呪術廻戦カッコイイキャラランキング!イケメン登場人物は誰!五条悟の順位は!

呪術廻戦カッコイイキャラランキング

呪術廻戦人気キャラランキング

男性にも女性にも人気の呪術廻戦!

その理由の一つは、魅力あふれるキャラ達。

今回は呪術廻戦でも特にカッコイイと人気のキャラは誰なのか、アンケートの結果をランキングでまとめてみました。

是非ご参考ください。

アニメ呪術廻戦公式webサイトはこちら
アニメ呪術廻戦公式webサイト

コミック呪術廻戦公式webはこちら
コミック呪術廻戦公式web

13位:九十九 由基(つくも ゆき)

13位は九十九 由基(つくも ゆき)

九十九 由基(つくも ゆき)がカッコいいと思う理由

・謎多き特級呪術師で、「対処療法」ではなく「原因療法」を目指したいと説く。その心は…?「呪霊の生まれない世界を作る」とは具体的に何なのか。大きな影響を与えている人物だけど、具体的なことがまだまだわかっておらず大変気になる存在です。

12位:真人(まひと)

12位は真人(まひと)

真人(まひと)がカッコいいと思う理由

・純粋な悪役という印象を強く受けるキャラクターです。それ故に万人ウケするキャラクターではありませんがどこまでも自分のやりたい事に忠実で、ルールに囚われない自由奔放な性格に多少の憧れを覚えます。また、要所要所で見せる表情の変化がとてもよいキャラクターだと思います。

11位:伏黒 甚爾(ふしぐろ とうじ)

11位は伏黒 甚爾(ふしぐろ とうじ)

伏黒 甚爾(ふしぐろ とうじ)がカッコいいと思う理由

・呪術を持たない状態で覚醒前の五条悟を殺す寸前まで戦え、生前の夏油を圧倒しているところ。また、渋谷編で魂だけになった状態でも憑依先の魂に打ち勝ち身体の権利を手に入れてまで戦いに溺れる姿はかっこいいと思いました。

10位:東堂 葵(とうどう あおい)

10位は東堂 葵(とうどう あおい)

東堂 葵(とうどう あおい)がカッコいいと思う理由

・素手で強力な呪いを倒していくというスタイルがとても好きです。そんなに強いのに頭の中は常に自分の好きなアイドルのことばかりで、集団行動は苦手ですが気に入った人間のことはブラザーと呼ぶなどの一面を持っているところが好きです。

・一見、筋肉質の肉弾戦専用のキャラかと思いきや、意外と冷静なところをもっている。また能力のブギウギでは単的な能力にも関わらず圧倒しているところが好きです。あとは勝手に他人の記憶に介入していくところが良き点です。

9位:三輪 霞(みわ かすみ)

9位は三輪 霞(みわ かすみ)

三輪 霞(みわ かすみ)がカッコいいと思う理由

・登場シーンで真面目な顔をしつつ「ヤベー生五条悟!」という彼女の脳内音声にギャップ萌えしました。この脳内音声が流れているとき、五条に対して口では「規律を守ってもらいます。」と堅物感を出したりしているのが更におもしろかったです。

・呪術廻戦のキャラで唯一といっていいほどの常識人(他が異常すぎるというのもありますが)。真面目で礼儀正しいキャラクターニに好感が持てる。また家が貧乏という設定も健気さが一層引き立てられる。嘘をすぐに信じてしまう正直者な点も好き。

・実際の態度と脳内での考えが真逆であることが多く、そのギャップが面白く、かわいい。また、どこか変人である呪術師の中でかなり一般人の感性に近く、共感しやすい。そして、武器が刀と個人的に好きな武器を使っているため。

・ルックスがとても好み。水色の長い髪とクリっとした眼がとてもかわいい。性格もとても一般的で常識的であるが、ミーハーな一面もあるところがとても素晴らしい。貧乏なところも良いと思う。また、声優さんの赤﨑千夏さんの声も好み。

・三輪霞は最初見たときはとてもかわいい女の子のイメージがあって視聴者を一目惚れさせるような可愛さがあったことがポイントだった。また、可愛らしい容姿だけでなく彼女の性格についてとても惹かれるところがあった。

8位:パンダ

8位はパンダ

パンダがカッコいいと思う理由

・最初は、着ぐるみかと思ったけど、本物のパンダのようで設定がおもしろいです。戦っている時はけっこう強いし、ゴリラになるのもなんかおかしくて好きです。でも戦っていない時はかわいい。あんな先輩いたらいいなと思った。

・まず初めにパンダというキャラクターがペットとかそういうものではなくて、ひとりのキャラクターとして描かれているところにとても惹かれました。喋るところも面白いけど、なぜかコミュニケーション能力が同級生よりも高いというところも驚きました。パンダなのに。

・自身の姿が人間とは異なり、存在も呪骸であることを知った上で呪術師として生きていこうとする姿がかっこ良い。そして、自身が人間と異なることを誰よりも知るからこそシリアスな場面でのセリフに対して重みがあり、共感できるため。

・容姿が被りやすくてキャラの特徴がわかりづらいものが多いのだが、パンダは容姿という点で差別化できているから内面だったり特殊能力の方に焦点が向きやすいという意味で選んだ。常に出演するキャラでないという点もいい。たまに出るとアクセントになってマンネリ化を防げるから。

・呪術廻戦はアニメから入ったのですが、OPの時点で「なんかパンダがいる?!えっ、めっちゃかっこよく移動しているやん」となり、やっと登場してきたときには「しゃべる!そして声が良い!!」となりました。メカ丸との戦闘シーンは手に汗を握るものがあり、かわいくいかついパンダ先輩が好きです。

・パンダというビジュアルだが、意外といつも正しいことを言っている。自分のことや役割を客観的にみていて、結構大人なところがいい。近くもなく、遠くもなくちょうどいい距離感で仲間に対して愛情も感じる。メカ丸と対戦したときの言葉が愛情深くて感動した。声優の関智一さんの暑さと緩さの緩急が絶妙なのもいい。

7位:釘崎野 薔薇(くぎさき のばら)

7位は釘崎野 薔薇(くぎさき のばら)

釘崎野 薔薇(くぎさき のばら)がカッコいいと思う理由

・髪がショートカットで茶髪で、顔もとてもきりっとしていて好み。しかし、性格はとても男らしいところもあり、強さも備え持っているとても良いキャラクターだと思います。また、声優さんの瀬戸麻沙美さんの声もとても自分としては合っていると思い、とても良いです。

・上京してきて原宿や新宿等都会を満喫しているところが可愛いなぁと。ガラの悪い話し方が好きで、めちゃくちゃかっこいいなぁと思いました。でも媚びることも知っていたりとその強かさや、気の強い性格の裏で様々な葛藤があるところも魅力的です。

・一見乱暴な感じもしますが、女友達としては実際にいたらぜひ仲良くしたいなと思います。サバサバしていて姉御肌なように感じますが、とても仲間想いなところが一番好きです。喧嘩を売ったり言葉遣いが荒いところもありますが、仲間にいたら仲良くしてくれそうだと感じます。

・野薔薇の魅力は、自分自身が何者でもない、自分であるという信念みたいなものを持っていることだと思います。
「男とか女とか関係ない」とか、「私が大好き」みたいなセリフには考えさせられるものがあります。
今後野薔薇が周りのキャラとどう関わって何を感じていくのかが楽しみです。

・田舎から上京するという自身とも重なる部分があること、非常にポジティブな性格で男勝りな性格なのが自身の好みのタイプとも重なって好きなキャラの一人です。その反面女の子らしい一面もみられる時があり、そのギャップも好きです。

・気の強い性格と気の強そうなビジュアル。口が悪いけど本当はとても優しくて、自分の大事な人を全力で慕って守るところが本当に性格のギャップとして最強。またジャンプヒロインの中で神楽に並んで色気がないところも好感度が高い。

6位:伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)

6位は伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)

伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)がカッコいいと思う理由

・本人は物静かなキャラクターだけど、使う呪術(式神)がみんなかわいい。不知井底が呼び出したとき足に絡まっていたり、蝦蟇(がま)の鳴き声が「ゲロンチョ」だったりコミカル。式神たちは、みんな伏黒にな懐いていて、普段の伏黒とのギャップを感じて好印象。

・普段はとてもクールで冷静なのですが、先頭となると頭の回転が速いのですが、とても仲間想いなとことによって危機にはなりますが、その時に自分の底力?を発揮し成長する姿がいいです。すごく仲間思いな場面なときほど口数が少ないのもいいです。

・登場当初はクールなキャラだと思っていたが、実は仲間思いで熱い一面を持っているところがグッときます。
まだまだ秘密が多いキャラで、どんな過去があるのか、なぜ宿儺が伏黒に一目置いているのか、今後の展開が非常に気になります。

・無愛想で冷静、そして真面目。素っ気ない態度をとっていますが、悠仁と出会ってからツンデレとはこれだ!!というくらいのツンデレです。悠仁が無事だった時のデレが最上級に萌えます。野薔薇ちゃんとのやり取りも可愛くて好きです。

・同級生なのに虎杖とは正反対の無口でクールなタイプで現実に居たらかっこいいだろうなーと思います。スクナに強さを一目置かれているのかな??これからものすごく強くなっていく人なのかなと期待しつつなんか可愛い面もあるキャラクターだと思います。

・真面目なのに、虎杖悠二達と関わって、振り回されてる感がいい意味で面白いし、クールにみてとても暑いところがあるのがかっこいい。この人がテンション上がったらどうなるのか見てみたいと想像するのも楽しいから。

5位:禪院 真希(ぜんいん まき)

5位は禪院 真希(ぜんいん まき)

禪院 真希(ぜんいん まき)がカッコいいと思う理由

・由緒ある名家に生まれながら才能に恵まれなかったキャラクターだが、それを補って有り余る格闘スキルと呪物の扱いの巧さに惚れる。いずれ当主を継ぐという揺るがない信念を持っているところがかっこいい。あと単純に黒髪で眼鏡というビジュアルが好き。

・御三家の生まれなのに呪力がないという不運を背負いながらも、凛と背中を伸ばして生きるその姿に惚れ惚れします。一見クールなのに、実は優しい。強い彼女が持っているのは、決して分かりやすくはないけれど真の優しさだと思います。

・呪術界のエリート家系に生まれ全く呪術が使えなく一族から落ちこぼれと見られてつらい中反骨精神でのし上がる姿勢が凄く魅力的です。ハンデがあるにもかかわらず2級呪術師レベルの強さを持っているというところがかっこいいです。

・男勝りで面倒見の良い姐御肌なところ。相手を基本的に下の名前で呼び、一年次の担任だった五条悟や、ほぼ初対面の虎杖悠仁も下の名前で呼んじゃうところ。
釘崎野薔薇のことを「パシリ」と呼んでいるのに、呼び名に反して非常に可愛がっており、釘崎からも懐かれている良き先輩なところ。

・まず、メンタルがすごく強いし、芯がすごく強いところが尊敬します。言葉使いは若干ぶっきら棒ですが、相手をとてもいつも思っていて、戦闘中でも自分は呪いが見えないのに、そんなの関係ないと、逆に呪いが見えないのにここまで強いんだという芯の強さと、努力が尊敬します。

・思わず「おねい様!」と叫びたくなるような超男前キャラの真希さんが女性キャラの中では一番好きです。特殊な生い立ちで育った影響もあって何処か達観した言動をする真希さんですが、その実仲間や妹思いな面を持っていたりするところが真希さんを好きなポイントです。

4位:七海 建人(ななみ けんと)

4位は七海 建人(ななみ けんと)

七海 建人(ななみ けんと)がカッコいいと思う理由

・きちんとしているところがいいと思います。服装もかっちりしていて、時間にもきっちりしていて、物言いも常識的で、大人の魅力があります。その割に、気持ちがまっすぐで、経験して感じて方向性を決めていくところがいいと思います。子供にも優しく、大人としてふるまうところもいいです。

・ナナミンは漫画ではそんなに好きではなかったのですが、アニメ版にて津田さんが声優であるのと嫁の推しメンであるためナナミンを推します。戦闘で言えば、虎杖の師匠のような立ち振る舞いがあり最後の真人戦では泣きました。

・呪術師とサラリーマン、両方の立場を経験した上でどちらもクソであると断言するし、悪い部分を知りながらも腐ることなく適性がある呪術師という存在を選び、生き抜く姿がかっこよく感じるため。また、自身の限界をも知りながら持てるすべてで状況を打開しようとする姿がとても印象深いため。

・金髪の大人キャラが好きなので、呪術廻戦の推しは断然ななみんです。常に冷静沈着でリアリストな性格ももちろんですが、あの個性的なメガネの下に潜むイケメンが私の好みど真ん中です。あと、呪術師になった経緯なども個人的に好きだなと思ってそこもななみんを好きなポイントです。

・一見冷静沈着で、瞳の見えない眼鏡と敬語で話す事もあり無機質なイメージを受けますがその内面で人を助ける事に尽力している姿がとても印象的でした。また、上記イメージがありながらも脱サラをして呪術師になったという背景も何と無く親近感が湧いてしまいます。

・論理的な考えで、率直に正しいことを言えるキャラクターが好きです。優しく見えないけど、彼なりのポリシーを持って優しい心が見えるのが素敵です。中身も好きですが、術式も頭脳派で強くて、面白いです。時間外労働をせずに、パフォーマンスを上げるという現実的な考え方に納得です。

・元会社員ということでキチキチっとしており、その攻撃方法も7:3など几帳面かつ真面目なキャラで、自分の意見もハキハキと言うキャラですが、意外と情に熱かったり、仲間思いであることにとても良さを感じました。

・虎杖悠二と共に戦った時に、ものすごく強くはないが、虎杖を思いやって戦う姿に惹かれた。自分が危ない状況にあるのにも関わらず、自分の使命を全うする姿がすごく印象に残っている。話し方も乱暴な感じではなく丁寧なので、より好感が持てた。

・「ななみん」の愛称からはかけ離れたストイックな人物ですが、過酷な労働になりがちな呪術師の仕事をきちんと時間内に済ませようとするきちんと感は好感が持てます。冷たいわけではない、隠された優しさがななみんにはにじみ出ていてとても魅力的なキャラクターだと思います。

3位:狗巻 棘(いぬまき とげ)

3位は狗巻 棘(いぬまき とげ)

狗巻 棘(いぬまき とげ)がカッコいいと思う理由

・マッシュヘアーに紫色の瞳なのに0巻ではまるで現在の虎杖のような短髪の見た目だったという点、口元の蛇目と牙の印もかと。そして呪言という一際目立つ術式であること、普段はしゃけ、おかかなどおにぎりの具の語彙という可愛さなのに術式を発動するときのかっこよさのギャップ。

・狗巻先輩は普段からおにぎりの具のことしか言わないのが、とても可愛くて好きです。それでいて、呪術を使う際のギャップがカッコよく魅力的なキャラクターです。所々面白さも兼ねているので、出てくるとほっこりします。

・白いさらさらの髪がかっこいいのに、ちょっと天然ぽい所もあって可愛く思う時もります。
言葉もおにぎりの具に制限されているので、他の言葉を話す時はレアな感じがありテンションが上がります。
私としては、口元の紋章?入れ墨?みたいなのがセクシーで好きです。

・一番は見た目が自分の好みです。また、呪言という術式も最強な感じがしてかっこいいということと、それによって普段の会話がしゃけ、おかか、ツナマヨなどの話し方になるのが面白いと思いました。その言葉のチョイスがおにぎりの具であることも、かわいさを感じます。

・見た目・普段はおとなしく(呪いのせいですが)かわいい感じなのですが、いざ戦闘・仲間の危機になると自分よりも仲間を優先して戦う性格がとても惹かれます。また、口数が普段少ないのに、先頭になると本気になるギャップがいいです。

・前回のアニメの放送でボロボロの状態にも関わらず、伏黒恵を守ろうとしたところに惹かれました。普段、おにぎりの具材しか声には出さないので、戦いになった時に意味のある言葉を発するのがとてもかっこいいと思ったからです。

・最初に登場したときに「しゃけ」「おかか」などしか話さなくて謎だし無口な不思議キャラな先輩かと思ったら、言霊を操るために普段は無害な言葉しか話さないと知り、実際に戦闘で言霊を操る姿と声にドはまりしました。しかもだんだん「しゃけ」とか「おかか」などの返事で何と言っているのかわかってきたような気がします。もっと出てほしいです。

・まず口元を隠した上で確認できる童顔とたまに見える顔がとても可愛い。おにぎりの具しか話さないという経緯にキャラクターのバックグラウンドがきになるしパンダと仲がいいのでそこのストーリーもきになる。そもそも銀髪マッシュルームヘアが個人的にとても好き。

・見た目が可愛いのに、会話が全ておにぎりの具、最強にかわいい。大事な時ですら、ツナマヨなどと返答するが味方には伝わるミラクルがたまりません。呪言の反動で血をよく吐くが、それでも倒れないところや、喉スプレーを持ち歩いているところも好き。

・寡黙で素敵。それなのに、おにぎりの具しか普段の会話で発せないところがほっこりします。それが受け入れられているのも人徳に感じます。あまりしゃべらないだけに、闘いで発する言葉に重みを感じます。味方を助けるために発する言葉に優しさを感じます。

2位:虎杖 悠二(いたどり ゆうじ)

2位は虎杖 悠二(いたどり ゆうじ)

虎杖 悠二(いたどり ゆうじ)がカッコいいと思う理由

・自分にはない明るくて真っ直ぐで自分より周りの人を真っ先に考える性格が憧れます。人の気持ちが分かる優しいところがとてもいいと思います。宿儺が入った瞬間の悪い表情が同じ顔なのに全然違うのでギャップにキュンとします。

・王道中の王道という感じが好き。特殊能力あるけど最初弱いが修行して最強になるパターンは鉄板だなと感じます。呪いを取り込んで呪いと対話できるのも斬新で良い点。頑張れば報われる社会になってほしいなという個人的な願望も含めて評価しました。

・虎杖のような真っ直ぐな性格で、強き人間の生き方を真っ当している姿がカッコイイです。友達として一緒に居たいと思います。また、自分を犠牲にしても、友情や弱きを守る選択をする。自分の誤りを認めれる彼だからそ、宿儺の器になれたのだと思います。

・見た目によらず優しい性格な男の子で見ていて応援したくなる感じ。でも呪い食べるのは頭おかしいとしか思えないけれど。笑スクナと共存しつつ五条さんに鍛えられて次第に強くなっていく所がすごいなぁと思っています。

・可愛い。五条先生が好きなところも、友達思いなところも見ててほっこりするし、何よりとにかく可愛い。人懐っこいところも現実に、自分の周りにこんな子がいたら楽しいだろうなと思う。人見知りの自分でも友達になれそう。

・祖父に言われた『オマエは強いから人を助けろ』といった言葉を軸に、人を助けようと頑張る姿は、THE少年漫画感がありました。最初は荒削りな部分もありましたが、仲間との時間、敵との戦いで徐々に成長していく姿は応援したいと思わせてくれます。

・一見すると普通の高校生っぽいのに、運動面ですごい力を持っているというギャップが好きです。また、飄々としていて、うまく社会を渡り歩いていけそうな器用さもあるのに、人を助ける時は捨て身で行くところも好感が持てます。意外とおじいちゃん思いで悪態をつきながらも心配している感じが伝わってきて、素直に表現できない子供らしさもとてもグッときます。

・なんと言っても主人公。真っ直ぐで、飾らず、人に対しても物事に対しても、いつも核心を突く優しさがカッコいい。何かあった時に、いつも女の子を先に守っていて、お姫様抱っこもスッとする。気が付けば誰とでも上手く掛け合いをしていて、コミュ力の高さが尋常じゃない。

・とにかくどこまでもまっすぐで、自分の普段の行いに罪悪感を感じてしまうほどのいい奴、特に吉野順平を助けられずに落ち込んでいるシーンは、他人を思いやる優しさにあふれていて、まさにジャンプの王道主人公といった感じ。
この後どのように成長していくのか、呪いを取り込み続けてどのようになるのかがきになる。

・純粋に彼の身体能力に対する評価が一番大きい。アニメでの感想でしかないけれど。一話の彼の素の身体能力が人間離れしているという点において物語の主人公としての特徴が良い。また、彼の精神面においても好感が持てる。両面宿儺を身に宿している状態でなお意識を保って日常を生活しているところはなんか面白い。

・どんな相手でも物怖じせずに立ち向かっていくところや周りを勇気づけてくれるような言動、行動が好きです。また、自分にはない誰に対してもフレンドリーに接することができて、人懐っこい性格を持っているところも好きです。

・主人公なので、王道のまっすぐであつい性格なのが好きな所です。あと、まだまだこれからどんどん強くなると予想されるので、どれだけ強くなるのかが楽しみなキャラクターです。みんなからも人気があって優しいところも好きです。

・主人公の虎杖悠二も猪突猛進な性格が好きなキャラクターです。単純ですが、じいちゃんの想いを大事にし、宿儺に取り込まれることなく成長しているところに魅力を感じます。主人公らしくどんどん強くなっていく感じが面白いです。

・死刑が確定しているのにそれを忘れているかのような元気な姿に自分も頑張らなきゃと思わされ、元気づけられるような気がします。戦う時の真剣さが普段と違いきゅんとします。おじさんとの約束を守ろうとするところ、常に人思いなところ完璧な主人公です。

1位:五条 悟(ごじょう さとる)

1位は五条 悟(ごじょう さとる)

五条 悟(ごじょう さとる)がカッコいいと思う理由

・ひたすらにイケメン。少しNARUROのカカシ先生的なところがあるのも好きです。最初からチート感満載の先生、人を茶化しつつも、深い感情は読めない、人間味が少ないように感じる時もあるところも素敵です。夏油との過去の話もアニメ化するのがとても楽しみです。

・やはり格好いいのひと言につきます。容姿端麗かつ、最強。飄々として何考えてるか分からない、いい人なのか、冷酷なのか、掴んだと思ったのに覆されたり、振り回されてしまうのです。どうか五条悟がいい人であって欲しいと願っています。

・最初は術式を理解するのに現実にはないもので難しいとは感じましたが、一番強いのが魅力だと思います。目元のマスクをはずしたときや、戦う前の澄んだ感じがとってもかっこいいです。また、普段の軽いキャラクターな感じに好感が持てます。

・何て言っても五条悟。強すぎるし、初めて目を見た時の衝撃が忘れられない。カッコ良すぎて、フリーズして震えました。普段は適当キャラですが、ここぞという時の頼りがいと、表情が見惚れる。敵相手に見せる冷徹すぎる表情もかっこいい。

・目隠しをしていて怖い人かと思ったが面白い性格で好印象でした。また、領域展開をするときの目隠しを取るシーンがかっこいいです。特急呪霊を瞬殺するほどの強さにあこがれを感じます。生徒の事を考えているところに先生の模範的なのも感じます。

・五条悟のキャラクターはとても愉快な性格がメインで彼がいるときはほとんどギャグ要素の塊になるシーンが多い。またギャグの要素がなくなるとただの美形イケメンになってまたシーンが映える。そしてこれを挙げるとファンに叩かれる可能性があるが、五条悟の名前はどことなくイナズマイレブンに登場した五条勝と名前が似ている点でネタにされることが一時期あった。普通に面白い。

・普段、目を隠しているが、戦いの時に外したことがあり、その時にとてもかっこいいと思ったから。顔だけではなく実力も相当なモノで、相手を圧倒していたのもすごくかっこよかったです。そして、普段の生活でも周りの人たちとの絡みがすごくだる絡みで、親近感を覚えました。

・眼を隠して登場していたので、あまり何を考えているのかわからないしひょうひょうとした喋りが掴みどころがなくてただの得体のしれない先輩という印象だったのが、あの瞳を見てしまったらもう転がり落ちるように惚れてしまいました。たまにしか見られない全顔、貴重なので楽しみです。

・呪術廻戦のチートキャラの五条悟が個人的に好きなキャラ第2位です。彼を好きなのはその美しすぎるビジュアルもあるのですが、敵にそうそう負けない圧倒的な強さがやはり1番の理由です。彼なら大丈夫だという自信があるので安心して推せます。

・普段は冗談をよく言ったり、ふざけている印象が強いが、いざ呪霊との戦いになると他を圧倒するような強さを発揮するギャップに惹かれるため。また、常に相手の一歩先にいくために根回しや計画など抜かりなく進めていくところ。

・サングラスと素顔のギャップ。そもそも最強を自称して本当に最強なあたり人としてかっこよすぎる。個人的には素顔よりもおしゃれサングラスをかけた姿がタイプ。あと何と言っても圧倒的な高身長で男として二次元のとはいえレベルが高すぎる、、

・飄々とし立ち振る舞いと初期の素顔が見えないというミステリアスさがまず好印象でした。そして何より強いのとふざけているように見えて芯の部分は強い信念を持っている所も最高です。素顔も吸い込まれるような青い瞳が普段の彼とのギャップもあいまり鮮明に印象に残りました。

・圧倒的な無敵感が、クールでかっこいい。普段はコケティッシュな振る舞いをしていますが戦闘力以外にも、洞察力やマネージメント能力、行動力、言葉の選び方など配慮があって、聡明さを感じる。声優が中村悠一さんというもの良い。

・アイマスクを取ったら超イケメン。そして宿儺の攻撃もよけれる程強い。何を考えているかわからないミステリアスなところがたまらなくツボです。また、ポジ的に信頼され尊敬されているであろう先生がかなり性格が悪いというところです。

・圧倒的な強さと、戦闘シーンでのユーモアや余裕がより最強さが表現していてカッコイイからです。また、領域展開での目隠しを外した姿が普段の姿とギャップがありとってもカッコイイです。アニメでは、声もマッチしていていいと思います。

・読み始めから何故目にバンダナ?アイマスク?のようなものをしているのか不思議だったけど圧倒的な強さといつもふざけたキャラクターが好きだなと思って読んでいました。呪いに待ち伏せされて対峙するシーンでバンダナを外して戦ったときに予想外の美男子だったので驚いたけど余計好きになりました。

・やはり五条先生は呪術廻戦の中で1番カッコよくて好きです。最強を自負し、圧倒的に敵を倒す姿は男女問わず惚れると思います。特に普段は隠している眼を見せ領域展開を行ったシーンは1番大好きなところで鳥肌ものでした。

・強くて素敵だと思います。いつも余裕を感じます。物言いが率直なのに、思慮深さも感じます。なにより生徒に本当の意味で優しく、生徒のことを一番に考えてくれます。自分の立場を守ろうという気が感じられません。顔がとても綺麗です。

・最初は好きな声優さんが声を担当しているから、見てみたくなり見始めたが、クールに見えて生徒思いなところとかすごく好きだし、強いのもいいし、ただひたすらかっこいいのも見てていい。頭の回転も速く言葉のやり取りも面白い。

・まず第一に登場人物内で最強である点がとてもかっこいいと思います。最強であるにも関わらず適当な性格をしているのギャップにとても萌えます。そして、何より生徒思いの先生であるというのがとても良い点だと思います。

・白髪で目の色がとてもきれいな碧眼であるから。また、アニメの声優さんが中村悠一さんでとてもキャラクターのイメージと声が合っていて、とてもかっこいい。しかも、とても強く、先生役としての役割がすばらしいから。

・作中最強のキャラクターであるにもかかわらず、ギャグシーンも難なくこなせてどんな場面でも頼りになるところがギャップがあって好き。普段は目を隠しているがそれが現われた時の見た目がかっこいい。銀髪(白髪?)のキャラというところもポイントが高い。

・世の中、無力で歯がゆい思いをさせられることが多いと感じる人も多いと思うので、五条悟の圧倒的な力というのは魅力に映り、自分も圧倒的な力があればどういう生き方ができるんだろうと想像を楽しむことができる点。