中学生が芸能人になるには!条件や方法は?若いうちに業界を目指すメリット!早い方がいい理由とは!

中学生が芸能人になる方法

中学生が芸能人になる方法

中学生で芸能人になりたい・芸能界に入りたい、と子供が言い出したらどうしたらいいのか。

中学生で芸能界を目指すならどうするべきなのか。

今回は多くの親御さんの意見も交えながらその方法についてまとめてみました。

是非ご参考ください。

中学生で芸能界を目指すメリット

まずは中学生で芸能界を目指すメリットについて、親の立場からの意見を触れておきましょう。

同年代の競争相手が少ない

・年齢が上がってくればくるほど、さまざまな場所から、オーディションなどでタレント候補生が増える可能性が高いです。そうなってくると、競争率が上がり、デビューしにくく、活躍できる可能性も低くなってしまうと考えられるからです。

早く色々な経験を詰めてデビューの可能性が広がる

・他の人が一般的に体験できないことを体験できるというのは非常に価値があると思う。もちろん一般の人が当たり前に行うであろう経験をさせるのも大切だと思うが、うまいことバランスをとりつつ両方を兼ね備えることができれば子供のまたとない成長の機会になると思う。

・ 芸能界でデビューできる可能性やチャンスはなかなかないと思います。なので、少しでも早く挑戦することでデビューできるチャンスが増えると考えます。また、先輩方などから教えてもらえることも多いと思いますので色々な経験ができると思います。

・中学生で芸能界デビューをすることになると、それまでに、大人との関係や、自己ピーアールの仕方や手法を学ぶことになり、大人になってから目指す場合と比べて社会性が早く身につくという点でメリットがあると思います。

・実はそもそもメリットがあるとも思ってなくて、消去法で選びました。若い時が旬とは限らないし、競争で考えるのは危ういです。多感な時期であることは、諸刃の剣だなと感じます。若いぶん色々な経験を積めることが唯一のメリットかなと思います。

・芸能界を目指しその世界で生きていくためには身につけるものがとても多いと思っています。そのため早くから意識させる環境に身を置くことで刺激を受け成長出来るのではないかと思いました。また、その先の時間が多いことで選択肢も増えると考えています。

・周りが経験していないようなことを早いうちから経験をすることで、将来の糧になると思うから。また、大人になってからよりも小さいうちから経験することで、身につけられる量や能力も増え、結果的に成果を出すことができる気がする。

・早いに越したことはないと自分の考えでは思うし、子供が中学生でやりたいことを明確に意思表示するならやらせてあげたいです。経験を積むなら若いうちに何でもやるほうが高校生になってから進路変更をすることになっても軌道修正しやすいと思います。

・大人になるにつれ、どんどんやることが増えてくると思います。結果、次第に「練習する時間がない」という問題が多くなってしまうと思います。時間のある中学生の時期からどんどん練習を積んでおくべきだと思います。

・他の子が普通に学校生活を送っている間にも歌や演技、ダンスを学び、オーディションにも何度も挑み経験を積める。早い段階で芸能人としての基礎を身につけることができるから、その後、活躍していくために有利になる。

多感な時期に色々吸収・成長する事ができる

・若い方が感性が豊か。いろんな経験体験をして、独り立ちする時にも大きな自信となると思う。
日常生活では絶対に体験できないことも多いと思う。
経験は絶対に人を成長させてくれる。
悔しさも悲しさも自分を成長する。

・早くから自分の目標を持ってチャレンジする事が出来ると思います。成功してもしなくても努力をしその中で成長する事も多くあると思います。そしてその先の目標に向かい進路を決める事ができると思います。目標に向かって頑張ることの大切さを知る事が出来ると思います。

・高校などに行くと大学を視野に入れた勉強が始まるので、それまでにいろいろな経験をして自分を磨くのもよいと思います。また、中学時代に学んだことは大人になっても通用すると思います。早くからしているほうが悔いは残らないと思います

・芸能界デビューをするために必要な事を事前に知ることができ、早いうちに学び習得できると思います。物理的な時間も早めにじっくりかけダンスなど習得できるはず。競い合ってお互いモチベーションを高め合う、芸能界になるにふさわしい行動もできるようになると思います。

・ああしておけば良かったなど後々、後悔したくないし、もし本人に希望があるなら、望んでいる時に目標に向かって即行動を開始するのが一番だと思うので選択しました。本人の意思がはっきりしているのであればもっと小さい内でもいいと思います。

・一歩早く大人の世界に入り、仕事をすることによって同世代の子供たちとは比較にならないほど経験を積むことができる。これは長い人生を考えるとかなりアドバンテージになると思う。お金を稼ぐことの厳しさ、人間関係の大切さ、自分の魅力、成功と失敗、これらのことを早いうちに経験できるのは人生の宝になると思う。

・いろいろな経験することが成長するうえで必須だと思うからです。経験のなかでも、辛くて大変なことのほうが得るものが多いと思います。むしろ、そういった経験だけが、人を成長させるのではないでしょうか。若いうちから苦労したほうが、得られるものが多く、その後の自身の選択に有利な判断材料になると思っています。

・芸能界デビューが目的ではなく、長く活躍するという事が目的になるはずなので、単に早いデビューをしても中長期的にはメリットがなく、その時々のニーズに如何にマッチしていくかという点で経験値を早くから積む事が出来る事にメリットがある。

・高校生以上になると、親の意見より自分の考えが一番だと思っているからです。自分もそうでしたが、親の言っていることが正しいとわかっていても、素直に受け入れられない、受け入れたくない気持ちがあるはずです。その点中学生以下でしたら多少なりとも上手く誘導できるんではないでしょうか。

若くて旬な時期に売り出すことができる

・中学生で芸能界デビューした場合、これからどんどんと成長する過程を見てくれる皆さんに披露しながら本人も大人になっていくのでとても若い状態からまさに「旬」という時期を周りが瞬時にわかりやすいのではないでしょうか?

・小学生でもデビューしている時代なので、本人が望むなら早い時期から始めるほうが注目もされると思うし、色んな事を吸収しやすい時期だとも思います。学業との両立は大変だと思いますが、実力があれば需要はあると思うしその道でやっていくという気持ちが持てるのでいいと思います。

・芸能界でどのような形でデビューするかにもよるけれど、現在の芸能界を見ると、アイドルや俳優は中学生くらいからデビューした方が活躍している子が多い気がするし、早くデビューした方が柔軟性もあり、実力をつけていくことができると思うから。

・年齢が上がってから芸能界デビューをするよりも、1歳でも若いうちに芸能界デビューをするほうが、商品価値が高いように思います。新人として売り出されている芸能人の多くは、わたしが見るところ、若い年齢の方ばかりですし、人気の高い芸能人も若い年齢の方が多いように思います。

・日本人はロリコン&若さ至上主義であることと、未完成・不完全なものを愛でる文化があり、特に芸能界は若ければ若いほど有利だと思います。また、若いうちだと吸収力も高いので仕事の覚えが早くやりやすいかなとも思います。

・アイドル、歌手を見ていると若い子の方が長く活動出来るし、まさに旬です。30代に近づくとさすがに制服姿などには違和感があり、旬を脱した感があります。また、もし芸能界で駄目だった場合、他の選択肢が沢山残されています。

・芸能界デビューは甘くないと考えています。うまくいけばいいですが、必ずうまくいくとは限りません。
そのため、親としては保険を掛けておく必要があります。そのため、中学生のうちにうまくいくか試してみて、
だめなら、大学進学や就職といった道にすぐ切り替えるといった選択枝がとれる。

・本当は、普通の学生時代を過ごして社会人経験を積んで欲しいけど、芸能人になる資質があるのだったら、フットワークが良く、多感な年頃の方が、芸能人としての心構え、作法やルールが分かるので、若いうちが良いと思います。

・中学生の頃は体と心の成長も著しく、応援してくれる方達も一緒に成長を見ることができ、親近感が湧くし、自然と応援したくなると思う。実際、子役の子の成長を見るのは、まるで親戚の子のようで微笑ましく見ることができる。

・若い時にしか表現できない事もありますし、男子なら声替わりなどもあります。そういった成長期の過程でのデビューは精神的な面でも苦労したり色々な葛藤があるとは思いますが、それを乗り越えれば今後の芸能界でもやっていける自信がつくのではないかと思います。

事務所に所属するのがいい?オーディションを受けるべき?

さて、それでは中学生が芸能界を目指すにあたって、どういう方法があるのか。

まずは親御さんの意見を見てみましょう。

スカウトを待つ、スカウトされやすいように立ち回る

・スカウトはプロが見ていいと思った人を選ぶと思う。そのプロが見てダメな人なら養成所にいってもどこに行ってもオーディションに行っても落とされると思うから、ひたすらスカウトマンから声がかかるのを待つと思います。

ひたすら個人でなにかしらの実力を磨く

・質問1では1つしか選択出来なかったですが、本当は1番目の事務所・養成所に応募し…も選択したいです。なので、本人の実力を磨きながら専門的な事務所に応募するというのが、答えです。やはり、チャンスと実力が相まってデピュー出来るのだと思います。なのでただチャンスを待つのではなく実力を磨きながら待つという感じでしょうか。

・芸能界に入れたからといって、食べていけるのはごく僅かです。入れなかったとしても自分のスキルを磨けば、別の道も開けます。芸能界に限らず、自分のアイデンティティを積み上げるために大切なことだと思うからです。

・秀でたものがなければ、仮にデビュー出来たとしても長続きしないし、適切な評価は得られない。努力せずにたまたまポッと出られても、勘違いしてファンから見放されて忘れ去られたた芸能人を多数見ていると、自分で道を見つけるような働きかけをするのが望ましく感じる。

オーディションで入賞しデビューを目指す

・養成所はただお金を搾取されるだけのところがあるので、よほど有名なところでないと信用できない。コネはない。スカウトされてもろくでもない事務所にスカウトされて入ってしまうと地獄をみることになる。ということで消去法で選びました。

・子供がチャレンジという気持ちでしたら、自分でオーディションに参加し努力してもらいたいです。簡単にできる仕事ではないことを自覚し、自分の行動に責任をもってもらいたいと思いますので、オーディションを受けながら自分なりの工夫をしてほしいと思います。

・子供の意思を尊重してやりたいことへの応援をしてあげたいが、そもそも芸能人としての才能があるかどうか親として見定めるのはかなり贔屓目に見てしまう。オーディションに受かったとしたら、本人、親ともに芸能界での道の可能性を感じることができるし後押しできる。

・コネなどを使って芸能界入りできたとしても、後々後悔することになりそうだと思う。才能があるのであれば、オーディションを受けさせ、才能を発掘してもらうのが一番かなと個人的には思う。そこで受からなかったとしたら、それまでだなと。

・オーディションの良いところは、これまで芸能界と全く無縁だった方でも、合格する可能性があるということだと思います。芸能界の情報が入ってきずらい地方在住の方でも同じスタートラインに立つことができると思います。

・オーディションで入賞すればオーディションに取材に来ているマスコミに取り上げてもらえ、世の中に顔を覚えてもらえるチャンスがあるから。また、お金だけ取るような怪しい芸能事務所にうっかり騙されることもなくしっかりとした大手の事務所に所属できるから。

事務所・養成所に応募し、バックアップ・フォローがある状態でデビューを目指す

・そもそも「コネ」などはありません。スカウトされるような場所にも行くことがほどんどありませんので、スカウトされるのを待ていても無理かなと思うので、それてあれば事務所に所属しレッスンしながらのほうが道がひらけると思いました。

・今住んでいる地域は田舎なのでスカウトという方法は全くないと思うし、家族・親族にも何のコネもないので、一つの事務所に応募しても成果はないと思うので、入りたい事務所がどこでも良いなら、あらゆる事務所に応募するしか方法はないと思います。

・ 芸能界に入る場合は、何か得意なことや技術的なものを身につけてから入ったほうが子供も自信をもって臨むことができると思います。また、自分が芸能界のこと何もわからないので事務所や養成所の方にフォローしていただけると安心なため。

・本当はコネを使ってデビューするのが、一番効率がよく、デビュー後に売れる可能性がほかのどの選択肢よりも圧倒的に高いと思います。ただ、残念なことに、コネが無いので、事務所・養成所に応募し、そこに所属しながら、デビューを夢見て、精進するのが懸命に思ったからです。

・親目線になるので客観的ではないですが、容姿や本人が持つ華ということを考えると、スカウトはまずないということが大前提です。また、コネも勿論ありません。それに比べて、養成所では基礎から学ぶことができますし、「芸能」という広いカテゴリーの中から色んな選択肢があることも、オーディションやスカウトと比べて実感しやすいと思います。

・どんな種類の芸能人を目指すにせよ、ある程度優れた部分がない限り他の選択肢では難しいと考えました。そのためには基礎になる部分を養成所で身につけて、少しでも実力を持たせたいと思いました。そうすれば厳しい世界ながらも望む道への可能性が広がると考えたからです。

・やはり養成所だと、デビューに向けて何を学んだら良いか分かるし、競争相手と良い意味で頑張り合えると思うからです。一番の近道だと思っています。目指すのなら、ただやみくもに動くのは、遠い道のりだと思います。

・よっぽどの素質がなければ芸能界にスカウトされることもないので、しっかりとした事務所や、養成所で下積み時代を過ごした方が、まわり道のようで実は近道なのではないかと思いました。保護者側にしても、その方が安心感があるからです。

・一昔前は芸能デビューはスカウトが多いイメージでしたが、最近は本当にスカウトなのか、詐欺なのか見分けがつかないので、安心できる事務所や養成所から行くのが安心できると考えているからです。多少時間がかかるかもしれませんが、安心を上回るものはないと思っています。

事務所に所属するのが一番可能性が高い

さて、親御さんの意見見解にも合った通り、事務所に所属して芸能界を目指すのが一番現実的のように思えます。

というより、天性の才能・スキルがないのであれば、それが唯一の方法とも言えます。

応募時点で何万人ものオーディションを勝ち上がれるか、SNSで何十万人もフォロワーをつけて一目とまる存在になるか、そうでなければ事務所に登録し、芸能界に通用する実力を磨きチャンスを得るのが一番確実です。

子供のケアについて

子供が芸能界を目指すにあたり、また事務所に所属した際に、どのような事に気を付ければいいのか。

どういう点をケアしていけばよいのか。

親視点での懸念事項について、皆さんの意見を見てみましょう。

大人との接し方・マナー

・やはり、中学生はまだまだ子供ですし、周りの人達のおかげとか、なにも思っていない時期に、ちやほやされると、どんな大人になってしまうのか心配です。芸能界で礼儀作法がきちんと学べるのであれば良いのですが、どのような環境か分からないので何とも言えません。

費用・金銭面

・芸能界デビューさせるのにどのくらい費用・金銭面がかかるのか全くわかりません。お笑い芸人でも、スクール代で100万近くかかると聞いたことがあります。そのため、レッスン費用、遠征費用など有名になるまでかなりの費用を要すると思っています。

生活環境

・中学生はまだ義務教育期間であることから、芸能活動と学業との両立、学校生活との両立が大前提となり、時間の制限などあまりない芸能界においてはどうしても睡眠不足や昼夜逆転など生活環境の乱れが懸念されると思います。

・子どもに限らず、規則正しい生活をいくることが、心身を健やかに保つうえで大切なことです。生活環境が変われば、それらが乱れ、心身に悪影響を与えるのではないかと懸念されます。健康が一番大事ですから、それに気を付けてくれたら素敵なお仕事と思います。

学業との両立

・仕事が忙しくなるにつれて学業がおろそかになると思います。そして、もし成長した後で芸能界での仕事を辞めたときにある程度の学歴が無ければ今後の就職に関わることもあると思うので、学業については話し合っているほうが良いと思います。

・やはり一般的な経験を詰めなくなるのはそれはそれでデメリットだと思う。昔から言われてるように一般常識のない子供に育ってしまうとそれはそれで本人の人生に多大な悪影響があると思う。そういったことはなるべくさせないようにしたいと思う。

・ 中学校での基礎的な勉強は高校進学するためにもしっかり勉強する必要があると思います。仕事で心身ともに疲れて勉強ができなくなることは心配です。また、学校での友達との関係などもうまくいかなくなることが心配です。

・正直、上記の全てが心配です。大手の事務所に入れたとしても金銭面や待遇で揉めた挙句、独立したらしたでありもしないゴシップ情報を流されて精神的に追い詰められることが散見される業界なので、よほど才能や運がないとやっていけないと思います。

・中学はテスト対策と内申点がしっかりしていたら大体希望の高校に入学することができるが、出席日数や授業についていけないのなら、どうしようもないと思う。芸能活動だけならいざ売れなくなった時、学歴があれば転職もしやすいと思う。

・芸能界を引退してから、または売れなくてやめる場合、学が無ければどうしようもありません。大人になってから高校、大学というのは本当に特別なレアパターンだと思います。学業をおおろそかにしてはいけないと思います。

・芸能活動をしたうえで、学業にも全力で取り組めるかは心配な部分である。部活をやりながら学業をすることと変わりがないように思えるが、芸能活動については、少し特殊な活動なため、精神的にも不安要素があり、学業にも影響するのでは。

・将来のことを考えると、いろんな選択肢があった方が良いので、学業もしっかりやるべきだと思う。文武両道ではないけれど、芸能活動も勉学もできるに越したことはない。ただ芸能活動をやりながら学業両立はとても難しいのではないかと心配だから。

・中学校での勉強はとても重要な時期でもあります。それを両立するのは本当に大変な事だと思います。芸能の部分だけを頑張っても、最終的にあの時勉強をきちんとしておくべきだったと思う日が必ずきます。芸能界と勉強は両立すべきものだと思います。

・やはり中学は義務教育であり、大人になってからも使う学問を多く学ぶところであるがゆえ、そこを欠落したまま大人になると、知識、常識がなく恥ずかしい思いをすることがあるかもしれない。芸能活動が忙しければ欠席も増えるだろうから心配である。

・芸能界で成功すればもんだいないでしょうが、万が一うまくいかなかった時、挫折した時のことを考え、ある程度の道を残しておく必要もあるでしょう。そのためにはやはり学力です。しかしうまいこと両立できるのか、そこが一番きになるところです。

精神面のケア

・最も懸念されることは、中学生は一番多感な時期でもあり、勉強や学校生活と芸能活動の両立を続けながら生活をすることは相当なストレスになると思うので、心身ともに健康な状態でいられるような精神面のケアが心配です。

・おとな社会に飛び込むことで、これまでの学生時代とは一変した環境に身を置くことになるので、想像以上の精神的なストレスがのしかかることは容易に想像できるからです。自分の周囲の全員が上司であり、先輩であるため、パワハラやモラハラ、いじめを受けやすいと思います。また、芸能人は一般人よりも注目されるため、デビュー後は中傷なども受けやすくなるのでそこについても心配です。

・中学生で芸能界デビューを目指すということは、大人の社会に同世代の子よりも早く飛びこむことになる。その場合、社会のルールやマナーについてかなり厳しく指導されることになると思うが、早く色々な経験を詰める代わりにダメージもあると思うのでその分精神的なサポートが非常に重要になると思います。

・見知らぬ大人がたくさんいる世界で、遊びではなく、ビジネスとして何かをするという経験をして辛いことや嫌なことがないか心配です。もし、とても辛いことや耐えられないほどの嫌な経験をした場合に、十分な精神的ケアが行えるか心配です。

・いろんな人がいる。やはりメンタル面で挫けてしまうことはあると思う。
だがそれを乗り越え、乗り越えなくても体験したことで強くなれると信じているが心のサポートは常に必要だと思う。
それが親に限らず周囲の理解も必要。

・芸能人はとても厳しそうなイメージをもっています。いくら中学生でもお仕事をするということは社会人と同じように扱われると思います。その厳しさに耐えれるか不安には思いますので、精神面のケアはとても重要だと思います。

・費用・金銭面も工面が大変だとおもいますが、精神面がどうなるかが心配です。勉強との両立ができるのか、いじめなどクラスメートとうまくやっていけるのかが心配です。何もなければ良いですが精神的に病んだ時、どういった対応をしようか、芸能界との関わりも考えて子供のケアができるのか心配です。

・生活環境や金銭面と悩みましたが、どちらも最終的に子どもの精神的な安定にいきつくなと思いました。デビューの可否だったり、デビューできた後の成功だったりは結果論でしかなく、どうなろうとも子どもが幸せであればいいので、身体、精神のケアが一番気にするところです。

・中学生でも芸能界を目指すのであればそこは厳しい大人の世界だと思っています。普通の中学生が過ごす環境とは違う場所で精神的な成長も要求されるものも難しいものになると思います。そうすると、子供の精神的が負担が確実に増えると考えられるので通常よりも繊細な精神面のケアが必要だと思います。

・勉強はいくつになっても出来るし、生活環境や大人との接し方も実践で学んでいく事だと思います。費用も含め、事務所はそのために存在するのだと思いますのでプロフェッショナルであればバックアップすべきだと思います。ただし本人の内面、精神面は本人しか分からない事なので、いくら周囲がバックアップしても難点だと思います。

・自分の進みたい道を猪突猛進ですすんでいる間は問題ないと思うが、中学生の精神状態で個人批判や否定されるようなことを言われたときトラウマにならないか心配。大人でも上司にダメ出しされたら精神的にきついのに精神面は大丈夫かかなと思ってしまう。逆にすごく順調にいって売れっ子になった場合も天狗になったり、人に感謝できなくなったり自分を偉い、特別だと思って勘違いな人間ならなようケアが必要だと思う。

・やりたいことのためとはいえ、普通の中学生が経験して当たり前のことをまったく出来ないのはあとになって後悔するかもしれないので、日常の些細なことをフォローして不安定な心の時期を親として守ってあげたいと思います。

・基本的には大人のコミュニティの中で活躍する事が求められ、成熟していない不安定な感性を持ってその社会に入り、大人の物差しに合わせて行動し、成果を出さなければいけないので、相当なストレスが掛かると思われる。その点から精神面のケアは必要。

・思春期などもあり、非常に多感な時期だと思います。精神的な負担があっても相談できずに、時間が経過してしまうおそれがありそうなのが心配です。それ故、近くで寄り添えるような精神的なケアはとても重要だと思います。