まえせつ面白い?つまらない?アニメ感想口コミ評判!特番いらない?キャラかわいい?

まえせつ!アニメ感想口コミ評判!

まえせつ!アニメ

お笑いと美少女という異色の組み合わせ、アニメ「まえせつ!」が放送開始です。

まえせつ!は面白いのかつまらないのか、感想口コミをみてみましょう。

まえせつ!アニメ公式webサイトはこちら
まえせつ!アニメ公式webサイト

まえせつ!アニメ面白い?つまらない?

まえせつ!アニメ前評判:面白そう・楽しみ

・なかなか面白そうです、笑いもらり、少し落ちがありそうですが、なかなかクオリティーは高そうです。声優陣もとてもいいメンバーが整ってそうです、個人的には絵が好きなので面白そうと選びましが、見てみないとわからないです。

・原作イラストが美水かがみを始め、あの「らき★すた」今期で注目しているアニメ作品のひとつで、面白そうであり楽しみです。特にPVを見る限り、まえせつという特殊なジャンルのテーマでありながら、らき☆すたの要素が入ることでとても面白そうなストーリーが展開されそうだと期待してしまいます。PVで声優の白石みのるさんの声が聞こえたときには、また面白い展開が起こるかなと期待してしまいます。

・漫才芸人志願者をテーマにして萌えキャラを使ったアニメ物語は、とても斬新かつ上手く人気のポイントを拾ったと思う。現実性もあるのでとても興味深いし楽しみである。ただ、お笑い芸人を扱うには、少し綺麗すぎるというか、もっと泥臭さを出した方がさらに面白いかもしれない。

・あの大ヒット作「らき☆すた」の美水かがみ氏の原作によるアニメ化なので、否が応でも期待してしまいます。あそこまでのヒットはしないかも知れませんが、四コマ漫画が原作のアニメならでは作り込みや展開が楽しみです。

・お笑いを目指すという、設定なので面白そうです。絵も可愛いので、見続けられそうなきがします。あとは、話に食いつき要素があれば、継続して見ようと思います。お笑いのネタが合えばいいと思います。だけど、もし、ウケが悪いと見なくなると思います。

・まえせつ!というタイトルを見て、なんの?と思った。イメージでは女の子がなんかしらの前説をしてストーリーが進んでいく感じ。前説にフォーカスを当てたアニメはないと思うので新しい試みだと思った。また、前説を通して勉強になりそうなことがあるイメージ。

・お笑い芸人を目指す、という所で個人的にお笑い要素がアニメにたくさん入っていることを期待し、面白いのではないだろうか、と期待します。また、女子高生の青春ぽさ、少しは恋愛要素も入ってくるのではないだろうかと期待します。夢を追ういう設定も今の世の中で、落ち込み要素が多い中、良さそう。

・まえせつという言葉はテレビ番組で聞いたことがある。バラエティー番組の収録の前に会場をあたためる若手芸人がする仕事だと聞いたことがある。このアニメがそのまえせつの話なのかは分からないが、何らかの職業のことを指していると考えるのでとても興味がある。

・内容は全くわからないのですが、らきすたを見ていたので、また美水かがみ劇場が見れると思うと嬉しいです!最近あまり女性ばかりのアニメは見ないのですが、公式サイトを見ると、かわいい女の子が多く、癒されそうな感じがするので楽しみです。

まえせつ!アニメ前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・異世界ものアニメが一大ブームとなり久しいが、だからといい平凡さを感じるとアニメを見て楽しむ側にはまたこのパターンだと思われてしまうのが惜しく、タイトルからは全く考えられない展開のストーリーにしなければならないと思う。

・まえせつとあるがどんな内容のストーリーか想像がつかないからです。また、その後の話がどんなものになるかの後の話も進展がわからないのと後四文字読みやすいネーミングであるけれど、中身がいまいちはっきりしていない。

・9歳でお笑い芸人を目指すという設定が、ちょっと無理があるかなぁと思いました。もう少し年齢が高い主人公だったら、きっと作風も違ったものになるのではないかと思います。やはり9歳というと、できるネタも限られていると思うんです。

・キャラクターがかなり幼くて、好みではないです。ぱっと見た感じプリキュアみたいに見えますし、関西人としてはなんばグランド花月のステージに立つと言うのを目指すという設定自体あまり好感が持てない点でもあります。

・原作について全然知らない状態でタイトルだけ見たのですが、話についてのイメージが全く湧かず面白そうには感じません。でも4文字のタイトルはゆるふわカワイイ日常系が多いので、絵柄を見たら興味を惹かれるかもしれません。

・久々のゆるゆるコメディ系列の作品で、少し期待をしていました。ですがPVを見たところ手応えは微妙でした。漫才を題材にしているところは個性的で良いと思うのですが、ゆるゆる具合と漫才のテンポ感に違和感を覚えます、日常の中で、クスっと笑える作品の方が、視聴者も笑顔になるのでは?と感じます。