ヴィヴィ-フローライトアイズソング-面白い?つまらない?アニメVivy-Fluorite Eye’s Song-感想口コミ評判!好評不評の理由は!

Vivy-Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)アニメ感想口コミ評判!

Vivy-Fluorite Eye's Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)アニメ感想口コミ評判

Reゼロの長月達平氏がかかわっているでも注目の作品、アニメ「Vivy-Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)」が放送開始です。

作画もきれいで、謎めいた設定・ストーリーが気になると話題になっています。

アニメVivy-Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)は面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

Vivy-Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)アニメ公式webサイトはこちら
Vivy-Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)アニメ公式webサイト

Vivy-Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)面白い?つまらない?

Vivy-Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)前評判:面白そう・楽しみ

・私の使命は歌でみんなを幸せにすること、というサイト上でまず目に入った文言から「ん?マクロスか?」とも正直よぎりました。ですがAIとしての存在意義や触れ合いを通して、人間ならざる者としての哲学を垣間見える気がしてその描写が濃密であると面白そうだと感じたため。

・シリーズ構成・脚本に長月達平さんがいらっしゃるということで、どんな展開になってしまうのか、ただでは済まないだろうな、という期待値が上がっています。作画もとてもきれいで、PVを見ただけでもどのカットも格好良く、ストーリーと合わせてのめりこめそうな世界観だと思いました。

・謎めいたキャラクターがたくさん出てきて、とても魅力的に感じます。自分の歌で人々を幸せにしたい。ヴィヴィのその願いは叶うのか、そしてマツモトの言うように、人類とAIが争う日は来るのか、そのストーリーにはかなり惹かれます。

・主題の1つに『歌』があるので、アニメになる事によってその主題がしっかりと視聴者に伝わりそうなので。また、Re:ゼロから始める異世界生活を執筆された方やアニメの脚本を一部担当した方が共同で原案とシリーズ構成をされたとの事なので期待しています。

・独特の世界観に引き込まれた。SFが好きなため、非常にワクワクする。これからどのようなストーリーが展開されるのかという期待感を持てた。「歌」をテーマにしているということでどのような曲が奏でられるのか、是非アニメを見てみたい。

・AIが人間を滅ぼそうとするというところまではよくあるテーマですが、歌手のAIが人類を救うために行動するというところがすごく面白そうだと思いました。歌唱パートと会話部分で声優さんが違うのも聞き応えがありそうで楽しみです。

・望まぬ未来を回避するタイムトラベルもの、自立人型AIの自我の確立といったSFの要素を詰めていながら、「歌」というAIとはかけ離れていそうな要素が入っているところが気になりました。歌をどうSF要素に絡ませてくるのか、どのような歌を聞かせてくるのか予想がつかず、面白そうだと思いました。

・オリジナルアニメが元々好きなのと、キャラクターデザインも近未来っぽく、そして可愛らしいからです。シリーズ構成と脚本に「Reゼロ」の長月達平先生が加わっているのも見どころかなと思っています。高橋裕一先生が総作画監督にいるのも安心できます。

・オリジナルアニメなのかな?HPのあらすじを読むとAI歌姫+未来改変のSFモノということで重く難しそうな印象。そういうの好きですよ。調べてみたらRe:ゼロから始める異世界生活の作者が原案・シリーズ構成ということで期待値アップです。WITSTUDIO制作ということでクォリティの水準は大丈夫でしょう。PV見たらなかなかハードアクションな内容になりそうです。

Vivy-Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・壮大なファンタジーという感じで、最近流行りっぽいAIを出しているところが、共感を持ちますが多分見ないと思います。年を取ってからあまりファンタジーなど、受け入れられなくなっています。どちらかというとリアルが好きです。

・アニメーションやキャラクターデザインは非常に綺麗で期待できると思います。AIを題材にした作品も多く、身近になってきていることでハードルは比較的高く、もう一つの題材が歌ということもそこまで興味が湧きませんでした。連載後に面白みがわかる作品だと想像します。

・「歌でみんなを幸せに」しかもAIです。みんなとは人間なのかAIなのか、どちらを幸せにする話なのだろうか。結果的に良いAIと悪いAIとが人間の為に戦う物語になるのでしょうか。ひと昔前に良い宇宙人と悪い宇宙人が地球人の為に戦う物語と同種なのでしょうか。

・元々個人的にAIについてはあまり興味がなかったため、あらすじを読んだ時点であまり興味が湧かなかったです。また主要キャラクターの情報が少ないことから、ストーリーが想像できなかったこともあり、現時点ではおもいろそうという印象は得られなかったです。

・AIの歌姫が歌で人を幸せにする物語なんですが、これは主人公に共感できる要素が全くなくまた歌で人を幸せにするというのも曖昧というか無理なのではと思ってしまいます。正直見る気はないし、興味がそそられない設定と言えます。

・リゼロの原作者が原案に関わっていたり,WIT STUDIOがアニメ制作を務めたりと,気になる要素は多いが,キャラクターデザインや歌で世界を救うといった世界観設定に目新しさを感じなかった。今後追加発表される声優によって注目度は変わると思う。