学生・20代に似合わないデパコスランキング!ダサいメーカー・化粧ブランドはどれ!

20代・学生におすすめしないデパコスブランドランキング!

20代・学生におすすめしないデパコスランキング

20代・学生におすすめできないデパコスブランドはどれなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

17位:ADDICTION(アディクション)

17位はADDICTION(アディクション)

ADDICTION(アディクション)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・商品によってはとてもリーズナブルなので、高校生でも手が出せる点が大学生らしくはないと感じました。パレット型のアイシャドウなどは、少し値段も上がり大学生が使用していても違和感がありませんが単体のアイシャドウやリップは中高生が使用するほうが良いと思います。

16位:ANNA SUI(アナスイ)

16位はANNA SUI(アナスイ)

ANNA SUI(アナスイ)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・パッケージはかわいいが、ちょっと使いにくい色が多いイメージ。
メイクになれてきた人ならありだと思う。
大学生的にはどうなのかなー?という印象。
割と昔からあるブランドで、デザインも独特なので好き嫌い分かれそう。

15位:CLARINS(クラランス)

15位はCLARINS(クラランス)

CLARINS(クラランス)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・ファンのカバー力やチークの美しい発色につかいやすさなど、大好きでおすすめのブランドだけど、いつかどうせ使う日が来るから、若いうちはもっとぶっ飛んだ色のものとか隠すことより、自分をもっと出す方に重きを置いているブランドやパッケージなど自分が好き!と思う気持ちを大切にしてほしいと思いうので。

14位:COSMEDECORTE(コスメデコルテ)

14位はCOSMEDECORTE(コスメデコルテ)

COSMEDECORTE(コスメデコルテ)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・すごく良い美容液やクレンジングクリームなどが揃っていますが、若い人のお肌にはまだまだ不要だと思います。お値段も張るので、社会人になって、ある程度自身で稼げるようになってから、ご褒美として使用するブランドだと思います。

13位:IPSA(イプサ)

13位はIPSA(イプサ)

IPSA(イプサ)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・化粧水などすごく良いのですが、エイジングケアのイメージが強いことと、コスパを考えると大学生には手が出しづらいのではないかと思います。
また、色物の種類が少なくパッケージもシンプルなので、使いやすいといえばそうですが、色々欲しい、試したい大学生には物足りないと思います。

12位:TOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)

12位はTOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)

TOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・デパコスの中でも高価格帯のコスメなので、大学生が購入するには大変だと思うので。
アイシャドウなどの色物がダークかつ発色がハッキリしているので、若い人が付けると老けた印象、メイクが濃い印象を出してしまうと思うので。

11位:BOBBI BROWN(ボビイブラウン)

11位はBOBBI BROWN(ボビイブラウン)

BOBBI BROWN(ボビイブラウン)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・一つ一つの商品が洗練されていてとてもいい商品だと思うのですが、シミやクマのカバーやアンチエイジング商品のイメージが少しあります。そして、価格帯も高めのためなかなか大学生だと手を出すのが難しいと思います。

・ボビーブラウンのコスメは初期投資にお金がかかります。ブラシに力を入れているので、ボビーブラウンのコンセプトを表現するには、ブラシも合わせて待たないといけません。また、独特の香りがします。リップに関してはクレヨンみたいな匂いです。彼氏さんや好きな人がいる人にはあまりオススメできないですね。

10位:CLINIQUE(クリニーク)

10位はCLINIQUE(クリニーク)

CLINIQUE(クリニーク)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・大学生時代に口コミの評価を見て、試しにCLINIQUEの製品を使ったことがありましたが、感覚ではありますが肌にややキツかったように記憶しています。年齢のこともあるかもしれませんと思いますが、肌がまだ若々しい大学生の方にはあまりおすすめしたいと思いません。

・クリニークは若干年齢層が高めだなと感じるからです。昔から人気のブランドで学生さんのお母さん世代も好むイメージなので、ものはとても良いと思うのですが大学生の方が持つには若々しさがあまりないかなと感じます。

9位:LANCOME(ランコム)

9位はLANCOME(ランコム)

LANCOME(ランコム)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・価格帯も高く、バイトなどしていても学生ではなかなか手を出しにくい。また、商品性能は良いが、学生の若い肌よりももう少し大人の肌向けな印象。一通り好みの化粧品を試してみて、お金に余裕が出来たころに少しずつ揃えていくと良いと思う。

・ランコムは少しおばさんっぽいイメージがあるので、大学生の若いうちはもっと可愛いブランドの方が良いと思うから。ランコムは20代後半からも使えるし30代でも使える。若いうちはジルスチュアートとかポールアンドジョーとか可愛いブランドを一度体験した方がいい。30代になるとコスメのパッケージが可愛すぎて持っているのが少し恥ずかしくなる。

8位:SUQQU(スック)

8位はSUQQU(スック)

SUQQU(スック)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・ジルスチュアートやアナスイとは対照的に、パッケージは比較的シンプルで高級感のあるデザインになっていて、商品自体の色味も落ち着いたものが多い印象があるため、若い世代にはあまりウケが良くないのではないかと思う。また、価格も手を出しにくいので大学生人気はあまり期待できないと思う。

・全てのブランドを知っている訳では無いですが、SUQQUはとても高いイメージがあります。全てをSUQQUで揃えたいと思っているならお金に余裕を持ってからかなと思います。ただただ金額の面でおすすめじゃないと思いました。

7位:GUERLAIN(ゲラン)

7位はGUERLAIN(ゲラン)

GUERLAIN(ゲラン)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・まずは、高級品の中の高級品ということ。社会人でも手が届く方はそんなにいらっしゃらないのではないでしょうか。ゲランは学生というイメージはなく、マダム、高給取りのお嬢様?が使用しているというイメージです。

・第一に商品全体が高額な印象があります。デザインも可愛らしさよりは上品で高貴な印象を抱かせるものが多いと感じるので、大学生には不向きだと思いました。また、大学生世代が気になるニキビケア等よりはアンチエイジングをテーマにしたラインナップが多いと感じたからです。

・CHANELとも悩んだのですが、GUERLAINは、40代~50代くらいの方が使用されるイメージがあります。金額的にも、商品のデザインなども考えても、少し大人っぽさ、年齢が高い方が持つイメージがあるので、GUERAINを選びました。

6位:ESTEE LAUDER(エスティローダー)

6位はESTEE LAUDER(エスティローダー)

ESTEE LAUDER(エスティローダー)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・価格帯的にも手が出しづらい点で持続性が低く、発色についてはそもそもくすみがちな肌を明るく見せることが得意なブランドのため、メラニン対策等をそこまで力を入れずとも大丈夫な年代にはおすすめしません。香りも強いので体内から発せられる香りとコスメの香りがけんかして不快を覚えるかもしれません。

・まず、エスティーローダーを大学生に全くおすすめしない、というわけではない。しかし、あえて上記のブランドの中から選ぶなら、エスティーローダーにする。理由は、エスティーローダーのターゲットとしている年齢層が大学生よりも上のように感じるからだ。20代後半からが適しているだろうか。エスティーローダーは、母の日などにコスメギフトセットを販売しており、上の世代に向けてのアピールもされており、大学生が母親への贈り物に選ぶには最適なブランドかもしれない。

・物はいいと思いますが、デザイン含め全体的に「マダム向け」ブランドかなあと。スキンケアもリッチな使い心地なものが多く、大学生のまだ若い肌にはあまりしっくりこないかも。リップは名入れもできてプレゼントなどに使いやすいですが、香料強め。

・どちらかというと、年配の方向けのブランドなのかなと思っています。お値段もかなり高いので、大学生の方には少し高級すぎるのではないかと思います。カラーも落ち着いた色が多い気がするので、大学生向きではないかなと思います。

5位:Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)

5位はYves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)

Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・イヴ・サンローランに限らずではあるが、わざわざ高いブランドの化粧品を使わなくてもいいのではないかと思っている。18歳~20代前半の肌は、どちらかというと毎日のケアや「保湿」が大事なので、無理なくしっかり保湿が出来る物の方がいいと思う。

・Yves Saint Laurentは、品質が良いので香りの良さ、手触り、つけ心地の良さは格別ですが、商品のターゲット層が実年齢よりも高いため大学生が使うと「背伸びしすぎ」最悪の場合は「ケバい」と感じられてしまう可能性があるからです。

・使用感に定評があることは存じ上げておりますが、やはり価格帯の点で大学生向きではないと思われます。一般の大学生の場合、かなり背伸びをしなければ手に入れづらいことから、質が良く手に入れやすいコスメが他にたくさんあるのでそちらをおすすめしたいです。

・大人向けの値段帯、商品も落ち着いた感じのパッケージデザイン、カラー商品もブラウンや深みのある色が多いイメージ。リップが有名だと思うけど、ファンデーションやベースメイクはやはり大人の肌向けのラインナップといった感じで若者が揃えようと思うと少し戸惑った。

・とにかく敷居が高くて、値段も高いので、大学生には手出しができないイメージです。社会人になって自分でお金を稼ぐようになってから買うほうが、ありがたみが感じられていいと思う。イブ・サンローランは大人の化粧品です。

4位:Cle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)

4位はCle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)

Cle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・クレドは30代以上向けのような気がします。大学生には高いですし、若いうちはもう少し手が届く値段の商品が良いのではないかと思います。パッケージも色も大人向けで、気分ものらない気がしますし、商品に地味な印象を受けます。

・高級路線のシリーズなのでそれぞれの金額がけっこうお高めです。大学生にはちょっとキツいお値段ではないかなと思います。また、年代的にもマダムがお似合いなお化粧品というイメージですので大学生には早いかなという気がします。

・商品などから対象年齢が高めだと思います。基礎化粧品などもアンチエイジングなどを意識して比較的高額な商品が多く揃っていると思います。商品などは、とても素晴らしいと思いますが若い大学生などには必要こないラインあるのではないかと思います。

・ラインナップが30代のイメージがあります。社会人になって数年してからでも遅くないと思います。学生時代しか出来ない様なメイクを楽しんで欲しいので綺麗な発色のブランドを選んで自分に合うものを探してみて欲しいです。

・自分の周りの方々の印象ですが、このメーカーが好きな方はわりとメイクが好きな方が多い反面、若干厚化粧に見える(いかにもお化粧頑張っています!のような)方が多い気がするので。色味の問題かと思いますが、メイクが上手になってから使う方が適しているメーカーだと思います。

・クレ・ド・ポーを選択しました。大学生くらいの年齢の子には何より、金額が高額でなかなか手が届きずらい(私のような中年でも手がでない!)一般に若い子の肌には、若いなりの肌悩み(吹き出物、毛穴、テカリ等)があるでしょうし、まだまだ肌が元気であると思うのでクレドポーまでは必要ないのでは、、と思う。

3位:Dior(ディオール)

3位はDior(ディオール)

Dior(ディオール)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・まず値段が高いし、化粧品独特のニオイがするものが多い。リップスティックは有名だが、若いうちはそんなに塗らなくても大丈夫なので、ここで買わなくてもよい。香水のラインナップもニオイが重いものが多く、爽やかな香りが少ない。

・ディオールはハイブランドなので大学生には高いと思います。ケースのデザインはとてもキレイでオシャレですが、金額が高いのでバイト代で購入するにはかなり頑張らないといけないです。また、ディオールは社会人の方が持っている印象が強いです。

・商品の質もとても良いものが多く、使っていてリピートしたいと思う商品が多いのですが、値段がお手頃ではありません。また、ブランドイメージが先走っている傾向があるので、Diorを持っていると他の人に羨ましく思ってもらえるという理由で買う人を多く見てきました。なので、そのような理由で買ってしまう可能性が高いDiorは収入が安定していない大学生にはおすすめできないと思いました。

・大人の女性向きな高級デパコスブランドのイメージです。憧れのブランドというのなら、お金に余裕があれば使っても良いと思いますが、大学生のうちは…。大学卒業後、社会人になって自由に使えるお金が増えてから、おすすめしたいです。

・キラキラしたラメ入りの物が多く、まだどこか幼さが残る大学生の年頃の人が使うとケバくなりがちです。化粧独特の香りもきつめなのであまりオススメしないです。年配の方や夜の仕事をする人に向いているブランドのイメージです。

・シンプルなデザインと少し高めの価格帯で、このブランドに落ち着くには大学生というのは早いと思う。
大学時代は、自分の肌質や顔の造形に合ったコスメやメイクアップ方法を模索するのに適した時間。材料によっては肌が荒れたり腫れたりと、人前に出にくい反応が出る場合もある。社会に出てからはできないメイクも大学生なら許容される雰囲気があるので、試行錯誤するための時間を楽しんだ方がいい。

2位:SHISEIDO(シセイドウ)

2位はSHISEIDO(シセイドウ)

SHISEIDO(シセイドウ)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・おすすめしない訳ではないですが、良くも悪くも安泰なブランドです。ベースアイテムなど信頼できますが、問題の少ない若い肌には不要でポイントメイクで済ませる子も多いと思います。それよりも、カラフルなメイクアップアイテムでメイクを楽しんで欲しいと思います。

・百貨店などに行った時OLが入っていることが多い。デパコスのイメージがなくスーパーや薬局にも売っている。品質は良いのかもしれませんがパッケージが可愛くない。親がよく使用してるイメージがあるので親と同じ物を使いたくない。

・大学生が使うと、オバサンぽくなりそうです。プチプラなのは魅力ですが、オシャレさのあるトレンドではなく、中高年の方が悪目立ちせず、程よく無難に生きるためのトレンドカラーに見えます。第一印象でオシャレと感じるコスメが少ないのも理由です。

・価格設定、化粧品そのものに求められる効果ともに大学生よりは少し上の世代を対象として作られたものに感じます。どうしても日本の老舗的なイメージも強く、若い世代の人も率先して選びたくなるようなパッケージデザインでもないと思います。

・もう少し年齢層が高めの人が使うイメージで、カラーもコンサバなものが多いから。大学生となると、そこまで肌などを気にせずカラーを使ったメイクが多いため、どちらかといえば高品質なスキンケアが有名なこのブランドはあまり大学生向けだとは考えていない。

・デパコスという印象もなく、どちらかというと年配の方が使う化粧品のイメージがあるからです。実際に使ったことはないのですが、イメージという点からです。誕生日プレゼントでもらっても大学生はそこまで嬉しく無いのではと思います。

・資生堂はブランドイメージや広告に力を入れていることもあり、比較的高価なものが多く、周りの目も含めると大学生なのに生意気なと思われることが多いと聞きます。また、単純に大学生が高価なものをそろえることは難易度が高いため、余裕のある人を除いてあまりお勧めできません。

1位:CHANEL(シャネル)

1位はCHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)が20代・学生に合わない・お勧めしない理由(抜粋)

・商品自体の客層がもう少し大人の方なように感じます。ブランドとしては申し分ないですが、シャネルを選ぶくらいなら大学生にはどちらかといえばRMKやDiorの方が合っていると思います。シャネルは社会人になった時のお祝いとして買うのが良いと思います。

・お値段がたかいこと、そして個人的な意見になってしまうかもしれませんが匂いが少々若い子向けではないと思います。また口紅などもどちらかというとある程度の年齢にいっている方のほうが似合うブランドだと思います。

・シャネルのコスメはそれも金額が高いので、収入を得ていて自分のお金で買っているのなら文句はありませんが、学生のうちからシャネルで揃えている人を見ると「親のスネをかじるタイプなのかな」と余計なことを考えてしまいます。

・まず値段が高い。ポイントメイク用品でもそこそこするので自分の中ではもう少し年上向け(具体的にはアラサー以上くらい)のイメージがある。そしてベースメイクの肌への刺激が強い。仕上がりはかなり綺麗だが、若い肌にはここまでのカバー力は必要性をあまり感じないし、むしろ肌疲れが出そう。自分も実際若い頃使っていてそうだった。リップも発色はかなりいいが唇の皮がベロベロに剥けてしまった。肌が強い人はいいかもしれないが、将来のためにお肌に気を遣いたい若者にはあまりお勧めできない刺激の強さと思う。

・高額で揃えることが難しいからです。化粧品はそのメーカーによっての特長があるので、できることなら同じブランドを使った方がバランスが良いと感じる。しかし高額だと全部そろえることは難しくワンポイントだけ浮いた感じになりやすいと思う。

・派手なおばさんが使用しているイメージがあります。大学生には似合わない印象があります。以前母がライン使いしていましたが、あまり効果が感じられなかったと言っていました。もっと手頃なデパコスがたくさんあるので、シャネルは進めません。

・やはり値段がお高めというところがネック。色選びも、メイク慣れしていないと難しいかも。全部のアイテムをシャネルで揃えるとお金がかかるし、可愛げがない感じにもなってしまうのでリップを一本だけ持つ、みたいな持ち方が良いと思う。

・是非、手に入れたいと思うような高級感がある一方で、値段もかなりするので、お手軽に購入することができないため。デパコスなので思ったよりも匂いが強く、つけるとかなり目立つということになると考えられるから。

・ハンドクリームで5,000円を超えるなど価格帯が高いので手が出しづらそう。世間的には名は通っているがシャネルの化粧品といったらコレ!と言ったアイコン的商品が浮かびづらい。コスメサイト、雑誌等でも年代的には社会人〜のイメージ。

・ もっと年齢が高くなってから使用するイメージです。私はシャネルのデパコスを買ったことがないので、使用感とかはよくわかりませんが値段も高いイメージなので大学生とかは気軽に買える感じじゃないかーと思います。

・ブランド名からして、躊躇してしまう思いました。学生さんには敷居が高すぎて、恐ろしい感じすらするのではないかと思います。シャネルといえば、あらゆるブランドの中でも、超々高級な感じがします。大金を持っていないとお店に入れないイメージがありますし、お店に入るのはあまりにも勇気がいると思います。

・大学生にしては高級感がありすぎた雰囲気です。香水を購入したことがあり、それはとても上品で素敵な香りです。しかし匂いがしっかりつくため、大学の講義で周りに気づかれやすいです。個人的には控えめな香りを大学内ではつけたい為、あまりお勧めはできません。

・単なるイメージですが、シャネルは高くて大人なイメージがあるので、もっと大人になってから使ったらいいという感覚で大学生には不向きかなという印象で選びました。実際はブランド名よりも使いやすさとコスパが大学生には大事だと思う。

・デパコスのイメージとしてシャネル等の印象が強いが、ブランドイメージというのが強く、もっと価格が安いもので代替えができるように感じる。肌などもまだ若いので、少し負担になる気がするのと、内容よりもとにかくブランドが先行してしまっている印象。

・もっと年齢が高くなってからの方が、こちらのブランドの良さがわかるような気がするからです。大学生が使っていると少しナイトワークでもしているような印象を受けてしまい下品に感じてしまいます。ブランドイメージから外れているので選びました。