Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.面白い?つまらない?評判感想口コミ初打ち!出玉・演出は期待できる?

Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.評判感想口コミ初打ち!

Pフィーバーゴルゴ13疾風ver評判感想口コミ初打ち

今まで様々なタイプの機種を打ち出してきたSANKYOのゴルゴシリーズ最新作、「Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.」が稼働開始です。

今回の仕様は3000発ループという画期的な内容。

Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.は面白いのかつまらないのか、出玉感や演出はどうなのか、評判感想口コミをみてみましょう。

Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.メーカー公式ウェブサイトはこちら
Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.メーカー公式ウェブサイト

Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.面白い?つまらない?

Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.前評判:面白そう・楽しみ

・3000発が60%でループするという出玉に期待しています。ヒキによっては一撃で大量の出玉を獲得できるというのは遊戯者にとってはかなり魅力的です。あとは演出面がどのような感じなのかが気になるところではあります。

・RUSH中の3000チャレンジで当たった時の出玉感には期待できそう。RUSH突入率も65%あるのでそれさえ引ければ何とかまとまった出玉は確保できるのでは。遊タイムも搭載されておりハマり時もとりあえず950回せばの気持ちがあるので触りやすい機種でもあるかと。

・ゴルゴ13自体はあまり知らないのですがスペックが魅力的です。約3000個が60%でループするとうたっているのが魅力的でスペックとしては慶次の漆黒を思わせるような感じがしてわくわくします。継続率60%でも引きしだいで連チャンすると考えます。

・ゴルゴが好きというのが理由ですが、3,000個が約60%でループする右打ちRUSHも期待ができる点です。RUSHは小当たり1回+残保留1個で構成されており、小当たり当選時、残保留で約1/1.7の大当たりを引けていれば3,000個(1,500個×2)大当たりでRUSH継続、大当たりが引けていなかった場合は1,500個獲得後にRUSH終了となる仕組みのため、大量出玉を獲得できる点もいいですね。

・パチンコ台のゴルゴの目力が凄い期待を持たせます。継続率が高いと評判なので大当たりが楽しみです。演出で出てくるゴルゴのセリフで期待が高まります。ビッグスナイプチャレンジが激熱で、演出がとても長いのでゴルゴファンは嬉しいと思います。

・好きなメーカーであるし、好きなコンテンツだから。マンガをずっと読んでいるが、長期連載作品のためエピソードも多く、どのエピソードが映像化されているのかの楽しみもある。好きなエピソードが映像化されて声があてられていると嬉しい。

・3000チャレンジは少し期待してしまう。だめでも1500発保証されていることは好印象。いまどきは5〜600発程度の機種が多い印象なので、ありがたい。遊タイム対応であることもダメ押しでポイントになる。あとは演出バランスがどうか。

Pフィーバーゴルゴ13疾風ver.前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・出玉の多さは魅力的な台なのですが、スペックを見ると大当たりまでのハードルと確変に入るまでのハードルがかなりキツイ感じがします。確変中の確率も厳しいような気がします。一発の大当たりを楽しむ分には良さそうな台なのですが時間をかけて楽しむ台とは違う感じがします。

・確変のRUSHに入ると出玉のスピードがとても速いのは分かりますが、約60%の継続率では続いてもたかが知れています。ハマリの救済処置の時短も100回転だけと寂しく、1/319ではとても打つ気になりません。せいぜい1/249くらいで出して欲しかったと思います。

・個人的な意見ではあるのですが私はゴルゴ13は詳しく知らないため、単純にあまり面白くなさそうだと思ってしまうのが現状です。ゴルゴ13が好きな知り合いは楽しみにしているようでした。一応やってみようとは思います。

・過去のゴルゴ機で遊戯した個人的な感想であまりいい思い出がなく今回もなかなかはまらないのかなと感じてしまい期待できないほうに方につけました。ただ新作が出れば一度は打ってみてハマりを確かめてみたい気持ちはあります。