中学生におすすめしないデパコスランキングTOP19!若いと似合わないブランドはどれ!ChanelやDiorが不評の理由!

中学生にお勧めしないデパコスコスメランキング!

中学生におすすめ人気のデパコスブランドランキング

中学生でも使う人が多くなってきたデパコス。

そこで今回は中学生にはおすすめできないデパコスブランドについて、ランキング形式でまとめてみました。

お勧めできない理由について、ぜひご参考ください。

デパコス店頭とwebどっちがいい 中学生におすすめ人気デパコスブランドTOP13!若い子や初心者も使いやすいのはどれ!

19位:CLARINS(クラランス)

19位はCLARINS(クラランス)

CLARINS(クラランス)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・スキンケアやベースメイクに強く、敏感肌や年齢肌をターゲットとしたブランドのイメージなので、ファンデーションも要らないような中学生には早いのでは?と感じます。価格もお小遣いの中からでは厳しいですし、カラー展開等も落ち着いた印象なので。

18位:ESTEE LAUDER(エスティローダー)

18位はESTEE LAUDER(エスティローダー)

ESTEE LAUDER(エスティローダー)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・化粧品の対象年齢が上な気がする。30代が使うようなイメージ。シワとかシミとか毛穴をしっかり隠してくれる化粧品だから中学生には早い気がする。値段も高いため中学生のお小遣いでは買えないと思う。中学生がプレゼントされても困る気がする

17位:LANCOME(ランコム)

17位はLANCOME(ランコム)

LANCOME(ランコム)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・客層が高いイメージがあるので。自分が使っていてお気に入りであればいいと思うが、中学生だとやはり友達が知っているものの方が話題にもなると思うし、ブランドイメージ的に中学生好みではないのかなと思ったから。

16位:PAUL&JOE(ポールアンドジョー)

16位はPAUL&JOE(ポールアンドジョー)

PAUL&JOE(ポールアンドジョー)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・ロココ調のパッケージデザインを気に入り、パケ買いする人も多いブランド。海外ブランドだけあって香りはキツめだが、化粧下地などランキング上位にはいるほど優秀なものも多く、中学生でも比較的手を出しやすい価格帯。

15位:SHISEIDO(シセイドウ)

15位はSHISEIDO(シセイドウ)

SHISEIDO(シセイドウ)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・ちょっと年齢層が高い気がする。出している商品も若い子には使いづらい色が多いイメージ、肌に使うベース系のものは使いやすいかもしれないが中高生だと肌を塗らない人も多いのでそう考えると向いてないのかなと思う

14位:shu uemura(シュウウエムラ)

14位はshu uemura(シュウウエムラ)

shu uemura(シュウウエムラ)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・これもクリスマスコフレの話になりますが、キャラクターとコラボしてる事がとても多いので中学生の好みにヒットするものがあるのではないかと思います。一昨年ならピカチュウ、今年はワンピースでした。持っていてテンションが上がると思います。

13位:THREE(スリー)

13位はTHREE(スリー)

THREE(スリー)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・自然由来、オーガニックのものは体に良いという印象がありますが、誰にでも合うものではないため。使用することでアレルギーを誘発するイメージもあります。花粉症や食物アレルギーなども増えていますし、成長期の化粧品としては、あまりおすすめではありません。

12位:ANNA SUI(アナスイ)

12位はANNA SUI(アナスイ)

ANNA SUI(アナスイ)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・アナスイは匂いがきついイメージです。中学生は本来化粧をしなくてもいいと思うので、化粧っ気があるアナスイはあまりおすすめできないと思いました。アナスイのような濃い化粧品を使うことで、中学生の若々しさが消されてしまうと思いました。

・アナスイは使う人を選ぶブランドかなと思います。ひとつひとつのアイテムはとっても可愛いけど、個性が強めなので、物によっては合わないものもあるかなと感じます。折角買ったのに、使わないままというのはとっても寂しいので、絶対に使うアイテムを持ってほしいです。そう考えるので、合わない人もいるアナスイはおすすめしにくいです。

11位:CLINIQUE(クリニーク)

11位はCLINIQUE(クリニーク)

CLINIQUE(クリニーク)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・基礎化粧品が人気があるが、肌に合わない人も多い。自身も口コミを信じて化粧水を購入したが肌に合わなかった。金額も高い為、中学生には不要だと思う。また、中学生には高額な基礎化粧品は不要だと思うので、基礎化粧品が人気のブランドはおすすめしない。

・大きなボトルが多く、いろいろ試すには向いていないかなと思います。デパートの入り口付近にあることも多く、デパートコスメの代表的なブランドの一つなので、中学生が使っているのを見ると複雑な気持ちになるかもしれません。

10位:COSMEDECORTE(コスメデコルテ)

10位はCOSMEDECORTE(コスメデコルテ)

COSMEDECORTE(コスメデコルテ)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・値段も良い金額ですし、客層も高めなのがデコルテだと思います。せっかく高いお金を出して使うのであれば、コスメの中でも横道なシャネル、ディオール、イブサンローランなどが良いと思いました。化粧室や友達とのお泊りなどで化粧品を見せ合うのには不向きかな…と感じました。

・コスメデコルテはスキンケア化粧品やベースメイク化粧品が優秀で、アンチエイジングなどの効果に優れているものが多いので、中学生にはまだ必要ないかなと思います。メイクアップ商品も、落ち着いた大人な色味のものが比較的多いと思います。

9位:IPSA(イプサ)

9位はIPSA(イプサ)

IPSA(イプサ)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・大人すぎるというか、このブランドは化粧水などのスキンケアの印象が強く、中学生には不要だと感じました。スキンケアしたいなら皮膚科をおすすめします。リップとかも目にしたことはありますが、正直そんな認知度も高くないし、わざわざこれにする理由がないと思いました。

・イプサは保湿などがしっかりした基礎化粧品のイメージですが、中学生にはまだ必要ないと思います。よっぽどの乾燥肌でない限り、さっぱりタイプの保湿でも十分だと思うので、わざわざ高くて高価格のものを使用しなくて良いと思います。

8位:M・A・C(マック)

8位はM・A・C(マック)

M・A・C(マック)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・M・A・Cはパッケージもカッコいいですし、シンプルなデザインであまりくどくなく、持って歩くには良いブランドだと思うのですが、「基礎化粧品」ではなく「メイク道具」のイメージがとても強いので、中学生がデビューするのはもう少し後でもよいブランドだと思います。

・幼い頃から私も姉妹も好きなブランドですが、姉が中学生くらいからお小遣いを貯めては購入していました。しかし、商品価格が高いものは全く手が出せず、基本アイテムすら揃えることができませんでした。なのでワンアイテムが欲しいという人に向いていると思います。

7位:NARS(ナーズ)

7位はNARS(ナーズ)

NARS(ナーズ)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・ナーズの商品は発色がとてもいいです。そのため、塗る時にある程度のテクニックや、メイクブラシなど、ツールもある程度必要だと思います。中学生には難しいと思います。また、濃いメイクをしなくても十分綺麗な時期なので、ナーズはオススメねしません。

・まず第一にNARS(ナーズ)というブランドの詳細が分からないです。知識不足という点もありますがやはり、誰でも知っているブランドに親近感を覚えるのは世の常ではないでしょうか。中学生におすすめできないのはそうゆう観点からです。

6位:TOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)

6位はTOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)

TOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・中学生でトムフォードを知っていたりする子がまず少ないと思います。知っていたとしてもほかのブランドに比べると大人っぽさが先立ち魅力的には感じません。もし所持していたとしても、ぱぱ活等で貢いでもらったのではないかと感じてしまいます。親もトムフォードよりかはYSL等をデパコスなら買い与えると思います。

・社会人でも価格設定が高めだと感じる憧れブランドなので、よほどお金があり早いうちからの化粧に理解があるご家庭でないと、中学生のお財布には厳しいと思います。また、カラーバリエーションも大人っぽいラインナップだと思うので、大人っぽい洗練された顔立ちの子でないと化粧が浮いてしまうのではないかと思います。

5位:GUERLAIN(ゲラン)

5位はGUERLAIN(ゲラン)

GUERLAIN(ゲラン)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・リップはさほど高額じゃないが他の商品が金額的にお高めなのと、ゲランが有名なパウダー、チークはやはり金額が高いと感じる為中学生には難しいかなと感じます。商品自体は良質だと思いますが、中学生にはまだ早いかなと感じます。

・アイテム全般が高価であることが大きな理由です。成人式のような特別な日のために練習して、本番が終わればメイクをしないというのであれば構いませんが、継続するのであれば使う人が払うときに無理がない方が気分良く続けられます。そして香料が強めなのである程度の年齢になってから使用した方が効果があります。

・ゲランは何といっても価格帯が高く、超一流ホテルに置いてある高級ブランドです。どちらかというともう少しお年を召したセレブなマダムが愛用しているイメージ。お化粧を覚えたての中学生には似合わないし、逆に愛用していたら老けたイメージを持たれると思います。

4位:Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)

4位はYves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)

Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・イヴ・サンローランは刺激が強かったので中学生にはお勧めしません。デパコス、特に海外ブランドは刺激が強いですし、お値段も高価なので正直中学生にはどれもお勧めしません。クリニークやクラランス等の基礎化粧品がしっかりしているブランドなら例えば中学生特有のニキビ肌などには良いかもしれませんが、メイクアップがメインのブランドはあまりお勧めしません。

・ハイブランドなので私も30代になってから購入したブランドになります。イヴサンローランは私の母60代も使っているブランドなので、中学生には価格帯もですが、もっていて違和感があるブランドに思い、ちょっと早すぎるんではないかと思います。

・値段が高価なので、中学生のお小遣いではなかなか買えないと思います。なので、中学生で持っていたら、周りの友達に怪しまれたり妬まれたりすると思います。大人の女性が持っているイメージなので、中学生には合わないと思います。

3位:Cle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)

3位はCle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)

Cle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・クレ・ド・ポーボーテはまず価格帯が高く、製品としては高品質ではありますが、年齢を重ねた人の為のブランドをいうイメージがあります。また基礎化粧のイメージもあります。おそらく中学生のお母様でも使われている方は少なく、お子様もなじみがないのではないでしょうか。

・とにかく高級コスメで価格が高いです。大人の女性でもなかなか手が出ないコスメブランドというイメージです。ブランド側も中学生を対象に入れて作られていないと思います。たぶん相手にされないのではないでしょうか。

・クレ・ド・ポー ボーテはとにかく質が良く、化粧水や美容液などは救世主になりうる程です。しかし、価格がとにかく高く、大人でもご褒美化粧品になる程。お肌の保水力がまだ十分にある中学生には、まだ少し早いデパコスブランドだと思います。

・誰で合ってもこのブランドの商品を使えば納得がいく、それほどのクオリティーがあるブランドであると思う。しかし、その良さが最大限に伝わるのは、お肌がぴちぴちで若い中学生ではなく、それ相応の化粧を必要とされる社会人であるに違いない。

2位:Dior(ディオール)

2位はDior(ディオール)

Dior(ディオール)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・やはり値段が高いからです。誰もが知っているブランドですが中学生が持っていたらびっくりしてしまいます。大人でも値段が高いと感じます。また、ディオールに限らないですが海外ブランドは日本人の肌にあわない場合もあるので中学生であれば国内ブランドから購入しはじめると良いと思います。

・日本人の中学生向けとしては、使うとすれば日本製のものを薦めたいので、海外製のブランド品は正直勧められません。上記では敢えてDIORを選びましたが、他の海外メーカーのコスメもあまりお勧めしたくありません。

・大変高性能でお肌にも優しいので、高校生になって自分でアルバイトをしてお金を稼ぐようだったら、絶対におすすめしたいのですが、大変高価なので、中学生が親に頼んで買ってもらってしてまで使うのは経済的に良く無いと思いました。

・個人的に30代ぐらいの方が使用しているイメージで、やはりコストが高いと感じます。中学生が普段使いをしていると、お金持ちな家の子なんだなとか背伸びしているのかなとやはり思ってしまいます。ちょっと大人すぎる気がするブランドだと思います。

・ディオールなどだと、やはり大人のブランド品という感じで、中学生とかが持つには早すぎてイメージ的にもあまり良い印象を与えない感じで年相応のブランド品ではないから中学生とかにはおすすめのブランドめはない。

・そもそも価格が大人向けの金額設定が多い印象で、落ち着いたカラーが多い。いろいろ試したい年頃の子には同じアイテムを揃えたりするのは難しそう。また、海外製のものもあるので、肌に負担になりそうなので思春期の肌が荒れてしまいそう。

・あくまでCMで見たイメージではありますが、大人の女性、凛とした女性、という印象があります。使いこなすにはメイクの技術も必要になりそうです。中学生といえば、どれだけ大人びていてもまだまだ子供なので、少しハードルが高いように思えます。

・Diorのブランドのイメージが、成熟した女性という感じがするので、中学生にはまだ早いかな、という感じがします。価格帯も自分でお金を稼げるようになった社会人が使用するような高級なイメージがあり、中学生が若い段階からこのブランドを使用することに違和感を感じます。

・価格・デザインや質感全てにおいてアラサー以降の年齢層向けだと感じる。中学生が使用するにはオーバースペック。その年代のときにしか似合わないデザインや色味があるため、背伸びして使用する必要はないように感じる。

・中学生に見合わないくらい高価格帯だと思います。Diorの店頭を見ても20代すら少なく、30代以上の客層だと感じます。また広告でも今だと戸田恵梨香を使用しており、ターゲット層が明らかに中学生ではないと思います。

1位:CHANEL(シャネル)

1位はCHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)を中学生にお勧めしない理由(抜粋)

・CHANELは有名ブランドではありますが、ブランドロゴが目立つデザインが多く、パッケージのデザインも、アイカラーやリップなどの色味も、大人っぽいものが多いです。中学生が持つと、大人っぽさより、背伸びをしすぎている感じが出てしまう気がします。

・価格帯がかなり高い印象ですし、コスメの見た目もブラックを基調としたかっこいいものが多いイメージなので、中学生には早い気がするからです。化粧を頻繁にするようになってから使う方が、使いこなせていいと思います。

・中学生でシャネルを持っていることを学校で見せてくるような生徒はお金持ち自慢したいのかな?と思います。ハイブランドで大人でも使っている人が多いとは言えない高級化粧品なので、子どもがそれを持っていたら、親の品位を疑ってしまうかもしれません。

・まずCHANELと聞くと値段が高いイメージがあって中学生が頑張ってお小遣いを貯めて買うのは難しいと思う。またCHANELは大人っぽいイメージがあり大学生や社会人の二十代前半の女性が使うイメージ。女の子ではなく女性っていう感じがします。

・基本的にシャネルはブランド名から価格設定が一覧の他ブランドよりも2割程度上がります。金額的に中学生のお小遣いではコンスタントに使用していくには無理があると思います。また基礎化粧品の成分は成人に達していない方には負担が大きいと思います。

・理由は、シャネルはハイブランドのイメージがとても強く、高価格帯の商品を多く扱っており、働く女性やメイクに特にこだわりがある方が使っているイメージもあるので中学生にはかなり背伸びした印象になってしまうため。

・中学生がハイブランドの化粧品を使うのは好ましくないと思います。また、匂いもかなりありますので、学校で使用を止められる可能性があるのではないかと思いました。また、誰でも手に入れられる価格帯の商品ではないと思いますので、友達とのいさかいの種になるのではないかと思いました。

・大人のブランドと感じるからです。中学生が持っていてもよさが感じられないです。背伸びしている感じが出てしまうので、もうすこしかわいらしさや、ポップさがあるようなブランドの方が年相応でいいと感じるからです。

・高級ブランド過ぎてかえってオバサン臭いようにも思える。色使い的にも中学生には使いこなせないのではないだろうかと思います。身分不相応なため、持ってることを知られると、見栄っ張りなど人格を疑われてしまう可能性があります。

・年相応ではないからです。値段もですが。これはこれで、ハイブランドのコスメとして将来しようして欲しいな、と思ってしまいますし、国産じゃないのもはじめてのメイクには負担がある場合もあると思います。年相応のメイクが、あると思うので挑戦しやすいものかは手を出すのが一番だと思います。

・使ったことがないためイメージでしかお答えできませんが、強い香料を使用しており、肌にやさしくないイメージを持っているからです。また、奇抜なカラーだったりある程度年齢を重ねた女性向けのイメージが強いからです。

・やはり王道のハイブランドであるシャネルやディオールは、中学生にはまだ早いのではないかと思います。お小遣いで買えるような値段でもないですし、早いうちからハイブランドに興味を持たれても、親が大変だろうなと思います。

・おすすめで選んだジルスチュアートとは反対に、価格帯が高いので中学生には手にしにくいと考えるからです。ハイブランドの為、高校生になりアルバイトをしたり、成人して自分で働いてから手にするという憧れのブランドであると思います。

・シャネルはハイブランドのためまずは価格がなかなか手が出せない。中学生には匂いがきつすぎるし、成分も気になる。以前ファンデーションを購入したのですが、カバー力がとてもあり、毛穴を埋めるほどの物でした。なので中学生から使用するのはどうかと思います。

・中学生にはハイブランドすぎるため、持つには少し早いと感じます。また、効果でセレブなものなので、中学生でシャネルの化粧品を持っていると、周りから引かれると思います。自分でお金を稼いで、色んなメイクの勉強をしてから持つので構わないと感じます。

・社会人にも価格が高いくらいで、収入のない中学生には手が届かないと思います。
また肌に優しい、無添加というよりは、ファッション重視なので、中学生のような若いころから身につけるのは、肌に良くないと思います。