松屋不味いメニューランキングTOP15!一番美味しくない・頼んではいけない商品はどれ!不評の理由は!

松屋の不味い・美味しくないメニューランキング!

松屋不味いメニューランキング

松屋といえばお馴染みの牛丼チェーン。

多くの人が一度は利用したことがある牛丼屋さんでしょう。

そんな松屋で美味しくない、不味いと不評なメニューはどれなのか。

今回はみんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

松屋公式webサイトはこちら
松屋公式webサイト

15位:ネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めし

15位はネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めし

ネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めしが松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・ひとことでいうと思いなと感じました。すき家のネギたま牛丼と比較しながら述べると、すき家の方は卵も生卵でさっぱりと食べられますが、松屋の方は温玉で味も濃く感じました。恐らく松屋の方が肉がしっかりしていることが影響してるのかもしれませんが、少し重いなと感じました。

14位:プレミアムおろしポン酢牛めし

14位はプレミアムおろしポン酢牛めし

プレミアムおろしポン酢牛めしが松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・あっさりとした牛丼が食べたくて、おろしポン酢がトッピングでつくこの牛丼を選んだが、ポン酢の量の問題か、ご飯がかなりべちょべちょになってしまい、ポン酢ご飯を食べているような感じがした。また、具にしっかりと味がある上にポン酢がかかって、味が喧嘩しているように感じた。

13位:厚切り豚テキ定食

13位は厚切り豚テキ定食

厚切り豚テキ定食が松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・どうにもトンテキの焼き方が甘くて生臭かった気がしました。牛肉に関してはすべてあたりといって差し支えないと思うのですが、なぜか豚のメニューに当たりはずれがある気がします。まあ牛丼や、何ですから当然といえば当然かも。

12位:カレギュウ

12位はカレギュウ

カレギュウが松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・お腹減ってる時に牛丼とカレーのコッテリさが食べたくなって頼んだことがあったが、期待していた感じではなかった。一緒に食べても牛丼とカレーであり、わざわざ一緒のプレートで食べるほどのものではないと感じた。

・松屋の「牛丼」と「カレー」それぞれ単品は美味しくて好きなのですが、それがカレギュウとして混ざり合った時非常に不快感を覚え美味しくないと感じました。好みの問題だと思うのですが牛丼の少し甘くしょっぱいタレとスパイシーなカレーが口の中で喧嘩をしてしまい、美味しくなかったです。美味しい物と美味しい物を掛け合わせると必ず美味しくなるわけではないので少し安直なメニューかなと思います。

11位:ブラウンソースハンバーグ定食

11位はブラウンソースハンバーグ定食

ブラウンソースハンバーグ定食が松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・何度か食べたが、1度ハンバーグの中が冷たい状態で出てきた事がある。加熱もレンジ加熱なので、全体に回らなかったと思う。元々肉もそんなに美味しくもなく、切った時に出る肉汁も全くなく、本当にただの肉の塊。価格も価格で、クレームが面倒なので泣く泣く我慢して食べた。

・個人的に松屋さんのハンバーグそのものが、あまり私の口に合わないような…。肉の悪い部分が出ている感じがして、ボリュームがあるのですが、これなら家で自分でつくった方がましだと思いました。他にも色々なメニューがあるので、そっちに力を入れて欲しいです。

10位:厚切り豚焼肉定食

10位は厚切り豚焼肉定食

厚切り豚焼肉定食が松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・松屋さん牛めしの肉、カレーの味が好きです。あくまでも牛肉とカレーで勝負して欲しいと思います。豚肉の味付けは少ししつこく感じました。厚切りではなく薄切りであれば、もう少しバランスが良いのではと思います。

・豚肉しかないのが不満。玉ねぎなどを添えて欲しいし、備え付けのたれがあまり合わないのでかなり不満を抱きつつ食事をする羽目になる。標準の肉の量も少なすぎる。肉そのものは美味しいのでもったいないと感じました。

9位:ハンバーグカレー

9位はハンバーグカレー

ハンバーグカレーが松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・自分はあまりカレーが好きではなく、好きじゃないからこそおいしいカレーしか口が受け付けないのですが、松屋のハンバーグカレーは一口食べただけで口に入れることができなくなってしまいました。まずカレーはレトルトに近い味でおいしさ感じられませんでした。もしかしたら近年レトルトカレーの味かおいしくなりつつあり、そこら辺の牛丼屋のついでカレーよりおいしくなってしまった可能性もありますが正直言って同じ価格のレトルトカレーの方がましかなと感じました。

・第一印象ではおいしそうに見えとても魅力的なのだが、一口食べてみると味がとても濃いということに気づきました。食べ続けるうちに胃もたれを起こしてしまい、最終的にはしょっぱいと感じました。自分には合わない味でした。

・期待していたよりもハンバーグがまずく、まだ業務用のハンバーグを食べているほうがましだと思えたため。また同じ価格帯であれば探してもよいのでやよい軒などの定食屋さんに行ったほうが同じお金を払っても無駄にした気がしない。

8位:牛焼肉定食

8位は牛焼肉定食

牛焼肉定食が松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・お肉がパサついているように感じました。松屋はバイトしていた事もあり何度か食べましたがその時々でお肉の油の乗り方や調理する人の焼き加減によっても味やパサつきが違います。タレが何種類かあり味変できるのでご飯は進みます。

・増量キャンペーン期間中だったと思います。商品に焼きムラがあり残念な時がありました。また、焼肉自体の脂身が多いのでしょうか?食せる部分が少ないと感じることがあります。料理する店員さんやお店の混み具合によっても変わるのかもしれませんが、すごい美味しいと感じる時と残念な時の差が激しいです。

・お肉の塩気がまったくなかった。調味料の醤油と七味を足して食べました。それでもお肉自体に味がないので全然おいしくなかったです。白米も漬物で何とかたべました。初めて松屋で定食を注文し、メニュー写真から楽しみにしていたので、一口食べてのがっかり感が半端なかったです。

7位:キムカル丼

7位はキムカル丼

キムカル丼が松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・カルビの脂身が大半を占めておりゴムを食べているような食感。辛いもの好きにはちょうどいい辛さだが苦手な人には不向き。値段も割高。プレミアム牛丼に七味をかけて食べたほうが余程美味しい。ご飯はもっと固めが良い。

・一口食べた瞬間、味が超絶濃いと感じた。とにかくしょっぱい。そして肉がペラペラでこれは本当にカルビか?と感じた。正直他のチェーン店に比べ、肉の旨さやご飯の美味しさなど、全てにおいて勝っていない。最後に味噌汁がしょっぱすぎる。

・キムチが古かったのか、そういう味なのかわからないがかなり酸味を感じてしまい、肉との相性が良くなかった。また肉じたいの臭いも気になりました。腐っているとかではありません。キムチの影響はあるかもしれませんが、かなり獣臭い感じがしました。

・キムチとカルビの比重?比率があっていない印象。また、カルビの味つけとキムチの味のバランスが悪い。どちらも主張が強く邪魔しあっていて別々に食べたほうがおいしい印象をうける。また、使用している白米との相性もいまいちな気がした。

6位:プレミアム牛めし

6位はプレミアム牛めし

プレミアム牛めしが松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・30代女性です。その日の体のコンディションにもより、おいしさを感じるレベルがちがくなってきた。体が弱っているときだと、プレミアム牛めしが重いと感じるようになってしまった。お昼休みは短いし、とにかく空腹を紛らわすために、プレミアム牛めしを食べてお腹を膨らませている。だが、時間が経過するとともに、吐き気をもよおすおように、体がなってしまった。体調のコンディションがいいときは、おいしく感じるので、大丈夫です。オフィスで働く中年女性の胃袋にも優しい、商品が作れたら、売り上げがのばせると思う。

・基本的にいつもプレミアム牛めししか頼まないのですが、ノーマルではそこまで美味しいとは思いません。広告より量も少ないです。近くにお店があるので買う感じです。脂が多いのに味が淡白ではっきりしません。しかし、松屋のポン酢をかけると味がしっかりして美味しく感じました。

・想像していた、慣れ親しんだ牛丼の味と違った。プレミアムとついているが、高級牛丼というよりか、なにか別のものを食べている感じだった。黒七味も、単体でそこまでおいしいと感じなかった。そして何より、牛丼と合っていない様に思われた

・味噌汁が無料でついてくるのは他の店舗にはなく栄養的にうれしいがとてもまずい。スーパーで購入できるとても安いインスタント味噌汁よりまずいのは外食産業としていかかがなものか。牛めしも肉が少なく値段相応だが安く腹が満たせるだけの食事。

5位:カルビ焼肉定食

5位はカルビ焼肉定食

カルビ焼肉定食が松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・味自体は嫌いではないのですが、味の濃さはとても濃く、油が非常に多く食べている途中で胸焼けがしました。完食までにお水をたくさん飲みました。ギリギリ完食こそしましたが、次は頼まないメニューだなと感じ、それ以降は食べていません。

・写真はジューシーで食欲を掻き立てる程美味しそうだったが、本物は脂が多く重く感じた。カルビの脂ではなく、調理の際の油を多くしようしたのではないかと思った。調理する人のさじ加減なのかもしれないが、残念に感じそれ以降は頼んでいない。

・脂身が多く、胸焼けがひどかった。食べ始めから味が濃く、だんだん飽きてくるようになりました。味をテーブルの調味料で変更しようにも、味付けが濃いためどうしても同じ味にしかなりませんでした。付け合せのサラダを途中で挟むとなんとか食べられました。

・券売機で選んだ時に思っていたお肉よりも実際に提供されたお肉は厚みがあって(画面で見た通りでしたが)、歯が弱い私には固く感じたからです。味付けは良かったのですがメインがお肉なのでお肉の味は固さで相殺されてマイナスに感じました。

・カルビ焼肉定食は、一般的にイメージするカルビ焼肉よりも薄く脂ぎっているので、脂でご飯を食べている感覚になりました。また、牛丼チェーンではコスパ良く食事をしたい思いがありますが、牛焼肉定食や牛めしと比較して、コスパが悪く感じてしまうこともおいしく感じなかった一因でした。

4位:厚切りネギ塩豚焼肉丼

4位は厚切りネギ塩豚焼肉丼

厚切りネギ塩豚焼肉丼が松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・上にかかっている塩たれが多すぎて、食材の味が全く分からないし、たれ自体も濃くしょっぱさしか残らない。たれの量も店舗によって異なるのでたれの量の指定もしにくい為、結果的に頼むことがなくなった。小分けで個人的にかけることが出来たら助かる

・牛丼または牛を使用したメニューが多い中、豚を使用したメニューは少なく興味があったが若干固さが気になるところ。厚切りがコンセプトであるのでボリューム感が売りなのだと思うが、ソースを後からかけるため味が染み込みづらく、あくまで調味料の味を楽しみだけの料理になっているように感じたため。

・ネギ塩豚カルビ丼がなくなり、代わりに登場した商品という認識です。あくまで前までのネギ塩豚カルビ丼の代替えと考えたときの感想ですが、かぼす風味の味付けは好みがわかれると思います。また、豚肉が厚切りになったのは良いですが、厚切り部分を目立たせるためか、ネギの盛りがネギ塩豚カルビ丼と比べると少なくなったように感じたからです。

・厚切りのネギがごはんと会わない。タレをもっと多くかけてネギに味がついていたら食べやすかったかもしれない。タレの味がいまいち。にんにく醤油とかのほうがいい。豚肉の脂身がもともと苦手なので脂身がないほうがいい。

・好みの差なのかも知れませんが、ネギの量や豚の厚切り感や量、塩加減は良かったが、全体的に脂感が強いため、最後の方でご飯が脂まみれでくどくなってしまい、掻き込んでいると口の中が気持ち悪くなってしまう事があった。

3位:うな丼

3位はうな丼

うな丼が松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・うなぎがとにかく小さいのであっというまになくなってしまい、ご飯だけが残ってしまうため美味しさを感じられませんでした。ご飯とたれのからみ具合も足りなかったので最後のほうはご飯がすすまない状態で残念でした。

・うなぎが少し半生であったのと、シングルだと、ご飯の量に対して、うなぎが少なく感じることがあった。値段も安くはないので、コストパフォーマンスを考えると、他の牛丼などの方が良いと思ってしまったので、もう頼むことは無いと思う。

・値段と味がつり合っていないと思う。タレの味は悪くないけど、正直うなぎの味は微妙。たまに看板が出ていると猛烈に食べたく鳴って購入してみるけど、ほぼ確実に牛丼でも食べておけばよかったと後悔することになる。

・やはりうなぎを専門としているお店に比べうなぎの厚さや分量は劣っていた。味に関しても満足するような味ではなかった気がします。そのため、実際に満足のいくうなぎを食べたいと感じた時はうなぎを専門とするお店の方が良いと感じました。値段感はやはり食べやすとは感じました。

・お手頃な値段でうなぎが食べられると思い、注文しました。うなぎがもう少しふっくらとしていたら良かったと思いました。味も途中で飽きてしまい、また食べたいとは思いませんでした。食べたあとも胃がもたれる重い感じが残りました。

・国産のうなぎと比べると、硬く小さく、厚みもなく、まったく美味しいと思えませんでした。
産地を調べてみたところ「中国産」ということがわかり、どうりで美味しくないわけだ…と納得しました。
中国産のうなぎは総じてまずいと私は感じます。

2位:おろしポン酢牛めし

2位はおろしポン酢牛めし

おろしポン酢牛めしが松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・ボリュームはあって、あっさりしたものを食べたかったのでおろしポン酢牛めしを頼みました。大根おろしが水っぽく、またポン酢の味が濃すぎて牛めしの味わいはほぼありませんでした。塩分がつよくからく、かなり食べづらかったです。

・牛丼自体の味付けが濃いわけではないので、更におろしポン酢をかけてしまうと全体的に薄味になり水っぽく感じてしまったから。またおろしポン酢のせいで時間の経過によって冷めるのが早かった気がします。せっかく美味しい牛丼の味がぼやけた印象でした。

・お肉を使ったメニューを食べたいのですが、他のメニューはこってりが多くてさっぱり食べたいときに頼みました。ポン酢もおろしもどっちも大好きなのでよく頼みました。余ったタレをご飯と一緒に食べるのが、また一段とおいしさを感じます。

・おろしポン酢の味が甘すぎて、ご飯に合っていませんでした。また、おろしポン酢の汁が少し冷たく、温かいものを想像していた私にとっては違和感がありました。牛めしそのものだけのほうがおいしいのではないかと思いました。

・味がタレと合ってないように感じました。あっさりしたものが食べたくて頼んだのですが、思っていたのと違いました。そのときは豚汁だけ食べて、申し訳ないですがおろしポン酢牛めしは半分ほど残させてもらいました。

・個人的に牛丼におろしポン酢は合わないと思っている。おろしポン酢で牛めしが冷めてしまうことやポン酢の味が強く牛めしの味が消えてしまうのであまり美味しいと感じることができない。牛めしそのままの方が美味しい思う。

・少量のポン酢を使ったつもりですが、他の店の同じようなメニューと比較すると随分と酸っぱい印象を受けました。かけすぎとかではなく味そのものが酸っぱめになっている印象です。またその分牛肉も少なかった印象です

1位:牛めし

1位は牛めし

牛めしが松屋で不味い・おいしくないサイドメニューと不評の理由(抜粋)

・牛めしがあまり美味しくないと思ったのは少し味が薄めに感じたからです。自分自身が若いからかもしれませんがやっぱり濃い味の方が好みですのでもう少し味が濃い方が良いのかなと思います。あと、自分が食べた時はつゆが少なく感じたので多くして欲しいです。

・味がそれほどはっきりとしていないが、薄味なわけでもありません。微妙な味付けが好きではありません。松屋では何かしらのトッピングを必ずつけます。トッピングを付けてもらえるように牛丼の味を決めているように感じています。

・取りあえず、シンプルな物をと思い注文しました。その日の体調も有りますが、シンプルな物が食べたかった為牛めしを頼みました。夏など暖かい季節になれば、おろしポン酢牛めしなどもイイかもしれませんが、とにかくシンプルな物が食べたかった。

・いつも別の店で慣れている味が好きで、味が少しなんとなくおいしくありませんでした。きっと味に慣れていないからだと思います。雰囲気もあまりメジャーではなく、ちょっと古い感じもあり、あまりすきではありません。

・「つゆだく」と頼まなかったのが悪かったのかもしれないが、汁が少なくて味があまりしなかった。肉がパサついており、舌触りがあまり良くなくあまりおいしくないと感じた。付け合わせの紅ショウガの入れ物が汚れており不衛生であると感じた。

・基本的には美味しいのですが、日によって肉の質がバラバラなのが気になります。特に身が落ちて、筋だけ残ったような肉質のものばかりの牛丼が出てきた日は美味しくありません。正直、餌を食べているような気持になってしまいます。

・基本的には美味しいと感じるが、稀に肉が固かったり崩れているように感じることがある。煮すぎ??なのかなと感じる。肉の量が少なかったり、汁が多すぎたり調理者によって差が大きくてアタリハズレを感じてしまうから。

・牛めしがあまりおいしくないと感じた理由は、具があるうちは一緒に食べたらおいしいから良かったのだけど、具がなくなってしまったらタレも少ないためご飯だけという感じになってしまっているので最後の方が食べにくいから。

・牛肉がぱさぱさな感じがします。汁は濃いめですが、ごはんと牛肉と汁が調和してなくて、ただ単に同じ器に入っているだけという感じがします。汁の濃さだけが存在感を主張している感じで、たまに食べていても胸焼けがすることがあります。