ドラ家面白い?つまらない?ドラゴン、家を買う。アニメ感想口コミ!森本レオのナレーション評判や好評不評の理由は!

ドラ家アニメ感想口コミ評判!

家ドラ感想口コミ評判!

一風変わったファンタジーアニメ、「ドラゴン、家を買う。」が放送開始です。

原作も人気のコンテンツですが、はたしてアニメの評判はどうなのでしょうか。

アニメドラゴン、家を買う。は面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

ドラゴン、家を買う。アニメ公式webサイトはこちら
ドラゴン、家を買う。アニメ公式webサイト

ドラゴン、家を買う。面白い?つまらない?

ドラゴン、家を買う。前評判:面白そう・楽しみ

・絵のタッチからすると、ドラゴンと人間が武器や魔法で戦うようなイメージはあるが、ストーリーを見ると弱いドラゴンが住める家を探す冒険のようでそのギャップが面白い。どのような話に発展するのかをアニメを見て知りたい。

・タイトルからして面白そうだし、キャラクターも魅力的でストーリーも楽しそう。ドラゴンと魔王という組み合わせも新鮮なファンタジーといった感じだし明るそうな内容みたいだから観ていて元気が出そう。作画もキレイなのでかなり期待できる。

・ちょっと想像がつかないドラゴンが家を買うという設定でのアニメですが、何故か癒されます。 ドラゴンの寝方等も表現されており今迄になかったジャンルのアニメで新鮮さもあります。見た目と違って可愛いドラゴンの話しなので皆ハマると思います。おススメです。

・一族から勘当された臆病なドラゴンが不動産屋のエルフと一緒に安住の地を探すという話だそうだが、絵柄を見る限り激しいバトル展開というよりも心温まる展開になるんじゃないかと勝手に想像しています。だとしたら穏やかな気持ちで見れそうで楽しみです。

・序盤のマンガは読んだ事があり、面白いです。勘違いをされやすいひ弱なドラゴンが家を探すために色々な場所を周るのですが、その場所で起こるハプニングや家の問題。最強種族であるドラゴンに対するギャップが笑いを誘い、見ていてニヤニヤしてしまいます。

・本来悪役の立場であるドラゴンが主人公であり、勇者一行とドンパチをしながら目的を遂行するというのはありがちな設定だと思いますが、家を探す事を目的とする作品はなろう系ではありそうで無かったテーマだと思います。

・ドラゴン×不動産がインパクトでどんな展開になるのか気になるから。又、映像がドラゴンクエストっぽくて小さいころにゲームをしていた世代には特に懐かしさも感じられるかなと思います。キャラクターがとても可愛い。

・近年、転生系・異世界系のアニメが流行していてこのアニメもまた同ジャンルであるだろうという点から私は一番に興味を引かれました。また異世界系でも、非現実的な世界に「家」という現実的要素が組み込まれていることによって、サブカルチャーのこのコンテンツから現実的な内容を学ぶことができそうな内容を連想し、視聴したいと思いました。

・ドラゴンと魔王という異色のコンビネーションが興味をそそられます。画質も自分自身好みでありますのでたいへん面白そうだと思います。声優陣も実力者ばかりなので、演技の方も実に楽しみで、音楽制作も実力者なので楽しみです。

・ドラゴンが家を買うというのは斬新な設定だと思います。家のメリットやデメリット、築年数といった物件を決めるための選択肢が人間と同じところも感情移入できると思う。話のノリも軽めなので、ながら見したり気軽に見れそうなアニメだと思います。

・ タイトルから全くストーリーが想像できなかったが、ホームページを閲覧したところ絵柄がけっこう好きだったから。登場人物たちが魅力的で、どんな展開が待ち受けているのか期待が持てる。平川大輔さんが出演するので、声を聴いてみたくなった。

・タイトルからして「ドラゴン、家を買う」というファンタジー×不動産のミスマッチに興味をひかれました。どのような経緯で家を探すことになったのか、どのような家が欲しいのか、そもそも家にドラゴンが入れるのか、見てみたいです。

・先ずは絵が好き。最近のCGみたいな少し3D感のある絵じゃないのが良い。内容に関しては突拍子もない感じではあるけど、ドラゴンが家を不動産屋と一緒に探すっていうところが未知数で、今後の展開が読めないから気になって見たいと思った。

ドラゴン、家を買う。前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・絵柄は好きだし、タイトルもインパクトがあって興味を引きます。ですがストーリーの内容を確認するとドラゴンと不動産屋の家探しとあって残念。私がドラゴンに求めるのは冒険であって、決して安住の地や家探しではないと言えます。

・原作未読で、試し読みにてストーリー1話目をみたが、ストーリー展開のどこに面白みを見つけたらいいかわからない。アクションなのか、設定なのか、キャラクターなのか?作画は良さそうでなのですが、作品自体の魅力が薄い。