NINJA GAIDEN:マスターコレクション面白い?つまらない?感想口コミレビュー!難しい?お得?ファンの意見は!

NINJA GAIDEN:マスターコレクション感想口コミレビュー

NINJA GAIDEN:マスターコレクション感想口コミ評判

やりごたえがあると人気のハードアクションゲーム、「NINJA GAIDEN:マスターコレクション」が発売です。

NINJAシリーズといえば、高い難易度にも拘わらずハマりこめると話題の作品。

NINJA GAIDEN:マスターコレクションは面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判レビューをみてみましょう。

NINJA GAIDEN:マスターコレクション公式webサイト

NINJA GAIDEN:マスターコレクション面白い?つまらない?




NINJA GAIDEN:マスターコレクション前評判:面白そう・楽しみ

・この面白いゲームを3作品も楽しめるのは贅沢極まりないです。グラフィックも良くなっているので嬉しいです。何よりも爽快感が最高です。敵をどんどん倒していくのは本当に気持ち良いです。ボスキャラもそれぞれに個性があり、それも魅力的な作品です。

・まず忍者が主人公なのがとても魅力的です。動きも立体的で楽しそう、ただ難易度高すぎなのと、コマンドの操作が難しく無ければなあと不安には思います。バッタバッタと敵をなぎ倒す快感は味わってみたいなと思います。

・女性キャラのしなやかな動きを期待しています。特にデッドオアアライブのファンなので、かすみが気になっています。キャラクターの成長要素もあると聞いているので、どんな感じになるか楽しみにしています。派手な技の効果に期待。

・過去のヒット作がまとめてプレイできるのは、未プレイの人間にとってはとってもお得かと思います。またシリーズを通してプレイしている人でもコレクションとして買う価値はあるかと思います。爽快かつちょっと残虐なシーンもあってそういうのが好きな人に是非プレイしてもらいたいです。

・超高速なアクションと様々な武器を駆使しながら敵を倒して行くところが面白そうで、期待できます。特に、忍者の要素が入っているため、これまでの格闘アクションゲームと異なる動き方をさせたり、あまり使ったことがない武器を使うのが楽しみです。

・スピード感があり敵の攻撃を避けながら相手の懐に潜り込んでの連続技とか出来たら気持ち良さそう。忍者らしい動きや周りの景観や雰囲気もいい味を出してる。何より建物ぐらい超大型モンスターに単身で突っ込んでいくのは爽快だ

・今流通している一般的なハードでNINJA GAIDENをまとめて遊べるという点が魅力だと思います。フルHD、4Kに対応しているリマスターということに期待です。今のハードで遊んでも十分ビジュアルに満足できそうです。

・忍者と言っても、日本古来の古臭い地味な感じがなく、爽快感もありそうでまた大胆にバトルできそうで面白そうだなと思いました。銃を使うキャラがAmazonのPVに出ていたのを見て、「忍者の概念は?」とクスッとしましたが、枠にとらわれない新しい発想だと考えるとゲームをプレイすることで何か新しいポイント(概念)を発見できるかも・・・と期待できそうです。冒頭の刀の描写が素敵でした。巨大な敵を倒すのは昔から人間の願望なのか、ゲームの醍醐味ですね。武器をチェンジするのではなく、キャラクターをチェンジしながら戦う点にも魅力を感じます。

・初めて拝見しました。派手なアクションでゲーム内に引き込まれます。物語が気になるところですね。武器はキャラ専用なのかフリーなのか。3D酔いはしないのか、あまりアクションをしない私にもプレイできるのかが気になりました。

・過去にプレイした事がありますが、とても難易度の高いアクションゲームというイメージでした。このような何度も繰り返しプレイをしてやっとクリアできるというゲームはそれほど多くはないので、またプレイしたくなりました。また3つのゲームが入っているので飽きずに遊べそうです。

・人気アクションシリーズの名作が最新機種で遊べるところが魅力に感じます。ハヤブサだけでなく、あやねやかすみ、紅葉など人気に女性キャラクターを操作できるところも期待できるところです。そして何より、歯ごたえのある難易度が面白そうな点だと思います。

・格闘ゲームのスリルと洋画でよくある海外映画ならではの迫力がドッキングしていてわくわく感をそそります。隼流の秘伝の剣でリュウ
・ハヤブサがどう戦っていくのか、やる前から楽しくなってきて忍術と洋画のスリル感満載のバトルがまたかっこいいです。

・元祖死にゲーといわれた人気作シリーズ3本が1本で遊べるようになった点。スタイリッシュな体術と様々な忍術を駆使して戦うアクション性の高さ。リリーズ時よりきれいにリメイクされたグラフィックでより迫力が増している点。

・NINJA GAIDENはアクション性としては完成度が高く、一部のファンからは絶大な支持を得ているイメージが強い。玄人好みな点も多く画質向上によってより楽しめる要素が多くなったと思われます。ボリュームが多くなったので長く楽しめるのも評価ポイントだと思います。

・アクションゲームに強いコーエーテクモさんの作品なので完成度が高いだろうと言うことが容易に予想できました。公式サイトで見れる限りのグラフィックでも十分に戦闘アクションの臨場感を楽しめそうだと思いました。

NINJA GAIDEN:マスターコレクション前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・難易度が高めに設定されているので、それをやりこみ要素と感じれる方には合っていると考えますが、初心者の方には敵が強すぎてなかなかクリア出来ず難しく感じるかもしれませんので、そこで評価が落ちなければ良いかと考えます。

・上でも書いておりますが、難易度高過ぎてすぐ死ぬ、所謂死にゲーは得意ではないのでとても不安に感じます。後は操作性が良ければなあと思います。せっかく忍者を題材にしているのでもう少し日本に寄せて貰えるとより楽しめそうです。

・残念だなと思うのは、オンライン共闘できないところです。上位ランキングに食い込めるくらいの腕がないので、やり込めるかどうかが微妙。プレイアブルなキャラクターもあと数人多かったらさらに楽しめたと思います。

・過去作をまとめたものなので、プレイしたことのある人にとっては目新しさがあまりないかもしれないですね。残虐なシーンについてはマスターコレクションで少しマイルドに修正されたそうです。そこはファンにとっては賛否分かれるかと思います。

・敵がモンスターである意味があったのでしょうか?別に人間でもよかったように思います。モンスターになってしまうと、非現実的になってしまうので、武士や僧侶といったキャラクターを敵とするほうがより、面白かったと思います。

・コンボとかジャンプ攻撃からの連携やら操作テクニックとかが必要なら初心者にはキツいかもしれない。ボタン押してるだけで勝てる簡単な感じではない。あとモンスターもグラフィックもリアルで独特なのでこういう絵やグロ系が苦手な人はやらないかもしれない。

・オンラインプレイに対応していないということで、オンラインでやり込んでいた方にとっては残念かもしれません。また、Nintendo Switchだと残虐表現は調整されるので、今までのグロテスクさのまま楽しみたいなら別のハードで遊ぶ必要があると感じました。

・AmazonのPVを拝聴しただけで恐縮ではございますが、忍者1対敵多数(戦国無双シリーズ)のような一掃するような爽快感は期待できないのかな?それとも別枠でミッションとかであるのかな?と思ったのが一つ。もう一点は、ナレーションの方が渋めのお声の方だったので、他のキャラクターの声優さんはどんな感じかな?と気になりましたが・・・検索してもすぐに上がってこなく。公式サイトも拝見しましたが私の検索の仕方が悪いのか分かりませんでした。少し残念でした。ちなみに、暗殺的な「ひっそりとやっつける」パターンのバトルもあるのでしょうか?それがないと「忍者」っぽくないからちょっと残念です。

・海外向けのゲームだなと思いました。ので、単調シナリオかなと勝手に予想。日本向けのものはどちらかというとシナリオも重視しているイメージが強く、物語に沿って次に向かう方向がわかりやすい。ただただ倒すだけのものに見えてしまいました。(トレイラー)

・3つのタイトルを合わせてるのはお得感がありますが、何か新しい要素が入っているか、またそれが面白いかが不安です。3つ全部プレイしたい人には良いですが、それ以外の人にはこれを一つ買うメリットがあるかどうか、また私みたいにアクション苦手な人でも難易度設定で快適にプレイできるか少し心配です。

・キャラクターは好きだけど、アクションは苦手という方には敷居が高いという点はマイナスだと思います。また、過去作のリマスターで追加要素がほぼないというところも残念です。夜のシーンが多く全体的にダークな雰囲気なところも、DOAシリーズから入る人にはマイナス点だと思います。

・最初過激である旨が表記されていたので、まず身構えてしまったのですが、進んでいくとその過激さが寧ろこのゲームの醍醐味だと言えます。リュウ
・ハヤブサに続いて登場する女性コマンドーのような華麗なキャラクターの戦いぶりも気高く、そんなかっこいい女キャラを使ってプレイしたいです。つまり悪いところはありません。

・もともとダークソウルや仁王などよりゲームの難易度が高いらしく、加えて早いゲームスピードでの操作が求められるためライトユーザーお断りな可能性がある点。逆にライト層を取り込むにあたって難易度が下げられていた場合、ゲームの魅力が損なわれる可能性がある点。

・玄人向けということは難易度が高く素人やゲーム初心者には苦痛が多いというのがネックになってくると思います。スタートの時点で難易度調整ができたり、途中でも武器や攻略ヒントなどの追加要素があればいいと思います。

・描写がリアルなだけにグロの要素が苦手な層は買わないかもしれないと思います。また、言語を沢山で発売することでバグなども増えるのではないかと考えられます。ハマる人だけがマスターコレクションを選ぶという結果になりそうな気がします。