映画鬼滅の刃無限列車編面白い?つまらない?劇場版感想口コミ評判!原作ファンの意見は?チケット取れる?

映画鬼滅の刃無限列車編感想口コミ評判

劇場版鬼滅の刃 無限列車編(映画)感想口コミ評判

アニメで人気に火が付き、社会現象にもなった鬼滅の刃。

いまや国民的アニメの一つと言えるかもしれません。

一時はチケットが取れないという騒動にも発展する事態になりました。

そんな鬼滅の刃の劇場版、「無限列車編」がいよいよ上映開始。

映画版鬼滅の刃 無限列車編は面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判を見てみましょう。

劇場版鬼滅の刃 無限列車編公式webサイトはこちら
劇場版鬼滅の刃 無限列車編公式webサイト

劇場版鬼滅の刃無限列車編面白い?つまらない?

映画鬼滅の刃無限列車編前評判:面白そう・楽しみ

・アニメ化以前からの原作ファンで心に残るエピソードだったので是非見たい。アニメ作品も作画が良く、劇場版であればさらにクオリティの高さを期待できる。絵も奇麗だし、音も良いので迫力を増した作品が見られると思っているので。

・ジャンプ連載当初から読んでいて、アニメも視聴、単純に面白くて今回の劇場版鬼滅の刃「無限列車編」も原作の雰囲気をどう表現するのか、また劇場版ならではの少し原作とは違った展開にも期待したりしてます。予告編のPVですでに楽しみです。

・アニメから入り原作を読み進めたのですが、無限列車編自体のストーリがとても面白いため期待度が高いです。炭治郎役の方を筆頭に声優陣もとても演技力が高く、漫画で感じたものとはまた違った面白さ、緊張感を感じれそうだと思うからです。

・アニメを見たけど続きが気になるから。マンガも発売されているけど途中までしか読んでいないし無限列車編がマンガのどこまでを描いているのか分からないけどマンガもいいけど、アニメーションとしてもみてみたいから。

・アニメと漫画の原作を読みました。アニメは映像が綺麗で、技をかけるときも原作の躍動感を期待以上に表現してありました。今回の無限列車についても、列車という大きくて長くて動くという映画館で見るにふさわしい題材だと思います。加えてメインのキャラになる煉獄さんも魅力的なので、きっと面白くなると思います。

・煉獄さんが亡くなるということも、事前に知ってはいますが、それでもその生きざまを見届けたいなと感じているからです。また、煉獄さんがかまぼこ隊の3人に向けて贈る言葉も、ぜひ生で見てみたいなと思うからです。

・プロモーション映像が面白そうだった。ストーリーも従来の人気キャラに加え、人気キャラの煉獄 杏寿郎を交えた話になっており、期待度が高い。原作の表現をどこまで再現できるか、個人的に興味がある。アニメが高評価だったために、世界的にも期待度が高いように感じる。

・私はアニメから鬼滅の刃を知りました。全話視聴済ですが、私はコミック派ではないので2期の時点で話が止まっています。なので、単純に「物語の先が知りたい」と思っています。ですが鬼滅の刃にハマったのは、作画の綺麗さと豪華な声優陣、ストーリーの面白さなど全ての要素が詰まってのことなので、ぜひ映画館で観たいと思います。

・炭次郎が仲間に出会う前の頃にも触れていて、家族の良さを改めて実感するのかなと思います。おそらく鬼によってその幻想を見せられるのかと思うのですが、そこからどうやって抜け出すのか、鬼と戦うのかが楽しみです。

・もともと好きな漫画で好きなエピソードだから。また、アニメを見たことがあるけれど、戦闘シーンの絵や登場人物の動きがとてもきれいで見ごたえがあった。この劇場版で活躍するキャラクターは人気だし、見ごたえのある戦闘シーンになりそうだから。

・原作読了済みですが、原作漫画のストーリーがまずとても良く、それがアニメーションで動き、音楽がつき盛り上がる事が間違いないと思っています。また、今回の敵である下弦の壱のCVが平川さんと聞いてイメージぴったりだったので、予告映像見た時から更に楽しみにしています。

・アニメからこの作品を知ったのですが、凄く好きになってしまい、単行本も全巻そろえる程でしたアニメ放送以降の話も知っているけれどこの作品の中で一番のターニングポイントになる部分なので映画館で是非観たいです

・漫画本で読んで、内容は知っています。人気の話であるとのことですが、私もこの話しは好きです。それに加えて、今のアニメは映像が綺麗で、漫画とは一味違った印象で観られるのがいいと思うのですが、鬼滅の刃はそれが特に感じられる話だと思います。夜に走る列車のスピード感も漫画より数段迫力がありますし、何よりそれぞれのキャラクターの羽織の色使いが映えるので、その綺麗さも見所の一つと思います。

・アニメ、漫画をすべて見ました。まずアニメが完結していないので、単純に今後の展開や漫画との内容の相違がどうなるのかなという部分に関しては気になるところです。アニメ化映画化って漫画とストーリーかわったりするじゃないですか。どうなるか楽しみです。

・アニメの方で全話見ていたので続きが気になりますし、映画館で予告を見て、とても面白そうだと思いました。夢の中なのか炭治郎が兄弟と再会して抱き合うシーンにジーンときました。どんな展開になっていくのか楽しみです。

・アニメ版も作画がすごく綺麗で、エフェクト、音楽も最高でした。その映画ということもあり絶対に面白いと思ってます。また、メインが煉獄さんなのでよりそう思います。漫画でもすごく印象的な場面でした。その感動をぜひ映画で見たいです。

・アニメから見始め、単行本で呼んでいますがやはり炎柱が出てくるところは見ごたえがあるから。鬼も無惨の気配が濃くなり強くなっていて戦闘シーンも迫力があるのに劇場の大きなスクリーンで見るのはとても迫力がありそうだから。

・一応、この話は柱の一人が最初に死んでしまうという、その展開を知らない人間が見たらとても悲しくなるであろう話の一つなので十分な作り込みをしてくると想定できるからです。そして、今後の炭治郎にとって最後まで重要な出来事でもある為手抜きなんかは許されないと個人的には思うからです。

・私の友人で「鬼滅の刃」が大好きな人がおり、その友人から勧められて動画サイトに投稿されている予告編を見たときに、とても高揚感を覚えたため非常に見てみたいと思うようになった。また、作画がとても美しく話の内容と作画の両方から楽しめる作品だと思ったから。

・鬼滅の刃はアニメ全話を何度もくり返し見るほど好きな作品です。漫画ももちろん見ましたが、どのキャラクターも魅力に溢れていて、とても面白いと思いました。そんな素敵な漫画のアニメ映画化ということで、とても期待しています。楽しみで仕方ありません。映画館へはいけないですが、動画配信アプリで配信された際には、有料で見たいと思います。

・原作を読んで面白かったし、先の話にも活きてくる大事なエピソードだったと思う。アニメも見たが作画も効果の付け方も綺麗だった。映画化されるのは大掛かりで派手なシーンの多いところで、アニメの綺麗さを大きなスクリーンで見れたら盛り上がりそう。

・漫画を読んで、アニメもレンタルショップでDVD借りてみて好きになったから。自分の周りにも結果好きな人がいて、面白いと期待しているから自分もみてみたいとは思います。テレビアニメのほうは終了しましたがまだまだ楽しみです。

・面白そうです。ついに鬼滅の刃のアニメ動画で柱と十二鬼月が激突するところが見れるなんてワクワクしてます。予告編では煉獄がメインとして活躍する感じで発表されていましたので個人的に好きなのではそこも注目したいとおもっています。

・漫画のほうで無限列車編は読みましたが、鬼滅の刃の中でも1位、2位を争うほどの面白いところです。そして、杏寿郎と出会うことでさらに成長をする3人の姿がアニメ映画として劇場版で見れる!そして上弦の鬼との闘いは見ものです。

・第1シリーズの続きになると思うので早く観たいです。炎柱の煉獄さんから「火」の話を聞けそうだし、炭治郎の父親のことも少しわかりそう。この映画を観て、第2シリーズへ話が続いていくんだろうなとも思っているので、映画館に観に行こうと思っています。

・自分が元々、アニメから鬼滅の刃に入った人なので、劇場版も間違いなく面白いだろうと確信しているからです。アニメ制作陣にはただならぬ原作愛を感じるので、劇場版も、普段のアニメ以上に力を入れて作ってくれるだろうと思います。

・テレビアニメの方はまだ見ている途中ですが、劇場版はその続編ということでとても楽しみにしています。まだ知らないキャラクターもたくさんいるので早くテレビシリーズを見終わって劇場に足を運びたいです。闇を往く無限列車が舞台ということでどんなことが起きるのかワクワクしています。

・アニメ版を見たが、徐々に面白くなってきて続きが気になるから。また鬼滅の刃が大人気なのは無限列車編からが面白いからと知人から聞いたから。ここまだ世間を騒がせているアニメだし、それは原作が面白いしキャラクターが魅力的だから。

・無限列車は炎柱 煉獄杏寿朗が主役でありそして鬼滅の刃でも最重要なシーンもありファンとしては見たくてたまりません。煉獄は熱血キャラで弟思いのやさしいキャラで鬼滅の刃の主人公でもいいのではないか?思わせる重要なキャラなので最後はどんな終わり方を映画館で見られるか楽しみでしかありません

・原作を読んでいたので話の展開は知っているのですが、映画ならではの臨場感にとても期待をしているので面白そうだと思っています。特に限られた時間をどの様に使って名シーンの数々を再現し、感動させてくれるのかが気になっています。

・アニメ版の続きで楽しみにしていた、映画の予告ではアニメでは出番の少なかった煉獄がメインに登場する事とスピード感が感じられる戦闘シーンの回想が含まれていてとてもワクワクしたし作画クオリティも高くてとても良い。

・本予告のpvがとにかくかっこいいいと思った。また原作の漫画を既に読了しているため、無限列車編の内容は知っているが何度でも読みたい、見たいと思えるほど面白い話だから。その上にufotableのかっこいい作画で炭治郎達が動くと思う面白いだろうと想像がつくから。

・テレビアニメ全26話を見ているためその続きとなる映画が始まると言うことで期待しています。原作を読んでいないため私の中では話の途中で止まったままになっており、原作を読むのはそれからでも良いかなと思うくらい楽しみにしています。アニメの2期があるかもしれませんがまだまだと思いますので動く映像の公開はうれしいです。

・原作の漫画を読んでいるので内容は既に知っているのですが、鬼殺隊の柱の中で一番好きな煉獄 杏寿郎が登場するのでアニメの続編になりますが劇場版として見ることが出来るのを楽しみにしていました。主人公の炭治郎にも影響を与え、柱メンバーで鬼との闘いで命を落とすという衝撃的な展開があると思いますが公開が楽しみです。

・原作も読んでいますが、列車内で戦うシーンが映像になると迫力がありそうだというのが、1番楽しみにしている点です。また、煉獄の最期のシーンや、煉獄の家族を訪ねた時の場面も個人的に非常に感動したので、期待しています。

・ようやくアニメの続きを劇場で見る事が出来ると思うと、今から公開が待ち遠しく楽しみで仕方がありません。あの煉獄さんの雄姿を大スクリーンで色あり音あり動きありで見れるなんて最高でしかないつまらないわけがない。

・まず、登場するキャラクターが魅力的であること。柱の煉獄さんのリーダーシップ、少しヒョウキンな所。そして、死を前に後輩たちに教えと未来を託す所。託された主人公達も、しっかりとそれを受け継ぐ所。迫力のある戦闘も良い。狭い列車の中での独特の技の応酬は迫力がある。大正時代に、鬼が活動していることと、廃刀令から40年以上立っても、刀を武器に戦う所。

・鬼滅の刃に興味を持った時にはアニメも連載も終了していたので、コミックスを全巻揃えるモチベーションが維持されました。やはりアクションや特殊な能力が多いバトル漫画なので大画面で動いているキャラクターを見るのは楽しみです。

・宣伝用の動画をみたが、相変わらずグラフィックがきれいで美しい。エンタメ作品として映像美のきれいさは欠かせないと思う。ストーリはもうすでにマンガで読んでいるため知っており、その面白さは安定だ。宣伝用の動画を見た観点から言って、期待できること間違いなしだと思う。

・漫画もアニメもすべて見ていて、アニメは無限列車のに入りかかるところで終わってしまっています。アニメで見ると臨場感とか、映像がすごくきれいだったのですごく見てみたいです。内容は全てわかっているのでそこはしかないですが


・もともと子供たちが好きでコロナが落ち着い映画を見たいと言われ、単行本とネットで予告動画を見せられたのですが、予告動画でのそれぞれのキャラクターの行動や、はしらの煉獄さんとの絡みが面白かったこと、単行本によりスケールのあるとても迫力ある内容ということがわかり、映画で体感した方が面白そうだなというのが一番の理由です。

・鬼滅の刃は単行本も読んでおり、アニメの続きの話も知っているのですが、無限列車編は特に好きな話なので面白そうだと思います。鬼滅の刃はアニメもみているのですが、アニメのクオリティも高いため、映画の迫力のある映像になったら更に魅力的になると思います。

・原作が面白かったことと、映像化されることでアクションシーンなどに更なる迫力が加わると予想されるからです。また敵が主人公たちを夢の中に落として精神攻撃するトリッキーな相手だったので、その複雑な描写もアニメショーンになった方が人に伝わりやすいのではないかと予想しています。

・テレビアニメの続編になっており、単純にストーリーの続きが気になること、また映画のプロモーション映像が躍動感のある期待感を高めるような作りになっていることから、観たいと思いました。炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助の活躍も期待しています。

・今回の無限列車編から、いよいよ柱の人達が活躍していくのですが、なんと言っても柱の中で熱さとカッコよさナンバーワンの煉獄さんが大活躍するという事でとても楽しみだからです。煉獄さんの使う火の呼吸は漫画でもかっこいいけれど、アニメとしで動いたら炭治郎のヒノカミカグラ並に映えると自分は思っているので面白そうだと回答しました。

・無限列車の前までのアニメヴァージョンをAmazonプライムで見ていたのですが、やはり鬼滅の刃は技の描写等が素敵なため、動画で観るとより躍動感があるためアニメじゃないと無理です。去年よりずっと楽しみにしていたので、面白くないと困ります。

・正直「無限列車編」は漫画では下弦の壱の魘夢が大して強くなく意外とあっさりしていたのですが、鬼滅の刃はアニメのクオリティが非常に高いので、映画でどのような演出になるのか楽しみですね。また、煉獄さんのカッコイイ戦闘シーンも見られると思うので、そこも必見ですね。

・漫画を途中まで読んでいますが、途中までの内容でもとても面白く、鬼滅の虜になっているので、劇場版もきっと面白いのだろうなと思っています。漫画版で出てくる、各キャラクターのちょっとしたお茶目さが、劇場版でも見られるのではないかと期待しています。

映画鬼滅の刃無限列車編前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・鬼滅の刃は自分にとってもう終わった物語だから。スピンオフとして楽しむなら何も劇場版でなくても、と思う。もう亡くなったキャラが出てくると悲しいだけだし。劇場に出かけていくほどではないが、話題が去ってから他の手段で静かに鑑賞したい。

・コミックスで無限列車編をすでに読了済なのですが、内容的に、映画にするほどのボリュームがなさそうだと感じました。ですが、コミックスでは見られなかったような追加シナリオなどがあるのであれば、見てみたいです。私の場合はすでに無限列車編を読了しているため、映画を見るまでに至らないという考えですが、コミックス未読了の方であれば、入場者特典などもありますので一度鑑賞してみても良いかもしれないですね。

・鬼滅の刃はアニメ化前のジャンプ連載当初から一応読んでいたのですが、あまりにも簡略化されたよくわからない絵が増えて、つまらないというか空気感が自分に合わないな…と思って脱落したのがちょうど無限列車のあたりでした。ギャグ表現はアニメで多少抑えられているように思いますが、結局得意ではないので面白そうとは思えません。