卒業旅行で絶対行ってはいけない都道府県ランキングワースト14!マジで東京はやめとくべき!おすすめできないのはどこ!

大学・専門学校の卒業旅行で行くべきではないと言われている都道府県はどれなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

14位:岩手県

岩手県
14位は岩手県

岩手県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・観光するところがあまりない印象。観光するとしても県が広くて電車も充実していないため、レンタカーなどの手配が必要かと思うが、広いため1つ1つの移動に時間がかかりそう。

13位:京都府

古都京都の文化財(京都府、滋賀県)
13位は京都府

京都府が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・恐らく中学や高校で訪れたことのあるひとが大半だと思うので、卒業旅行であえていく必要はないと感じます。また神社仏閣といった文化財などへの興味が出たときに訪れるのが適切だと思います。

12位:群馬県

群馬
12位は群馬県

群馬県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・関東の北の外れという感じで、首都圏で活動していた人にとってはうらぶれ感があると思います。関東以外の土地で活動していた人にとっては、どうせ関東に行くなら東京というのが自然な流れだと思います。

11位:高知県

高知県
11位は高知県

高知県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・とにかく遠いというリスクがあります。それほど観光地もなくサーフィンなどに赴く人が多いイメージがあります。お酒など楽しいかも知れませんが,それだけかなって感じです。道も狭くて一本道で走りにくいです。

10位:山口県

山口県
10位は山口県

山口県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・大学生ではなく高校生のときですが修学旅行で訪れて楽しめなかった思い出があります。幕末期の偉人たちの生家や有名な建物などを訪れましたが、きらびやかさもなくテンションも上がらず。歴史に興味がないわけでもありませんでしたがワクワク感もさほどありませんでした。津和野の街の水路に鯉がたくさん泳いでいたりステキですがその街並みの落ち着いた穏やかな雰囲気の良さがわかるのは、もう少し年齢を重ねてからではないかと思います。今訪れたらステキな場所だと感じると思います。

9位:青森県

青森県
9位は青森県

青森県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・まず、卒業シーズンは冬だと思うからさむい地方に来てもしんどい思いをするだけだと思う。青森は車がないと移動が困難だし、道路がてかてかで運転も大変だから楽しむ思い出よりも大変だったと感じてしまう思い出のほうができてしまうと思うから。

8位:千葉県

千葉
8位は千葉県

千葉県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・関東でも新幹線が通っていないので、交通が不便だと思うからです。有名なオリエンタルランドがありますが、卒業旅行ではなくても行く機会がたくさんあるので、あえて卒業旅行で選ばなくていいと思うからです。

7位:鳥取県

鳥取
7位は鳥取県

鳥取県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・都会や大都市部から割と遠くにあり、アクセスがあまり良くありません。また、旅行に行った場合に、大自然を満喫するとか、文化財をめぐるとか言った場所があまりなく、思い出に残る旅行にならないかなと思います。

6位:島根県

島根県
6位は島根県

島根県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・特におすすめではないという県はみあたらないのですが、強いて言うなら島根県です。個人的に島根県についてあまり知識がなく、何か魅力的なものがあるかと言われると何も思いつきません。なので、逆に行ってみると驚きや発見が多いかもしれませんが。

5位:愛知県

愛知県
5位は愛知県

愛知県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・自分自身が愛知県に住んでいますが、他県の友達に愛知のおすすめを聞かれると困ることが多いです。住み良い街ですが、観光地やグルメ(美味しいと思うもの)はあまりありません。

・愛知県は何もありません。名物?そんなものありません。あるとしたら”名古屋走り”だけです。赤福は三重県、長島(スパーランド)も三重県。あ、レゴランドあります。愛知と東京は就職してからでも出張などで行くことが多いと思います。なので焦っていく必要性は全くありません。

4位:茨城県

茨城県
4位は茨城県

茨城県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・大人ならばゆっくりのんびりと楽しめそうな土地だけど、卒業旅行など若い人たちが楽しむには落ち着きすぎていて少し物足りない感じがするのではと思うし、特に有名なものが思いつかないので。

・出身地なのですが、正直観光する場所も微妙ですし何よりお土産に困ります。納豆しかないので、お菓子が納豆味だったりします。納豆嫌いな人にはあげられないですし、困ります。

3位:徳島県

徳島県
3位は徳島県

徳島県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・見るものがあまりないと思います。あと、全体的に公共交通機関が発達していないので、そういう面でもオススメできません。汽車(電車はありません)も2両編成ですし、バスも場所によっては数時間に1本しかありません。

・徳島県を選択しましたが、四国全域があまりおすすめではないかな、と思いました。車がないと移動ができない、城が好きなどではない限りこれといった観光地もない。食べ物はとても美味しいですが、若い人の旅行向けではないのかなと思いました。

2位:埼玉県

埼玉県
2位は埼玉県

埼玉県が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・東京や東京近郊の他の県と比べて、特に観光やグルメで、若い世代が食いつくような場所やモノをよく知らないから。個人的に、わざわざ埼玉県へ卒業旅行に行く意味が分からないから。

・わざわざ埼玉を旅行する意味が見つからないなと思いました。関東の学生にとってみれば、近い場所だし、目新しさもないような気がします。確かにキャンプできる場所もあるし、自然も豊か、ある程度の都市部だけど、わざわざ旅行で行くべきところでもないように感じました。

・華やかな観光地が少なく、宿なども特に良いところはないため日帰りにはいいかもしれないが、旅行となると面白みに欠けるから。住宅地も多く非日常感が薄いため思い出作りには向かない。

・学生の卒業旅行に限らず、埼玉を目的地にして旅行に行く理由があまり思い付きません。埼玉に用があっても東京に旅行に行ってそのついでに立ち寄ればよさそうな気がします。

・東京のとなりとあってアクセスが良いため、わざわざみんなで時間を合わせた卒業旅行で行くところではないかと思います。また、観光スポットもピンとくるようなものは少ないと思いました。

1位:東京都

東京スカイツリー・ソラマチ
1位は東京都

東京都が大学・専門学校の卒業旅行でおすすめできない都道府県の理由(抜粋)

・東京はいつでも行ける。地方の学生であれば東京にあこがれはあるかもしれないが、行く機会などこの先いくらでもある。観光スポットはあるかもしれないが、どこもその気になればいつでも1日で回りきれるし、観光客がうじゃうじゃいるのでゆっくり見る事はできない。

・行ったことがある人が多いことと、観光地というよりオフィス街が多く、またホテルや交通機関、食事の金額が他県よりかかると思い、バイト等していない学生には厳しいと思います。

・交通の便が発達し、社会人になっても東京はいつでも行けるから。また人も多くごちゃごちゃしているので、開放的な気分にならない。東京の忙しい人の中にいると、友人間でのケンカも発生しそうだから。

・東京は中学校、高校ですでに修学旅行で行っている人が多かったり、進学や就職で行ったりする人が多いので候補に挙がりませんでした。学生の卒業旅行であればだいたいディズニーランドやシー、新宿や原宿辺りになると思うので観光というよりはただの遊びになってしまうのかなと思います。

・良くも悪くも、いつでもいけるからです。仕事だったりもそうですが、わざわざ卒業旅行で選ぶ理由もこれといってないと思います。だったら地方等にいったほうが思い出がおおくつくれるのではないかなと。