ディズニーランド嫌いなアトラクションランキング!一番不人気なライドはどれ!

ディズニーランド嫌いなアトラクションランキング

ディズニーランド嫌いなアトラクションランキング

ディズニーランドのアトラクションの中でみんなが嫌いなのはどれなのか。

みんなの意見をランキングけいしきでまとめてみました。

是非ご参考ください。

28位:キャッスルカルーセル(ディズニーランド)

28位はキャッスルカルーセル(ディズニーランド)

キャッスルカルーセル(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・天蓋に描かれているシンデレラのイラストは素敵ですが、それ以外は至って普通のカルーセルです。シーのキャラバンカルーセルのようにキャラクターものだと乗る気になりますが、、。わざわざ夢の国で乗ろうとは思いませんでした。

27位:シンデレラのフェアリーテイル・ホール(ディズニーランド)

27位はシンデレラのフェアリーテイル・ホール(ディズニーランド)

シンデレラのフェアリーテイル・ホール(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・以外にせまく、ただひたすら長い道のりを歩いている様だった。途中にある美術品や絵画は一様は美しいがそこまで興味のないものに惹かれないのも事実。ガラスの靴やフラッシュで絵柄が変わる絵画はみて「おっ!」と思ったがそれだけである。

26位:モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”(ディズニーランド)

26位はモンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”(ディズニーランド)

モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・やはりこのようなアトラクションは個人的にポイントを求めてしまいます。同じランドにバズ・ライトイヤーのアストロブラスターがあったりするのでそちらに行ってしまいます。小さい子向けのアトラクションなのかなと思ってしまいます。

25位:ウエスタンランド・シューティングギャラリー(ディズニーランド)

25位はウエスタンランド・シューティングギャラリー(ディズニーランド)

ウエスタンランド・シューティングギャラリー(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・一回もやったことがない。友達がやっているのを見るけど、つまらなそう。当たらなかったらもらえないし、当たったからといって
もらえるのはあれかと思うと、やらなくてもいいかなって思う。練習するのにもお金がかかる。

・何度かプレイしたことがあるが難易度が高めで、クリアできたことがないため。どちらかというと大人向けで小さな子どもだけでは難しいと思う。ディズニーシーのように大人も子どもも簡単にできて、クリアしやすいゲームにしてほしい。

24位:ウエスタンリバー鉄道(ディズニーランド)

24位はウエスタンリバー鉄道(ディズニーランド)

ウエスタンリバー鉄道(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・せっかくディズニーランドに来たのだからという気持ちになり、よりディズニーの世界観が強いもの、特色的なアトラクションに乗りたいと考えるから。ウエスタンリバー鉄道は、他の遊園地にも同様のアトラクションがあるように感じてしまい魅力が低い。

・淡々としていて、あまり面白くないからです。物語性などもなくひたすらの汽車に乗っているだけというのが退屈だからです。また、他のアトラクションがインパクトがあって面白いから余計にギャップが面白くないと感じさせるのかもしれません。

23位:オムニバス(ディズニーランド)

23位はオムニバス(ディズニーランド)

オムニバス(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・バスに乗ってディズニーランドの景色を見て回る必要性を感じません。そして、見て回るにしても自分で歩きながら見て回って気になるところで立ち止まって買い物したり、アトラクションに入ったりしたいと思うからです。

・アンティークなデザインのバスに乗って、ディズニーランドを移送するわけですが、開園当初1回だけ乗った事がありますが、とても恥ずかしいです。ゆっくりした歩くのとそれほど変わらない速度で走るので、パークを歩いている方と目線が合うんです。それが恥ずかしくてあまり好きではありません。

22位:ガジェットのゴーコースター(ディズニーランド)

22位はガジェットのゴーコースター(ディズニーランド)

ガジェットのゴーコースター(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・ガジェットのゴーゴーコースターのデザインタッチは好きだし、コースターまでの通路はとてもドキドキします。しかし実際のコースターはハンドルをぐるぐる回しながら回転する移動型コーヒーカップです。三半規管が弱い私にはとても好きになれる乗り物ではありませんでした

・あまり運転してる感がないのと、スピードが思った以上にでないことが理由です。対象年齢が低いので仕方ないかもしれないですが、もう少しスリルというかドキドキ感が欲しいです。自由度が低い点も好みではないです。もう少し運転してる感が欲しい。

21位:スイスファミリー・ツリーハウス(ディズニーランド)

21位はスイスファミリー・ツリーハウス(ディズニーランド)

スイスファミリー・ツリーハウス(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・ツリーハウスで何をしていいのかわからないし、キャラクター的な楽しさもないので、あまり好きではないです。アトラクション的なワクワク感だったり、キャラクターがいないので、ディズニーランドっぽくないので好きではないというのもあります。

・ちょっと異世界な感じで景色もよく、見晴らしの良い場所もあるが、自分で前に進んでいくのに、自分が高いところが苦手なため、景色が綺麗だなと思う余裕がだんだんと薄れていってアトラクションを楽しむ余裕がなくなるため。

20位:チップとデールのツリーハウス(ディズニーランド)

20位はチップとデールのツリーハウス(ディズニーランド)

チップとデールのツリーハウス(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・派手なアトラクションと凝った演出が大好きです。なんといっても年齢を忘れて年がいもなく子供と楽しんでいます。いつの間にか引きずりこまれた。みたいな感覚が良いのだと思います。忘れられない思い出もできましすし、上記を選んだ理由は印象強く残っていなかったと言う感じです。好きじゃないないとは違うのですがあえて選ぶならといった感じです。

・しいてあげれば、この中から選ぶとすれば、これかな?と言う程度で、どれもすきなので、理由を上げるとすれば、特にアクションが何もないので、子どもたちが小さいころは、喜んで登っていましたが、大きくなってからは行っていません。

19位:トゥーンパーク(ディズニーランド)

19位はトゥーンパーク(ディズニーランド)

トゥーンパーク(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・あまり好きではないというより、トゥーンパークは子供の遊び場だから。大人は行っても遊ぶことはないから何も楽しめない。ジュースを飲んだり、ポップコーンを食べたりする時など休憩するのに座るくらいしかしない。

・ほぼ子供向けの公園の印象はありますがミッキーが作った彫刻としてインパクトがなく、とても静かなイメージがあり、あまりディズニーを感じないように思い、小さい子供は楽しめるかもしせませんが親と写真で撮った時にディズニーに行った感があまりしないので、そこにいる滞在時間は短く、人気としてはあまりないように感じました。

18位:ペニーアーケード(ディズニーランド)

18位はペニーアーケード(ディズニーランド)

ペニーアーケード(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・フリーパスでいろいろなアトラクションに乗ることができるのにわざわざお金を払って、昔のゲームをするのは時間がもったいないと思ってしまう。そのようなゲームならペニーアーケードにあるそのものではないがゲームセンターに行けばいいと思うので。

・ディズニーランドならではのものという観点での魅力を感じにくいから。感覚的にゲームセンターのように感じてしまいディズニーでやらなくてもよいかなと感じてしまう。個人的には乗って楽しめるようなタイプのアトラクションを楽しもうと考えがちであるため。

17位:蒸気船マークトウェイン号(ディズニーランド)

17位は蒸気船マークトウェイン号(ディズニーランド)

蒸気船マークトウェイン号(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・蒸気船マークトウェイン号に乗ってアメリカ河を一周するというコンセプトであるわけだが、ただ大きな船に乗って景色を見るという感じで、1回乗ればもう良いかなと思います。混雑もしてなくていつでも待たずに乗れるのは、同じように考える方が多いように思い、私はあまり好きではありません。

・他に乗れるものがない時になんとなく乗りますが、何度も乗っているし景色が変わるわけでもないので休憩タイムに利用する感じです。アトラクションというか、時間つぶしのような感じ。日差しを避けられるのはいいかもしれません。

16位:スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー(ディズニーランド)

16位はスター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー(ディズニーランド)

スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・一度搭乗したことがあります。私自身、乗り物酔いなどをするわけではないのですが、スターツアーズはどうしても合わずに、降りた後に嘔吐をしてしまいました。当時、出始めだったため最初に並んで乗ったため、それ以降は、酔いがさめないまま園内を回り苦い思い出となりました。

・私はスター・ウォーズを全ては見ていないですがそれでも楽しめます。座っているだけなのに3Dのおかげで実際に物語に入っている感じになれます。が、この3Dが厄介で合う人合わない人が出てくると思います。体調によるのかもしれませんが私はほぼ毎回酔ってしまい気持ち悪くなってしまいます。

・一度乗った時にアトラクションの最終盤で同乗者の一人が体調をくずして機械が一度止まってしまった事がありました。それは仕方がない事ですが、仕切り直し後再度最初からスタートした。見たばかりでつまらないし、長い揺れで見終わる頃には私も気分がかなり悪くなった。

15位:ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション(ディズニーランド)

15位はジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション(ディズニーランド)

ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・乗り物自体は迫力があって面白いのですが、キャストさんによって楽しさが変わってくるからです。やはりベテランの方はすごく迫力や演技がすごいので、乗ってても楽しい!ってなります。たまーになんだかテンションの上がっていないキャストさんに当たると、残念と思ってしまうからです。

・じゃあ乗るな、という意見になってしまうのですが、静かに動物やジャングルの雰囲気を楽しみたいにも関わらず、うるさい添乗員がドヤ顔で騒ぎ立てるのが非常に不愉快です。あれがなければ乗りたいのに、と思う方が他にもきっといるのではないかと思います。

・担当の添乗員さんに当たり外れが大きいように思います。あまり上手じゃない人だとつまらない展開になります。あと水辺ということで仕方ないのですが、他のアトラクションに比べて虫が多いのが嫌です。ちょっと汚く感じてしまいます。

・何回も乗りすぎて次の展開が分かる。乗る場所によって景色が変わるなどあればよいが特にそれも影響がないアトラクションだと思う。またキャストの案内の上手下手によって楽しさが左右されるので乗船する船の当たり外れがある。

14位:ビーバーブラザーズのカヌー探険(ディズニーランド)

14位はビーバーブラザーズのカヌー探険(ディズニーランド)

ビーバーブラザーズのカヌー探険(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・おそらくこのアトラクションの1番の醍醐味がみんなで力を合わせてカヌーを漕ぐという点だと思いますが、あまり得意ではないのでどちらかというと好きじゃない部類に入ります。キャストさんの掛け声さえも追い込まれている気がして勝手につらくなります。

・漕ぐのがしんどい。途中で疲れて止めようとしても、オールを水につけると抵抗が生まれるし、浮かせるとあからさまにサボってる様子が周りに悪目立ちする。。キャストからも注意されたりするのもプレッシャーがあり苦手。

・他の人と一緒にカヌーを一緒に漕ぐのがとにかく嫌。カヌーを漕いで楽しさを感じるとは思えないし、わざわざディズニーランドでカヌーに乗る意味もわからない。ディズニーランドっぽい楽しさもないので、あまり好きではないです。

・メインのディズニーキャラクターがいないという点と、アトラクションというよりアウトドア系なのでわざわざディズニーランドで乗らなくても良いかな・・・という印象が強いので、幼い頃からあまり利用したことがありません。

13位:ビッグサンダー・マウンテン(ディズニーランド)

13位はビッグサンダー・マウンテン(ディズニーランド)

ビッグサンダー・マウンテン(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・ディズニーのアトラクション程度であればどれも恐怖や嫌な感じはしないですが、強いて上げるとするならばビックサンダーマウンテンかなと。基本的に絶叫系の乗り物は苦手で、更に高所もあまり得意では無いので、あまり好きでは無いに選ばせて頂きました。

・ビックサンダ-マウンテンは、レールのアップダウンが自分には厳しく、いつも酔います。 振動もつらい。いつも乗りたくないなあと思うけど、付き合わされます。 昔からあるので、みんな、飽きないのかな?と思います。

・こちらは、絶叫系のものに分類されますが流石に年代ものになりつつあり 改良の余地があると思います。初めての人は良いと思いますが 毎回の来場の人にとっては なんかも足を運ばないのではないでしょうか。少なくとも男性の立場としては沿う感じます。

・怖い。鉱山のつくりや途中の仕掛けもゆっくり見られたらなと思う。ジェットコースターだとディズニーの雰囲気がよく見えなくてもったいない。ディズニーランドは景色が楽しめてゆったり乗れるものがよい。絶叫系はいらないんじゃないかと思う

12位:ホーンテッドマンション(ディズニーランド)

12位はホーンテッドマンション(ディズニーランド)

ホーンテッドマンション(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・子供の頃初めてディズニーランドに行ったときにホーンテッドマンションを体験して結構怖かった思い出がありあまり好きでは無いです。大人になってから乗ってもアトラクションの激しさはあまりないしあまり乗らないです

・クリスマス仕様の時はとっても可愛くて好きです。ですが、クリスマスなど以外はとにかく怖い。暗くて真っ暗の中、お化けも色はありますが、暗い印象が。ホーンテッドマンションの内容にはあってますが、もう少しなんだか柔らかくしてもらったら子供でも入りやすいと思います。

・宣伝では、とても怖いような感じを受けたのですが、まったく怖くなかったため、残念でした。もう少し怖がる驚きが多くても良いかと思います。普通に歩くおばけ屋敷の方が怖いと思います。もっと真っ暗にしたら、少しは怖さが増強されるかもしれません。

・何故か毎回とても怖いため。特に、後ろ向きでフロート?が下っていくのが、ジェットコースターより怖く感じた。ジェットコースターのように落ちることへの身構えがなかったため、不意打ちだったからより怖かった。せめて表示があれば身構えたのですが。

11位:ミニーの家(ディズニーランド)

11位はミニーの家(ディズニーランド)

ミニーの家(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・長時間待ってやっと入場出来たが、待った割りには室内はシンプルで感動的要素があまり無かった。また、訪問しても必ずミニーが居るわけではなく、狭い空間に大人数のお客さん。ゆっくりと見る楽しみも少ないように感じました。

・ミニーの家は人気でいつも大行列ができています。最後にはキャラクターに会えるのが魅力的ですが、それまでの待ち時間が長く、ミニーの家はいついっても中が変わらないので新鮮味がなく飽きてしまいます。季節感のあるインテリアに変更してほしいなといつも思ってしまいます。

・子供向けなので。待ち時間を待ってまでいかなくてもと思う。大きいサプライズは無さそう。シンデレラのようなプリンセスじゃないので持ち物はかわいいけれど憧れ要素のあるキャラクターではないのであまり興味がわかない。

・やっぱり派手なアトラクションと演出がすきなのですが、上記は好きではなと言うよりこの中で一番印象に残っていない物を選んだだけです。わいわいと動きまわって我を忘れて楽しむ男の子と行動した経験が多いためか素通りまでも行きませんが、かけ抜ける途中の何かだったんだ思います。

10位:空飛ぶダンボ(ディズニーランド)

10位は空飛ぶダンボ(ディズニーランド)

空飛ぶダンボ(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・高いところが嫌いだし、子供っぽいからです。動きも単調だし、東京ディズニーランドに限らず、どこにでもあるようなアトラクションだと思います。高いところで、景色を楽しむなら、観覧車のように遅い方が良いです。

・一緒に乗った友達がかなり機体を動かしていて食事を取った直後かなりよってしまった経験があるためです。高く、周りを見渡しながら乗りたかったのですが景色を楽しむ余裕も全くなく、とにかく早くおりたいと思った思い出があります。

・あえて、ディズニーランドに行っているときに乗るアトラクションではないと感じる。他の遊園地等でも同じようなアトラクションがあると思う。乗っている際には自分がダンボに乗っていると感じにくい。小さい子どもがいるようなファミリー顧客は楽しめるかもしれない。

・空飛ぶダンボは、かわいいのですが、これまた、酔う。 あの上下感がたまらなく酔う。 基本乗り物系、酔う私はグルグル系もダメなようだ。かわいいから、乗らずに見ているぶんには、とてもよいのだが。付き合わされてまた乗る。

9位:トムソーヤ島いかだ(ディズニーランド)

9位はトムソーヤ島いかだ(ディズニーランド)

トムソーヤ島いかだ(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・もう何度となくディズニーランドに行ってるけど一度も乗った事がないし、多分通りかかってもスルーしてしまっている。どんな乗り物なのか、どんなアトラクションなのかもよくわかっていない。逆に今度行ったらそれを一番最初に見に行ってみようと思った。

・時間がとられそうで、服も汚れそうなところ。自由度が高そうなぶん、ストーリーに埋没するアトラクションでもなさそう。ジェットコースターのような遊園地要素もない。見た目も地味でとりあえず選ばないアトラクションの一つ。

・初めて乗船した時に乗船したゲストの人数が多くて窮屈に感じたのと、乗船して到着したトムソーヤ島に魅力を感じなかったので1度乗船したら2度目は良いかなと思ってしまったのが理由です。また、夏場だと直射日光を直に浴びるのも辛かったです。

・他のアトラクションに比べてドキドキ感がなく、同じ川を移動するジャングルクルーズとかのほうにのりたいと思う。また移動手段としても船や鉄道の方が快適で周囲の風景を楽しむ余裕がでてくるので、あえてこの乗り物に乗りたいとは思わないから。

・あまり慣れ親しんでこなかった話なのと、いかだで移動するところは楽しいですが、アスレチックで遊ぶ体力がないです。子供のころは楽しく遊んでいたと思いますが、今はただただ子供にふりまわされるだけの場所となってしまいました。

8位:魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”(ディズニーランド)

8位は魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”(ディズニーランド)

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・スティッチというキャラクターをあまりかわいいと思えないから。加えて出てくるスティッチの人形が妙にリアルで少し怖さを感じるから。また周辺の環境やアトラクション内で、あまりハワイ感を感じることができないから。

・タイトルに「魅惑」とありますが、まったく魅惑に感じなかったです。単調な催し物といった印象です。面白味がないので一度見れば十分に感じました。ディズニーランドは大好きなので、何度も訪れていますが、魅惑のチキルームだけは、最初に訪れて以来、一度も行っていません。

・あまりディズニーのキャラクターの中で、目立つ方ではなく可愛くないです。鳥の印象が全く残りません。頭上で話しが進むが、ちょっと見づらいし話の内容があまり好きではないです。子供は飽きていました。ちょっと暗い空間が眠気を誘います。

・完全に好みの問題だと思いますが、スティッチというキャラクターがあまり好きではないのと、陽気なアトラクションかと思いきや、全体的に照明が暗いです。あと、音楽が賑やかすぎて、うるさく感じてしまいます。一度体験したらもういいかな、と思ってしまいました。

・スティッチエンカウンターに入るつもりが、間違って入ってしまったため。当時は友人と入ったため、周りは小さい子連れのファミリーたちが多く、場違い感が出てしまった。せめてスティッチファンであれば、違和感はなかったのかもしれません。

7位:カントリーベア・シアター(ディズニーランド)

7位はカントリーベア・シアター(ディズニーランド)

カントリーベア・シアター(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・好みによるとは思いますが、映画の内容など全く知らない人はクマのキャラクターのみだと正直飽きて仕舞う印象があります。様々な熊のキャラクターがいるのは分かりますが機械で動いていて、映像も有りますが演奏も動きも単調で居心地が良いとも癒されるとも少し言い難く、同じような音楽が多く、見る人を少し退屈させるように思います。また始まるまでの待ち時間が結構長く感じたこともあり、内容も少し古く、音声や緩やかな音色と共に睡魔に襲われる人もいるように思います。

・クマたちはとても可愛いのですが全体的に内装が古く、原作アニメーションや映画が有名なアトラクションではないので曲なども知らず、ストーリー展開もあまりないのでいつも眠くなってしまいます。雨で休みたい時やよほど疲れた時にしか行かないアトラクション、という印象です。

・待ち時間は少なくいつも空いていて実際すぐに入場出来たのですが、室内が暗めなので子供が居眠りしてしまうほどの実にシンプルな構成で退屈な印象を受けました。しかし、音量は大きめなため小さな幼児は泣いていました。

・クマの動きがぎこちなくて、昔ながらのアトラクションだと思います。あまり動かないし、口元や手足はよく動いていたが、他のアトラクションより劣ると思います。少し待ち時間が長いと思うし、あまり座って待てない。

・いつも混雑していなくて暑さ、寒さをしのぐのには最適なのですが、内容がマンネリで眠くなります。曲をかえたり音響をよくしたりシート自体から音が出るような臨場感が出るとよいと思います。着ぐるみキャラクターのサプライズ演奏なども面白いかも

・ショーは時間が決まっていて、座る席も早いもの勝ちなので、このショーは早くからならんでまで見たい魅力的なショーだとは思いません。何のキャラクターなのかもよく分かりません。内容も大して印象に残るものではないです。

6位:スペース・マウンテン(ディズニーランド)

6位はスペース・マウンテン(ディズニーランド)

スペース・マウンテン(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・私はコースターや少しスピードの出るものすら全く乗れないのですが、それを知っている同性の友人にこれなら室内だし大丈夫!と言われ、なんとかその時は乗ってはきましたが、二度と乗りたくないと心の底から思ったためです。

・暗闇の中を超高速で走行するため、吐き気や気持ち悪さが止まらなくなります。視界が真っ暗というのが、あまり好みではなく、見えない世界の怖さというものを考えさせられます。乗り物酔いもしやすいアトラクションであると思います。

・あんまり激しい乗り物が好きじゃないです。車と違ってドアも天井もないのに速い速度で走り、高いところから落ちるのが本当に苦手です。自分で運転できればもう少しマシかもしれませんが、車酔いするので具合が悪くなります。

・暗くて怖いです。暗い中をジェットコースターで走ってるので周りが見えなくて骨組みとかにぶつかるのでは無いかとか考えてしまってとても怖いです。人気で毎回すごい並ぶイメージもありそこまで好きなアトラクションではないです

・とにかく暗闇のなかで振り回されたような記憶しかなく、アトラクションにおいてのスリルを味わいたかったのに終わってみれば吐き気がして、そのあとは歩くのもしんどくなるような体験をした。個人的にはもう一度乗りたいとは思わないです。

・昔はだいすきでしたが…、今は歳をとったせいか、暗闇の中のスピード感が怖く、乗りもの酔いをしてしまってからは、ちょっと敬遠気味です。若いころは2時間待ちでも平気で並んで乗っていたのに、ウソのようです…。

5位:プーさんのハニーハント(ディズニーランド)

5位はプーさんのハニーハント(ディズニーランド)

プーさんのハニーハント(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・人気なアトラクションで、行列にならんでアトラクションを体験しました。1時間以上並んだので期待値が高まっていたかもしれませんが、乗車時間も短く、子供は楽しめるかもしれませんが、大人には動きが物足りなく感じました。

・女子とディズニーランドに行くとほぼほぼ間違いなく行くことになるが、十何年も前からあって大きなアップデートもないため、流石に内容を覚えてしまったし、少し飽きを感じ始めてしまっているから。列待つ時に英文読むのも眠くなる。

・プーさんのハニーハント自体は可愛くて良いのですが、いつも待ち時間が長くて中々並ぶ気にはなれません。大好きなアトラクションでどうしても乗りたい物なら頑張って待ち時間を過ごしますが、そこまでは出来ないということはそういう事なんだと思います。

・元々は好きなアトラクションだったのですが、ファストパスを使ってアトラクションに乗ることは出来るのですが人気過ぎて1度の来園で良くても2回しか乗れないのが不満になってしまい避けるようになってしまいました。

・特に好きではないというわけではないが、なぜこのアトラクションが人気なのかちょっと不明。小さい子供向けだからしょうがないのかもしれないが、大人には退屈かも。確か上海ディズニーランドはセットの絵本が漢字だったと記憶しているが、日本では英語。ストーリーを知らない人には、世界観に浸るのは難しい。

・大人になってから乗りましたが、かなりこどものアトラクションだと感じました。こどもが喜ぶのなら一緒に乗ってあげてもいいですが、付き添いの親は一緒に楽しめないと思います。できれば子供も大人も楽しめるアトラクションがいいです。

4位:白雪姫と七人のこびと(ディズニーランド)

4位は白雪姫と七人のこびと(ディズニーランド)

白雪姫と七人のこびと(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・白雪姫や7人の小人の楽しそうな雰囲気のアトラクションかと思って乗ると、魔女がたくさん出てきたり、怖い雰囲気で子供が怖がってしまい泣いてしまったことがある。魔女が好きな人はいいかもしれないが白雪姫のストーリーとはあまり関係く、子連れには不向きであるから。

・乗り物はゆっくり動いて、ちっさい子向けで空いてて良いが、作りが少し古くてガタガタするし、入ってみると暗いし魔女が怖いので、小さい子はびっくりしてしまうと思う。また時間も短いので、大人も並んでまでは乗らないクオリティかなと思う。

・いかだに乗って音楽を聴いて回るだけなので、どこがおもしろいのかさっぱり理解できない。連れの女性は楽しそうにしていたので雰囲気を壊すまいと楽しそうに振舞ってはいたが内心は冷めていた。1時間以上ならびワクワクしていた気持ちを乗っていたイカダから川に落としてしまったみたいだ。

・アトラクションの内容はは好きだが、全体的に古いため。また、待ち時間は長いのにアトラクションの時間は短くてあっという間に終わってしまうのが少し残念。アトラクションが子ども向けに作られているので、もう少し大人でも楽しめるような工夫があるといいと思う。

・誰でも知ってる物語ではありますがライドに乗って回るだけで今どきでは無い感じです。もっとプロジェクトマッピングなどを使用し視覚的に臨t場感を上げたり音響的にもライドに乗りながら迫力のある演出、耳のちかくから音や声が出る仕組みに変われば良いと思います。

・回転率がいいので、次のアトラクションに乗るちょっとした隙間時間に楽しめるので、嫌いではないのですが子供向けのアトラクションなのにお化け屋敷みたいに怖いのが気になります。白雪姫の可愛い雰囲気がもっとみたいです。

・個人的にこのアトラクションに乗ったことがないです。乗ろうと思ったことがありません。どの年齢層にスポットを当てているのかがわかりません。地方から来る人はそもそもそんなにディズニーリゾートに来られないのでのらないと思います。

・白雪姫は、シンプルに怖いです。昔からあるアトラクションですが、小学生低学年の頃に乗った記憶があり、アトラクションの外見は、ディズニーランドらしくかわいらしい華やかな印象なのに、実際に乗ってみると終始不気味な雰囲気でいまだに白雪姫には乗ろうと思うことができません。

3位:アリスのティーパーティー(ディズニーランド)

3位はアリスのティーパーティー(ディズニーランド)

アリスのティーパーティー(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・ティーパーティーは以前一緒に乗った友達が面白がってハンドルを回し過ぎ回転が速くなり、それで酔ってしまいそれから嫌いになりました。知らない方が楽しそうに乗っているのを見ても苦い過去を思い出して乗ろうとは思いません。

・見た目はアリスの世界観が満載で、入り口もトランプなど写真撮影スポットとして人気ですが、カフェの内容がいまいちで、値段も高く、あまりおいしくないのでがっかりした記憶があります。世界観がかわいいからこそもう少し料理のクオリティを上げてほしいです。

・くるくる回る乗り物は苦手で特にコーヒーカップは絶対に目が回るので乗りません。終わった後も何か呆気のない終わり方で回っている間も雑音がうるさくて音楽が聞こえません。小さい子も乗れるからかいつも長い列をなしていて好きではありません。

・回転に酔いやすいので、一緒に乗っている人がハンドルを勢いよく回して高速回転させると気持ち悪くなります。そこそこの速さの回転ならまだ楽しいですが、あまり激しく回転するとしんどいです。一緒に乗っている人は楽しそうなので我慢しています。

・三半規管が弱い私はぐるぐる回るのは苦手です。コーヒーカップは最も遊園地で苦手なアトラクションであり、仮に乗ったとするとしばらくは動けませんし、気持ち悪くなってしまい、その後のアトラクションを一切楽しめません。

・他の遊園地にも似たような乗り物がよくあるので、わざわざディズニーランドに行って、並んでまで乗りたくはないと思います。もともと、酔いやすいのもあると思いますが、ディズニーランドにしかない乗り物が他に沢山あるので他のアトラクションに乗りたい。

・昔は乗り物酔いと無縁だったのに子供を出産してから三半規管が壊滅的に弱くなっていて、子供が大きくなってきたから久々にディズニーに行って乗ってみたら激しく乗り物酔いをしてその日一日ずっと具合が悪くてせっかくのディズニーデーが台無しになったから。

・ただのコーヒーカップです。どこにでもあるようなアトラクションなので、正直どこで乗っても同じです。わざわざディズニーで乗ることはありませんし、ディズニーらしさがないように感じます。ただ回るだけでなくてストーリー性があればもっと面白そうだなと思います。

・回転して、目が回るだけです。気持ち悪いだけで、楽しさを全く感じられないアトラクションです。東京ディズニーランド以外にも似たようなアトラクションがあり、他のアトラクションが充実した、東京ディズニーランドで乗る価値はないと思います。

2位:スプラッシュ・マウンテン(ディズニーランド)

2位はスプラッシュ・マウンテン(ディズニーランド)

スプラッシュ・マウンテン(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・上から落ちる時、体がフワッとするのが苦手です。また、写真写りも良くなく、乗る度に変な写り方をしています。人気アトラクションですし、友人と行くとほぼ確実に並ぶのですが、個人的にはちょっと避けたいアトラクションです。

・濡れる事が前提のアトラクションであることが許せないからです。また、最も恥ずかしく見られたくない瞬間の写真が買いたくもないのに公衆の面前で晒されているのも許しがたく腹立たしいです。細かな事を言えば、アトラクションのディズニーなりのバックグラウンドも怖くて嫌です。

・高いところから落ちるのはあまり好きではないです。ジェットコースターでいいのに濡れる要素を入れるのも不要ではないかと思います。心臓がひゅっとなるのと、がたがた揺れるので車酔いしたような感覚になるのももよくないなぁと思います。

・元々絶叫系が苦手でずっと乗っていなかったのですが、強引な友人に説得されて乗ったのですが、やはり全然楽しめなかったです。最終的にはずぶ濡れになり、友人だけが楽しそうでした。落ちるまでの可愛いストーリーも全然安心して見れなかったです。

・絶叫系が苦手なのと、水がかかり全身ずぶぬれになった経験があるためトラウマだからです。前回友達と乗ったときは初めてだったのにまさかの最前列になってしまいかなり怖い思いをしたため、もう乗りたいとは思わないです。

・落下系が苦手なので。あと水がかかるのがいや。霧レベルの水くらいならいいと思う。途中は楽しいのですが、最後に近づくにつれ、テンションさがります。落下する前におろしてくれたらゆっくり楽しめるのにといつも思う。

・何より1番怖いです。3大マウンテンの中で1番傾斜角度も落差もあり、ットコースター特有のフワッと胃が浮く感じが強いので苦手です。1番上怖いのに滝までの中はその怖さを全く感じさせないようなかわいい動物達の空間で、卑怯だぞと思ってしまいます。滝から落ちる必死かつ無防備な絶叫顔を写真にされるのも嫌です。

・絶叫系が苦手なのですが、中学生の時の修学旅行で友達に乗ろうと言われ覚悟を決めて乗りましたが、落ちている距離が長くて「早く終わって欲しい!」と心の底から思いました。それ以来、ディズニーランドに行っても乗る事はありません。

・乗るまでの渋滞も長いが、いざ乗ってからも蒸し暑い狭い洞窟のような中をいかなければならない。最後も滝から落ちるという流れで、何故写真を勝手にとられてしまうのかも理解に苦しむ。その写真もサービスならともかく販売する感覚もわからない。

・絶叫マシーンが怖くて好きではないためです。ディズニーランドの絶叫マシーンはそんなに怖くないから、と聞いて1度のってみましたが、やはり怖くておもしろいとは思えませんでした。
人気もあるアトラクションのため、2時間弱ほど並びましたが、並んでまで怖い思いをしたくないです。

・絶叫系が嫌いな人はスプラッシュマウンテンもダメです。途中まではワイワイとディズニーの雰囲気を楽しめるのですが、醍醐味である最後の急降下で心臓が飛び出るほどの恐怖を感じます。内臓がフワッとなるあの感覚はいつ味わっても耐えられないです。

1位:イッツ・ア・スモールワールド(ディズニーランド)

1位はイッツ・ア・スモールワールド(ディズニーランド)

イッツ・ア・スモールワールド(ディズニーランド)が嫌いな理由(抜粋)

・あまり並ばずにアトラクションに乗れるため、休憩として利用しました。座れるのは良いですが、個人的にあまり置かれている人形が好みではなく、不気味に感じてしまうため次回も進んで乗りたいとは想いませんでした。

・ディズニーランドは、家族向けに上記で選んだもの関しては 主に小さいお子様に向けてのものではありますが、学校などのっ行事として含まれた際に行った時に、入らなければいいのですが 感想としてはどう表していいものかと微尿な感じです。ほかはキャラクターがいるものが多い中 長い時愛されたものではあるが 少数な意見ではあるが 変えてもいいアトラクションだと思う。

・とにかく人形が並べられているだけで何がこのアトラクションの魅力なのかがよく分からないまま終わった記憶があります。また人形が同じ歌を10分くらい歌い続けているのも、段々怖くなってきて、個人的にはあまり楽しめた記憶がありません。

・いつも待ち時間が他のアトラクションに比べて割と短いので休憩がてら乗るが、そんなに楽しくはない。ゆっくりと流れて見てるだけなので面白くない。昔からあまり変わらず、人形の顔も可愛くないからあまり好きではない。

・少し子供っぽすぎるからです。乗り物に乗って、世界旅行をしている感じなのですが、単純な動きが続いて、だんだん退屈になってくるのを覚えています。少しアトラクションっぽいものが入っていればいいとは思います。

・長々とアトラクションが続くが何を見せたいのかがいまいちわからないから。他のアトラクションには起承転結があるが、このアトラクションには起承転結がなく、物語の波が小さく盛り上がらない。また、キャラクターの可愛さに欠ける。

・船に乗り、ただ人形を見るだけのアトラクションですが、人形が不気味です。外観はいろいろな色があって可愛いと思いましたが、単調的な動きで面白味がありません。最近はプリンセス等も仲間入りしていますが、不気味です。

・いつも空いているのはメリットだと感じる。しかし子どもがいるわけではないため、アトラクションとしての面白みに欠けると思う。時間を潰すためや、外の暑さ寒さをしのぐために利用することがほとんどになっている。

・同じ曲がずっと流れている中をひたすら同じようなテーマの人形達に囲まれながらゆっくり進むだけで、あまり面白いアトラクションではないです。進み方ものんびりしていて怖いアトラクションに乗れない小さい子向きだと思います。

・アトラクションのコンセプトには共感できるが、まず自分には退屈。細部にもこだわりがあり、見るたびに新しい発見があるのはディズニーらしい。ただキャラクターを除き、人形の顔がすべて同じ、言語は違うが流れている曲もすべて同じ。そして何よりも人形を照らす下からの照明が不気味で、ファンタジーさを感じないのがいちばんの理由。多分、一人でボートに乗り、あのアトラクションを見ることはできないと思う。

・人形たちがとてもチープなクオリティに思います。そのチープさは、ディズニーランドには不相応に思えて仕方ないです。イッツアスモールワールドだけクオリティーが低いのは、なにかそうすべき理由でもあるのだろうか、と頭をかしげてしまうくらいです。

・イッツアスモールワールドのアトラクション自体も昔からあまり変わり映え無く、古さを感じてしまう。常に並ぶことなく乗れるので、座って休憩がてらに乗るアトラクションの定番になってしまっている人も多いのではないかと思う。

・飾られているお人形があまり可愛いらしいため個人的に苦手です。子供達も、大勢で同じボートに乗っているだけなので、好きではないようです。音楽を聞くという点はよいのですが、全体的に面白みにかけると思います。