ビール銘柄ランキング!どれが美味しい・不味い?好きな人気商品とその理由一覧!

ビール人気銘柄ランキングベスト14!

ビール人気銘柄ランキング

みんなに人気のビールはどの銘柄なのか?

今やたくさんの缶ビール瓶ビールの銘柄がありますが、その中でも人気の商品をアンケートでランキング形式にまとめてみました。

是非ご参考ください!

14位:KIRINクラシックラガー

14位はKIRINクラシックラガー

KIRINクラシックラガーがビール銘柄の中で人気の理由

・苦味は少々強いですが、その後にコクや香りを感じます。こってりとした料理にも劣らない味を持っており、濃い味の料理に合うため、濃い味が好きな人にオススメです。飲みやすさは他のビールに劣りますが、非常にクセになるビールです。

13位:オリオンドラフトビール

13位はオリオンドラフトビール

オリオンドラフトビールがビール銘柄の中で人気の理由

・沖縄にてはじめて飲んだ時、沖縄の風土にマッチするさわやかでスッキリした口当たりが美味しいです。飲む度に沖縄を思い出しますお酒だけでも美味しいですが、肉、魚、サラダとのどの料理と組み合わせても相性が抜群だと感じます。

12位:サッポロ クラシック

12位はサッポロ クラシック

サッポロ クラシックがビール銘柄の中で人気の理由

・ビール独特の苦さがあまり感じられることなく、そこまでビールが得意ではないわたしでも飲みやすいです。お店で飲んでも、コンビニなどで売ってる缶を飲んでも変わらず美味しく感じられるビールは個人的にこれだと思っています。

11位:サッポロ麦とホップ

11位はサッポロ麦とホップ

サッポロ麦とホップがビール銘柄の中で人気の理由

・ビールは冷えているほど美味しく感じるとよく言われますが、このビールは冷やして飲むと味の違いが一番わかるビールです。泡もよく出てくるので贅沢な気分になれます。適度な苦味と酸味があり、個人的にはこのくらいの辛さがちょうどよいです。

10位:ハイネケン

10位はハイネケン

ハイネケンがビール銘柄の中で人気の理由

・口当たりが独特で好きです。普通のビールに比べて軽くて飲みやすく、苦みと甘みのバランスが好きです。他の日本のビールと違って独特な味わいのため見かけたらチャレンジしています。もう少しおいてるところが増えたらうれしいです。

9位:よなよなエール

9位はよなよなエール

よなよなエールがビール銘柄の中で人気の理由

・もともとお酒が強い方ではないので、麦の風味がしっかりする、重めのテイストのビールはあまり好きではありませんでしたが、よなよなエールはパッケージが可愛かったので偶然購入してみたところ、予想外に軽めの風味で好きになりました。

8位:KIRINラガービール

8位はKIRINラガービール

KIRINラガービールがビール銘柄の中で人気の理由

・しっかりした苦味とコクが美味しくて、しゅわしゅわした炭酸と相性がとても良くてこれぞビールという味がするからです。他のビールも買うことはよくありますし、季節によっても選ぶ銘柄は変わってきますが、基本的にはキリンラガービールを選ぶ事が多いです。

・他のビールに比べてコクがあると思うから。また、昔からあり、親しみもあります。年をとった家族や年代が上の上司とも一緒に美味しさを分かち合えるのも良いと思います。変なこだわり等がなく、「ザ、ビール」という感じも好きな点です。

7位:アサヒ クリアアサヒ

7位はアサヒ クリアアサヒ

アサヒ クリアアサヒがビール銘柄の中で人気の理由

・発泡酒でもビールでもおいしいと感じてしまうので、飲むならブールにこだわらず、安い発泡酒を選択することが多い。その中でもさっぱり、ライトな味が好みなので、あるときから気づいたらクリアアサヒばかりになりました。それ以降は習慣化してます。セールしていることも多いので。

・泡立ちがよく、ソフトで飲みやすいです。苦みがほとんどなく、癖もないのでどんな料理にも合います。妻や娘もアルコールをほとんど飲みませんが、クリアアサヒは飲みやすいといっています。他の缶ビールと明らかに味が異なるので、飲み比べてもすぐにわかります。

6位:サッポロ黒ラベル

6位はサッポロ黒ラベル

サッポロ黒ラベルがビール銘柄の中で人気の理由

・深いコクとしっかりとした味わいで飲みごたえがあるのに、クセは強くなく、飲みやすいから1番好きです。主要ビールの中でば濃厚な味なので、濃い目の料理にも負けず、寒い時期にぴったりのビールです。泡立ちもクリーミーでなめらかだから、口あたりが優しい点も好印象です。

・味の好みにより、アサヒ、キリン、サントリーのビールは基本的に購入の対象外としています。今回の選択肢の中には発泡酒等もあるようですが、普通のビールが一番好みです。サッポロでも色々なビールがあり、エビスも旨くて良いですがスッキリはしないので総合的に黒ラベルが一番好きです。

・ビールの中では、味がとても好みのため。値段もそんなに高くなく、どこにでも売っているため手軽に購入することができるため好きです。大手のブランドなので、安心感があり購入して飲めるのも選んだ理由となります。

5位:サントリー金麦

5位はサントリー金麦

サントリー金麦がビール銘柄の中で人気の理由

・数ある発泡酒系の中ではどのような土地のコンビニ・スーパー・酒販店で安定して購入ができる事。味はクセがなくすっきりしてビールに近い感じがします。小売店価格も他の銘柄より比較的安めにつけられていて、小売店側もケースでの購入を進めているようです。味・価格とも非常にバランスが取れている商品だと認識しています。

・季節によって、味が若干変化するのが楽しい。また、初めて飲んだビールは苦味だけを感じたが、その後に金麦を勧められて飲んでみたら喉越しもよく、苦味だけでない味わいがあった為、それ以来好んで飲むようになった。

・香り、味、旨味があるビールが好きだから選びました。選択肢には無かったのですが、1番好きなビールは「キリン琥珀」が好きです。選択肢内で琥珀に似た商品、飲んだことのある商品と絞り込んでいくと「サントリー金麦」になりました。選択肢内のビールは全体的に薄いと感じるのですが、その中の割には濃い目の味だと思っています。

4位:サッポロエビスビール

4位はサッポロエビスビール

サッポロエビスビールがビール銘柄の中で人気の理由

・エビスビールは私が子供の頃にテレビコマーシャルで流れていた「エビスビール〜」という歌詞のミュージックと共に美味しそうにビールを飲む人の映像と、エビスのロゴマークが他のビールとは違う特別な物を感じてずっと心に残っていた大人になったら飲みたい憧れのビールでした。

・わら氏は、若いころ和食の店に連れて行ってもらった時、初めていただきました。味については、分からなかったのですが、瓶ビールということにビビったのを覚えています。また仲居さんに幸運の「かごタイ」を教わり、気にしているのも、大きな理由です。

・銘柄がサッポロ、10年間飲み続けていてたと比較してとてもコクがありまろやかでコンビニエンスストアでも購入が可能です。ビールを飲んでる感じがとてもアピール力がありのど越しも良く他品を圧倒しているところが良いです。

・選択しにあるすべてのビール飲んだわけではないですが、これまで飲んできたビールの中では、エビスが一番飲みやすいです。間違いなく個人差があるのですが飲みやすさ口当たりが好みです。上品な感じが和食に合うと思います。

3位:サントリー ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール

3位はサントリー ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール

サントリー ザ・プレミアム・モルツ<香る>エールがビール銘柄の中で人気の理由

・非常に滑らかな喉越しで飲みやすく、香りも好きです。プレミアムというネーミングが表す通り、缶ビールの中では特に、どこかラグジュアリー感が有り、気分的にも上がる為です。贈り物で貰うと1番嬉しい商品でもあります。

・スーパードライは言わずもがな。安心して飲めるしなんと言っても喉ごしとキレが抜群!香るエールは出会ったとき衝撃だった。こんな贅沢なビールあるの?!って感じ。口に入れた瞬間にフワッと香るアロマっぽい匂い。特別な日にはこれで乾杯してます!

・スッキリとした口当たりで、とても飲みやすいからです。和食でも中華でも相性が良いと思います。鼻に抜ける感じが、クセがなくてとても美味しいです。値段もそこまで高くないので、継続的に購入しやすいと思います。

・他にはない芳醇な味わいがあるし、単純に美味しいので一番好きです。味わいが深いです。他のビールも飲むけれど、結局これが地番美味しいと感じてしまいます。値段は他のビールよりも高いですが、それを払う価値があるビールです。

・ビールといえばプレミアムモルツというほど大ファンで、ずっと飲み続けても飽きのこない高級感のあるビールです。特に香りとコクが強く、他のビールとの飲み比べるとさらにプレミアムモルツのコク深さを感じることができます。

・雑味がなく香りが立ちのど越しがよく本当においしい。泡もきめ細かく口当たりがよい。苦みの効いたビールも好みだが、プレミアムモルツ、香るモルツをのみだしてからは、香りと飲み心地が優先売るようになった。食事も意外となににでも合う。

2位:KIRIN一番搾り

2位はKIRIN一番搾り

KIRIN一番搾りがビール銘柄の中で人気の理由

・KIRIN一番搾りを選んだ理由はきっかけがお父さんだからです。私がお酒を飲む前からお父さんの好きなお酒はKIRIN一番搾りでした。なぜそんなに美味しいのか聞いてみたところ喉ごしがよく、仕事帰りに一番と言っていました。なので、成人したら絶対飲んでみよう思ってました。飲んでみたところ、初めてでもとても美味しく好きになりました。これが理由です。

・昔から我が家でビールと言えば麒麟で苦味はあるけどのどに引っかかりがなくスーッと飲めるところが好きです。あとは第3のビールのような炭酸がきつめの感じがなく泡の苦味も美味しく頂けるところを好んで飲んでいます。

・コクと苦味のバランスが非常に良いです。飲み込んだ後に顔に出てしまうような、我慢が必要な苦味がないのは嬉しいです。また薄い味のキレが強いビールとは違いしっかりと味を楽しむことができるので美味しく飲めます。また、数年前に味をガラッと変えたにも関わらず、継続して買おうと思えるのは素晴らしいですね。

・やっぱり1番絞りが最もおいしいと思う。そう感じる1つは、おおくの居酒屋でも味わえるし食事が最もおいしく感じるからだと思います。昔から親まれている味というのは、結局ずっとその味に定着する傾向があると思います。

・KIRIN一番搾りは苦味が程よくありビール本来の味わいが楽しめて率直に美味しいく好きだからです、KIRIN一番搾りは喉ごしがピリッとしていて後味も良いですし品質も信頼性がありますので昔から大好きです。

・キリンビールが元々広島に工場があったのでひいきにしておりビンのラガーの苦味に慣れていました。その後、一番搾りを発売したので飲んでみるとコクと味、のどごしなど、ラガーとはいい意味でまったく別物でありすっかりファンになりました。

・父がキリン一番搾り派だったので、昔から飲み慣れているため、これが美味しいと感じる。アサヒやサントリーは苦みが足りないように感じる。エビスはキリンと似たところがあるが、値段が高いため結局キリン一番搾りを選択してしまう。

・瓶でも缶でもどちらでも良いのですが、栓を開けた時のフワ〜ッと広がる麦の香りが、たまらなくいい香りなんです。ひとくち口に含むとさらに麦の香ばしい良い香りが口いっぱいに広がって、いつまでも味わっていたいぐらいなんです。

・KIRINのビール工場で、一番搾りの作り方を知ることがあり、工場見学の延長で無料で3杯飲めました。その時の作り方に感銘を受けたのはもちろんですが、そこで飲んだ一番搾りがおいしいと感じたからです。現在スーパーなどでビールを購入する際はいつもKIRINの一番搾りです。

・美味しいからです。どんな料理にも基本的に合うし、一緒に飲む相手も、こだわりの強い人でなかったら、嫌がられる事が少ないと感じています。また、夏でも冬でも問わずに飲める爽快感も気に入っています。ラベルも少し高級感があります。

・初めの頃はスーパードライを呑んでいたが、そのうちに発泡酒、第三のビールと安価なアルコール飲料が出回りだしてそちらに嗜好が移っていきました。というのはもちろん経済的な事情からです。けれども、呑み続けていくうちに妙な酩酊感を覚えるようになり、ビールへ戻りました。決め手はコーンスターチが入っていないことに尽きます。

・飲みやすくて、ついつい選んでしまいます。まとめ買いをするため、他にもいくつか購入しますが、かならずこちらはチョイスします。スーパーなどでも、つい手に取りやすい場所に置かれていて、買い忘れることがないように思います。軽くて爽やかで香りが良くて、とても好きなビールです。

・普段、いつもこのビールを好んで飲んでいます。そのため、このビールをまず選択しました。更に、比較的他のビールよりもお手頃な価格であること。のど越しが本当に良いこと。さわやかさが際立っていること。ほとんどの人たちがこのビールを薦めています。

1位:アサヒスーパードライ

1位はアサヒスーパードライ

アサヒスーパードライがビール銘柄の中で人気の理由

・様々な銘柄を試した結果、生ビールではキリンの一番搾りとアサヒスーパードライ、発泡酒では金麦が気に入りローテーションで飲んでいました。しかし一番を聞かれると発泡酒では炭酸がキツく飲み続けるのは辛く、アサヒスーパードライとキリン一番搾りではアサヒビールのほうがまろやかで、缶でも泡のおいしさをしっかり感じることができます。キリンは少し苦みを感じるので、毎日飲むならアサヒだと思い選びました。

・どこでも買える最もメジャーなビールであるから。たくさん飲んできたのでビールと言えばアサヒスーパードライのイメージになっている。ほぼ毎日飲んでいるため冷蔵庫はアサヒスーパードライで埋まっているほど。ほかのビールはあまり買いません。

・さっぱりとした苦味と味が好きなため、選びました。海外留学をしていたときも、オーストラリアでも韓国でも比較的安価で手に入れることができた日本のビールでもあり、現地でもドライな味わいで人気があり、海外の友人とも楽しめるからです。

・まだビールの味がよくわかっていない当時になんとなく知名度でアサヒを選び飲み始めたのがきっかけです。それから他のビールもいろいろと飲み比べてみましたが、やはり有名なだけあってこちらが最も美味しいので今でもビールを買う際はアサヒスーパードライ一択です。

・苦味があって、キレがあるのでとにかく美味しく感じます。キリンは苦味が少し強い感じがしますが、アサヒはほどよい苦味で大変飲みやすいと思います。世界に流通しているためどこに行っても飲めるビールで、海外にいても飲める機会が多いのが理由です。

・特にこだわりもなく飲み始めて、飲み続けています。きれがあって喉ごしがよく苦味が丁度良いので。飲んだ後の、味わいもスッキリしていて飲みやすいと思います。他に沢山試してないので比べることはできないけれど、飲み続けたいです。