アニメさよなら私のクラマー面白い?つまらない?感想口コミ評判!四月は君の嘘ファンの意見・好評不評の理由は!

さよなら私のクラマーアニメ感想口コミ評判!

さよなら私のクラマーアニメ面白いつまらない感想評判

原作も人気のコンテンツ、「さよなら私のクラマー」が放送開始です。

「四月は君の嘘」の作者新川直司氏の作品という事もあり、注目の作品ですね。

アニメさよなら私のクラマーは面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

NOMADメガロボクス2公式webサイトはこちら
NOMADメガロボクス2公式webサイト

アニメさよなら私のクラマー面白い?つまらない?

アニメさよなら私のクラマー前評判:面白そう・楽しみ

・女子サッカーをモチーフとしたアニメはこれまでなかったのはないかと思う。ストーリーは、弱小チームに個性派ぞろいの強キャラが何人か入ってくることから始まるようだが、このような主人公とともにチームが強くなるストーリーは是非見てみたいと思う。

・「四月は君の嘘」の作者さんのアニメということでかなり楽しみ。サッカー漫画という事でスポーツ系というのは意外だけど、どういうストーリーなのか気になるところ。キャラクターも可愛くて魅力的なのでかなり期待できる。

・これは面白いです。私はサッカーが好きで海外サッカーやJリーグなど、忙しくて試合観戦は出来なくてもハイライト等は必ずチェックしております。そして女子サッカーもよくTV等で拝見しますが「さよなら私のクラマー」は、サッカー好きにはたまらなく良い作品で、サッカーを通して繰り広げられるヒューマンドラマが非常に良い構成として物語となっております。是非おすすめです。

・女子高生×サッカーという作品が今までになかったのでとても新鮮。サッカーを通じてどう成長していくのかどう話が展開していくのかが非常に興味深いです。ポップな感じの映像とキャラクターが可愛いのもいいなと思います。

・新川直司著「四月は君の嘘」でかなり感動させられたので期待値は高いです。私自身も思春期にサッカーに明け暮れていたので共感する点もあり新川さんの作品ということも相まってアニメ化は非常に楽しみです。原作のスピード感が再現されますように。

・女子サッカーに焦点を当てた作品です。なでしこジャパンの活躍で、知名度はあるものの男子選手と比べると生涯賃金は厳しい。そんな中で万年弱小チームからの勝ち上がり、努力する姿は胸を撃たれます。男性だけでなく、女性は特に好感が持ててみたい作品の一つです。

・あらすじを読んでみたら青春ストーリーで、観てみたくなったから。女子サッカーは今でこそ認知度が高くなったが、澤さんがテレビに出てくるまではそれほど人気がなかったと思う。部活に情熱を注ぐ女子高校生たちの奮闘は見ごたえがありそう。

・学生がメイン作品やスポーツものは基本的に少年少女の成長を描いているので好きなタイプの作品だと言えます。タイトルも何故さよならなのか気になるし、公式サイトを見る限りは1話目を見てみたいと思える作品と言えるでしょう。

・萌え系に振っていないキャラクター設定は良いと思います。女子サッカーに焦点を当てているようで、一見して他作品とのジャンルの差別化が出来ているので興味があります。シナリオ次第ではかなり期待が持てるものになりそうです。

・「四月は君の嘘」の新川直司によるサッカー漫画のアニメ化。漫画で好きな作品なのでアニメ化は素直に楽しみです。女子サッカー部のお話なのでサッカー好きな人だけでなく、青春モノが好きな人も楽しめると思います。

・「四月は君の噓」がとても好きで大変感動したので、同じ新井さんの作品というところから見たいと思う。漫画当は一切見てないので、スポコン系なのか恋愛系なのか、すべてミックスかはわからないけど、まずは「四月は君の嘘」からの期待値で見たいと思う。

アニメさよなら私のクラマー前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・まず絵柄が苦手です。キャラクターの目がガラス玉のように見えてしまうし、人形みたいで気味が悪い印象を受けてしまいました。それと弱小女子サッカー部を描いた青春群像劇だそうですが、なんとなくストーリーが見えてしまいそうであまり期待はできないと思いました。

・女子サッカーのお話のようですがあまり興味を抱きません。キャラクターは青春ものにしては際立っている気がします。よくある弱小チームからの成り上がり。というお話。ただ新川直司さんという有名な作家さんの作品という事で、見てみないと分からない…のかも。”

・女子サッカーを舞台にした作品ですが、正直こういったスポーツ作品は食傷気味です。「四月は君の嘘」の作者である新川直司さんが原作という事で、もしかしたら綿密な人間描写等で面白くなる作品かもしれませんが、テーマの段階でそこまで興味を惹かれません。

・確かにあの新川直司氏特有の世界観だなぁと思わせるものでありそれは良いのですが、どうも設定がやはり他のアニメでもよく見かけるようなものなので、正直あまり興味はそそられることはありません。作画においてもまだ「四月は君の嘘」の方が良いです。