Official髭男dismが嫌われる理由!歌詞・メロディーがよくない?気持ち悪い・ダサいと言われるのは何故!

Official髭男dism
Official髭男dismが国民に嫌われるのは何故なのか。

みんなの意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

Official髭男dismが国民に嫌われる理由:演奏が下手・雑

・メロディーラインは聞いていて心地がいいものが多いと思いますが、ミュージックビデオの歌唱シーンや演奏シーンはあまり上手くない印象を受けます。メディア慣れしていないのかな?とも思う反面、素敵な歌詞が多いのでもう少し頑張ってほしいグループに思います。

・Official髭男dismはメロディアスな楽曲の多いバンドですが、演奏技術に関しては、往年の名バンドがデビューしてきた当時と比べると、劣っていることがわかります。ボーカリストの世界観だけで引っ張られているため、音楽通ほど微妙だと感じるのでしょう。

Official髭男dismが国民に嫌われる理由:ごり押しされているだけ

・曲はとても面白いものが多いと思うけど、毎回同じようなコード進行で作られているので、聞いていると結構飽きてしまう。一瞬でヒゲダンだとわかるのはある意味いいことかもしれないけど、飽きてしまう。

・歌の雰囲気は大変好みに近いのですが、色々な場所で見かける度にこれはわざわざOfficial髭男dismさんじゃなければいけなかったのかと思ってしまう曲もあります。

・何度かした聞いたことがなく、あまり分かりませんが声は良いと思います。心に響くかというと、特に響かないです。ドラえもん映画の主題歌だったため子どもとよく聞いていて、その曲だけはよく覚えてますいますが、それ以外の曲はわかりません。

Official髭男dismが国民に嫌われる理由:歌詞がいまいち

Official髭男dism
・楽曲がドラマや映画の主題歌になってテレビで流れていたり、歌番組で見たりしますが歌が全部一緒に聞こえてしまう。歌詞もメロディーも毎回同じような感じなので微妙だと思います。

・歌詞が良いという人が周囲にも多く、Official髭男dismが好きだという友人もいますが、私にはあまり響いてこないです。リズムやテンポも自身の好みとはあまりあわないです。

・最近の若者の歌という感じで、心に響く歌詞ではない。メロディもあまり好みではないので、街で流れてたりしているが、そこまでそそられない。あまり聞いたことがない歌手です。

Official髭男dismが国民に嫌われる理由:メロディーラインが微妙

・人気な曲はお店等でもかかってきて聴いたことがあるのですが、どの曲も似たり寄ったりで違いが分からないです。他の曲を聴いてみようという意欲が湧かないアーティストかなという印象です。

・よくある欧米インディーロックの風変わりなメロディーを大切にしています的なロックバンドを丸パクリしているので、普段邦楽しか聴かない人は気に入っても洋楽を聴く人ならまず聴く事はない。

・キャッチ―で聞きやすいけど、どこかで聞いたようなメロディーラインばかり。耳に残らない。楽曲の質が悪いわけではないが、ヒットしすぎていて楽曲とつり合いが取れていない。

・どの曲を聴いても全部似たような曲になり、それが特徴的とも言えるのですがずっと聴いていると飽きてしまいます。歌い方や、メロディーで少し変化があるといいなと思います。

・いい曲もあるのだが、初めて聞く曲でもofficial髭男dismだと分かるくらいに変化があまりない。パターンが少ないので聞いていて飽きてしまう。テンポもまったりと感じるから。

Official髭男dismが国民に嫌われる理由:何も響いてこない・メッセージ性がない

・今流行の雰囲気は十分にありますが、なんとなく心に響くとか、魅了されるとかは感じません。時がたてば忘れさられるような、薄い感じがします。別の意味でもっと個性が必要かと思います。

・歌はうまいし、個性もあると思います。演奏も良いし、音楽的な知識もあると思います。だけど、難しくて歌いにくい。響かない訳じゃないけど、つ口ずさみたくなるような感じであったり、心を揺さぶるような感じがないので、すーっと通り抜けていきます。そういえばそんな曲あったねという感じがあるから微妙なのかなと思います。

・曲は何も考えずに聞ける、いまの王道J-popと認識しているが、どの曲も同じ曲に聞こえてしまうので、メッセージ性が無いように感じる。耳障りは良いが素晴らしいグループ、アーティストだ、とは思わない。

・歌詞が、軽い。 薄い上澄みの言葉を綺麗に羅列しているだけで、あまり心に響いてくることがありません。メロディはそこまで悪くないかなと思うのですが。構成が弱い気がします。

・曲調ははやり歌のようだが、どの曲を聞いても同じ。歌っているときに感情を込めているように見えるが、同じような歌詞が並んでいるだけで、風情や実体験に基づいたような重みがない。

Official髭男dismが国民に嫌われる理由:見た目がよくない

Official髭男dism
・こんなことを言っては元も子もないとはわかっているのですが「島根の田舎もん」というイメージのせいで野暮ったく見えてしまいます。(私も山陰出身なのであえてこの表現を使いました)やっている音楽と比べて見た目がフラットで垢抜けない印象なので、それを変えるだけで彼らの人気はさらに高まると思います。

・曲、歌唱力は申し分ないが、見た目が地味である。印象に残るものは、高音ボイスだけである。見た目とずれるが、バンド名も意味不明で、覚えにくい。略称、髭男もセンスレス。

・歌も曲も良さそうに思います。本来は歌も曲もよければ、それだけでいいのだと思いますが、あえて特に好みでない理由をつけるとしたら、単にボーカルの方をもう少し格好良い雰囲気に変えたら、映像的雰囲気も上がると思います。

・見た目が悪いわけではなく、なんとなくパッとせず、見た目の印象が残りにくいと思います。メロディラインや歌詞は歌いたくなるキャッチ―さを感じますが、メンバー全員の顔が思い出せないという人は結構いるのではないでしょうか。

・個人的にはボーカルのハイトーンボイスが好き。歌唱力も素晴らしいと思う。売れるべくして売れたというのが個人的意見。ダメな点を挙げれば、ボーカルは歌に専念して欲しい。あともう少しイケメンならもっと売れたと思う・・・

・顔を隠してダークな雰囲気で売り出してほしかったような曲ばかりです。曲自体がよいのでアーティストの顔やグループの外見でファンになるかたは少ないのではないかと思います。

・ヒット曲でもあるし、好きなメロディラインです。歌詞もメッセージ性あると思います。ただ、グループとしてビジュアルをイメージするとあまり思い出せません。今は似たような雰囲気のアーティストさんが多いと思います。

・歌も上手くて演奏も素晴らしいと思いますが、目立って垢抜けてイケメンがいないように思います。歌手の方たちは顔ではないと思うのでそこまで弱みにはならないことだとは思いますが。

・歌の実力は素晴らしいし、曲も耳に残る、何度も聞きたいと思えるものばかり。ただ、ビジュアルが可もなく不可もなく普通。華がある感じではないので、もし微妙だと思うのだとしたら、そこだと思う。

・今風の若者らしいというか、精神力の弱そうな面子が揃っていて、曲自体は流行っているのかもしれないけど、一過性のもののように思う。グループとしての世界観がはっきりと見えてこないので、もっと自分たちらしさを演出して魅せていったらいいと思う。