平成アニメ人気ランキング!視聴者の心に残る思い出の懐かし作品はどれ!

平成の名作おすすめアニメはどれ!

TV_1558360566

数々の名作が生まれた平成時代。

まさにアニメ発展の年代だったと言えるでしょう。

そんな平成のアニメの中でも特に人気だった作品はどれなのか。

みんなの意見をランキングでまとめてみました。

皆さんの気になるアニメ作品はランクインしているでしょうか?

是非ご確認ください!

64位:Re:ゼロから始める異世界生活

平成アニメ人気ランキング64位はRe:ゼロから始める異世界生活

Re:ゼロから始める異世界生活が人気の理由

・一般的な異世界転生物と違って、主人公が強い戦う力を与えられていたりするわけではなく、むしろデメリットを含む死に戻りの力を使って、自力で頭を働かせ、自分だけが助かる、だけでなく、周囲の人も助けようと足掻く姿に勇気を貰える。

63位:SLAM DUNK

平成アニメ人気ランキング63位はSLAM DUNK

SLAM DUNKが人気の理由

・毎週かかさず観ていました。スポーツが好きだったのもありますが、プレイがすごすぎていつもワクワクしていたのを覚えています。桜木花道が素人からスター選手になっていく姿はスポーツをやっていた自分の励みにもなっていました。

62位:アイカツ!

平成アニメ人気ランキング62位はアイカツ!

アイカツ!が人気の理由

・主人公がアイドルを目指して努力して、そこから実際にアイドルになってからの努力・成長がしっかりと描かれている。そしてキャラクターの魅力とキャラクター同士の関係性がとても好き。初めは練習もあまり参加しなかったユリカ様がスワロウテイルのオーディションを経て、キャラクターを演じるだけでなく日々の訓練をしっかり行うようになり、スキャンダルにも負けずにゴスマジックコーデを手に入れる。そして活躍していく中で先輩になり、想いはりんごにこめてでは立派な先輩となったことを魔夜さんが認める。最高でした。

61位:デュラララ!!

平成アニメ人気ランキング61位はデュラララ!!

デュラララ!!が人気の理由

・話が現代的で入り込みやすかった。数話みただけだといまいち噛み合わなく感じるかも知れないけれど、最後まで見た時にカチッとハマる感じがして凄くスッキリした。キャラクターも全体的にキャラが濃くて、どのキャラクターにスポットライトを当てても面白い話しだった。

60位:ノーゲーム・ノーライフ

平成アニメ人気ランキング60位はノーゲーム・ノーライフ

ノーゲーム・ノーライフが人気の理由

・最初に「おそ松さん」という題名を聞いたときは、「おそ松くん」の単なるリメイクという印象を持っていたが、実際に見てみると全く違う作りになっていたのが衝撃的だった。作り手と同年代のせいか、番組の中で繰り広げられるギャグやパロディのネタが、懐かしいものばかりで楽しめた。

59位:はじめの一歩

平成アニメ人気ランキング59位ははじめの一歩

はじめの一歩が人気の理由

・興味のなかったボクシングや格闘技に興味を持ち、面白く感じれるきっかけになったから。主人公や仲間、ライバル達のトレーニングや、減量するための物凄い努力を見ていると、もっと自分も頑張らなければ
と前向きな気持ちになれるアニメです。またエンディング曲も好きです。

58位:ひぐらしのなく頃に

平成アニメ人気ランキング58位はひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃にが人気の理由

・一期は多くの謎を残して、ただただ悲しいだけの結末ですが、二期はタイムリープを何回も何回もして、仲間みんなで幸せを勝ち取るという結末に達成感があります。疑心暗鬼にならない、仲間に相談する、助け合うの大切さが2期分を通して分かる物語だと思います。一期の後半の作画崩壊が気になりますが、今後のリメイクに期待したいです。

57位:ふたりはプリキュア

平成アニメ人気ランキング57位はふたりはプリキュア

ふたりはプリキュアが人気の理由

・2話くらいから見始めたのですが、これまで見ていたヒロインものとは違ってキャラのカラーがブラックとホワイトで激しいバトルを繰り広げているのが格好良かったです。ふたりはプリキュアは主人公の2人が大好きなのはもちろんですが、敵キャラも凄く魅力的でした。

56位:ポケットモンスター

平成アニメ人気ランキング56位はポケットモンスター

ポケットモンスターが人気の理由

・シリーズとして長く見ていましたが、1シーズンごとに見ても十分楽しめます。映画やゲーム、アプリと複合して楽しむことができ、大人から子供まで楽しめます。どの年代が好きかで盛り上がることもでき、昔の作品も楽しめます。

55位:らき☆すた

平成アニメ人気ランキング55位はらき☆すた

らき☆すたが人気の理由

・冒険とか不思議な道具とか一切出てこないアニメだが、日常を描いたアニメがつまらなくない、というのが驚きだった。展開に乏しいのに、引き込まれるというのは不思議な感覚だった。絵のかわいらしさも秀逸だったと思う。

54位:ラブライブ!

平成アニメ人気ランキング54位はラブライブ!

ラブライブ!が人気の理由

・キャラクターも多いし、ストーリーも、引き込まれるようなところが多くて、一番好きだったから。最初はありがちな設定だったのに、途中から色んな意味で裏切られたところが、逆に母性をくすぐられたというか…このアニメは裏切りが醍醐味だと最後まで思ったし、完結の仕方もよかったと感じた。

53位:機動戦艦ナデシコ

平成アニメ人気ランキング53位は機動戦艦ナデシコ

機動戦艦ナデシコが人気の理由

・わりとのんきな性格で恋愛一筋な女性が艦長でゆるい雰囲気のアニメ、かと思いきや3話で主人公と気の合う男性が死ぬという戦争の部分がきちんと描かれていたのが印象的なアニメでした。当時ホシノ・ルリが爆発的に人気があり私もハマっていたのを覚えています。

52位:金色のガッシュベル!!

平成アニメ人気ランキング52位は金色のガッシュベル!!

金色のガッシュベル!!が人気の理由

・漫画の連載が早い時期だったので当たり前ではあるが、アニメ化が早かったのと、150話で中途半端に終わってしまったことが悔やまれるが、画力が上がったここ数年にアニメ化して、きっちり漫画の最終回までアニメ化できていれば、間違いなく後世に語り継がれるアニメになったはず。

51位:灼眼のシャナ

平成アニメ人気ランキング51位は灼眼のシャナ

灼眼のシャナが人気の理由

・アニメにどっぷりハマってしまった原因です。書店で漫画を探している時にすごく綺麗な絵だなと思って手に取ったのは今でも鮮明に覚えています。内容に関しても世界の表と裏を描いているような描写。現実にも私たちが気付いていないだけでそういう現象は起きているのではと感じました。あと、主人公がとにかく可愛いです。自分の使命も大事にしたい、ただ好きな人ができてその人も守りたい。この葛藤がすごく良いです。

50位:氷菓

平成アニメ人気ランキング50位は氷菓

氷菓が人気の理由

・高校生の謎解きが話の中心という事で、大きなミステリーというわけにはいかなかったがねそれでもいつも「高校生らしさ」というものが感じられ、その日常性の中でのストーリー展開が魅力だった。端々に出てくる街の景色や心象風景も美しく、見入ることが多かった。

49位:文豪ストレイドッグス

平成アニメ人気ランキング49位は文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグスが人気の理由

・登場人物がすべて文豪の名前であるという所がまず魅力的だったし、それぞれのもつ異能力もその文豪の作品に由来するという所が面白かった。登場人物のそれぞれの個性もよく分り、みんなが使う言葉の端々に文豪らしい難しい単語が出てきたり、端役にも文豪ゆかりの人物名が使われていたりして、たくさんの小ネタもまた魅力の一つだった。

48位:約束のネバーランド

平成アニメ人気ランキング48位は約束のネバーランド

約束のネバーランドが人気の理由

・次にどうなるかが気になる事が多い。ストーリー性が素晴らしい。人と協力する事の大切さや人の動かし方についてマンガでありながら、学べる要素が多々ある。読み手の心理について考えているような気がする。重要な課題があり、それをどう解決していくのかというストーリーが斬新で面白い。

47位:妖怪ウォッチ

平成アニメ人気ランキング47位は妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチが人気の理由

・子供が見るので、いつの間にか一緒になって見てしまっていましたが、妖怪を上手に子供たちの世界に馴染ませ良し悪しを教える・助けるなど時には感動することもありました。テーマソングの妖怪体操?も覚えやすく、子育て中にお世話になったアニメです。

46位:STEINS;GATE

平成アニメ人気ランキング46位はSTEINS;GATE

STEINS;GATEが人気の理由

・懐かしいネットスラングが頻繁に出てきて笑えるのに、ヒロインを助けようと奮闘する主人公に感情移入できます。タイムリープ系なので、一回見ただけで理解できない部分もあるのですが、繰り返し見たくなる良作。先が読めないのが好きです。

・最初は物語の世界観に慣れるのに時間がかかりましたが、中盤からの展開に目が離せなくなり、後半からラストに向けて完全に心を持っていかれました。大人になってから、久しぶりに夢中になって見たアニメです。多くの方に見てもらいたいです。

45位:ヴァイオレット・エヴァーガーデン

平成アニメ人気ランキング45位はヴァイオレット・エヴァーガーデン

ヴァイオレット・エヴァーガーデンが人気の理由

・放火事件の前に制作された京アニの作品です。自分はこの作品で初めて京アニの作品で最初から最後まで見ました。ストーリーは特筆するほどではなかったのですが、絵がとにかく美しすぎて目が離せませんでした。自分は作業中に音声だけ聞いて済ませる事がおおいのですが、コレは本当に眼福過ぎて次の作品への期待が高まったのですが、本当に残念でなりません。

・圧倒的な映像美。彩色、演出、デザイン、世界観。全てが美しい。挿入歌やBGM、SEなどの音の演出はタイミングも含めて完璧。声優の演技も素晴らしい。近年はイキリるばかりで中身がないアニメが多かったので、久々に全ての話が面白いと思いました。

44位:ガールズ&パンツァー

平成アニメ人気ランキング44位はガールズ&パンツァー

ガールズ&パンツァーが人気の理由

・弟が好きで、よく見せてくれた(見せられた)ので知りました。元々戦艦や戦車に興味があったのですが、戦車道を真面目に追究する個性豊かな女の子たちの青春物語に感銘を受けました。一番は、挿入歌の力の入れ具合が話題となり、ロシアの歌は流暢なロシア語で歌ったために現地のロシア人をも感動の渦に巻き込んだそうで、国境を越えて愛されるアニメだと思ったからです。

・物語ももちろんだが、音楽がとても良かった。その後映画にもなっていたが改変はあっても耐えうるものであった。音楽担当はアニメ音楽で功績のある菅野よう子氏でありサウンドトラックともに良かった。あのようなアニメがまたでたらと思うので投票した。

43位:ケロロ軍曹

平成アニメ人気ランキング43位はケロロ軍曹

ケロロ軍曹が人気の理由

・基本ドタバタギャグコメディーですが、軍隊に所属する侵略者と侵略される地球人、という立ち位置が時々シリアスに描かれており、ギャグとの塩梅、その際に見せる種族を越えた友情や家族愛にこころが暖かくなります。

・私が小学生の頃に弟の影響で、今はもう懐かしきアニマックスで見ていました(笑)あのおバカさは痛快で、オープニング・エンディングともに歌を覚えるほどハマり、マンガも弟から借りて読み込みました。少し卑猥なシーンもありましたが、こうしてレビューしているうちにまた見返したくなってきました。小さい子から大人までおすすめできる作品かと思います。

42位:コードギアス 反逆のルルーシュ

平成アニメ人気ランキング42位はコードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュが人気の理由

・大国の軍隊に勝つための戦略が面白かった。危機的状況からのどんでん返しが、よく考えられていると思った。女の子のキャラクターが可愛かった。CGではなく、手書きのナイトメアフレームと呼ばれるロボット戦の動きが細かくて頑張っていた。

・ギアスという力を使いながらもただギアス無双になるのではなく、様々な戦術や手駒の動かし方を駆使して強大な権力に対抗していくというストーリーが非常に面白く、頭を使わされると感じるため。また、終盤に行くにつれてルルーシュの行動の一つ一つが手に汗握るようになり、最終回の場面に繋がると考えると涙を禁じ得ないため。

41位:ジョジョの奇妙な冒険

平成アニメ人気ランキング41位はジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険が人気の理由

・原作好きなのはもちろんですが、アニメ化されることによる不安はあったものの、あそこまで見事に原作の雰囲気を再現した、いや、それ以上かもしれません。セリフやポーズが、実際に動いている様子が、キャラクターをよりきわだたせていて奇跡的です。

・原作の持ち味を上手く生かしており、擬音など特徴的な部分をアニメにも関わらず表示するなどしている。1~8部まで区切られているという特徴を上手く生かし、間延びすることも詰め込みすることもなくちょうどいいペースでストーリーが展開され、飽きが来なかった。

40位:ふしぎの海のナディア

平成アニメ人気ランキング40位はふしぎの海のナディア

ふしぎの海のナディアが人気の理由

・当時、NHKで世界名作劇場だと思いながら見ていた記憶があります。ジャンとナディアの冒険だと思っていたのがノーチラス号での戦いに話がシフトチェンジしていき、アニメの世界にどっぷりはまる衝撃のアニメ作品でした。

・小さい時から何度も見ていますが、いつ見ても飽きることなく引き込まれます。キャラクターも非常に魅力的ですが、ストーリーが本当に素晴らしいです。次はどうなるんだろう、と視聴者をドキドキワクワクさせ、飽きさせません。数少ない大人も子供も楽しめるアニメだと思います。

39位:宇宙兄弟

平成アニメ人気ランキング39位は宇宙兄弟

宇宙兄弟が人気の理由

・六太と日々人の兄弟でありながら、同じ夢をもつライバルとして互いを高め合う気持ちや言葉、思いやる姿に何度見ても泣けてきます。このアニメの影響からか息子の夢は宇宙飛行士になることです。現在も漫画での連載が続いているので、続編アニメが始まることをまだかまだかと期待しています。

・比較的リアルな世界観の中で大人の兄弟が夢とロマンをみさせてくれるアニメというのは、とても少ないので貴重だなと思い楽しんでみていました。クスリと笑えつつ、しっかり泣ける落ち着いた雰囲気の内容で好きでした。

38位:弱虫ペダル

平成アニメ人気ランキング38位は弱虫ペダル

弱虫ペダルが人気の理由

・自転車競技がテーマということで、他のスポーツと違って地味でつまらないのではないかとおもっていたが、団体競技としてのおもしろさや熱さが伝わってくる感動的な作品だと感じたため。全ての登場人物が、それぞれ全く違う性格や背景を持っているにもかかわらず自転車を介して正面からぶつかりあっていて、プライドや友情が美しく描かれている。スポーツをした後の爽快感を思い出させる作品であると思う。

・自転車競技と言う少し変わったジャンルがまず面白かった。出てくる人物もみんなユニークだったし、それぞれの個性が途中でぶれることなく続き、それが自転車の走りや作戦にかかわってくるという表現の方法が面白かった。

37位:僕のヒーローアカデミア

平成アニメ人気ランキング37位は僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミアが人気の理由

・主人公の緑谷出久が周囲の仲間と切磋琢磨しながら理想のヒーローになろうとしている成長過程が見れてワクワクする。主人公サイドだけでなく敵サイドの主要人物も回を重ねるごとに成長していてどんどん物語に引き込まれ毎週見るのが楽しみになる作品。

・ザ・ヒーローものという感じ。まさに王道のジャンプ漫画という感じで気持ちよく見れるので好きです。これも4期まで続いたり映画があったりで長く楽しめる点がいいと思います。これからもがんばってほしいアニメです。

36位:魔法騎士レイアース

平成アニメ人気ランキング36位は魔法騎士レイアース

魔法騎士レイアースが人気の理由

・数日前に久しぶりにユーチューブで公開されているレイアースの1話を見た所ですが、当時子供だった私は女の子向けアニメなのに防具を付けて戦ってロボットにも乗るというのが斬新でした。キャラ一人ひとりにも個性があり、主題歌もキャラソンなども捨て曲がなく全てにおいて良い作品でした。

・正義と悪というシンプルな対比を、根底から覆してしまう作品でした。人には、それぞれの幸せがあり、その幸せを守るために何が必要なのか。そして、たとえ周囲からどんなに憎まれても、ただ愛する人を守りたいという切ない思いが詰まったアニメです。

35位:幽☆遊☆白書

平成アニメ人気ランキング35位は幽☆遊☆白書

幽☆遊☆白書が人気の理由

・原作を始めて購入した漫画でもあり、非常に思い出深い作品です。前半の思い切った省略と魔界統一トーナメントのアニメオリジナルは原作の雰囲気を壊さず、唐突な最後を迎えた原作に対する補完として素晴らしい出来だったと思います。声優陣も今から思うとかなり豪華でした。

・原作で省略されてしまった魔界統一トーナメントのストーリーが描かれている。オリジナルでも原作を崩すことなく、アニメでしか見られないストーリーを楽しむことができた。魔界統一トーナメント以外も安定して面白かった。

34位:遊☆戯☆王

平成アニメ人気ランキング34位は遊☆戯☆王

遊☆戯☆王が人気の理由

・ちょうどマンガやカードゲームが流行っていた時、小学生でした。男女ともに、遊戯王の話やカードゲームは当時のコミュニケーションツールでした。遊戯の「城之内君!」というセリフは真似ましたし、闇のゲームは子供にとって「ゲームだけど、予想していたゲームではない高度なもの」という衝撃があったからです。

・カードゲームを中心としたストーリーではあるが、とても壮大なスケールで描かれていて深みがあり、カードゲームの内容もカード1枚1枚がとても凝っていて、飽きのこない内容となっているところが見ていてずっと楽しめる作品だったからです。

33位:Fateシリーズ

平成アニメ人気ランキング33位はFateシリーズ

Fateシリーズが人気の理由

・もともとノベルゲームなので〇〇ルートなどでシリーズごとに違った視点で楽しめる。物語の核に迫っていくのが面白い。女性キャラもかわいい。令呪、サーバント、魔術など厨二心をくすぐられるワードが出てきて厨二病の人はハマります。

・まず映像がかなり美しく、アクションシーンだけでなく、日常シーンも含めて見応えがある。声優陣も豪華で演技に違和感がない。中でもFate/Zeroはダークな描写が多く、声優の迫真の演技、美しくも残酷な描写がうまく噛み合っている。

・Fate/Zeroを初めてみたとき、作画に感動した。そして衛宮切嗣の、誰かを救うために誰かを犠牲にするという正義に考えさせられた。ライダー陣営に癒された。大塚明夫さんの征服王が最高で、影響を受けたウェイバーが成長した姿もロードエルメロイ2世の事件簿でみられて幸せだった。

32位:カードキャプターさくら

平成アニメ人気ランキング32位はカードキャプターさくら

カードキャプターさくらが人気の理由

・キャラクター達の幼さや純粋さが可愛い。最初は芯は強いけどか弱いさくらちゃんがどんどん逞しくなっていく姿に目が離せなくなる。話数は多いがバトルシーンなど見応えがあって飽きない。アニメオリジナルの話もあるので漫画で知っていてもアニメ版も全て観てしまった。

・小さい頃好きで一番ハマったアニメでした。ストーリーもしっかり作り込まれてて、イラスト自体も可愛らしいので何度見ても飽きませんでした。現在大人になりましたが、続編もアニメ化され再度ハマるアニメとなりました。

・物語の中で様々な愛の形が描かれている点。同性愛、歳の差、教師と生徒、国籍の違い、死別の愛、兄妹愛など、LGBTという言葉が一般的に認知される前からそれらを描き、かつここまでファンから愛されてきた作品は他に知らない。

31位:カウボーイビバップ

平成アニメ人気ランキング31位はカウボーイビバップ

カウボーイビバップが人気の理由

・初めて主人公に惚れたアニメ。世界観もキャラクターも大好きでした。まだセル画が主流で、時々CGという時代でしたが、他のアニメに比べてしっかり作り込まれたCGと、それに負けないセル画は今見てもかっこいい。生身の人間ぽく動くアクションシーンも秀逸でした。

・アニメというよりもスタイリッシュでオシャレで、なおかつレトロな感じがする質の良いトラマを見ているような気持ちになる作品です。音楽も本格的なジャズ、ビッグバンドサウンドで聴いていてワクワクする世界観が大好きです。

・とても恰好良いSFで大好きです。全員が個性的で、勝手に動くのに何故か上手く嵌まる。ジャズのセッションのようにそれぞれの個性やスタイルを持ったままに奏でられるストーリーが素晴らしかったです。ラストにかけてそれぞれの人生へと別れ、進んでいく姿が印象的でした。

30位:ガンダムシリーズ

平成アニメ人気ランキング30位はガンダムシリーズ

ガンダムシリーズが人気の理由

・鉄血のオルフェンズにどはまりしました。主人公や仲間の少年たちのキャラクターも際立っていましたが、何より残酷なまでに衝撃的なストーリーに目が離せませんでした。正直息苦しさや怒りを感じる場面もありましたが、それらも含めて記憶に残る作品です。

・もともとガンダムシリーズ全編網羅していたが平成では「機動戦士ガンダム00」が特に印象深かった。バーニアから火を噴いて空を飛ぶのではなく、粒子による静かな飛行が斬新で粒子の描き込みは平成後期の技術だからできたものだと感じた。戦闘シーンは声優の熱演もあり1シーズンのラスト3話は必見。

・ロボットが好き。人間ドラマが好きであればこれほどの作品は他にないかと思われます。私は08小隊から見始めましたが、ロボットなのにすごく人間臭く描かれているかつ、やっぱりガンダムは格好いいですね。味方、敵共にドラマ、ロボット種類が分かれており魅力が多すぎて自分はどっちの陣営を応援すればいいのか悩むはずです。

29位:けいおん!

平成アニメ人気ランキング29位はけいおん!

けいおん!が人気の理由

・一応女の子向けのアニメだと思いますが、ストーリーが恋愛とかでなくあくまでも軽音部という活動を通じての学園生活を描いているので男の僕でも楽しいとも思うしキャラクターの子も可愛らしくてファンは女性より男性の方が多いんではないかと思います。

・絵が可愛くて曲もよくて話もほのぼのしていて癒されながら観ていました。けいおんは普段アニメを観ない人も観ていて普段話したりしないクラスメイトと盛り上がれたりしました。私の青春のアニメです。卒業のシーン凄く感動しました。

・もう一度高校生に戻って青春を謳歌したいと思わしてくれる。ただの日常系アニメなのについのめり込んでしまう。何度見てもおもしろい。キャラクター全員かわいくて好き。アニメ内の音楽もキャッチーでかわいくて好き。

28位:ソードアート・オンライン

平成アニメ人気ランキング28位はソードアート・オンライン

ソードアート・オンラインが人気の理由

・主人公の頑張る姿や、恋模様などわくわくさせられたアニメは久しぶりで、ついみてしまいました。限界にチャレンジしながら、異世界とも言えるゲームの中でがんばるキャラクターたちの心の葛藤もみどころです。現在では、まだ実現できてはいない世界感ですが、近い将来出来上がりそうで、じっくりとみてしまいます。

・ゲームの世界と現実の世界がつながっていて、近い将来こういう日が来るのかと思うとこわくもありますが、リアルに感じてみいってしまいました。最初のシリーズだけ観るつもりが最新のシリーズまでみてしまい、続きが4月からのようで早くみたいです。

・VRMMOがメインになりつつも、人間の命が懸けられたデスゲームに、主人公キリトが果敢に挑んでいく王道ストーリーが魅力的ですね。アスナ、リズベット、シリカ、シノン、リーファといったヒロイン達もとても可愛らしく、見ていて心地が良いです。

27位:デジモンアドベンチャー

平成アニメ人気ランキング27位はデジモンアドベンチャー

デジモンアドベンチャーが人気の理由

・デジタルモンスターとのパートナー関係を結んだ子供たちの、物語。平成生まれの人にとっては、世代ドストライクの作品間違いなし!モンスターがパートナーとの絆で成長し進化し、さらにパートナーも、子供でありながら人間として成長していくのは、素晴らしいです。また、デジモンの主題歌、挿入歌を歌う和田光司さんの曲は、聞くだけで元気を貰えます。アニメ、曲、最高の組み合わせです!

・主人公と同じ年齢で同年代の子供たちはみんなみていたし熱い展開仲間の死や圧倒的な敵に挑んでいく展開も好きだし映画も続編も見ました。進化するデジモンたちも好きだったし8人いる子供たちにそれぞれ考え方の違いがあって感情移入したりしていたから。

・自分が子供のころに見たという点が大きいような気がしますが、子供たちだけで知らない世界を冒険しているキャラクター達に憧れました。自分も選ばれるのではないか、選ばれたらそんなデジモンがパートナーなのかよく空想した思い出の作品です。

26位:のだめカンタービレ

平成アニメ人気ランキング26位はのだめカンタービレ

のだめカンタービレが人気の理由

・絵がとてもかわいい。自分にはないピアノの才能がある主人公と、イケメンの恋愛。非現実的な設定がワクワクしました。音楽に関しても恋愛に関しても上がったり下がったりと続きが気になり、どんどん読んでしまいました。

・これまでにない主人公の設定におおいに笑いました。ギャグセンスが最高です。でも笑えるだけでなく、真剣に音楽に向き合う若者たちの苦悩や、恋のせつなさもえがかれていて深い作品でした。登場人物のビジュアルが良いので見やすかったです。

・音楽大学という特殊な場所で、個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語は、様々な楽器の奏でる音楽も相まって物珍しく面白かったからです。特に主人公ののだめがゴミだらけの部屋でピアノを奏でるシーンは衝撃でした。

25位:ママレード・ボーイ

平成アニメ人気ランキング25位はママレード・ボーイ

ママレード・ボーイが人気の理由

・子供の頃に朝からあっていてみていましたが、年頃の男女が同居することになる女子受けする設定、恋のライバルが現れたりしながらも2人の気持ちが近づいていくストーリーで、子供ながらにドキドキしたりワクワクしたりとおもしろかったです。いまだにマンガを読んだりすることもあるくらいです。

・毎週日曜日は、何があっても早く起きて見ていました。小学生だったと思うので、まだ恋愛とかしてなかったと思うんですけど、毎週二人の距離感がどうなっていくのか、気になって気になって、見ていたのを今も覚えています。

・小学生のころキュンキュンしながらずっと見ていた。アニメと併行しリボンの連載も読んでいたが、少女マンガであれだけ夢中になったのもこのマンガだけである。友達と一緒に盛り上がってみていたのも好きだった理由だと思う。

24位:鬼滅の刃

平成アニメ人気ランキング24位は鬼滅の刃

鬼滅の刃が人気の理由

・原作を尊重しつつ超えたと思えるアニメ。何と言っても臨場感ある動きが素晴らしいです。ギャグとシリアスのバランスを損なうことなく、アニメならではのテンポの良さが展開を分かりやすくしてくれています。キャラクターの描写も丁寧で心情が良く伝わってきます。

・ジャンプ史上1番優しい主人公・炭治郎の行動に泣けます。妹の禰豆子を人間に戻そうとする健気さ、鬼にさえ同情する優しさ、仲間に対する熱い想い全て心に刺さります。作者が女性なだけあって、絵が可愛いところもハマっているポイントです。

・鬼滅の刃はまさかここまでのブームになるとは思いませんでした。鬼滅の刃は見る側も耐久力がいると思います。私は1話〜4話あたりをみて耐えられなくなってしばらく続きが見れませんでした。友人にこの先がもっと面白いから見てと勧められて最後まで全て見ました。そこで漫画にも手を出してしまい、今ではジャンプ本誌派となりました。鬼滅の刃の主人公竈門炭治郎は今までのジャンプ主人公とは違い、ルフィや悟空みたいな圧倒的強さ、両津勘吉みたいな圧倒的カリスマ性などは無く、ひたすら努力、妹の禰豆子を救いたい、鬼による悲しみの連鎖を断ち切りたいという強い意志、6人兄弟を支えてきた圧倒的長男力、敵にも情けをかけるなどジャンプ史上最も優しい主人公だと思います。それだけで女子は既に惚れてしまいます。また、鬼殺隊のメンバーや敵の鬼までもそれぞれの魅力が詰まっていて、キャラ一人一人がとにかく映えている。それが鬼滅の刃だと思います。アニメも天下のufotableさんの美しい作画とエフェクト、音楽で常に映画のような映像も魅力の一つだと思います。正直、アニメ化されていなかったら鬼滅の刃はここまで大ヒットしないであろうと漫画を読んで思いました。アニメの続きの無限列車編も期待が大きく、きっと公開された時はチケット入手困難になる未来がみえます。このような様々な魅力から鬼滅の刃を選ばせて頂きました。

23位:交響詩篇エウレカセブン

平成アニメ人気ランキング23位は交響詩篇エウレカセブン

交響詩篇エウレカセブンが人気の理由

・平成の色々な良質アニメがあったなかでも、特に個性的で印象深い作品です。ストーリーも絵も音楽も素晴らしく、何度観てもまた違った視点で見ることが出来て新鮮です。個を大切にすること、その上で相手ヘも思いやりを持つことの大事さという、なかなか難しいことを真剣に考えさせられた作品です。

・主人公が前向きで明るく、ちょっとバカなのがいい。見ているこっちも明るくなれる。主人公レントンがヒロインのエウレカに恋をするのだが、つい応援したくなってしまう。ロボットものであり、ロボット同士の戦いは興奮する。物語が進むにつれ、世界の謎に迫っていくミステリー的な要素も見ていて面白かった。

・主人公のレントンの成長の描きかたが素晴らしい。純粋で真っ直ぐなので見ていて熱くなった。サブキャラクターにもスポットライトがあたるのでそれぞれのストーリーが良く、本編にも絡んで来て物語を豊かにしているから。

22位:黒子のバスケ

平成アニメ人気ランキング22位は黒子のバスケ

黒子のバスケが人気の理由

・スラムダンクも見ていましたが、「背の小さい自分でもチームの役に立てる!」と強く共感できたのは黒子のバスケでした。このアニメの影響を受けてバスケの試合ではチート専門のポジションにつき、敵チームの連携を乱して、味方チームにパス出来る喜びを覚えました。このアニメに出会えて、自分の低身長に少し誇りを覚えられて今でも感謝しています。

・少し現実味から離れていると思うが技の全てはNBA選手のプレーを参考に作られておりバスケットボールに対する興味がより一層深まった。また他のスポーツをする上でも参考になるシーンが多いため、色々試しながら楽しませてもらった。

・最後の近づくにつれて多少現実離れしたような表現が増え、スポーツものと言うよりはドラゴンボール的な感じもしたが、ストーリーそのものは面白かった。努力と友情と、「みんなで戦えば何とかなる」と言った単純明快な基本姿勢もよかったと思う。

21位:魔法少女まどか☆マギカ

平成アニメ人気ランキング21位は魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカが人気の理由

・ビジュアルからただのかわいい魔法少女アニメだと思っていたのに、登場キャラクターの死、主人公がなかなか変身しないなど、予想を裏切られ続けたこと、また同時にやはり可愛らしいキャラクターのビジュアルが好きだからです。

・絵が全く好みでなかったためはじめは興味がなかったのですが、周囲の評判がとても高かったので試しにみたところ、可愛い絵柄と重い内容のギャップにやられ、またキャラクターが全員真剣で可愛く、敵の魔女のデザインなどの世界観も独特で、お話もしっかり作られていて文句なしに面白かったです。

・一見は魔法少女になる話かと思いきや、実は、自分たちが戦っている相手が、元魔法少女だったという事、いずれは自分たちも魔女になってしまうというこころの葛藤、ほむらあけみが、まどかのことを魔法少女にさせないようにしているわけが、後々になって解明されていく所が面白かった。

20位:涼宮ハルヒの憂鬱

平成アニメ人気ランキング20位は涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱が人気の理由

・自分の周りに、不思議な能力を持っているのに、本人は気が付かないで不思議探しをしているところ。また、単純な不思議話ではなくて、ちゃんと細かく設定された内容であり、そういう意味だったのか!と何度みても楽しめる作品だから。

・ニコニコ動画黎明期に大ブレイクした作品と記憶しています。秋葉原の歩行者天国でハレバレユカイを踊る若いオタクたちの実に楽しそうなことをよく覚えています。作品は当時としては奇抜なキャラクターと構成で印象的でした。

・アニメを看ないのですが、この作品ははまりました。住んでいる場所から聖地が近いこともあり、親近感も湧いたりとのめり込んで観ました。同じ話を何回もしたり、視聴者が読めない話の展開だったりでペースをもっていかれ、まんまとハマりました。

19位:HUNTER×HUNTER

平成アニメ人気ランキング19位はHUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTERが人気の理由

・HUNTER × HUNTERは実質、初期とリニューアルバージョンで2回アニメ化されました。私の両親が初期が好きで、子供の私は新しい方をみて好きになりました。新しくなった今でも家族揃って全員で見ています。主人公ゴンの純粋さ、心の綺麗さに惹かれていく周りの人々にも個人個人に素敵なドラマがあり、敵役は敵役でもそれぞれの素敵なエピソードがあります。結果的にどのキャラも何故か恨めない所も魅力だからだと思います。ストーリーもどういう展開になるか予想できなくて心臓に悪かったり休載してストーリーが進まなくて早く続きが見たくてうずうずしてしまう等、この面でもまた魅力があると思うことから選ばせて頂きました。

・原作からのファンでアニメシリーズは全てのシーズンを見ました。アニメは漫画と違い実際にキャラクターが動くので、好きな原作のキャラクターの動きを観るのが毎週楽しみでした。またアニメのみのスピンオフなどもあったので、原作ファンとしては嬉しかったです。

・数十年前から愛読しているので、大好きとしか言えない。世界感も好きだし、キャラも大好きである。特に好きなキャラクターはクラピカです。ハンターになろうした動機にも感動をうけたし、ハンターになってからの生き様に惚れてしまう所がたくさんある。

・単行本でずっと読んでおり、元々、好きな漫画ではあったが、色と声が無いと不気味な内容でもあった。アニメでは好きなキャラクターの声も良く合っているように感じたし、漫画よりもコミカルさが出ていて魅力があった。

18位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

平成アニメ人気ランキング18位はあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。が人気の理由

・彼氏にすすめられて、普段まったくアニメを見ない私がわざわざレンタルして見た作品。「わざわざ」借りてきてよかったなと思えるほど、物語の最後にはボロボロ泣いていました(笑)幼馴染の絆とめんまのあの切ない話し方がジーンときました。私のようなアニメ嫌いの方にもおすすめしたい作品です。

・アニメでこんなに感動し、泣いたことは初めてだった。最終回はいつ何度見ても泣ける。キャラクターひとりひとりの感情がとても表されていて感情移入できる。普段アニメを見ない人でも楽しめると思う。エンディングもよい。

・実写ドラマや青春もの、日常物を好まない自分でも、毎回次の展開を楽しみに見る事が出来た。絵も色合いも明るく好感を持った。笑いあり涙ありで、引きこもりを身近に感じる自分には特に引き込まれるものがあった。これを見てからギャルキャラ好きに目覚めた。

・へんなあだ名をつけ合う、秘密基地をつくるといった誰もが似たような経験をしたことがあるような小さな頃の思い出を散りばめていて、子供の幽霊という現象が題材になっていてもなつかしく、親近感が湧く物語になっているのが良いです。みんなが歌う主題歌も大好きです。

17位:おそ松さん

平成アニメ人気ランキング17位はおそ松さん

おそ松さんが人気の理由

・「アニメの面白さ」ではなく、制作陣のあの手この手のアイディアと作戦がすごいと感嘆したアニメでした。随所に見えるメディア戦略は考え抜かれていて、毎週アニメは欠かさず観ていました。ハマる人は本当にハマると思います。

・おそ松くんの20年後が描かれており、兄弟1人1人がとても個性的で仲良しなところが好きです。また、西友もとても豪華で、演技の幅がとても広く、兄弟1人1人の個性がより輝いて見えて良いと感じているからです。

・腐女子の友人に勧められて見ました。元のおそ松くんは知っていましたが、それがまさかこんな風に変貌を遂げ、そして女子に人気を博すとは。あくまでシュールギャグでありながら現代を反映し風刺する所にセンスを感じました。しかし売れた、ビックリした。

16位:ドラゴンボールZ

平成アニメ人気ランキング16位はドラゴンボールZ

ドラゴンボールZが人気の理由

・悟空を中心とした味方のキャラクターだけではなく、フリーザやセル、ブウ等のキャラクターが魅力的で、それぞれ登場時に強すぎて絶望感があるが、悟空達が修行して、それを乗り越えて行くストーリーにワクワクする。

・ドラゴンボールは最初から見ています。悟空がシリーズと共に強くなっていく所が好きですね。亀仙人のキャラも面白いです。外見は全く強く無くスケベ爺さんなのに、本気になったらあの強さ、ギャップが有りすぎです。カメハメ波を放った時の悟空には爽快感を感じます。

・シンプルでいて分かっているストーリーなのに、何度も観てしまう不思議な魅力がある漫画です。次から次へと出てくる強い敵にパワーアップしながら、倒し、敵を味方にしていく悟空は大人になった今でも大好きなキャラクターです。

・中学生の頃に一番熱中して観ていた作品です。サイヤ人の襲来、フリーザとの激闘に目が離せなくなり、毎月購入していた少女マンガ雑誌をやめて少年ジャンプを買うようになりました。敵も味方も魅力的なキャラクターばかりでワクワクしました。

15位:るろうに剣心

平成アニメ人気ランキング15位はるろうに剣心

るろうに剣心が人気の理由

・弟に勧められて見てみたらめちゃくちゃ面白くて、はまりました。それまで、興味がなかった幕末の本も読んでしまうくらいはまりました。好きになったキャラクターも何人かいて、毎回次が楽しみでした。剣心のやさしさの秘密が徐々にわかっていくところもぐっときました。

・幕末から明治と言う時代背景、世界観に魅力を感じました。敵味方共にどのキャラクターも個性があって魅力的でした。先頭シーンもかっこよく、悪役のカリスマ性がストーリーを凄く魅力的なものにしていたと思います。

・幕末時代の重くるしい感じはほとんどなく、でてくるキャラクターに個性があって面白かったです。子供の頃にみていましたが、そばかすのオープニングソングがかかるのを楽しみにしていました。剣心や周りのキャラクターとの掛け合いが思い白いです。

・一見強そうに見えない主人公が実は凄腕で、重い過去を背負っている、という設定が魅力的だったから。主人公の周りの登場人物たちもそれぞれ独特の戦い方をしていて、戦闘場面も見ていてわくわくしたから。原作の雰囲気をよく出せていたアニメだったから。

14位:NARUTO -ナルト-

平成アニメ人気ランキング14位はNARUTO -ナルト-

NARUTO -ナルト-が人気の理由

・今まで想像していた「忍者」のイメージを覆してくれました。忍者って実際に存在しないけど、国、術など、設定が細かくて、面白かったです。また、アニメの登場人物はちゃんと歳をとっていき、顔や身長などもちゃんと成長していきます。他のアニメではあまり見られない、細かな設定が良かったです。

・忍者と忍者の世界を作者なりの解釈で描いているのが今までになくて面白かったから。今ではあまり見ない努力、友情、勝利をまっとうに描いている漫画だったのでわくわくするし、登場人物一人一人がつらい過去や境遇を背負っていて魅力的だったから。

・最初は、忍びの世界のお話ってどんな感じだろう?と思って読んでみたが、思いのほか面白くて今でもBORUTOを観ているぐらいです。読んでいた時期も学生だったので少年ジャンプの三大原則の友情・努力・勝利が当時の私に少し響いたかなと思います。

・とても仲のよかったいとこから教えてもらって見始め、落ちこぼれと呼ばれていた主人公が、夢を現実にするために親友の裏切りや師匠の死などを乗り越えて成長し、皆に認めてもらうために努力している姿が、自分にまで勇気をくれたりして、毎回見るのが楽しかったです。

・登場人物のひとりひとりがとても個性的で、それぞれのキャラクターが味があり魅力的なので観ていて楽しいです。オープニングやエンディングの歌も格好よく、芸術性が高い作品だと思います。子供が大好きなので、一緒に楽しく観ています。

13位:PSYCHO-PASS サイコパス

平成アニメ人気ランキング13位はPSYCHO-PASS サイコパス

PSYCHO-PASS サイコパスが人気の理由

・ドラマ「踊る大捜査線」の監督「本広克行」が企画した作品で、詳細な世界設定がされているところが、まず見ごたえある。犯罪捜査ではなく、犯罪を犯す前の捜査というところが、今までにない魅力だと思った。捜査で使う銃も、普通の銃ではなく、ドミネーターという、ちょっと特殊な銃も兵器が好きな人には魅力だと思う。物語も、その世界の秘密と、その秘密の隙をついて犯行を行う犯罪者と主人公達との戦いは、とても見ごたえがあった。個人的に主人公茜の声優、花沢かなのファンで、声を聴くだけでも楽しい。

・近未来の設定で、メンタルが主題になってるところ。設定やキャラがしっかりしてる。ストーリーもミステリアスで専門知識的なところも面白い。男性キャラも闘うシーンもあり、戦闘の様子もカッコ良かった。何より主人公たちが使用している、武器も細やかな設定・設計で良い。

・未来を描いているのですが、その未来は実実際にこうなっているかもしれないと思う箇所が大変多くありそこで考えさせられます。そこに完成されている仕組みが完全なものでないと分かってからは、それに抗っていく姿が応援したくなり、どのように完結するのかどこまでも成長していて見入ってます。

・すべてを機械が管理するようになった社会で、犯罪に立ち向かう刑事たちの物語。フィクションでありながらも、その中身は実際問題、そう遠くないうちに現実で起こりうるんじゃないかと思わせられます。人を裁くのは、機械かそれとも人か…なにをもって人を裁くとするのか、考えさせられる作品です。作風もスタイリッシュで、グロ描写もありますが、見て損はない作品です!

・想像できない社会ですが、犯罪を未然に防ぐのは、将来的にあり得なくないと思いながら見ました。人間の感情が浮き彫りにされ、怖くもあり、興味もある。現実世界の政策も、裏で色々とあり、いろんな人が動いているのかもと思いました。

12位:銀魂

平成アニメ人気ランキング12位は銀魂

銀魂が人気の理由

・主人公である銀時の、ハチャメチャだけど人情があるキャラクター性と、コメディとシリアスとのバランスがとても良くて、見ていて本当に飽きない作品でした。笑って、笑って最後は泣ける。そんな楽しいアニメでした。

・実在した偉人をオリジナルにした主人公達が、笑いのツボを刺激してきて個人的に好きでした。笑ばかりと思いきや、時にはシリアスなストーリーもあり、たまに見せるキャラクターの真剣な表情や思考がギャップな感じでとても魅力的だった。

・独特な世界観と、キャラクターがとにかく魅力的で、基本的にはギャグアニメですが、シリアスな場面や人情的なエピソードでは泣ける話も多く、見ていて色んな感情になれました。色々な漫画、アニメなどのオマージュも笑えるものが多く魅力的です。

・パチンコを題材とした漫画と思っていたが、週刊少年ジャンプで大人気の連載だったと知り、見たところギャグもパロディも満載で楽しめた。シリアスな長編と1話完結のギャグものなどのバランスもよく、毎回楽しみなアニメである。

・とにかく絵が上手で話が面白い。江戸×宇宙という、なんとなく共感できそうだけど非現実的な設定が面白い。登場人物の話し方や、細かな物(お菓子とか)は現代風なのでとても共感できる。また、話も単発で終わるものが多いので、何話から見ても比較的ついていける。

11位:クレヨンしんちゃん

平成アニメ人気ランキング11位はクレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃんが人気の理由

・クレヨンしんちゃんは下品なギャグに頼っているアニメーションだと思われがちですが、実は意外と良くできています。回ごとに絵柄が全然違っていてもキャラクターの色や髪型がアイコン化されているので特に違和感がないというのも興味深いです。

・子供向けのアニメですが、大人も思わず笑ってしまう部分があり、子どもと一緒に笑いながら見ています。時々、大人しかわからないような言葉の言い回しなどがでてきますが、子供たちは気にしないでスルーしているようです。自分の子供がしんちゃんみたいな言動や行動をとるようになったら困りますが、しんちゃんみたいなキャラクターは、周囲を楽しませてくれるので好きです。落ち込んでいるときに見ると、嫌なことを忘れてしまえるような気がします。

・最初に近所の人から凄い面白いアニメがやってると教えてもらったことが見るようになったきっかけです。本当に面白くて見始めてすぐに録画するようになりました。特に初期の頃は面白かったです。絶対にいなさそうなパワフルな5歳児野原しんのすけは可愛くておバカだけどにくめなくて大好きなキャラです。

・平成のアニメといわれ、さらに大人向けとなると安定して面白かったため選んだ。大人にとって子供に見せたくないアニメとして上がることも度々あるようだが、それでも人気を保ち続けている理由のわかる作品である。見続けたい。

・私が小学生の時に始まったアニメで、今は子供達が見ています。映画にも何度も連れていき、いろいろ賛否両論あった(今でもあったりするようですが)アニメですが、両親を想う子供の心情や友達との付き合い方など、結構現実をとらえていて個々それぞれいいキャラクターが揃っており「こういう子いるわ~」なんて思いながら、マネやお手本にしたらだめだよと子供に教えたりしました。言葉遣いをマネして困るという意見もあるアニメですが、確かにマネします。でも内容はとても奥深く面白いです。

・とにかく面白い。子供の頃はただただ面白い男の子がいることに笑えて、大人になるとあるあるでみさえさんに共感したり、子供に見せたくないと言われているアニメという理由も分かるが、子供の行動について考えさせられる大人になってもついつい見てしまう深いアニメだと思いました。

10位:ハイキュー!!

平成アニメ人気ランキング10位はハイキュー!!

ハイキュー!!が人気の理由

・もともとバレーボールが好きで原作からチェックしていた。久しぶりのバレーアニメでとても嬉しかった。
アニメ中のゲーム展開も無理なく進むのでストレスなく見れてとてもおもしろいです。4期もとても楽しみにしています。

・全てのキャラクターにとても魅力があり、特に主人公の高校のバレー部のレギュラーは誰一人欠けてもイヤだと思うほど。バレーシーンの迫力もさることながら、ストーリーも展開が早く引き込まれ、笑いあり涙ありのとてもおもしろい作品です。

・バレーの経験はあまりないけど、観戦は好きでした。リアルとは違うし、と思っていましたが、「ガンバレ」と手に汗握る展開がとても面白いと思いました。逆行に負けない個性的キャラクター達の成長も見どころだと思います。それぞれの思いがありながらも、バレーの楽しさを見つけていました。また、激しい試合の合間でも、ボケがあり、見手の感情を揺らしてくれるところもよかったです。

・スポーツものだが、バレーボールまえがき方がとても基本的で、本当にこういう事があるのかもしれないと思わされるようなリアル感があった。へんに必殺技的なものを取り入れなかったのが良かったのだと思う。登場人物の心境変化もよく分り、一緒になってこぶしを握り締めるようにこともあった。

・ハイキューは漫画も読んでいるため、声優が声をあてたり、実際に動いているアニメはさらに面白く感じます。そしてハイキューはバレーの話なので、動きがつくことでより迫力や臨場感が出ます。また特に試合中の作画が大変良く、何度も見たくなる作品です。

・バレーボールをやっていた自分としては、共感できるシーンが多くて感動の連続の物語です。小さな主人公が、大きな相手に立ち向かっていくのは、自分も大きい方ではなかったし、速攻が得意だっただけに、大好きなアニメです。

9位:攻殻機動隊

平成アニメ人気ランキング9位は攻殻機動隊

攻殻機動隊が人気の理由

・未来が舞台となっているSF作品に見えて、機械技術やVR技術なんかよりも、生命の定義や生きる事への哲学など、SF作品とは思えないような奥深さを展開していくのが特徴的で、どこまでも引き込まれて行ってしまいます。SAC、劇場版第一作、イノセンスの深さは異常です。

・原作漫画映画ともに好きですが一番好きなのはスタンドアローンコンプレックスです。笑い男編の蘊蓄にまみれたセリフ回し。サイバーパンクの元祖といわれる世界観も好きですし、アクションシーンも一級。唯一の生身トグサの人間味などが好きな点です。

・近未来的な描写が多く見受けられて、初めて見た時に感動したのを覚えています。映画化もされて、ビートたけしさんやスカーレット・ヨハンソンさん等の名演者が出演しておられて、日本のアニメが世界に認められたことに胸を躍らせていました。アニメにおける町の描き方や、戦闘シーン、光学迷彩といった描写がとても画期的で、且つ、素子の肉体構成シーンが神秘的で10年以上経過した今でも大好きです。

・こちらも近未来の設定なので、すごくワクワクする。キャラも個性的なキャラが多くて良い。戦闘シーンも動きが機敏だったり、チームワーク、頭脳戦なところがかっこいい。実際にこれから起こりそうなものがテーマなのでそこもいい。

・SFジャンルが好きなので全クール、全エピソード楽しんで視聴しました。主題歌もハマっており、原作をまったく知らないうえで視聴したので、毎週の放映が楽しみでした。スピンオフも多く、また続編や別エピソードを放映してくれないかな、と願う作品の一つです。

・人間とは何か機械とは何か、という人間の在り方その物に訴えかけてくるようなテーマが重苦しくて好みだった。電脳化によって、何が現実で何が虚構なのかというアニメとして描かれるもの自体が信用ならない不安さが特にこの攻殻機動隊の中では好きだった。

8位:新世紀エヴァンゲリオン

平成アニメ人気ランキング8位は新世紀エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオンが人気の理由

・高校生の頃にテレビで放送していました。将来について悩む時期だったので、どこか悲壮感のあるアニメの雰囲気に引き込まれ、エヴァ乗組員の子どもたちに感情移入しながら見ていた記憶があります。アニメ後半はストーリーが理解しにくくなってきましたが、「深い」などと言いながらわかるフリをしていたのも懐かしい思い出です。現在は子持ちの40代になりましたが、近年公開された映画では主人公たちを見守る大人目線で観ていることに気付きました。自分自身の思い出や成長とリンクする作品です。

・エヴァンゲリオンを観るまで、アニメはオタクの人が観るものだと思ってましたが、作品をみて、ロボットアニメではなく、人間的な部分が多く描かれていてはまりました。そのあとは映画が上映される度に観に行ってます。

・子供の頃に始めてエヴァを見た時は衝撃的なアニメでストーリーはよく分からなかった。大人になって改めて最初からちゃんとエヴァを見返してみてもやっぱりストーリーは分からなかった。分からないから、見た後に色々考える時間が楽しいアニメ。

・アニメファンという狭い枠組みからはずれて、精神的な面や文化的な面などの広い影響範囲を与え、アニメファン以外にも認知しファンを獲得したという歴史的といっても過言ではないと思います。現在でも映画で人気が続いていますので、今度の上映が楽しみです。

・ロボットアニメなのかと思ってみていたら、雰囲気やキャラクターの性格など、他のアニメではまずないような設定で先の展開が全く想像できず、最後まで夢中になって見ました。ラストはよく分かりませんでしたが、そこに至るまでの内容や期待感など、十分面白かったです。

・当時小学生でしたが主人公がヒーローらしくないこと、キャラクターたち、当時人気だった声優とのはまり具合が最高に良かったため。独特の画面に驚き大きく影響を受けました。自分や人との関係性を考えるきっかけになり思春期に出会えてよかったと思います。

7位:進撃の巨人

平成アニメ人気ランキング7位は進撃の巨人

進撃の巨人が人気の理由

・他の作品と違って分かりやすい笑いを取るシーンが無く、異質な雰囲気が魅力。ドイツをテーマにしているのであろうと思われるが、無国籍な感じが良い。主題がそれたりせず、意外な展開があって飽きない。基本的に絶対悪はいないため、各登場人物の生き方に沿って見ることができる。見ているこちらの生きるやる気が湧いてくるような作品。

・掴みの部分から、今まで見たことも無かった展開で衝撃を受けた。負けている状況からの脱却のアニメは昔から存在するが、物語や立体機動装置などの発想にはただただ感心するばかり。各キャラクターの魅力もかなり高く、声優陣も豪華。アニメ制作の気合の入り方も違う。全方向に資格なし。文句なしで平成一番のアニメ。

・漫画版のあの荒々しさもよかったですが、アニメはそれを昇華されるような素晴らしい出来でした。制作陣の全力の愛が最初から伝わる、昨今の数多ある日本の代表アニメの一つと言われても自信をもって言える作品だと思います。

・人と巨人という今までにない設定にまず惹き付けられました。絵のタッチも恐くおぞましい感じがして、怖いもの見たさで読み進めました。一巻から母親が食べられるという衝撃的なシーンがあり驚きましたが、続きが読んでみたくなりました。

・最初は巨人が気持ち悪いとしか思っていませんでしたが、戦い続けるエレンやリヴァイの格好良さにハマりました。重要な登場人物が死ぬ場面や、仲間の裏切り等、想像の斜め上をいくストーリーが他の漫画には無くて面白いと思います。

・読んでいくうちにだんだん巨人の真相がわかってくる漫画ですが、はじめの方は謎だらけで色々考えながら読める漫画です。話が進むにつれて謎が解けていく中でも複雑で難しいところもありますが、最終回が気になります。

6位:ちびまる子ちゃん

平成アニメ人気ランキング6位はちびまる子ちゃん

ちびまる子ちゃんが人気の理由

・小さな頃からずっと見ているアニメでオープニングの曲が始まるとなんだかほっこりし安心できる。内容もくだらないものから親子関係で共感できる感動話まで色々あって楽しめる。まるちゃんが好きと言うよりは長年の習慣で無意識にチャンネルを合わせてしまう。

・私が子供のときからあるアニメで、ずっと飽きずに見ることができるからです。小さい頃はまるちゃんと自分を重ねてみており、母親になってからはまるちゃんのお母さんの気持ちがよくわかるようになり、飽きずに見ることができます。

・主人公まる子がちょうど自分と同じ年代で家族構成も全く同じなので、まるで自分の幼い頃をたどっているようで、とても懐かしい気持ちになるからです。家具や電化製品など昭和の頃を思い出させる小道具が多く出てくるのも楽しんでいます。

・ノスタルジー満載の素敵なアニメーションだと思います。些細なことで一話が完結してしまう、漫画も素晴らしいですがアニメーションになると一気にキャラクターへの愛着が増しているような気がします。私は藤木君が好きです。

・舞台は昭和のはずなのに、平成生まれの子供の日常とリンクする部分が多いので子供と一緒に楽しく見ることができます。個性的なクラスメートと接するときなど、まる子の心の声が聞こえるのが面白いです。友蔵のまる子愛が好きです。

・ちびまる子ちゃんは、子供のころから見ているアニメで、とても親しみやすいまるちゃんのキャラクターが好きです。まるちゃん以外の他のキャラクターもみんな特徴的で、普段の生活でありがちな何気ない出来事を面白いストーリーに仕上げるには欠かせない存在です。さくらももこさんのエッセイ本も好きで、たくさん持っています。

・数十年、日曜の18時のテレビはまるちゃんだと決めて見ています。ストーリはたわいのない内容ですが、会社や家族など難しい事の対処が必要な生活の中で、ほんの30分ですがやさしい気持ちにさせてくれる番組です。これかもずっと見ていきたいです。

5位:夏目友人帳

平成アニメ人気ランキング5位は夏目友人帳

夏目友人帳が人気の理由

・妖怪ものだが悪い妖怪を倒すという話は少なく、どちらかと言えばそれぞれの事情を考えながら問題を解決していくといったような話が面白かった。どこか昔話のような感覚で毎回見ることができた。登場人物の人の良さもそんな話なのであまり気にならなかった。

・妖怪が見えることで回りから気味悪がられていた夏目がニャンコ先生を含めた妖怪たちと藤原夫妻や同級生たちと出会って愛情や友情を知っていくのが感動的。友人帳が持っていることでいろいろ巻き込まれたりしてるけど悪いことばかりじゃなくて切ない話や心が温かくなる話があって面白い。

・夏目と妖怪たちが心を通わせる姿に胸を打たれます。妖怪たちの恐ろしさやひょうきんな一面など多様に描かれており、また人間の優しさと悪い一面もよく表現されています。物語を通じて大人の情操教育がなされる漢字がとても気に入っています。

・ザ・癒しアニメの大御所である。期数も多めだが全てお勧めできる安定したクオリティを提供してくれます。話は大体1話で丸く収まる内容が多いです。夏目とにゃんこ先生、そして妖怪たちの怖い話から感動する話まで様々な表情を見せてくれます。また幼少期に辛い時期を過ごした夏目が温かい人たちに囲まれていくのは心が救われますし胸が熱くなります。

・約10年前から割と最近まで合計6期まで放送される程の人気で、友達や家族とも長い間共有できたアニメでした。ほのぼのする話しや感動する話などいろんな事を感じられるアニメでした。小さい子供から大人まで見ることができる作品だと思います。

・妖怪には興味がなかったけど、主題歌が好きで見るようになりました。話は怖いものではなく、心と心が触れ合える優しい話が多くて、見終わった後は心がじーんとあったまるような感じです。妖怪という先入観をいい意味で壊してくれたあたたかい作品で好きです。

・夏目友人帳のアニメはストーリーと絵がとても好きです。様々な妖怪が出てきますが、それぞれの妖怪に心温まるストーリーがあったり、逆に少し悲しい過去があったりと、毎週見入ってしまいます。また作画もキレイなものが多く、特に蛍の妖怪の話では、最後にたくさんの蛍が飛んでいく描写がありとてもキレイでした。

4位:鋼の錬金術師

平成アニメ人気ランキング4位は鋼の錬金術師

鋼の錬金術師が人気の理由

・王道にして全ての付箋を綺麗に回収する、こんなにも気持ちいいストーリー構成のアニメは中々お目にかかることはできない。見直してみてもやはり面白いし、熱い話は何度も見返してしまう。老若男女にお勧めできる平成の名作アニメの一つです。

・コミックではなくアニメから見るようになりました。今までにない世界観と主役の兄弟のいまだかつてないバックボーンに興味が引かれ、戦闘シーンのスピード感にも心動かされ、最終的にはコミックも全巻そろえました。

・力強い作画と原作とは違う展開でなおかつ大満足の最終回でした。余韻に浸りたくてしばらく原作の続きを読まないようにしたくらいです。夕方に放映するには少し重い内容でしたが戦闘のカッコよさ、大人も楽しめるストーリー、いい塩梅での笑えるシーンがバランスよく再現されていたと思います。

・ストーリーが重ためですがコミカルなため見やすいです。兄弟愛や家族愛、命の尊さを感じられると思います。少々グロテスクな部分もありますが、あまりきになりませんでした。錬金術という身近ではないものですが、主人公やその幼馴染に親近感がわきます。

・訳の分からない終わり方をした前作のリメイクだったけど、原作に忠実だったし戦闘シーンも頑張っていた。主要人物の声優も良かったし、キャラクターも好きだった。特に最終回近いブラッドレイVS.フウ爺さんの戦いは泣いた。

・お母さんを生き返らせるために兄弟で禁断の錬金術を使ってしまい、弟が体を失ってしまうというなんとも悲しいストーリーから始まるのは衝撃的でした。少し子供には恐ろしい描写もありますが、今人気の鬼滅の刄にも似ていてハラハラドキドキします。

・二度アニメをしました。1回目は原作が完結していないこともありオリジナル要素もありましたが2回目では、完全に原作を再現し、そこに声優さんによる演技などが加わることで鋼の世界が実際に存在するかのように入り込みました。

3位:美少女戦士セーラームーン

平成アニメ人気ランキング3位は美少女戦士セーラームーン

美少女戦士セーラームーンが人気の理由

・これまで女の子といえばかっこいい男性に守られるというイメージが強かったのですが、セーラームーンは女の子が自ら変身してかっこよく戦うのがかなり印象的でした。世代ですが、テレビで放送されていた時は友達とセーラームーンの事ばかり話していました。思い出のアニメです。

・タイプの違うセーラー戦士が数人出てきて、様々な方法で敵を倒したり、仲間を思いやったりする姿が良かった。タキシード仮面という存在もあり、子どもながらに恋心を抱いていました。キャラクターが可愛く好みのセーラー戦士を選べるところも良かったです。

・基本的に悪い敵と戦うアニメは男子向け女子向け問わず好きなのでセーラームーンも普通に楽しいと思います。プラス笑える場面も多いので余計に好きになりました。キャラクターの顔が特に可愛いとは思いませんが性格的に好きなキャラクターです。

・セーラームーンは私の人生に大きく影響を得た作品です。大人になってからも面白いと思えます。プリンセスを探していたセーラームーンが自分こそ月のプリンセスだったという展開、その後のシリーズもどれも素敵なエピソードでした。

・全然内容までは覚えていないのですが、とにかくイラストを描きました。こんな風に可愛くなりたいなと思ったりとか、タキシード仮面さまを毎週見るのが楽しみでした。女性のための戦隊ものは、セーラームーンが一番最初ではないでしょうか。

・日本昔話から乗り換えました。とにかくあの時代は女の子はセーラームーンを見ていないと話にならなかったです。魔法使いでもない「普通の女の子」がメインでバトルをするのは珍しかったんじゃないですかね。無印のラスト、全滅展開も衝撃的でした。

・女性にはたまらない、沢山の「カワイイ」と「カッコイイ」が詰まった作品です。ヒロインが一人だけではなく、ヒロイン級のキャラが多数いて、好みのキャラを選ぶ楽しみもあったのは、とても大きいと思います。絵柄もカワイイ。

2位:名探偵コナン

平成アニメ人気ランキング2位は名探偵コナン

名探偵コナンが人気の理由

・コナンの日常の様子から、小学生の頃と高校生のころの記憶がよみがえるので楽しいです。
毛利小五郎など面白い大人達が多く楽しめます。
スポーツや観光など専門的な情報を得ることも出来るので繰り返し見ても飽きません。
推理の過程を参考にすることで子供の思考力が上がっているようなのでこれからも見たいと思うアニメです。

・推理小説や推理ドラマが好きなので、すぐにハマりました。推理のストーリーも楽しいですがアニメなので現実ではあり得ない宙に浮くスケボー、シューズから飛び出す靴、GPS付きメガネなどを見るのも楽しいからです。

・かなり長いアニメシリーズで、子供の頃から見ている。少しずつメインのストーリーが進んでいるので長く楽しめる。最近はイケメンキャラも出てきて大人の女性も楽しく見られる。映画も毎年見てますが近年は良作が多いので次の映画も期待です。

・長く続くアニメであることからわかるように、万人受けする推理もので、子供の頃は毎週みていました。大人になってからもたまにみるとおもしろくて引き込まれます。自分的には映画みたいな超大作よりは、毎週あるようなすぐ解決する短編のものがさっぱり見れて好きです。

・数々の難事件を自分も一緒になって解いていけることが楽しいからです。毎回毎回考えてもわかりません。新しい謎が毎回でてくるのも飽きがこない理由です。いつもコナン君と同じ目線になり謎を頑張って解いています。

・トリックがしっかりしているところ。以前、テレビの取材で作者の方が実際に考えたトリックを実験してちゃんと成立するかまで確認していてすごい凝った作品なんだなと思いました。あと映画も毎年ゲスト声優さんが豪華なのも好きなポイントです。

・毎回趣向を凝らしたトリックで面白かったです。高校生が薬で子どもになってしまうという設定がまず驚きでしたし、子どもの姿で情報を集めては探偵や刑事など他の人になりすまして事件を解決する様はとても見ごたえがありました。

1位:ONE PIECE(ワンピース)

平成アニメ人気ランキング1位はONE PIECE(ワンピース)

ONE PIECE(ワンピース)が人気の理由

・最初は一人のルフィーが仲間を集めて海賊王を目指す物語。ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパー、ロビン、フランキー、ブルック達とワンピースを目指して旅をする。仲間を信じてどんな困難にも立ち向かう物語が大好きです。

・主人公の性格が今の時代にはいなさそうで、見ていてとても気持ちがいいです。私は思った事を言えないし嫌な人には距離を置いてしまいますが、この主人公は思った事は相手が誰だろうとはっきり言うし戦った相手にも優しく出来るのであんな風になれたらいいなと思いながらいつも見ています。

・見ていてハラハラドキドキして少し長いがとても面白いと思う。何年も見続けて飽きることなく見れているのはワンピースだけなのでアニメ、漫画両方で楽しむこともできるからです。先がいつも気になり待ち遠しい気持ちになるからです。

・漫画やアニメに興味を持ちだした小学校の時から友達の勧めで見始めて、主人公がどんどん仲間を集めて自分の夢に向かって行く姿がとても輝いていて惹きつけられまHした。中学生の時、部活や受験で見るのをやめましたが、高校の時にまた見直して、改めて惹きつけられて、今は完結が待ち遠しいのと同様に終わって欲しくない気持ちもあります。

・始まってから今まで20年経ちますが、いまだに毎回ワクワクしながら続きを読みたくなる漫画です。子供に読ませたいと思えるくらい感動したりスカッとします。キャラクターも物語も含めて個性的で面白くて平成の漫画では一番好きです。

・漫画で先読みしている訳でもなく、グッズを買ったり、ファンのキャラがいる訳でもないが、たまたまテレビでやっているのを見た時に面白かったので次からも見るようになりました。現実的な世界ではないにも関わらず感情移入でき、友情や家族の愛に泣ける、そしてとにかくキャラクターが面白い。喜怒哀楽が詰まったアニメでした。

・次にどうなるかが気になる事が多い。ストーリー性が素晴らしい。人と協力する事の大切さや人の動かし方についてマンガでありながら、学べる要素が多々ある。読み手の心理について考えているような気がする。重要な課題があり、それをどう解決していくのかというストーリーが斬新で面白い。

・バトルあり、笑いあり、感動あり、で冒険に突き進む感じが良いです。仲間たちとの友情は涙なしには見られません。キャラクターもカッコいい、可愛い、癒しなど、たくさん出てくるので見ていて飽きないし、見ていてハラハラドキドキがとまりません。