バイト辞めづらい時どうする!なんて言えばいいか解決方法一覧!

店長が厳しくてバイト辞めるのを言い出しにくい。

なんかバイト辞めたいって言ったら怒られそう。

バイト辞める時ってみんな悩んだりしますよね。

そこで今回はそんな時どうすればいい、みんなの意見をまとめてみました。

是非ご参考ください。

バイトの辞めづらい時の解決方法:退勤時刻間際に話をする

バイト辞め方
・嘘の理由を言っても、どこかでバレてしまいそうだし、退勤時間間際であれば、お互い次の用事があったり帰りたかったりすることが多いので、あまり時間を取らず深掘りもされず話せるから。

バイトの辞めづらい時の解決方法:直接言わず電話で伝える

・直接言うにせよ、店長やオーナーは多忙なことが多いため、電話で相手が都合のいい時間にかけ直してもらうなり、閑散している時間に電話をするなりして電話をすることを勧めます。

バイトの辞めづらい時の解決方法:退職代行サービスを利用する

バイト辞め方
・近年は退職代行サービスというお金を払えば退職までの手続きを円滑に進めてくれるサービスがあるので言いづらいならそれを提案してあげます。お金があればすぐに解決できるので良いと思います。

・アルバイトを辞めようとしている理由はさまざまであり、下手にアドバイスをしてトラブルに繋がるのを防ぐ意味でも専門的に退職をサポートできる機関に相談したほうがスムーズに辞められるはずだから。

バイトの辞めづらい時の解決方法:具体的な理由は言わない

・仕事はあくまでも契約であり、私情を深く伝える必要は全くないため、わざわざ退職理由を具体的にして相手の気を引く必要はないと思います。短くあっさりした理由で良いと思います。

・辞めると伝えない限り辞めることはできないから。アルバイト先にとっても大事な情報は辞める理由そのものじゃなくて、辞めるならいつまで働けるかシフトや仕事の引き継ぎに関してだと思うから。とにかく辞める意思を伝えることでわざわざ理由は言わなくていいと思うから。

・やめる理由が言いづらいのであればまずは理由を言わないで辞める事だけ伝えれば良い。辞める理由は雇用している側には関係ない気がするから。辞める事自体が言いづらいのであれば辞めます!とだけ言えば良い。理由を聞かれた時のために引き止められづらい理由を考えておく。

・アルバイトは辞めたいという意志表示だけで辞めれるものだと思うので。本当の理由が言いにくいのであれば、しつこく聞かれた場合のみ角が立たないような理由を言えばいいと思う。

バイトの辞めづらい時の解決方法:まず責任者以外に相談する

バイト辞め方
・責任者に直接言ってしまうと何かと丸め込まれそうなので、まずは話しやすい人に相談してみる。相談してもあまり良い辞め方が見つからなければ他の理由を言って辞めるようにします。

・中途半端なことはせず、思ったことを伝えればいいと思う。きれいに辞めることが出来るのが1番いいのではないかと思うので。今後その職場の人に会うことがあるかもしれないと思うと、悪いイメージを残したくはないから。

・辞めるにしても時期を選ばないとお店に迷惑をかけることになるから、いきなり責任者に言うには荷が重いので、身近なリーダークラスに伝えるとアドバイスもくれていいと思う。

・責任者に正直に言って辞める理由を理解してもらうことが大切だと思います、理解してもらい、あとくされのないようなやめ方が一番理想的なやめ方だと私は思います、あとの仕事にも影響するのでちゃんとやめた方が良いです

・自分で我慢して溜め込むよりは、他の人に相談してアドバイスをしてもらう方が前に進めると思うから。責任者以外の信頼できる人に相談して、協力を仰いでもらう方が良いと感じるから。

・勢いで辞めたいと伝えてしまうより一度客観的に考えてくれる人に相談して意見を聞いて自分なりにまた考えたいので相談したいと思いました。冷静に迷惑をかけないように辞めたいと思います。

・責任者に言いづらければまず、他のスタッフの意見を聞いた上で答えを出してもよいかなと思いますし、ひょっとしたらそのスタッフが責任者に話の場を設けてくれるかも知れないですのでまずは相談してみてもいいのかなと思います。

バイトの辞めづらい時の解決方法:本当の理由は言わず他の理由を言う

バイト辞め方
・本当の理由が言いにくいことなのであれば、わざわざ言う必要はないかなと思います。嘘も方便と言うように、辞めるのであれば、残った人が嫌な気持ちにならないような理由を伝えたらいいんじゃないかなと思います。

・言い出しづらい雰囲気の職場なので周りに言っても解決しないと思いました。責任者に本当の事を言っても残りの働く期間が気まずくなると思ったので本当の事は言わず嘘を言ったほうが良いと思いました。

・最近はブラックバイトもあるので、当たり障りのない理由が1番かと思います。もしも当たり障りのない理由で辞めれなくても本社やエリアマネージャーに訴えることが出来そうだからです。

・理由によっては話しづらいこともあるだろうし、辞めることが伝われば、別にどのような理由でも構わないと思うから。また、アルバイトであれば、よほど仲の良いアルバイト仲間以外とは顔を合わせることもなさそうだから、本当の理由でないから、と後で誰かから責められることもないと思うから。

・辞めざる終えない理由を考えて雇用主も断りづらい話をして解雇してもらうようにする。仲良い人やこれからも関わっていたい人にだけは後から正直に話してもいいかなとも思う。

・実際自分は、必ずバイトを辞めるとき本当の理由を言わずやりたい仕事が見つかったや、家族を理由にして辞めていました。その方が引き止められなくて済みます。注意するのは後で嘘がバレて恥ずかしくない程度の丁度いいウソをかますというのがポイントです

・スムーズな退職が行えるなら理由は重要じゃないと思うからです。辞めた人のその後の人生のことまで気にする会社はないと思うからです。身近な関係ならば、問題にならない程度に誤魔化していいと思います。

バイトの辞めづらい時の解決方法:それでも正直に言う

バイト辞め方
・誰しも職業選択の権利があるので、バイトを辞めることは本人の自由だと思うからです。もし雇用主が妨害してきたとしても毅然とした態度で接していれば問題ないとアドバイスしてあげたいです。

・やめる前は言いづらいかもしれないし、もしかしたら嫌みの一つも言われるかもしれないけれど、やめたら無関係の人、あるいは自分はお客さんの立場になるわけで、雇い主とはいえ無茶はできないはずだから怖がらなくて大丈夫。むしろ、酷いことをするような会社なら辞めて正解だし、出るとこ出てもバチは当たらない。よってアルバイトは正直に言って辞めてOKだと思います。

・理由にもよりますが辞めるのであればお互いのためにも早く責任者にはお伝えするべきだと思います。そもそも正当な理由があるのに、辞めるというのを言い出しづらい意味がわからない。辞めるのもこっちの権利なのだから堂々と言えば良い。

・誤魔化して嘘ついて辞めたとしてもおいおい風の噂で職場には届くものです。それなら後腐れなく素直に伝えることによって辞めた後職場ではなくお客さんとして利用することも可能なので

・正直に言わずに後で面倒なことになったら困るので、言いにくくても理由を誠実に話すのが社会人としてのルールだと思うから。引き継ぐ人に迷惑をかけないためにも、事前に言います。

・本人の問題ではあるが、仕事なんていくらでもあるんだし、人生で本当に大事なのは時間だから、嫌な時間を過ごすぐらいなら、少しでも好きな仕事の為に時間を使って稼いだほうが良いも思う。

・自分のやりたいことがあったり、何か理由があって辞めたいとその人の心で考えているのだから、周りの人への配慮をせずに、辞めるということを実行に移すべきだと思うから。

・退職後に思わぬところで会社の関係者に再会することがあるかもしれないから。嘘をついたり気まずいやめ方をすると、その時はよくても後々後悔する結果を生むかもしれないので。