます。

・そもそも、このシリーズは、販売累計でもわかるように面白いです。個人的に面白いと思うところは、共闘というところにあります。慣れない初心者ハンター(ゲーマー)に対しても、ユーザーが多いため導いてくれる上級ハンターが少なくないというところです。なので、毎回シリーズが出るたびに楽しみではあります。今回新しく期待しているポイントは、オトモガルクという犬型のお供がつくところです。今までは、ゲーム内である事から、アイルーで手を打っていましたが、元々犬派である自分にはある種の違和感がこれで解消されると思います。

・まずは新要素の翔蟲。3Dアクションにはジャンプやダッシュといったスピーディーかつ縦の移動が必要不可欠だと思っていますので、縦横無尽に動けるようになったのはとても楽しみです。次に操竜。背中に乗っかりダウンさせるだけだった要素が形を変えてどれほど進化したのか早く確認してみたいです。

・体験版で遊んだ時、操竜が面白かった。あとオンラインで遊べるのが一番大きい。コロナで会わなくなった遠方の友達ともモンハンで遊ぼうと約束している。ビックタイトルは新しい要素がなくても遊ぶ友達がいれば楽しめるのが良い。アバターもSwitchでより可愛くできそうなので楽しみだ。

・操竜というモンスターに乗って移動や戦いが出来る点がとても面白そうだと思いました。特に空を飛ぶモンスターに乗れるらしくそれは爽快感があり是非やってみたいと思いました。翔蟲という移動方法もスパイダーマンみたいで楽しそうだと思いました。

・近年は初心者にも優しいゲームデザインになってきており、私のような拙いプレイヤーにもさらに手に取りやすくなっている印象を受けました。初回特典にリアル寄りのレトリバー犬や猫が用意されてある等スタッフの遊び心は今まで通り存在しているように感じました。今後発表されるであろうコラレーションなども大いに期待できるかもと思いました。実写映画との連動などもあると可能性がグンと広がるかも、発売前にも関わらず既にワクワクは多分に詰まっているのではないかと感じています。

・モンスターハンターシリーズの新作で、新しいモンスターや装備の一新などの要素があるため、今まで通り仲間と楽しめる。話題にもなってプレイヤーの人数も増えそうなので、ますますモチベーションが上がる可能性がある。

・敵モンスターに乗れるのがすごく面白そう。アニメで強敵が味方になるなんてシチュエーションがすごく好きなので、普段倒すだけのモンスターが味方になるなんて、すごくワクワクします。強敵を味方にできた時、どのくらい心強いのか、どのくらいパワーアップできるのかを考えるとやはりワクワクします。

・今までのモンハンシリーズにない和風テイストであることにワクワク感を感じた。和風衣装のカスタマイズがとても楽しみ。アイルーも可愛くて好きだが、今回追加されたガルクがかっこいいので常に一緒に冒険したいと思っている。

・今作に限ったことではないのですが 、新アクションと新モンスターには面白そうだと感じました。まずはモンスターに乗って操るアクションには驚かされました。操ることで、違うモンスターと戦わせたり、壁に激突させたりなど戦術がおおくなってよりPT戦など楽しそうに感じました。

・ワールドみたいにアプデされてアイスボーンみたいになる可能性ありそうなのが、面白そうです。ライズは新規として色々な可能性を秘めているので、人それぞれの気分で「モンハン」を楽しめそうです。カッコいいとは思います。操作性とかは楽しみです。

・翔蟲システム、新たなオトモの導入により、今まで以上にフィールドを自由に動き回ることができる部分が楽しそうだと思い、期待が高まる。既にプレイヤー層が厚く、新規が入りにくい印象があるが、Switchの普及率に伴って今作から始める人も増えるのでは。

・前作のワールドは据え置き機かつかなり革新的なタイトルだったのに対し、これぞポータブルシリーズというようなグラフィックや、MHP3rdを思わせるような和風の舞台設定が過去作のファン心をくすぐられます。個人的にフルフルが好きなので復活もうれしいです。

モンハンライズ前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・毎回挫折してしまうのが、だんだんモンスターが強くなり勝てなくなり、友達もやらなくなっていくので途中で投げ出してしまうんじゃないかと自分が心配です。今作は楽しみなところばかりなので期待出来ないろころも面白くなさそうなところも全くありません!

・夜行というものの感じについて不安に思う部分があります。モンスター大挙してくるという感じでしたので、マルチプレイがメインになってしまうのでは?ソロのプレイで進めるにあたっってどうなのだろうかと不安に感じました。また、多様性がありすぎる分、操作に関して小難しい事が増えているような気がするので、その点が期待できない点です。

・身内などのローカルプレイでは、あまりないとは思いますが、ネットワーク通信時でのプレイヤースキルの格差が激しくなりそう。発売日直後は、初心者の方やデモプレイをやってない人は『お荷物だから』や『下手くそ』など、という考えをもつ人が増えそう。

・シリーズが進むにつれて操作が複雑になり、モンスターハンターに慣れていない人や苦手な人が始めにくくなりそうだと思います。操竜は初心者向けという意見も聞きますが、個人的になくてもいいのでは?と考えています。

・3DSの様ターゲットロックが付いてないところや、新機能が追加された事でどんな動き、戦いが出来るか不安があります。今まで3DSからSwitchになったことでどんな操作になるのかにも不安があります。今週発売なのでリサーチしていきたいと思います。

・期待できない点としては、リストラ組のモンスターの中でも人気があるものもいたので、そこが残念。あとはオープンワールドであるも現状は発表されているマップの少なさが少し残念な感じがします。あとはボタン操作が多くなっているのでやりにくそう。

・ハードがNintendoSwitchということで、スペック的に厳しいのではと危惧しています。元々が動きの激しいアクションゲームですので、処理に引っかかりがあったりすると、遊んでいてストレスを感じます。

・さまざまな機能や操作が追加されていそうで、もうついていけなさそうな点。シンプルでよかったのになあと思ってしまいそう。進んでいけないとやめてしまいそうな気がする。あと、モンスターがリアルすぎるのが多くて好みなのがあまりいない。

・モンハンはダブルクロス以来ですっかりエリアルスタイルと狩技の組み合わせに慣れてしまったせいで体験版のアオアシラを狩るのすら苦労しました。狩技に近いものがあるからいいとしても、立体起動装置に慣れないと乗ることすらできなさそうでそこが不安要素です。

・特にないですが強いて言うなら虫に紐のようなものを引っ掛けて移動するというところ?に少し違和感を感じました。しかしまぁ操虫棍という武器がありますし、おそらくこのゲームをやっていくうちに徐々に慣れていくだろうと思いましたし、新鮮でいいなと思いました。もう1つだけあげるならPVを見た感じ武器の操作にも虫を使ったりすることもありそうなので個人的に操作がかなり複雑になりそうで少しだけですが不安です。このモンスターハンターライズというゲームのPVを初めて見たときこそは、「なんだかちょっとモンハンっぽくないな」と思いましたが。たくさんの新情報や新しいPVを見る度に「欲しい!」「やってみたい!」と思うようになりました。なので自分は結構楽しみです。

・フィールドの景色は綺麗ですごく良いのですが、景色は現実のコピーのようでモンスターハンターならではの独自の世界観の創作物が少なく、もっと遊びがあったらいいのになと思います。あと、これは個人的な意見ですがフィールドの全体が淡い感じがして鮮やかさがあった方が道中の景色ももっと楽しめると思います。

・面白くなさそうとまでは思わないけど、今回は和のテイストみたいでそこが少し疑問に思ってしまいました。他社の作品だが討鬼伝をどうしても思い出してしまい、そこと世界観を被らせる必要はなかったんじゃないかと感じてしまいました。

・モンスターハンターワールドほどのグラフィックはなく、オープンワールドの規模もさほど大きくなさそうで、あくまでもモンスターハンターワールドの劣化版になってしまうリスクが高い。モンスターが刷新されていて、今までの馴染みのモンスターで培った経験が使えないのはつまらない。

・忍者の忍び足、未開の地へ掻き分けていく前進、ユーザビリティに気を配っているのは分かるけれど、空に紐のようなものを引っ掛けて空を飛んでしまうのは、世界観としてどうかと思うし、他の表現方法で表現した方がよく、やりすぎなのではないかなと思います。

・躁竜の操作が難しく、いまいち馴染めそうになかった点です。大技でモンスターに大きなダメージが与えられるため場合によっては必須になりそうなのですが、上手く使えないせいもあって個人的にはあまり楽しめず、ストレスになりました。

・武器の種類は増えていくが、遠距離用の武器が相変わらず少ない点。色々機能は追加されていくが、やや複雑になりすぎているようにも思う。元々シンプルで遊びやすいゲームだったので、シンプルさが無くなってしまうのは残念。マップやモンスターの追加など、コアな部分の追加を拡張していくだけでもよかったのではないかとも思う。

・モンスターハンターワールドでの高画質に慣れてしまっているため、Switchの画質では少し満足出来ない。また、新武器種の追加もない点も新作を期待していた中では残念です。ワールドで個人的に面白い要素であったクラッチクローほないものの、新要素でカバーされているので大きな不満ではない。

・新要素の追加は嬉しいですが、翔虫の使い方が、正直期待していないです。体験版もプレイしましたが、使いみちがあまりわからず、プレイを複雑にしている印象。正直扱いづらく、従来のままのほうがプレイしやすいと感じているので、この点には期待してないです。

・価格、操作性。拡張性、操作性は、ポータブル自体からの課題であるモンハン持ちができなくなったことにあります。拡張性は、ゲーム機端末で完結してしまっていることです。2ndgのみスマホ版が出ていますが、コロナ禍による巣ごもり需要も期待はできるかもしれませんが、コロナによる、失業や、収入減には、乗り遅れが確定してるハンターも少なくはないと思われます。スマホと連携して、本クエストはSwitch、薬草やハチミツなどの必要アイテムの生産に特化したミニゲームをスマホで、移動中に稼ぐことができる互換性が将来的にできたら、遊び方が桁違いに広がると思います。

・画質と動きの滑らかさは正直期待していません。また、探索要素を盛り上げると謳っている生物系はあんまり面白くなさそうだと思います。「ヒトダマドリは料理でよくない?」といった感じで、新要素に対して過去のシステムで充分だと思わせてしまうのはどうかと。

・体験版で遊んだ時、翔蟲は難しいと思った。視界がぐるぐると早くまわるのを楽しめるかがわからない。また、ネットで野良で遊ぶときマナーの悪さを抑える措置が毎回ないので、今回も野良でゲームをするのは厳しいと思った。

・モンスターハンターは毎作どんどんつまらなくなっていくので今回もあまり期待はしていません。ヒトダマドリは簡単にプレイヤーを強化するため、難易度が下がって作品がつまらないものになっているのではないかと思いました。

・前作にもこれは感じましたが、あって無いようなストーリー部分についてはもう少し中身が欲しいなとは思います。モンスターハンターという特異な職業について、会話などからの個々人ごとの考えの違いなどもっと深堀りしていって欲しいです。またYoutube等で観ていても決して配信映えするゲームとは言い切れないので、もっと目新しいものが欲しいなと考えてます。

・モンスターハンターシリーズは年々難易度が下がっていく傾向にあるので、今回も難易度が甘くなるのではないかという不安がある。あと飽きるのも早いため、いかにして飽きない要素を増やして行くかが重要となると感じた。

・モンスターは倒される側なので可愛くできなかったり、いかにも凶悪に仕立て上げないといけないというのは分かるけれど、どのモンスターも表情が無機質で無表情で同じような顔。そういったキャラクターがないので例えばサイを討伐していても、それがトリケラトプスだとしても同じような感覚になりそう。

・期待できない、面白くなさそうということは特にないが、モンハンはやり込み要素が強すぎて、途中で疲れてしまうことが多い。狩猟も1時間弱かかることが多いし、手軽感は全くないので気軽には手を出せないと思う。新要素や武器も追加されているので今まで以上に頭を使いながらの狩猟を強いられるのではと、少し不安である。

・モンスターハンターは初代からやっておりましたが、今作でハンターがしゃべる点が少し残念に感じました。モンスターを倒す時の緊張感は無言だったからこそ強調されていると思っておりましたが、今作で戦っている際に結構喋るので緊張感が抜けそうで残念に感じました。

・ライズ買おうか迷ってるんだけど色々追加されててごちゃごちゃしてそうです。ただ、純粋に狩りを楽しみたいだけなのに、操竜とかのプレイングスキルが必須になってくるのは、そのようなスキルはいらないと思いました。

・既存のプレイヤー層が厚いことから、新規プレイヤーが入りにくい印象がある。知っていて当然のシステム、語句、キャラクターに加えて新システムとなると、新規層は説明が追いつかず慣れるまで辛い思いをするのではと思う。

・私は過去作では狩猟笛をよく使っていたのですが、仕様変更が大胆すぎて若干困惑しています。強化されるのは嬉しい反面、それによって狩猟笛の使用率が高くなりすぎるのは元々使っていた身としては複雑だったりします。それと、ワールドの時も感じたことですが、モンハンのストーリーは添え物程度に考えていたのであまりストーリーパートが長いとダレてしまいそうです。キャラクターボイスやハンターのボイスも正直不要なのでオフにすると思います。