ワイモバイルのCMが不評すぎる理由!出川が気持ち悪い?安くても買おうと思わないのは何故?

ワイモバイルのCMが不評すぎる理由!

ワイモバイルCM不評嫌い

出川さんや芦田愛菜さんなどらが出演するワイモバイルのCMがよくわからない・うるさいと不評の嵐。

何故そんなにもCMが嫌われているのか、みんなの意見を見てみましょう。

安くても買う気にならない・内容がわかりづらい

・安い事を歌に乗せて宣伝しているのはいいのだが、歌の印象ばかりが残って正直今内容をあまり思い出せない。有名芸能人を多数起用していてお金がある事は伝わる。家族割りの印象が強い。家族がいない独り身の人間はあまりお得にならないのかなあと思ってします。

・ヤフーモバイルのCMをみた事がありません。そのため、検索をして調べました。横浜流星くんとおうち割のねこちゃんが出てきました。どちらも見たことがない、目にした事がありませんので、感想はのべられませんが、おそらく大半の人が知らないのでは?私だけかと思い家族にも聞いてみましたが、やはり知らないようでした。あまり認知されていないと思います。

・あまりにもぐちゃぐちゃと人が出すぎていて、いったい何を伝えたいのかがわからない状態になっています。値段やお得な情報にしても「どれが伝えたい情報」なのかがいまいちわからないのです。もう少しすっきりわかりやすくしてもらえると見やすいかもしれません。

・最近はキャストが踊ったり歌ったりのCMが多いので、正直ヤフーモバイルの利点がどこなのか、他と比べて何が優れているのかが分かりにくいと思います。歌を伝えたいのか商品を伝えたいのかどちらもあまり伝わってきません。

・楽天モバイルと逆で、料金の安さを言っているけれども、キャラクターが古くて、今の携帯ではなく一昔前の携帯のCMの用に感じて、それも使いたくなくなります。もったいないです。昭和の印象がとても強くて、何のCMなのだろうと最初思ったくらいです。

・意味不明なキャラクターとCMのコンセプトだと思ってしまうから。一流のタレント、芸人、俳優を使いながらも、CMのコンセプトを伝えるどころか、商品の説明もままならなっていない。商品イメージを植え付けようとしているのかもしれないが、それが何か、受け取り手には伝わっていない。

・単純に芦田愛菜ちゃんがかわいい、そこが最大のポイントです。ダンスや片岡愛之助さんのコミカルな演出含めポジティブな印象という部分が好感度がありますが、非常によいかというとそこまでではないかなと思ったのでこの選択としました。

・奇想天外な感じがして、他社との差別化がなされていると思われるが、なんとなくやぼったい気がするのはどうしてだろうか?洗練されたものではなくても良いが、表面的な奇抜さだけで、詳しく内容を知ろうとする好奇心をくすぐるものとなっていないのが残念である。

・キャストはよいと思うし、歌もなじみのある歌で親しみやすいと思いますが、重要な情報が本当に少ししか出ていないように感じるので、CMだけで中身を判断するのが難しいのはどうなのかと思いました。また、楽天モバイル同様重要そうな情報が小さな文字で書かれているところも気になりました。

・出川哲朗は個人的に好きです。基本使用料が変わらないのもいいと思う。CMがガチャガチャして騒がしい感じなところが、印象に残るが、内容が入ってきにくいと思う。ヤフーの赤が強調されているところは、好きです。

・あまり記憶に残らないCMです、内容がよく理解しにくい、乗り換えたいと思いません。これがいい、といった良いプランがわかりにくい。出ているキャストもあまり好きではないです。内容わかりやすいCMにしてほしいです。

・ヤフーモバイルは楽天モバイルに比べ、CMのインパクトが少し弱く感じます。あまりお得感がない感じでただテレビで流してる感じです。使っている音楽等なのか、忙しい家事中はテレビは耳で聞いているのでそう感じます。

・芦田愛菜の良さがまったく活かしきれていないといないと思う。ギャグ一色に無理やり演じさせても不自然でしかない。出川哲郎はバラエティでのイメージしかないので知的な印象をもてない。片岡愛之助はシリアスのほうがいいのにコメディを演じると魅力が激減してしまう。

・「1000円でお釣りが返ってくる」というフレーズが印象的で、これを聞くと一瞬安いと感じました。しかしよくよく見てみると、「3Gで翌月から」と記載があるため、結局のところ月々の金額はあまり安くは済まないのかなと感じています。

・健全なイメージの芦田愛菜ちゃんを起用し、まるでふてにゃんのような出川さんイメージはピッタリです。結局最初だけ安くてあとで高くなったりする。どこの会社も最初得するか、後に得するか?結局は朝三暮四で結果は同じなんですよね。なのでそれを断然お得なように見せかける。これはテクニックなのかもしれないがお客様にもそれなりに知識を持たないと、本当の得にはなりにくいでしょう。そのキーになるのがマイワイモバイル!これを活用できるとできないとじゃ大違い。

・画面がにぎやかすぎて肝心のアピールポイントが正確に伝わりにくいCMだなと思ってみていました。とにかく安いというのはわかるのですが、既存のキャラクターを模倣した大げさな演出が気になってしまいイラっとしてしまうこともあります。

・私はキャストの全員が好きなのでけっこう好ましく思っているのだけど、クセが強いので苦手な人は苦手そうだと感じてしまう。auのCMのように若い人向けのインパクトを狙ったのかな?という感じで、狙いがわかってしまうのも少し寒い。

・出川哲朗と蘆田愛菜、愛之助のバカボンのCMしか見ていませんが、特に記憶に残るような訴求は感じたことはないです。どのキャリアも似たようなプランでしかないわけですから、多くの人に気にいられる人をきようするのは間違いない選択だとおもいます。個人的には何も思いません。

・そもそもキャスティングが好みではないのと、キャラクターが好きではない。そして何度も流れていると少々うるさく感じる。たまに意味がわからないし合成感が残念な印象になる。本当に内容を知ってもらおうとしているのか、ただ名前を印象づけたいのかわからない。

・有名な俳優さんやタレントさんを起用されているので、見ていて楽しいです。しかし、あまり内容が入ってこない気がします。楽しくて可愛らしいコマーシャルなので嫌いではありませんが、特にいい印象を持ったことはありません。

出川哲朗が嫌い

・いじられるしか能のない出川哲郎がいる時点でマイナスのイメージ。バラエティではまだいいかもしれないが、商品・サービスのイメージングをするキャストに選ぶ時点でワイモバイルはやる気がない。見るに値しない。

・元々出演している出川哲朗さんがあまり好きではないことと、聡明な印象がある芦田愛菜さんに役とはいえ、大袈裟にヨイショさせるような演出、関連性のあまりわからないバカボンのテーマを使用しているあたりがどうにも好きになれません。