バチェロレッテ面白い?つまらない?男性参加者一覧と感想評判口コミ!やらせ脚本はある?

バチェロレッテ感想口コミ評判!

バチェロレッテ感想口コミ評判やらせ

婚活サバイバル番組「バチェラー」の女性版、「バチェロレッテ」が放送開始です。

これまでも様々なドラマを生み出してきた人気番組バチェラーの女性版ですが、バチェロレッテは既にアメリカでも放送されておりバチェラーと同等、それ以上の人気を博しています。

今回、バチェロレッテに選ばれたのは福田萌子さん。

福田萌子

既にメディアでも活躍の経験があり、セレブモデルとして評判の女性です。

日本版バチェロレッテは面白いのかつまらないのか、感想と評判はどうなっているのか。

と、その前に、まずはどんな男性陣が参加するのかみてみましょう。

バチェロレッテに参加する男性陣

こちらがバチェロレッテに参加する男性達です。

バチェロレッテ黄 皓(コウコウ)

バチェロレッテ北原 一希(キタハラカズキ)

バチェロレッテ杉田 陽平(スギタヨウヘイ)

バチェロレッテ當間 ローズ(トウマローズ)

バチェロレッテ藤井 達也(フジイタツヤ)

バチェロレッテ鈴木 祥友(スズキヨシトモ)

バチェロレッテ榿澤涼太(ハンノキザワ リョウタ)

バチェロレッテ楠 ダニエル(クスダニエル)

バチェロレッテ五島 幸夫(ゴトウサチオ)

バチェロレッテ芹澤 東洋(セリザワトウヨウ)

バチェロレッテ谷口 達郎(タニグチタツロウ)

バチェロレッテ林 完伍(ハヤシカンゴ)

バチェロレッテ瀬戸口 弘樹(セトグチヒロキ)

バチェロレッテ下山 裕貴(シモヤマヒロタカ)

バチェロレッテ牧野 龍介(マキノリョウスケ)

バチェロレッテ萩原 章太(ハギワラショウタ)

バチェロレッテエバンズ マラカイ

バチェロレッテ面白い?つまらない?

バチェロレッテ前評判:面白そう・楽しみ

bachelorette

・これまでのバチェラーシリーズは全て見てきて、内容も面白く感じていました。なので、今回のバチェロレッテも面白そうだと期待しています。女性版が初めてということもあって、どのようなものになっているのか楽しみです。

・これまでのバチェラーと違って、女性が主役となるので、どのようになるのか未知数なので期待感が高まります。今までとは逆で、男性がどのように女性にアプローチしていくのかも楽しみですし、女性がどのように変化していくのかも興味があります。

・今まで見ていたバチェラー
・ジャパンシリーズがどれも面白く見ていて、元から番組のファンのため期待値があり面白そうだなと思いました。男女が逆の立場になるので、また今までと違った展開が期待でき男性同士の戦いがどうなるのか楽しみです。

・今まで男性版のバチェラーを見ましたが、とりあえず面白そうなのかなと思います。今までだと女同士のちょっとしたバトルっぽいことが少しありましたが、それが男性になるとどうなるのかななど興味があります。下心はないと信じたいです。笑

・これまでのバチェラーシリーズは男性を獲得するために女性があらゆるアプローチを繰り広げるため、女性ならではの可愛さ、美しさ、したたかさを見る事ができるのが面白かった。今回は男性がアプローチをする側なので、女性とは全く違う角度の価値観で動く男性の心理が面白そうだと思った。

・今までのシリーズは、女性同士の嫉妬やいがみ合いなどの問題が多発していて、ある意味そこが見所となっていた部分も大きいが、見ている側もかなり嫌な気分になっていた。男性同士の場合は、正々堂々と戦い、裏で陰口などはなさそうかなと思ったので面白そう。

・やはり1番の見所は、女性版というところです!私は女性なのですが、これまでの男性版では女性ならではの蹴落としあいのような表と裏の攻防が恐ろしくリアルな女性の姿が映し出されていたので、これが女性版バチェラーとなると普段は女性からは見えない男性の本当の姿が見られるのではないかという期待がありとてもおもしろそうです。

・今までは、男性が女性を選ぶ形だったが今回は、女性が男性を選ぶ形なのでどんな風になるかとても楽しみだからです。結構その人の人間性が垣間見えるので、こういう人もいるんふだ、と勉強にもなる。見た目が苦手な人ほど、中身はしっかりしていたりしてそのギャップも面白いです。

・バチェラーシリーズをずっと見てきていたので非常に興味があります。前情報はあまりみていないのですが、バチェロレッテの方がどんな女性なのかとか、男性陣はどんな方がいるのか楽しみです。バチェラー3作目でバチェラーは最後に選んだ方と別な方と結婚しましたが、できれぱ最終的に選んだ方と結ばれて欲しいです。

・女性視聴者の目線からですと、バチェラーの立場で視る、という楽しみかたも出来ると思うので、楽しみが増えると思ったからです。バチェラーに感情移入しながら、「この人は、こういう所がちょっとね…」「この人誠実そうでいいかも」等、盛り上がりそうです。

・今まで男性バチェラーで、女性のガツガツしたところや、怖い部分が見られて面白かったですが、逆に女性バチェラーになったら世の男性はどんな行動をとるのか、仲間を優先してしまうのかなどの興味があり面白そうだからです。

・男性版バチェラーは、たくさんの女性に囲まれる男性の姿をなんとなく想像できる。一方で女性版バチェラーは、一人の女性がたくさんの男性に囲まれている姿を想像できない。想像できないことを心待ちにしてしまうのは人間の心理で、私はそのことにワクワクしている。実際、第一回目の日本人バチェラーの方が「日本で誰も経験したことない結婚相手の探し方」ということに大きくワクワクすると語っていたことを記憶している。それは視聴者側も同じで、今回の女性版バチェラーは今までにない結婚までの物語が見られそうでとても面白そうだと思った。

・女性が1度にたくさんの男性から求められるという話は、1000年近く前からある日本伝統の「妄想話」だと思うからです。現代まで語りつがれるほど人気なのだから、バチェロレッテも殿堂入りするかもしれませんね。つまり野次馬根性の好奇心です。

・今まで女性は選ばれる側で、少し男性にこびている部分もあり腹立たしく思うことがありました。それが逆になり男性がこびる部分を見られそうなので、女性視聴者からすると爽快感を得ることができそうで面白そうだと思います。

・女性優位な点がとても興味深く楽しみにしています。1人の女性をめぐる17人の争いという、独身女性にとっては夢のような話で、ただ楽しむだけではなく1人の女性を勝ち取る為に仕掛ける男の争いや心理状態の移り変わりなんかを番組の中で垣間見ることができれば面白そうです。MCのSHELLYが好きなので毒舌なコメントを聞けるのも楽しみの一つです。

・男性版のバチェラーはシリーズ3まで制作されたほど、人気が出た番組です。女性の立場として、これまでは男性を追いかける目線で番組を見ていましたが、今回女性が主人公(バチェロレッテ)になることでまた違った目線で男性参加者を見ることができ、楽しめそうです。

・男子校よりも女子高の方が、すごい怖い印象があります(中身がドロドロした感じ)。女性版で男性が女性に。って流れは、安心して観れそう。ドロドロした方が全般的に面白そうですが、女性を見る目が完全に変わったので、やはりこっちの方が安心して観れます。

・今までは、1人の男性をめぐって競い合う女性たちを観てきましたが、「女性版バチェラー」ということで今回は男性ならではの競い合いの空気感というものを楽しむことが出来るのではないかという期待が大きいです。同じ女性を追いかける男性同士の友情などにも注目したいと思います。

・バチェラー全作見ていて、全部面白かったので期待しています。以前とは男女の立場が逆転しているのでどのような運びになるのかとても楽しみですし、今回主役の女性がとても綺麗な方なので、どのような性格なのかも気になります。

・女性側が選ぶっていうのは今まで違って新しさを感じます。男性同士でも熾烈なバトルが行われるのか、ちょっと気になります。そして、女性側がホスト的な役ができるのかなという気もします。バチェラーはエスコートしていましたが、バチェロレッテもデートプランを考えてエスコートするのかな?と気になります。

バチェロレッテ前評判:つまらなそう・面白くなさそう

TV_1558360566

・公式動画がインスタで挙げられていましたが、それを見て、あまり面白そうではなかった。何か問題が起きたとしても、どうせやらせなのでは?と思ってしまい、あまり見る気になれない。あと、今回は女性版ということで、多数の男性を侍らせることにあまり共感はできない。

・男性たちが結婚相手の座をかけてサバイバルとのことですが、男性たちが紳士的すぎては番組が成り立たないでしょう。しかし、ライバル心むき出して下卑た言動をしたら男性として魅力がなく興ざめです。そのバランスがとれないのではないかと思ってしまいました。

・テレビで流れていた予告編を少し見た。全員の男性に囲まれていたときは、笑顔と愛想を振りまいていたが、個人同士になると表情が一変。上から見下すような印象があり、観ていて不愉快な感じがした。また、女性に媚びへつらう男性出演者を見ると、なんだか情けない気もする。

・他人の色恋沙汰を見て何が楽しいのか自分がよくわからない為。学生時代ならば理解できるが、素人の人の生活やリアリティーショーを見て、何が楽しいのかもわからないし、興味を持って見るのが時間の無駄だとも思う為。

・実際どこまでリアルなのかが疑問があるのと、女性版でも男性版でもなんとなくどちらもそれぞれパワーバランスが嫌だなと感じます。本当にリアルであるなら、企画としては面白いしみたいと感じるが、どうしても疑いの目でみてしまう。

・そもそもバチェラー自体が見ていて、いい気分のしない番組のため、終わってよかったと思っていました。なので、女性版バチェラー、バチェロレッテも同じように不快になると思うので、おもしろいと思うことはないと思います。

・恋愛系というのは計算のもとに作成された番組よりも、常にリアルのほうが面白いもの。そもそも赤の他人の恋愛や結婚に興味を持てない。それに男性は女性ほどギスギスネチネチしないので、男性が競っても食いつく人も少ないのでは?と思うから。

・いつも内容自体は面白いなーと思うんですが、どうせ別れちゃうしって思うとなんだか少し冷めるというかなんというか・・・。脚本があると思っても「脚本でこれか・・・」とも思いますし。そもそも短時間で結婚相手を探すというスタンスが間違っていると思います。

・一人の女の人に対して複数の男ほ人がアプローチすることはよく聞くことのため、あまり新鮮味がない気がします。普段からよく聞く内容を映像で見ても、あるあるな感じになる、もしくは男の人の気持ち悪さを感じてしまいそうです。

バチェラーはそもそも面白い?

bachelorette

そもそもこれまでのバチェラーシリーズは視聴者に好評なのかどうか、シリーズとしての感想もみてみましょう。

バチェラーシリーズは面白い

・多数の女性が一人の男性を取り合う様が見ていて面白かったからです。なかなか体験出来ないようなことなので、もし自分だったら…などと想像しながら見てしまいます。最近では結婚まで進んだバチェラーが現れたため、リアルな映像なのだと改めて感じて面白いです。

・毎回ドキドキして楽しんでいました。それぞれのシーズンごとに、自分が頑張ってほしいと思う人に注目しながら見たり、こんな感情になるのかといった事を、じっくり見ていくと本当に目が離せなくて、いつも独り言が大きくなってしまうくらい熱中してしまいます。

・最初は女性の数が多くて登場人物の方がよくわかりませんが、番組が進むにつれ自分の推しメンができてきます。その方を応援しているその感じが面白くてハマります。最後に残る女性を予想するのも意外と難しくそれが楽しいです。

・2からみましたが、想像もできない高級なデートやリゾートを見ているだけで旅をしている気分になります。そこがまず見所でもあると思います。第三弾の結末のどんでんがえしをみて、リアルタイムで見た後のSNSの盛り上がり方を含めてそこは少し面白かったです。

・育ちや性格、社会背景が異なるだけで、男性に対するアプローチの方法がここまで違うのかと驚きおもしろかった。また、男女の心の動きや女性同士の心理戦が垣間見れたため、自分のリアルにはない世界を擬似体験しながら観ているようでとても楽しんで拝見していた。

・激しい戦いの末、誰が勝ち抜いていくかというのが気になり、一度見始めると最後まで見続けてしまうほどの中毒性があったから。バチェラーにより、それぞれ選び方に特徴があったり、個性が強かったりしておもしろいです。

・毎回思うのですが、人間の気持ちはちょっとしたことで感動したり絶望したりするものなんだなと思いました。結果がどうとかではなく、過程で見せてくれる、生きていく上で気をつけないとなとかこんな優しさの表現があるんだなど気づきがあるところが見ていてとても勉強になります。

・自分が体験することのない世界だから、面白い。あ、その人選ぶんだとか同性から嫌われるタイプの人がやっぱりもてるんだなど、いろいろ分析しながら見るのもおもしろいです。この人絶対裏表あるって女性ならわかる人でも、異性には見抜けなかったり、いろんな人がいるなと思って見るのが楽しいです。

・女性同士のバトルが回数をおうごとに激しくなっていく感じ。女って怖いなーと思わせるところについつい見入ってしまう。また、1人だけのためにいろんな施設を貸切にしたり、花火が打ち上げられたり、海外のビーチでバチェラーと2人っきりのデートが毎回楽しそう。

・アメリカのバチェラーは、より派手で怖くて事件や見所があると思いますが、大人しい人が多い日本で、バチバチとライバル対決をしていく様子は面白かったです。選ぶ側の男性も個性的な人が多く、ツッコミたくなる場面もあり楽しく見られました。

・私は、女性なので常に女性目線でバチェラーを拝見している。参加女性は、男性に振り向いてもらうためのあらゆる方法を考え、策を講じる。25人も女性がいるとその方法は十人十色だ。「あ、こんな人私の周りにいるな」「この人とは友達になれないな」「この女性には騙されちゃだめよ(男性に語りかけてしまう)」「こんな素敵な女性になりたいな」…。バチェラーは、見るたびに多くの感想を私にくれる。もっと言うと、自分自身がこの場にいるとどんなアピールをするだろうと考えることもとっても楽しい。

・シーズン1は面白かったけれど、それ以降は少しマンネリになりつつあると感じています。でも女性陣が欲望むき出しで争うところや、駆け引きが見られるのはドキドキして面白いです。それに恋愛のテクニックも少し学べる感じがするので、つい見入ってしまいます。

・一人の男性をめぐり、さまざまなタイプの女性が自分のことをアピールしている姿が非常に興味深く、楽しんでみることができました。男性が選ぶ女性に関して、裏ではこうなのに…!というような目線でも見ることができました。

・1人の男性をめぐって競い合う女性たちが、回を重ねるたびに一人一人の強さや弱さをオープンにしていく感じがとても面白いと感じていました。また、それぞれの魅力や生き様にも大変心を動かされたという思いでもあります。そしてMCの方々のコメントも楽しむことが出来ました。

・全体的な内容はどれも面白かったです。続きが気になって配信が待ち遠しいなーなんて思う時もありました。派手なことをするので。が、やはり番組の内容、雰囲気とSNSやリアルで見る彼女らの印象が違いすぎるのでやはり偽物を見ているような感覚ですね。

・1は久保さんがとにかくカッコ良かったです。2は誰を選ぶのか全くわからない状態でハラハラドキドキでした。3は第一印象で選んだ岩間さんが選ばれ、色々叩かれていましたが結局結婚までしましたし、2人にはキュンキュンさせられました。3部とも違ったいいところがあるなと思いました。

・1~3全て観ていますが、だんだんと熾烈な感じになってきて面白いです。それぞれに内容は大きく異なっているので、最初を見ただけの人は3を観て驚くだろうし、3だけを観た人も、1・2のぬるさに笑っちゃうかもしれません。でもみんな本気だから面白いです。

・色々なタイプの女の人のアプローチの仕方や好きな人への対応の可愛さは絵的に華やかで、例えカップルになれなくても可愛い気がしたからです。またどのような展開になるとコンテンツとして面白いかを考えられている気がします。

バチェラーシリーズつまらない

・多数の女性が一人の男性に群がっているところを見ていると、すごく不快な気分になったので、あまりCMとかも見たくなかった。また、前述でも回答した通り、やらせ感がとてもある気がするので、何が起きてもやらせだって思うと見る気が失せてしまう。

・女性たちの対決が自然体とは思えないことがよくあったからです。テレビカメラがまわっているということを出演者たちは多かれ少なかれ意識しているはずです。それが出演者たちの行動に表れてしまっていると感じてしまい、素直に楽しく見る気持ちになれませんでした。

・面白そうな印象はある。ただ勝手なイメージだが、金持ちが一般人の顔を札束でひっぱたいているような印象しか受けない。バラエティ要素が多ければさほど不快に感じないのかもしれないが、個人的にはこの手の番組はあまり好きにはならない。

・そんなにかぶりつきで視た事は無いのですが、女性視聴者の目線からですと、女性がふるいにかけられる過程でやはり切なさが付きまとう印象が有ります。ああいう人が残るのか…等、あまり納得?感が無い場合、エンターテイメントとして視るにはややモヤッとして楽しみきれない感じがします。

・今までも見た事がないが、他人の生活に全くと言って興味が無いため、つまらないと思う。学生時代にそういったことをしていなかった人が他人に対して文句を言ったり、色恋沙汰を見て楽しみにしているのかと思うと理解に苦しむ。

・企画後の展開も耳にするととても冷めてしまう。全体的に演出感がありすぎて、いったいどのような気持ちで、そしてどのような立場でみればいいのかが分からない。見ていて純粋に特に楽しめる企画ではないと思います。

・見ていて不快でイライラする気分になることが多かったので、おもしろくはなかったです。ただ、友人がよく見いて、おもしろいから見てみて!と言われてたので、割と見ていました。終わってよかったと思っていました。

・1人の男性がチヤホヤされる話はドラマや芸能界でもよくあるというか、ズバリありきたり感が否めないと感じたからです。特に映像化される「ハーレム話」って男性1人対大勢の女性、ということが多いと思うのは私だけなんでしょうか?

・なんとなくありきたりというか、わたしは女性なので自分に置き換えてしまうとあまり楽しんで見ることができませんでした。登場したバチェラーも非現実的過ぎてドラマでもなければバラエティとも違うなかなか世界観に入り込めないところが続けて見ていくうちにつまらなくなってしまったポイントでした。

・大して魅力を感じない、有名でも何でもない人たちの恋愛模様をみて何が楽しいのか疑問でしかないし、悪趣味な番組だと思うから。また、途中までは見ていたという友人も、くだらないから見るのをやめたと言っていたから。

・女性のドロドロが怖い。良いイメージで女性を見たいので、あまり視聴するのに気が進まなかった。女性は平気で人を蹴落とすイメージが定着してしまった、個人的に。きらびやかな世界の裏側を垣間見た感じ。今後はこういった番組は恐らく見ないと思う。

バチェラー・バチェロレッテにやらせ・脚本はある?

bachelorette

これまでもこの手の番組で散々論議されてきましたが、バチェラー及びバチェロレッテにやらせ、脚本はあるのか?

率直な皆さんの意見をみてみましょう。

バチェラー・バチェロレッテにやらせ・脚本はある

・出演している女性がほぼ芸能事務所に所属しているので、ある程度選別や軽い台本などはありそうだなと思いました。もちろんそうではない部分もあると思います。比率にしますと、やらせが2割で8割は自然のままかなと言う印象です。

・やらせ
・脚本がなければ、一人の人にあそこまで夢中になることはできないと思う。それと、ある程度、テレビに映っているということを考慮して、動いているような感じがする。人前で、誰かとイチャイチャするとかお金をもらわないとできないと思う。

・たとえ様々な女性がいるとはいえ、盛り上がりに欠けるストーリーが存在することもあると思う。テレビや動画配信はやはりエンターテイメント要素が必須であるため、毎回視聴者が楽しめるのは、少なからず脚本ややらせが存在するからなのではないかと思う。

・全部やらせではないと思うし、台本というほどのものがあるかはわからないが、ある程度、キャラが濃い人を残しておくなどのルールはありそう。番組が盛り上がるようにデートも壮大なものをするという番組側の策略はあると思う。

・大筋の脚本はあると思っています。細かい台詞の言い回しなどは出演者たちがある程度自由にできるのでしょうが、ドラマチックな展開を仕掛けたりライバル関係をたきつけたりするといった展開は脚本で演出して全体の流れを作っているのではないでしょうか。そうしないと視聴者にすぐに飽きられてしまうし、放送予定回数もたせられないからです。

・きちんとした脚本などはないとは思う。ただ番組を盛り上げるための過度な演出や、テープの編集などはあると思う。番組として仕方ないし、許容範囲ではあるが、本人の真意に反した編集だけはしないことを願う(テラハの例もあることだし)。

・事細かな脚本があるかどうかはわからないですが、大まかな流れはあるのではないかと


・。単純に、短期間にドラマチックなことがそんなに起きるのか疑問です(笑)もしくは、偶発的に起きた出来事に脚色して少し指示をしているとか。

・半分くらい脚色はされていると思ってしまいます。実際どこまでが本当なのかわからないし、番組だから筋書きがあって当然かなと思います。リアルタイムで放送されているなら、やらせではないなと思うけれど、それでも全く脚本がないというのは逆におかしいかなと思います。

・3作目で特に思いました。誰が見てもあの女性のことをバチェラーが思っているのは見え見えなのに、なぜバチェラーが選ばなかったのか。逆に、脚本がないなら最終的に選ばれた女性には失礼極まりない。話をもりあげるための演出だと思いたい。

・やらせと言えるレベルのものかは分かりませんが、最低限の台本と、演出やリード等は有るかなと思います。ドキュメンタリーではなく、あくまでエンターテイメントだと思いますので。程度の問題かとは思います。それが視ていて分かるようだと問題だと思います。

・一から十まであるかはわからないが、何事にも筋書きがあってこその見世物だと思うので、少なくとも柱となるものは何でもあると思っている。特に素人に近い人を出すのであれば、その人自身を守る為にあってしかるべきのものだと思う。

・個々のそれぞれの対応など、みんな普通にテレビに出たい方、もしくはタレントなんだろうと思ってしまうから。テレビにうつされているので、それぞれみんな純粋な気持ちがあるとは到底思えないので、見られているからの演出にすべてなるのではないかと思ったからです。

・あいのり等、恋愛バラエティーのようなものは程度は違えど、少なからずやらせがあると思っています。何度か街頭インタビューを受けたことがありますが、その際も自分が意図してないような意味合いで言っているように切り取られたりしたので、少なからずやらせはあると思います。

・むしろ無いのにこれだけシリーズ化ができたら、ノンフィクションの方が人気が出て売れることを証明してしまうとおもいます。ベースに「現実」があるにしても設定の話であって、ストーリーまで本当なら「人生がつまらない」と思う人はドン底に落とされるかもしれませんね。

・絶対にあると思います。女性から見てなんでこんな人選ぶの?と思うときもあるし、急に話の流れに違和感を感じるところもあるからです。おそらく脚本があって、その人のキャラをさらに倍増させるようなやらせはあると思って見ています。

・テレビ局で働いている友人知人がたくさんいるが、ある程度のやらせや指示のない番組は存在しないと言っていたから。それに脚本や指示がなければ、計算されつくした角度で出演者を撮影できるわけがない。その点、作りもの臭がすごいから。

・ある程度は筋書きはあるのではないかと思います。完全にノンフィクションであるとはいいがたい気がします。というのも、制作面では面白さを結果として出さなければならないと思うので、方向性のようなものはある程度決まったうえで、ノンフィクションよりみたいな形で進めているのではないでしょうか。

・編集でどうにかできる部分はあるだろうが、やはり刺激のある展開に早々発展することは少ないと思う。なので、何かしらの変革になるようなやらせであったり、面白い展開に向けた何かは絶対にしているはずです。確かにやらせはアクセントになるので良いとは思いますが、過激なのは注意が必要ですね。

・どこまでが演出なのかはわかりませんが、男性の方のサプライズ?デートなどがあまりにも現実離れしていて少し違和感を感じました。やらせじゃないにしろ、そもそも女性陣が「彼に選んでもらうこと」より「いかに爪痕を残せるか」という考えで動いているように見えました。シーズン2の若様が典型的ですね。誰一人として本気で結婚相手を探していないという気持ち悪さを感じました。

・全てがやらせなわけではないと思いますが、やはり多少女性陣が強引すぎるところや、悪口を言い過ぎなところがあると感じていたので少し脚本はあるのかなと思います。面白くするための脚本であれば必要不可欠だと思います。

・デートプランとかは脚本にのっとっていると思うし、そこで何をするのかということは大体決まっていると思います。脚本がどういうものを指すのか一概には言えないので、ある程度のプランが書かれている時点でやらせ要素はぬぐえないのではないでしょうか。

・何も起こらないで最初から気に入った人と普通にカップルになってしまったら面白味がないため。また、気に入ってる1人の人がいた場合、他のタイプの違う人がアプローチしてきても、あまり乗り気になるとは思えないため。

バチェラー・バチェロレッテにやらせ・脚本はない

・あれだけ人数がたくさん出演しているので、ヤラセなどがあるとすれば既に出演者の誰かがどこかにタレコミしているかと思います。一般人に近い人も参加していますし、本気で泣いているように思うので、ヤラセはないと思いました。

・やらせはないと信じたいです。これまでのバチェラーもやらせの記事などもありましたが、やらせがなかったと信じたいですし、実際の、その時の生酛であったと思いたいです。あんなに苦悩している様子などを見ていると、ことらも感情移入してしまうので、そうであってほしいと思います。

・バチェラーの準備しているデートや女の子たちが話しかけにいく感じや、内容など、全てにおいて台本が全くないとは思いませんが、シリーズ第三弾の結末をみて、また最終的には結婚もしていたので、台本がないのだと少し感じました。

・これまでカップルになった人たちは、少なからずプライベートでもお付き合いされているようですし、本当に一人の人を射止めようと皆で戦うあの姿を、やらせだったらテレビでは見せられないのではと思うからです。やらせでないと思いたいです。

・やらせは感じられない。そもそも、女性はたくさんの女性がいる中では”自分が一番(美しいや性格が良い)”ということをアピールし、周りになめられないように頑張る生き物だと思っている。バチェラーは、脚本を考える理由が見当たらないように思う。なぜならば、企画自体に脚本の必要性を感じない。脚本を書くと、女性の間で少なからず綺麗な美談が誕生しそうなもの。その点、バチェラーは女性同士のドロドロにリアルを感じる。先に述べた女性同士のアピールは団体に放てば勝手に行われる。これこそが、女性同士のドロドロを生みリアリティショウとして成り立つのだと考えており、やらせの必要性を感じず、やらせはないと思う。

・表情や反応はごく自然だと思ったからです。司会やスタジオのMCの会話もやらせから発せられるコメントには感じなかったと思います。やらせはこのご時世あまり通用しないし誰か見抜くからここまで話題にもならない気がします。

・1人の男性と結ばれるために、出演者の一人一人が感情を表に出して挑んでいるというように感じた為、もちろんカメラに写っていないところにも何か物語があるのかもしれないけれど、観ているものにウソはないのではないかと思いました。