嫌いなCMランキングTOP27!みんなが見たくない・見飽きたコマーシャルはどれ!

みんなが嫌いなCMはどれ!

嫌いなCM

日々色々なCMを目にしますが、その中でもみんなが嫌いなCMはどれなのか。

今回はみんなにアンケートした結果をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考下さい。

27位:DMM

27位はDMM

DMMのCMが嫌いな理由

・現在放送されているDMM英会話の発音練習はとても面白くてよいが、しばらく前に放送していたビートたけしの「DMMドットメイク」とつぶやくCMは何が言いたいのか全く分からず、単にビートたけしの人気にあやかろうとしていただけに感じる。出演していたビートたけし自身の印象も少々悪くなった。

26位:Yモバイル

26位はYモバイル

YモバイルのCMが嫌いな理由

・歌がしつこく感じてしまうため。出演している方は豪華ではあるが、ただただ歌って踊るという印象があり、正直もったいなさを感じる。洗脳されているイメージがあり、むしろ逆に避けてしまう。テレビはあまり見ないが、うんざりしてしまう。

25位:サントリー:金麦

25位はサントリー:金麦

サントリー:金麦のCMが嫌いな理由

・現在の「石原さとみ」さん等が出演しているCMも悪いわけではありませんが、以前の「檀れい」さんが出演していたCMのほうがよかったように感じます。「石原さとみ」さんではどうしても酎ハイや梅酒のような酒類のイメージが強く感じてしまいます。

24位:日本コカ・コーラ:からだすこやか茶W(指原莉乃)

24位は日本コカ・コーラ:からだすこやか茶W(指原莉乃)

日本コカ・コーラ:からだすこやか茶W(指原莉乃)のCMが嫌いな理由

・指原莉乃の顔が変わりすぎていて誰か分からない。テレビにはよくら出てくるが面白くも可愛くもないのになんであんなに出てくるんだ?とにかく清涼飲料水に大事な爽やかさがみじんもないのが致命傷。さらに健康訴求もしたい商品なのだから人選は考慮すべき。商品も本当に効果あるのかぼやかした表現なので信頼に値しない。

23位:吉野家

23位は吉野家

吉野家のCMが嫌いな理由

・吉野家のcmにアニメ歌手水樹奈々さんが出演されていたと思うのですが、お腹を空かせていく場所に全く関係のないアニメ歌手は、飲食業の集客方法であるcmに出てくるのは少し違う気がしました。食欲をそそる食べ方ができるなら別です。

・石原さとみにして、あぁ 狙ってきた間がすごくあって男性に向けてなのかなと思いました。個人的にはもう少しサラッとした方が好きです。好みのはなしでしょうけど、長澤まさみさんとか女子にも受ける方がいいなと思います。

22位:ENEOS(吉田羊)

22位はENEOS(吉田羊)

ENEOS(吉田羊)のCMが嫌いな理由

・石油元売のハイオクガソリン景品法違反の件があったのに、何もなかったようなTVコマーシャルはいかがなものかと思ってしまいました。長期間虚偽の宣伝をしていたのですから、業界、業界団体、元売企業が誠実に応えるべきです。

・田羊さんがあまり好きではないのに輪をかけて、BGMがドリカムなのが決定的にダメでした。オリンピックを想定した曲なのか、アスリートを応援するような歌詞で「のぼれ~のぼれ~」としつこく歌っていて、偉そうだし何様?という嫌悪感でいっぱいになりました。

・吉田羊さんは綺麗で演技も上手で素敵な女優さんだと思いますし、自分の嫁にも見た目的には、こう言う老け方をして欲しいと思います。
個人的にはガソリン=車=アウトドアのイメージですが、吉田さんからはあまりアウトドアのイメージが無く、ミスマッチな気がします。

21位:UberEats

21位はUberEats

UberEatsのCMが嫌いな理由

・違法な自転車運転が問題になっている中、もっと配達員の教育に力を入れるべき。信号無視や割込み、走ってはいけない場所を走ったり。すべての配達員が悪い訳ではないと思うが、一部の心無い配達員のために、全体のイメージが悪くなっている。

・UberEats自体は特に嫌ではないですが、CMがあまりよくわからない内容で、もっとわかりやすくした方が良いのでは?と思ってしまいます。よくわからないから、頼むこともないですね。実際の路上で働いている人たちはよく見かけるので、そっちをクローズアップするといいのかな? と思いました。

・肝心の配達員さんのイメージが薄い気がします。大物の芸能人さんを起用されているのと、斬新な演出で目を引くCMになっていますが、街で見かける配達員さんは、悪天候でも頑張っていらっしゃるので、ぜひ焦点を当てていただきたいなと思います。

20位:ポカリスエット(吉田羊)

20位はポカリスエット(吉田羊)

ポカリスエット(吉田羊)のCMが嫌いな理由

・ポカリスエットのCMと言うと、透明感のある若手女優さんなどさわやかなイメージでしたが、個人的に吉田羊さんともう一人の子役の方はあまり好きではないので、少々違和感がありました。また、青春の押し売りのような合唱編も何だかなあ、という感じです。

・学生が踊るバージョンのポカリスエットのCMは見ていて爽快なのに、こちらはいまいち。子役の子とのやりとりがわざとらしく違和感を感じるのと、子役の女の子がゴツすぎてポカリの爽やかなイメージとはあまりあってないように思う。

・親子なのか姉妹なのか分からない2人がただ歌ってて、ハモってるわけでもないし、流れるといつも不快だなと思っています。ポカリスエットの良さも活かせてないですし、飲料水のCMでなぜ歌が上手くない2人の歌を聞かなくていけないのか疑問です。

19位:docomo

19位はdocomo

docomoのCMが嫌いな理由

・auやソフトバンクが独自のストーリー性あるファミリーコンセプトコマーシャルを作っているのを真似してドコモのコマーシャルを作ったところ。真似であるとすぐに分かるし、内容も面白くないので、見ていてただただ不快に感じた。

・金額の安さを強調する内容があったりしますが、実際はそれほど安くなく誤解を招きやすい内容になっていると思います。通信会社全般に言えますが金額よりもサービスの内容がもっと分かりやすいCMであってほしいと思います。

・ポインコさんがうざったく感じるからです。そういうキャラクターだと分かっていても、物凄くうざったく感じてしまいます。dポイントカードは持っていますが、あのCMを視てからは、積極的に貯めようとは思えなくなりました。

・こちらに関してもCMそのものが悪い印象はありませんが、CMの印象そのものがありません。現在auでは「ポンタポイント」と「auPay」を強烈にプッシュしており、ソフトバンクは年初より「5G」をプッシュしております。かたやドコモでは何をプッシュしているのか、あまり印象に残っておりません。

18位:アットホーム(藤田ニコル)

18位はアットホーム(藤田ニコル)

アットホーム(藤田ニコル)のCMが嫌いな理由

・以前、藤田ニコルさんはテレビ番組で、自分の部屋を紹介していた。かなり良い部屋に暮らしており、部屋探しする必要のない人に感じた。そのような人が部屋探しのCMに出ても、他人事のような気持ちなのでは?と思ってしまい。嘘っぽく感じます。

・藤田ニコルというと天真爛漫で、誰にも媚びないと言われていますが、裏を返せば自己中で一般常識がないだけだと思っています。それが同世代にウケるようですが、正しく教育を受けていないからしょうがないのかも知れません。イメージが悪い人間を使えば、その会社もイメージが悪くなります

・藤田ニコルさんの可愛さを全面に出しているのだとは思いますが、彼女の独特の声と音楽が聴いていて耳には残りますがあまり心地良くはありませんでした。アニメーションでのウォーリーだけでもいいのでは?と素直に思いました。

・悪くなったほどではありません。なぜ藤田ニコルさんが起用されているのか疑問です。若い世代には人気のタレントに間違いないですが、お家の広報としては人選ミスなのではと感じます。安っぽい企業イメージに下がって見えます。

17位:サントリー:-196℃・ストロングゼロ(天海祐希)

17位はサントリー:-196℃・ストロングゼロ(天海祐希)

サントリー:-196℃・ストロングゼロ(天海祐希)のCMが嫌いな理由

・サントリー:-196℃・ストロングゼロ(天海祐希)はイメージが良くないです。そもそもストロング飲料には麻薬のような常習してしまう成分が入っており、最初は軽い気持ちで飲み始めた人も後からアル中レベルまで止まらなくなる可能性があります。そのためその危険性をどこでも全く伝えず、ただ料理に合うようなイメージ戦略はイメージが悪いです。

・音声を含めた映像表現が全体に過剰で過度ににぎにぎしく、とにかくやかましいという印象があり、アルコールを嗜まない自分にとってこのCMは、まさに騒ぎ立てるだけの無用の長物・電波の無駄遣いと感じられるからです。

・CMのインパクトはとても強く良いと感じましたが、ストロングゼロはアルコール依存症の危険が高いと言われている方もおり、飲みすぎてしまうと、心身の健康を害してしまう可能性があるので、飲みすぎには注意しましょうなどを入れるとさらに良くなるのではないかと思います。

・天海さんは一度、倒れられているので、お酒のCMに出演されているのを見ると「大丈夫かな?」と心配になります。もちろん、今は元気そうになさっていますが、お酒は控えるべき人なのかなと思ってしまいます。会社が天海さんの元気さや快活さを求めるのは分かるのですが、反対に天海さんの健康を考えていないようで、不信に感じています。

16位:保険の窓口(指原莉乃)

16位は保険の窓口(指原莉乃)

保険の窓口(指原莉乃)のCMが嫌いな理由

・あまり保険に対していい印象は持っていない上、指原莉乃というクリーンな印象の人物を使って若者を取り込もうという感じがする。指原莉乃を起用しているということは、さぞかし儲かってるんだろうなと思うと、騙される若者が増えないか心配になる。

・指原さんは、保険に入らなくても十分な収入や蓄えがあるように思えます。また、保険の窓口に行かなくても充分リサーチ力があり、賢い選択ができそうなので、もう少し援助が必要な印象がある芸能人を起用した方が良いと思いました。

・このCMも、いつも連続でかかるのでチャンネルを変えたくなる。指原が嫌いなわけではないので、恐らく同じCMを連続で何度も流されるのが気持ち悪く感じるんだと思います。構成がいつも同じなので見ていてうんざりする。

・指原莉乃さんが何も知識がないが窓口に行き、店員の親しみやすさにハードルが下がるといった感じですが
あまり保険に対していいイメージがなく勧誘といった概念がありますので国民的アイドルの方が出ていても逆に胡散臭く感じてしまいます。

15位:みすず学苑

15位はみすず学苑

みすず学苑のCMが嫌いな理由

・学習塾のCMとは思えない、ダジャレの応酬。指導要領とかどういったことをするのか見えない。実績があるのはわかるが、ここに子供を入れて成績が上がるとは思えない。入れるのであれば、もっといいところがあるように思えてしまう。

・「怒涛の合格みすず学苑」がキャッチコピーだったと思うが、たしかにみすず学苑の名前を覚えるのには良いと思ったが、怖そうなイメージを持ってしまった。他の塾のように明るく楽しそうなCMのほうがわたしは安心感が感じられる。

・電車の広告同様インパクト勝負なところが見受けられ、実際どのように指導しているところなのかが全く分からないコマーシャルである。これが商品等であればまだネット検索して性能を調べれば良いのだが、塾?となると内容が不鮮明なことが多い中、このようなおちゃらけたコマーシャルでは不安にさせるだけだと思う。

・このテレビコマーシャルも映像としてセンスは良いとはとても言い難いように思います。こちらも確かに強烈なインパクトがあって記憶には残りますが、印象はとてもよくなったものではありません。このテレビコマーシャルのターゲットではありませんが、利用したいとは思わないでしょう

・電車などにもみすず学苑の広告を見かけるが、内容を見ても塾の感じがつかめずバラエティ感がありすぎて子供を通わせようとは思えないような感じがする。東進ハイスクールなどのもう少しキッチリとしている感じがする塾の方が通わせたいと思う。

14位:森永トリプルヨーグルト(浅田真央)

14位は森永トリプルヨーグルト(浅田真央)

森永トリプルヨーグルト(浅田真央)のCMが嫌いな理由

・トリプルとリンクされてる感がわかりやすいのかもしれないけれども、横に顔を出してPR するだけで、商品の魅力を伝えてるとは到底思えないCM。これなら浅田真央じゃなくてもいいんじゃないか。もっと健康面をprすべき。

・浅田真央さんファンが喜びそうなCMを狙って作成されていると思いますが、CMの冒頭で「私は我が家の管理栄養士です。」との発言がありませんが本物の管理栄養士に対して失礼なCMのような気がします。 もう少しその点を配慮してもよかったと思います。

・フィギュアスケートの女王のイメージが強すぎるので。商品の健康に良い。毎日食べてみたい味という部分が薄れてしまっていると思ったからです。
芸能人を起用というよりは素人の一般家庭をモチーフに昭和レトロな雰囲気を象徴とさせるCMの方が良かったのではと思います。

・浅田真央さんは全く悪くなく、ただCMの演出や構成に深い疑問を持っています。これだけの歴史的な才能を起用して、この程度のアピールに使うのはどうなのか。品格などといったファジーな言葉は使いたくありませんが、あまりにも「もったいない」という感情が生まれてきて、結果的に悪印象になってしまっています。

・浅田真央さんのトリプルアクセルとかけて、CMを担当されているのだと思うのですが、スケートと食品には関連性がないと思いました。もう少しイメージにあった俳優さんを起用したほうが商品に興味がわくと思いました。

13位:日清カップヌードル

13位は日清カップヌードル

日清カップヌードルのCMが嫌いな理由

・ワンピースのアニメやアオハルシリーズのCMが観ていて恥ずかしくて気持ち悪いです。商品のコンセプトとなんの関係もなく、その原作が好きなファンが喜ぶとは到底思えないような改悪のCMだと思います。せめて作品そのままの方が良かったと思います。

・絵のタッチが怖くて、何を説明したいのか、意味もよくわからないです。こちらの商品は、もうみんなが知ってる商品なのでわざわざ改めて、商品説明をする必要はないのかもしれないですが、あまりにも意味不明で見ていてイライラします。

・最近のカップヌードルのCM内容が攻めすぎててもはや、訳がわからない。アニメになったあたりからズルズルと来ている。インパクトは確かにあるが、いいイメージではなくて壊れてきてるな、という印象をうけるので怖い。

・昔から変わったCMが多かったイメージだけど、今回のは少し気味が悪い。印象には残るけど、買ってみようとは思わないと思う。もうすでに定番商品でわざわざコマーシャルをしなくても売れるとは思うが、購買意欲が増すコマーシャルにしてほしいと思う。

・今年に入ってから新型コロナウイルスの影響を受けているのか、最新のCMがシュールな画像を使用した、費用がかからないCMとなっているからです。それはそれでおもしろいのですが、橋本 環奈さんがCMキャラクターとして出演されているので、彼女の良さとお金をかけたCMが見たいです。

12位:宝くじ

12位は宝くじ

宝くじのCMが嫌いな理由

・このような世の中の状況で、店舗への促しがある。CM自体は、かわいいし面白いので、サイトを見てみようと思いましたが、その一点だけひかかっています。みんながみんな万全の対策をしているわけではないし、最悪かかっているのに出歩いている人もいると思うので。

・以前はそれほど不快感は持たなかったのですが、笑福亭鶴瓶師を起用するようになってからは、東京育ちの私からすると、CMを見るたびに、独特のねっちょりとしたしつこさをのある響きを持った関西弁で繰り返し購入を強要されている気分になり、イメージが悪くなりました。

・そのCMの広告費がどこから出ているのだろうと思ってしまいます。そして何より大した額も当たらないので、本当に1等の当籤している人がいるのか怪しいと思ってしまいます。あまり信用できない組織なので、イメージはよくありません。

・最近やってる妻夫木くんとか何人かの有名人がでているCMは苦手です。吉岡里帆が苦手です。変顔してるつもりでしょうが、決して本気の変顔ではなく、かわいさを残してるところがあざとい。なんで、苦手なのか彼女がTVに出るたび毎回かんがえますがわかりません。でも苦手です。

・宝くじは以前はもっと売り上げが良かったと思いますが、買っても買っても当たらないので売り上げが落ちてきているようです。そこで、CMを流してどんどん買わせようと必死になっていますが、大金が当たるかのような演出には誰も騙されないと思います。CMを見るたびに絶対に買わないでおこうと思うので、完全に意味がないです。

11位:ニチガス(出川哲朗)

11位はニチガス(出川哲朗)

ニチガス(出川哲朗)のCMが嫌いな理由

・出川さんのキャラクターがあまり好きではありません。特にニチガスのCMでは本田翼さんを相手におじさんの可愛さキャラクターを前面に出しているのが気持ち悪く、テレビの視聴中にこのCMが流れると思わずチャンネルを変えてしまいます。

・出川は出川で有り、企業として数多の俳優、モデル、芸人がいる中で、他にハマり役を検討する時間や予算が無かったのか、本当にハマり役だと決断したのか、なぜ、そもそもCMに起用するのかと会社の考えを疑います。

・出川哲朗のイメージが強すぎて内容が頭に入ってこないように思います。実際のサービスをもう少し全面に出した内容であったほうがいいかと思います。また流れる回数が多いため、初めは面白かったがしだいに飽きてしまった。

10位:マクドナルド

10位はマクドナルド

マクドナルドのCMが嫌いな理由

・あまり親近感が湧かないCM。木村拓哉がマクドナルドのイメージではなく、木村拓哉を起用しているてお客さんを増やそうという、必死感のようなものが漂っている。また、木村拓哉の歌い方が鳥肌が立ってしまうので苦手です。

・以前から、木村拓哉さんが好きではなかったのですが、変な持ち方で食べていたりするのは、まだ流せていたのですが、歌いながら運転して、マクドナルドへ行き、なんだ?この歌。っていうCMになってからは、ますます鼻について、嫌な感じがするからです。

・最近のマクドナルドのCMで木村拓哉さんが歌っている「ちょいマック」のCMがあまり好印象ではありません。(インパクトという点では大きいですが)少しこれまでのCMとは違う印象を受けてなにかもやっとした感じがあります。以前までの木村拓哉さん出演のCMはそこまで感じなかったため今回のCMは残念です。

・木村拓哉のCMには好感はありません。木村拓哉がマクドナルドを食べる印象がありません。食べ方とかどうでもいいです。ちょいマックの歌も好感が持てません。堺雅人の子供とお父さんが良いところを言い合いながらチキンナゲットを食べるCMは好感持てますが。

・マクドナルドはイメージが悪いです。木村拓哉さんは個人的に好きなタレントさんですが、それでもちょいマックと言って、ちょっと小腹が空いたから食べようという安易な食事のイメージを与え過ぎです。そんなにちょこちょことマックを食べていたら普通に体を壊します。そのためイメージは良くないです。

・出演の俳優さんによってイメージがとても変わるように感じます。木村拓哉さんがされていたときは、イメージが悪くなりました。マクドナルドを普段利用していないイメージの強い俳優さんなので、「ちょいマック」と連発されても説得力よりも不信感の方が強くなりました。

・キムタクがマックを利用している事が考えられない。有名人を起用するのは素晴らしい事がだと思いますが、マクドナルドとキムタクはミスマッチなような気がします。みんなで友達とワイワイマックを利用するような感じのCMの方が合ってると思います。

9位:メルカリ

9位はメルカリ

メルカリのCMが嫌いな理由

・以前はメルカリをやってみたい気持ちがありました。しかしコマーシャルがあんまりおもしろくなくて登録するのをやめました。なんだか上手いことを言って登録させているように感じたので、私は登録するのをやめました。

・色々転売などのイメージがあってCMを見てもそのマイナスイメージしか浮かばない感じです。マスクや消毒薬の転売などを野放しにしているイメージしかありません。CMを打つよりも色々転売などの対策などを行なった方がイメージの回復に繋がると思います。

・コロナ禍における社会において非常に悪影響を及ぼしたメルカリです。そのメルカリができるだけクリーンなイメージを打ち出そうとしているのが腹が立ちます。それまではメルペイのサービスばかりだったのに、最近はそんなCMばかりで他にやるべき対策があるだろうと感じます。

・マスク、消毒液やゲーム機ほかの転売が横行しているなど悪い話ばかり聞くので、明るい雰囲気で魅力的に見えるキャンペーンのCMを流されても、悪質な転売の取り締まりなどもっと他にやることがあるだろう、と思ってしまいます。

・会社自体に良いイメージがない。甲子園の土を販売したり、規制前にマスクの転売を認める等、常識に欠けてしまっている。
一旦うしなってしまった信用や信頼を回復させるためにはどれくらいの努力が必要になるのかを考えて欲しい

・テレビコマーシャルはそこまでイヤな感じはしないが、You Tubeの広告はあまり好きではない。
広告をスキップできないとイラ立ちしかない。You Tubeの広告でスキップできない広告はすべてイライラする。

・このCMは何度も流さないが、このサイト自身がかなりグレーゾーンなところが多いのに、いかにもトラブルが全くなく取引が出来る様にうたっていて、それが嫌悪感を感じる原因だと思う。誠実をうたうなら、その辺のリスクもちゃんとわかるように構成しろと言いたくなってしまう。

8位:ドモホルンリンクル

8位はドモホルンリンクル

ドモホルンリンクルのCMが嫌いな理由

・何年もドモホルンリンクルのCMはやっていますが、最近のものはわざとらしいというか、以前の方が自然でナレーションのような雰囲気だった気がします。今はドモホルンリンクルの特徴はしっかり伝えられ、効果や使い方はわかりやすいのかもしれませんが、何となくわざとらしさが感じられます。

・製品自体はいいものかもしれないが、再春館製薬所の企業イメージがよくありません。事実かどうかはわかりませんが、地元では暴力団とのつながりがあるといわれています。私自身何か被害にあったわけではありませんが、ただ単にイメージがよくありません。

・年齢化粧品ということもあり、女性が気になる症状にピンポイントで効果を発揮するように開発されていると思います。本当に効果があればすごくいい商品だと思いますが、肌にあうあわないが存在する。お試しの裏に何か策があるような気がしてしまいます。

・今流行のYouTubeのVlogぽくCMしてるところが、ドモホルンリンクルぽくないなと思いました。若い人にしか分からないコンセプトなので、ターゲット層とはかけ離れていないか?と思いました。テレビまでYouTubeぽくて嫌だなと思いました。

・特に使いたいとは思わないですが、CMの女の人だれですか?YouTubeっぽい感じに仕上がっているのですが、ちょっとぶりっ子っぽい感じのしゃべり方がなんか気持ち悪い。もっとだれでも知ってる人を起用したほうがいいのでは?って思う。

・長らく継続してるCMだから企業としての信頼感はあるのかもしれないし少子高齢化社会として中年女性以上へのPRとしては確実でよいとは思うが問題は余りにも安心安全を強調しすぎてる点。これでは気軽に使うという側面が見えない継続購入は高くなると言う不安がある。

・化粧品はとても高いのに お試しセットのことでしつこくこれはいいよと言ってくるところが嫌いです。無料無料と訴えていますが、現品はとても高くて 庶民には手が届かないのに 無料のお試しセットばかりが印象に残ります

・実際にうちの母親が昔にお試し用として使ったことがあるが全く効果がなく変わった様子もなかった。お試し用だからそんなに効果がなかったのかもしれないがお試し用で効果が出ない商品なんて本品も高いだけで効果ないと思った。

・昔からずっと流れている会社のCMで、最近は「まだ今は注文しない!」みたいなのを流していて、別に購入しなくてもいいですよ、という感じを出しているのが、逆に購入してよ、と言われているように感じるからです。

7位:ビズリーチ

7位はビズリーチ

ビズリーチのCMが嫌いな理由

・そこで学んでたからってみんながみんな優秀とは限らない。そもそもそこを経由して就活する人が優秀だとは思わなかった。優秀だったり即戦力の人は何か経由しなくても自ら道を切り開いていくタイプだと思うからあのCMはうさんくさい。

・転職サイトのCMなのになぜか嫌な気持ちになります。出演者は交換を持てる方ばかりなのに残念です。即戦力になれる人の支援を得意にしているサービスなのか、強気なCMでイライラします。もっと楽しい気分になれるといいのになと思います。

・「キラッキラの若手」とか、わざとらしいフレーズが嫌いでした。またCM内で「中途採用でも優秀な人材に出会える」というフレーズで中途採用は基本的に優秀な人材がいないように言い方に疑問を感じ、悪いイメージがしました。

・放送回数が多いのかよく目にするが、CMのシチュエーションやストーリーが「あるわけない」と現実的でない。あんな風に人材集めてる会社あるわけないでしょ。さらに主演の女の子が棒読み演技なのもあり、イラッとくる度合いが高まる。

・ビズリーチに登録してもTV CMのようにすぐにスカウトが来ることはありません。また、スカウトが来る頻度も高くありません。人に依るかもしれませんが。企業の募集についても、条件が良い募集は、有料会員でないと企業名が公表されないものが多いです。これも実体験です。CM女優さんは、最近ドラマでよく見かけるようになりましたが、今ひとつ印象に残りません。

・CMに出演しているキャストには全く不満はないが、ストーリーが「転職サイトに応募すれば予想を超えてたくさんの求人が直接自分にコンタクトしてくる」ということがあまりに強調されすぎていて、簡単に転職できるようなイメージが植えつけられる。

・どの求人もそうだと思うが、スキルがある程度ないと仕事を見つけるのは難しい。CMのように簡単にマッチできるイメージがあると実際使ったときの自分の無能さに気分が下がる。登録しただけでほとんど使える機能はなかった。

・ビズリーチのCMは、会社の特徴はよくとらえていますが、シチュエーションが上手くいきすぎているので逆に本当にそうなのかな、と懐疑的になってしまいます。得意げにビズリーチ!と女性が喋るのも、声の調子の印象が良くないです。

・求人サイトのようですが、企業側は、「高学歴、高スキルの人材しか採用しない」というような、冷たい印象を受けてしまいました。シーンの中で、企業からスカウトされているモデルさんも、高いスペックを持っていても人間性がないというような印象です。

6位:永谷園(出川哲朗)

6位は永谷園(出川哲朗)

永谷園(出川哲朗)のCMが嫌いな理由

・永谷園と言えば大柄のお相撲さんがお茶漬けを豪快にお箸ですすり食べているイメージがありましたが、今はリアクション芸の出川哲朗さんで、前のように食欲をそそるイメージが少なくなったと思います。前のように豪快に食べて欲しいです。

・出川哲郎さん自体は昔よりも随分、年を重ねられて、味が出て来てたと思いますし、お茶の間の嫌われキャラから愛されキャラに変わられて来たとは思います。
それでも出川は出川で有り、企業として数多の俳優、モデル、芸人がいる中で、なぜ、CMに起用するのかと会社の考えを疑います。

・出川さんが悪いのではないが、雰囲気に合っていない。家庭で、美味しく食事を食べるというイメージに結びつかない。以前よりも人気が出て、好感度も上がっているとは思うが、何でもお笑い芸人をもってくればいいというものではない。

・出川哲朗さんは好きですが、料理のイメージがもてないので違和感を感じています。男性が簡単に美味しくできるよと伝えたいのはわかりますが声の特徴が美味しさを感じさせないというか。親しみを感じさせるという狙いは良いと思うのですが、他のCMでも頻繁に見かけるようになったので単に流行に乗っかっているだけに思えます。

・最近、和田アキ子さんに代わって出川哲郎さんが出ているようですが、和田アキ子さんの時のイメージが強く残っていてまだ今1つ違和感があります。たまに出川哲郎さんが食べているシーンが映りますがビジュアル的にいい気分になりません。

・永谷園の商品はいろいろ種類もあって好きですが、出川哲郎が出ているコマーシャルはなんだかうるさいイメージがあって好きではないです。もう少しおしとやかで、商品が美味しそう食べていたりするとイメージが良いです。

5位:Softbank

5位はSoftbank

SoftbankのCMが嫌いな理由

・ユーチューブのとある動画で、ソフトバンクのCМの「お父さん犬」の設定が、日本人を馬鹿にしているといった内容のものがあり、動画のコメント欄にその内容を肯定する意見が多数見受けられたことから、単なる憶測や噂でこのような意見が出るものなのかと疑問に思い、もしかしたら本当なのかもと思うようになってから、このCМに対する印象が悪くなった。

・私自身がソフトバンクの携帯を使用していますが、料金が高いと感じる事が多くある。
また、CMでは5Gってドラえもんなどと説明しており、未来の新しい技術として、アピールしたいのは、若干感じ取ることが出来たが、速度がどのように変わるのか、また、どのように便利になるのかが、よくわからいCMであるように感じた為です。

・韓国の企業が元々得意ではない為ですね、白い犬のCMも飽きたしあまり見たくない、金かけてたくさんのはやりの芸能人を使いすぎててやな感じ。野球もSoftbankは好きではない。別のところを応援したくなる。

・初めはドラマ仕立てのCMは新鮮で面白いと思っていましたが、最近はみ見ていて飽きてきました。犬にだけ注目してしまい、伝えたいことや、宣伝したい内容がよくわかりません。白戸家を卒業して新しいものにしたほうがいいと思ったからです。

・CM自体は豪華キャストでストーリー性のあるもので楽しいのかと思います。しかし、裏を返せばCMにそれだけお金を掛けている訳であって、以前ソフトバンクユーザーでしたがプランは最悪、解約にも高額金がかかりました。なのにこんなCMをしているのかと、そこにお金をかけるのならもっと客に寄り添った優しいスマホプランにして欲しいと思ってしまいました。

・昔、犬のお父さんが出てきた頃のソフトバンクさんのCMは好きでした。しかし、今は過去の良い部分が全くなくなってしまって、企業イメージについてまるで良いものを持っていません。auやドコモに比べて回線状況が悪いことを考えると、そちらに予算を回してほしいと思ってしまいます。

・ドラえもんになってから、は?意味わかんない?ドラえもんのイメージが崩れる!と思ったからです。そもそも、壊した屋根を直さずに、逃げるわ。しれっと挨拶しててるわ。どう考えても、非常識以外の何者でもないと思ったからです。

・最初の内はソフトバンクのCMは面白かったが、もう何年も同じような造りで少しずつ内容を変えているだけなので飽きてきました。最近では女性の性的(全く過度ではないが)アピールで犬が契約すると言った内容のものおやっておりあまり好きではなくなっています。

・犬の家族編にそろそろ飽きました。新しくドラえもんバージョンもやっていますが、よく分かりません。5Gはドラえもん?意味が分かりません。毎回面白い三太郎と違って最近の内容は面白さがよく分からないストーリーが多いです。

・5Gの提供を売りにしたCMが見られるようになりましたが、あまりひかれていないため。外国の有名俳優を迎えての新しいCMになっているかと思いますが、商品に目がいかず、CMにかける予算が増え、商品が少しでも安くなればいいのにと、皮肉さに代わっているように思います。

4位:竹本ピアノ

4位は竹本ピアノ

竹本ピアノのCMが嫌いな理由

・何年も毎回変わらない内容でさすがに飽きられてきたように思います。少しバージョンを変えれば面白いように思います。何度も流れるとまたかと思ってしまいますが少し内容が変われば興味を引くこともあると思います。

・いつまでも同じCMを使っているので、新しくしてほしいなという理由からです。竹本さんはもういないので、もちろん忘れないためや愛着もあるのかもしれません。けれど、竹本さんの意志を継いだ方がいるはずなのに、顔を出さないというのは消費者への不信感を生む原因ではないかと思いました。いつまでも、竹本さんにしがみついていなければならない買い取り店なら、信用できないかなと思います。

・毎回同じようなCMの映像しか見ることができないためです。いつも同じCMで、画像も荒い状態のCMが続いているため、飽きてしまったというような感じです。時代の変化に合わせて、画像やCMの動き等を変化させれば、イメージが良くなると思います。

・「電話売って頂戴」というキャッチフレーズが頭から離れず、洗脳されてしまう。業者としては長い間同じCMで植え付けができている成功事例と思いますが、そろそろ新しいバージョンに更新いただければ、内容によりけりではあるかと思いますが、興味がひかれるように思います。

・ピアノ売ってチョーダイはもう聞きあきた感が強いです。もっと斬新なコマーシャルにしてくれると耳に残りますが、もうずいぶんと昔からあるので、つまらなく感じてしまいます。コマーシャルを見てもなんとも思いません

・そろそろ内容を少しでもいいからら変えてみてはどうかなと思います。ずっとこれやな、みたいな逆インパクトはあるかもしれないですが、流して見てしまって頭に残らない気がします。せっかくのオリジナリティなので勿体無いと思います。

・インパクトはありますが、センスはいかがなものかと思うテレビコマーシャルです。確かに印象は強く記憶に残りますが、あまりにもセンスがなさ過ぎて、不快にさえ思いますのでできれば見たくないし、見るのも嫌な気になります。

・使われている音楽や、表現の仕方が少々耳障りに思います。ただ企業の名前を連呼したり「ピアノ売って頂戴」と言っているだけで、中身がなく、企業の良さが伝わってきませんでした。高価なピアノを売る場所ですから、印象を大事にしてほしいと思います。

・つい口ずさんでしまうフレーズで好きなのですが、いつまでも同じCMなので、曲などは同じで良いので最新のものが見たいという感じがします。新しいCMを作らない企業に対して少しだけ悪いイメージがつきました。新しいCMが見たい。

・このCMがやっているとついみてしまうような力があるが、CMの人のようにキレイになるわけがないと思ってしまう。また、無料サンプルを送ってくれると言うが、本当に無料なのか、その後しつこく電話などされないかが心配になる。

・竹本ピアノさんのcmは昔から何の変化が感じられず、昔から見ているので聞き入れやすいですが昔から見ているためインパクトが感じられず聞き流してしまい目に留まらないと思いました。cmとしてはイメージが良くないです。

・昔から変わらないので今更という感じですが、画質が現在の品質ではないためキレイじゃなくて見にくい。あと財津さんの若い頃の姿なので現在の姿が気になってしまって本来はピアノの宣伝のはずなのに内容が記憶に残らない。

・男性の周りで数人の方が踊っていますが全身タイツなのに違和感を感じます。というか少し不気味さも感じます。でも歌は耳に残るし、CMも思い出せるので策士だなぁと思い出しながら書いています。万人受けではないと思いますが気になる方の目に留まるだけなので、そういえばきになるなぁ程度の感想です。

・何十年も前からの起用されている方なので。目新しさが無い。現代においてピアノを所持している人は売るというよりは調律及び修理の方がニーズが高いので。時代にあった査定のプロ(イケメン俳優)等を起用した方がより見ていて印象に残ると思います。

3位:楽天Mobile(米倉涼子)

3位は楽天Mobile(米倉涼子)

楽天Mobile(米倉涼子)のCMが嫌いな理由

・米倉涼子を全面にだしすぎていてあまり米倉涼子が好きではない私から見ると嫌悪感しかない。ありがちな構成。背景がビビットなピンクすぎて嫌悪感がある。商品のいいところがあまり良くわからない。大手3社との差別化がてきていると思えない。

・CMでは難しい条件はないと言っているのに、実際ネット経由で契約しようとしたら難しいことがあった。商品が届くのがいつになるかもわからないと言われて契約するのを断念した。仕事などでも携帯を使う場合はあまりおすすめできない。

・米倉涼子さんは美人ですが慎重が高くて威圧感があるように見えるので、商品を押し付けているように感じます。声もうるさくて目もギラっとして怖いので、CMで叫んでいる姿を見るとかえって乗り換えたくなくなるのではないかと思います。

・米倉涼子は好きだけれど、セリフの口調などが海外のミュージカル風というか非常に大げさに感じて見ていて疲れる。その割に重要なことはあまり頭に入って来ず、楽天モバイルの良さが視聴者に伝わりにくい。シンプルなCMだけに致命的だと思います。

・大手3キャリアと比べて見劣りする楽天モバイルですが、米倉涼子さんを起用したことで、「楽天モバイルも良さそう」となぜか選択肢の一つとして楽天モバイルが浮上してきた。米倉涼子さんってだけで、安心して使えそうと思わされます。

・楽天市場の出品者へ負担を強いる送料無料の案の騒動があったあたりからあまり企業イメージはよくありません。サービスを受ける側からするといい会社かもしれませんが、あれだけ安いのも裏があるような気がしてしまいます。

・非常にサービスの優良点だけを紹介するシンプルなCMだと思いますが、おいしいところだけ紹介しすぎて裏があるように感じます。実際に行政指導も入っているような報道も見ましたので、誇大広告のイメージが勝手にあります。米倉涼子さんは嫌いではありません。

・楽天Mobile(米倉涼子)はイメージが良くないです。楽天のスマホは基地局等の問題がまだまだ山積しており、当然米倉涼子さんが楽天mobileを使っているはずもなく、なんとなく突っ走っている感があり、安心感はありません。イメージは良くないです。

・米倉涼子さんが楽天モバイルのコマーシャルに出ているのは、あんまりイメージと合いません。米倉涼子さんはいろんな世代の人に馴染みがあるのかもしれませんが、もう少し楽天モバイルを使っていそうな有名人を人選してほしいです。

・個人的な勝手な思い込みですが楽天モバイルや格安系は若い方がやはり興味があり行動も早そうなので米倉さんといったイメージがあまりしっくりきません。UQやYモバイルの方がその点ではキャスティングもはまっていると感じました。

・とにかく、うるさいです。このCMが出るとビックリしてしまいます。そこまで大きな声で言う必要があるのかどうかも疑問ですし、せっかく女優さんを起用しているのに「楽天モバイル」という第一声にこのCM自体を見る気がしなくなります。

・首都圏の狭いエリアでしか電波が入らないと聴きました。それなのに全国でCMが流れているので、変な感じがしました。企業が力を入れているのは伝わりますが、今じゃないでしょうと感じます。米倉涼子さんを無駄遣いしているのでは
と感じます。

2位:バイセル(坂上忍)

2位はバイセル(坂上忍)

バイセル(坂上忍)のCMが嫌いな理由

・甚だ個人的な話ではありますが、フジテレビ系で放送中のバラエティー番組「バイキング」における坂上忍氏の独善的で視野の狭い意見に基づいた司会ぶりが大嫌いで、彼が出演するこのCMを見ると、企業は本当にきちんと対応してくれるのかという疑念に駆られてしまうからです。

・坂上忍の本人のタレントイメージが悪く、なんだか高圧的な印象をCMを通して受けるから。中高品買取の業種で上から目線で「売っちゃいましょう」と言われるのが非常に不快に感じます。そのためこのCMが流れるとチャンネルを変えます。

・バイキングやダウンタウンなうなどの番組で坂上忍のことを嫌いになりまして、その坂上忍を起用している企業ということで企業自体良いイメージを持たなくなりました。CMに起用するタレントの好感度がそのまま企業に直結するイメージです。

・誠に個人的な感傷ではあるのですが、坂上忍氏には強く「パワハラ」「暴言」「無知」といったネガティブな感情を抱いており、彼を広告に起用するのは「政治か人脈かしがらみかはわからないけど、ともかくそういうヤバいサービスなんだな」と偏った感想を抱いてしまいます。

・「バイキング」での上から目線や物言いがあまりにひどく、坂上忍のキャラクター自体にあまりいい印象がない。そのためCMが流れた瞬間、不快感が大きい。商品は素晴らしいのかもしれず、CMキャラとしては注目されればいいのだろうが、あまりにタレントとしての印象が悪いのだから逆効果である。

・不用品の買取に関しては、TV CM、ネット広告、新聞の折り込み広告等でさんざん高価買取を謳っているが、実際に見積りをしてもらうとほとんどの場合信じられないくらい安い値段を提示されるます。これは実体験です。バイセルの場合は、バイキングの影響で個人的に坂上忍さんに好意を持っていないので、より嘘っぽく感じます。

・坂上忍さんは、強い人に弱く、弱い人に強い印象。また語気を強め弱者に圧力をかける様子も観ていて気分が悪くなる。そのような坂上さんを起用する感性の企業は印象も悪い。CMで見せる笑顔もビジネススマイル感が強く全体的に嘘っぽく感じます。

・企業のイメージが良くないと思います。坂上忍だからです。パワハラをやっており、全く良いイメージがありません。パワハラをやっている人間をメインに据えて、バイセルはどうしたいのか?どうなりたいのか?を理解できません

・坂上忍さんはバラエティ番組や情報番組などを見ていても、喋り方や態度が高圧的で好きではないタイプの芸能人です。
(そういうキャラ付けかもしれませんが、苦手です)
あまり彼を見たくないので、彼が出ているCMはどうしても印象が悪くなってしまいます。

・坂上忍が「5年着てないないならもう着ない」と決めつけているのが自分の価値観と違う。大切な着物かもしれないのにそれを確認もせずに売ってしまえというのは持つ人の気持ちの背景を全く考えていないセリフで、それを笑顔で上からのコメントのように話しているのが気に入らない。

・坂上忍さんが嫌いなわけではないですが、このCMの坂上さんには違和感を感じています。理由を説明するのは難しいですがセリフの言い回し、声のトーンのわざとらしさがギャラのためにとりあえず出ているという印象を受けるので嘘くさい企業イメージを受けます。

・特別坂上忍さんがというわけではないのですが、着物はピンキリですが高いものですしそれに付随する小物も結構します。それを5年着てなかったら着ないとテレビから言われるのはよくは思えません。なんでそんなに言い切るのかいつも気になっています。

・耳に残るCMですが、何のCMかわからないし調べる気もない。坂上忍の人のイメージが、上の人や権力影響力のある人には媚びて、下と思った人には容赦なく攻撃する感じが、すごく苦手でこの人のCMやTV番組も見ないようにしている。

・特にバイセルを利用したことも利用予定もないですが、坂上忍という人物が苦手なので評価が下がりました。坂上忍の口調や論調が苦手なので嫌いなのですが、その人物がCMに起用されている為企業イメージが悪く見えるようになりました。

・坂上忍が何回も「バイセルなら」と叫んでいるのが、胡散臭く感じてしまいます。使ってないなら売っちゃいましょう、というニュアンスがすごくて、どんな着物を売っても安く買い取られて終わりそうな気がするからです。

・バイセルさんのCMに対しては。どちらかというとお金持ち有名人よりも。庶民派もしくは和風が似合う芸能人を起用することで。企業イメージが上がると思います。タンスに眠っていたり物を大事にとっておく世代というイメージはお年寄りで。どこか芸能人が浮世離れしている感じがする。

・着物は安い買い物ではないし、その着物自体に来た時の思い出などが、しっかりと詰まっており、少しの間着ていないからといって、今後も着ないと決めつけて売ってしまうという判断をするのはどうなのかなと思い、不快に感じたのでこちらの企業を選びました。

・まず坂上忍が好きじゃない。常に上から意見してくる人だし、全く大御所でもない。これといった代表作もあるわけでもないしそれなのに大物ぶってバラエティーとかで出てる人なため好きじゃない。そんな人がCMしてるからイメージが良くない。

・何故坂上忍を起用したのか、理由がわからない。普通CМといえば、世間一般に好印象を持たれていたり、時の人を起用するものだと思うが、この方は、どちらかと言うと、良くない印象のほうが強いと思うしビジュアル的にも女性受けはしないと思う。

・CMの内容そのものは悪くないが、坂上忍自体、好きじゃない。坂上忍が出てくることに不快感を感じる。そのせいかサービスそのものが、うさんくさく感じてしまう。もっと別のタレントさんに変えたら、CMの印象も変わるような気がする。

・坂本忍さんは好きな芸能人ではありますが、「バイセルはなはなはな」のフレーズが強烈で耳に強く残りすぎて、洗脳されている感が強く残り、見た後のイメージが少し悪くなってしまいます。恐らく坂本忍さんがイメージキャラクターでなければすぐチャンネルを変えると思います。

1位:ハズキルーペ

1位はハズキルーペ

ハズキルーペのCMが嫌いな理由

・最初の頃はすごいルーペが出たなと感心していたのですが、CMが新しくなるたびにだんだんうざいなと感じるようになりました。まず、なぜ武井咲がCMモデルなのか。年齢的にも絶対使わないと思います。あと、女性陣にルーペの上に座らせるシーンが一番嫌いです。それよりも男性が踏んでも壊れなかったという映像の方が丈夫さは分かるのではないでしょうか?

・ハズキルーペは良い商品だと思いますが、設定がなんとなく豪華すぎて、まるでプレゼンテーションを見ているかのような感じで、親近感がわきませんでした。大きなステージでまるで演劇を見ているかのような感じがしました

・CMの内容は個性的で頭に残りやすく、CMがなければハズキルーペを知ることはなかったと思うが、ハズキルーペに座ってこわれないところや、みんなでハズキルーペ大好きと言うところは胡散臭さを感じてしまう。高いものなので怖さを感じる。

・やたらと商品を持ち上げて連呼して、わざとらしい言い回しとアクションがどうしても見ていて気持ち悪くなる。どうしても買わせたいのが見え見えなうえに、何度も同じCMを連続で流すので厳しい。チャンネルを変えます。

・ハズキルーという商品ですの老眼鏡というとターゲットは中高年をイメージしますが若い女優の方、武井咲さんがされていることもあり少し違和感を感じます。ですがCM自体は個人的には面白く皆で順に座っていくところなど好きです。

・以前はしつこいくらいにテレビCMで目にしていました。出演者の女性達が商品の上に座るというのが見ていて不愉快でした。衝撃や重さにも耐えるという点での演出だとは思いますが同じ女性からするとあまり良い気持ちはしません。ただ単に、男性向けの演出なんだろうなと思いました。

・出演している女優さん俳優さんは、認知度も人気もありさわやかなイメージなのですが、内容は少々下品な印象を受けました。紹介されている品物事態は良いものなのでしょうが、品物に対する説明がほとんどなく、何がどういいのか、わかりません。

・とても人気な商品と有名芸能人を使用した人気なコマーシャルであるのは認知しているのですが、肝心の商品の1番の売りであるべき拡大鏡の良さが伝わらない。踏んでも壊れないというのはそこまで魅力に感じることはできない。

・結構出演料が高額そうなタレントや俳優を沢山起用するのではなく、商品の価格を下げるほうに重点を置いて欲しいと思う。CМのコンセプトが毎回同じで、最初こそインパクトが強烈だったが、今となってはつまらないというか、値段の割に品のない商品だと思ってしまう。

・やっぱり、イスの上に置いてその上に女性を座らせるところ。強度をアピールするのであれば、もっと他の表現があるはずなのに、これに固執しているところ。制作者か発注者の性癖としか思えない。このCMを見ていて不快になる。

・女性がお尻で眼鏡を踏むシーンが連続しますが、別に女性のみじゃなくてもと思います。椅子に置いちゃってたまたま隣に座った人が踏んでしまう、というシーンはすごくリアルだと思うので足で踏んじゃった、とかに変えたらインパクトあるのではないでしょうか。

・ハズキルーペのCMは、なぜ武井咲さんが起用されているのか分からず、不信感を抱きました。正直、彼女の年齢でなぜ、拡大鏡が必要なのでしょうか。CMのインパクトは大事かもしれないのですが(誤ってお尻で踏んでしまう)、彼女世代の方が拡大鏡を必要とする理由は何かを伝えていただけたらいいのにと思ってしまいます。

・CMが流れ出したときから不快感が強かったです。何回も繰り返して流れるし、俳優の演技が不自然でうるさいです。椅子に置いた商品をお尻で踏んでわざとらしく演出するのも見ていて欲しくなくなります。価格も高すぎるので全く買う気になりませんでした。

・昨年以降、武井 咲さんのCMになって以降、CMの内容と映像がそのまま更新されていないためです。今年になってから新型コロナウイルスの影響があるのか、ハズキルーペの最新CMを見かけていないため、新しいバージョンのCMが見たいです。

・CMのタレントや動作のインパクトが強すぎて、商品の内容が全く入ってきません。おそらく、社長や役員の人の指示や、好みから作られたCMなんだろうなと思い、そういう一方的な指示が通る会社なんだなと思うからです。

・豪華キャストのCMで色々考えられているなとは思います。しかし、きっと誰もがあのお尻で踏むというシーンが気になったはずです。面白いと言えば面白いのですが…何とも言えない気分です。実際にハズキルーペを使用している人をあまり見かけないような気もします。

・女性がお尻でハズキルーペを踏んでしまうというものは、インパクトがあったが、毎回、同じようなCMでは飽きてしまう。結局、受け狙いのキワモノ商品なんじゃないかと思ってしまう。もっと商品の良さを伝えられる内容に見直した方がいい。

・まず、出演俳優が無駄に多すぎます。また、いかにも芝居がかったというかわざとらしい演出でしつこく効果が謳われていて、このCMを見るとうんざりします。実際に何度か店頭で試着してみましたが、類似品との価格の差に見合う程の効果は感じられませんでした。

・実際に購入して使用していますが、商品は悪くないのに、CMがしつこすぎて食傷気味になりました。あれほど広告をうっている分、値段に反映されまくっていて、とても高価なのが納得できません。また、豪華俳優陣を使っているためギャラも莫大なのかと思うとアホらしくなりました。

・CMの印象は強烈に残ったが、店頭での金額も高いし手が届かないものだった。もっと金額を下げて誰でも手の届く商品になればいいのにと思った。あともう一つは、デザインが今のものよりオシャレになればいいのにと思った。

・ハズキルーペ自体は嫌ではないけれど、あのアメリカンなCMがちょっとついていけなくて…。置いてけぼり感があるというか。良いものなんだろうなと思うけれど恥ずかしくて使いたくないなぁ、と感じてしまいました。

・初回のcmから女性のおしりで踏むというのは品性に欠ける小泉孝太郎からは少し爽やか感が出たけれども、ねじれや強さを強調する方法をもっと考慮したprにすべきだと思う。値段も実際高めの設定に思えるしCMに値段も入れるべきだと思う。