30代社会人に不人気なデパコスブランド!何故嫌い?買わない・使わない理由とは!

30代社会人が買わないデパコスブランドランキング!

30代社会人が買わないデパコスランキング

30代の社会人があまり買わないデパコスブランドはどれなのか。

10代・20代の頃は人気でも、30代になると使わなくなるデパコスブランドはどれか。

今回はみんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

14位:ADDICTION(アディクション)

14位はADDICTION(アディクション)

ADDICTION(アディクション)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・正直、おすすめじゃないブランドが思い当たらないです。人気だったり、気になるブランドだったりばかりです。選ばなければならないとしたらアナスイです。理由は、ブランドをよく知らないからです。SNSで人気な商品を知ることが多いのですが、アナスイを目にすることが少ないと個人的に思いました。

13位:CLARINS(クラランス)

13位はCLARINS(クラランス)

CLARINS(クラランス)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・個人的にフェイス/ボディケア商品は良いと思うが、メイク商品はカラーバリエーションなど展開が少なく、ワンパターンなものになりがち。せっかくなら服装や気分でいろんなパターンのメイクを楽しみたいので、ちょっと物足りない印象がある。

12位:CLINIQUE(クリニーク)

12位はCLINIQUE(クリニーク)

CLINIQUE(クリニーク)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・良い商品なのですが、多くの女性が30代以降になると乾燥肌になりやすいと感じています。なので、クリニークにはわりとさっぱりした質感の商品が多いように思うので、30代の肌向けというよりは20代向けに思うからです。

11位:Les Merveilleuses LADURÉE(レ・メルヴェイユーズラデュレ)

11位はLes Merveilleuses LADURÉE(レ・メルヴェイユーズラデュレ)

Les Merveilleuses LADURÉE(レ・メルヴェイユーズラデュレ)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・ラデュレは10台から20代向けのように思います。パッケージのデザインが可愛すぎることと色味も若者向けかと思います。
好みもあるとは思いますが30代は可愛過ぎないものを選ぶ方向にシフトしていくように感じましたので選びました。

10位:SHISEIDO(シセイドウ)

10位はSHISEIDO(シセイドウ)

SHISEIDO(シセイドウ)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・30代。社会に出て、仕事の責任が増えたり女性としてライフステージが変化したり、今までの若さだけにプラスαされた年代。国産の安定した資生堂ブランドも悪くないが、トレンドの最先端を追う外資系ブランドの、圧倒的なコフレ感で自分を少しくらい甘やかしてもいい!ここで得られた贅沢が、きっと次の40代の飛躍の土台になるはずだから。

9位:TOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)

9位はTOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)

TOM FORD Beauty(トムフォードビューティ)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・ダークな色合いのアイシャドウや口紅が多いので、仕事の日に使うには使いづらい物が多いと感じるので。また色合いだけじゃなく発色も強いから派手になりすぎてしまいそう。ブランドのイメージ的にももう少し上の年齢の人が使っているイメージです

8位:PAUL&JOE(ポールアンドジョー)

8位はPAUL&JOE(ポールアンドジョー)

PAUL&JOE(ポールアンドジョー)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・以前ファンデを使っていたが、薄付きとゆう印象で、20代の時はそのくらいでカバー出来るが30代に入るともう少しカバー力のあるものの方が良いと思ったから。又化粧崩れもしやすかったので。
容器のデザインはとても可愛らしくて良いが、大人な雰囲気からは離れると思った。

・30代前半ならまだ大丈夫かもしれないが、30代が持つには少し少女過ぎるデザインが多い。家で使用するなら品質は問題ない。むしろ大人気の化粧下地は30代以降も使えると思うが、キャリアウーマンが職場に持っていくと引かれるかもしれない。

7位:shu uemura(シュウウエムラ)

7位はshu uemura(シュウウエムラ)

shu uemura(シュウウエムラ)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・ベーシックな色やシンプルなデザインで少し物足りない。ラメだったりパールだったり個性的なものがあればなと思う。パッケージもデザインもシンプル過ぎてもう少し華やかで興味をそそられるものであればいいなと思う。

・個人的に肌に合わないと思いました。他の化粧品は使ったことがないものが多く、なんとも言えませんが基本的に、外資系ブランドは香料が強く刺激も強そうなイメージがあります。肌に合う合わないがハッキリ分かれそうですね。

6位:Cle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)

6位はCle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)

Cle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・クレドポーテは、30代のお財布には値段が高価ですが、30代の肌には栄養過多な気がします。実際私も使ったら、ニキビができました。40代50代のミドル世代に似合う化粧品だと思うので、30代にはお勧めしません。

・クレ・ド・ポーはとても良いです。が、かなり贅沢な高級品です。金銭的に余裕があるならよいかもしれませんが、30代で使用するにはまだ早い?と思います。個人的にクレドポーのファンデーションがとてもよかった記憶がありますが、お金が続かないので、1度きりしか購入できませんでした。肌的にも、まだ若さのある30代よりは、40代からでもよいのでは、と思います。

・ブランドや容器のイメージとして50歳代から使うイメージがあります。キラキラした世代より大人で落ち着いた世代の女性が使うイメージなので30代社会人におすすめではないとさせていただきました。価格も高いので収入が安定した50歳代社会人が使うのがおすすめかなと思います。

5位:GUERLAIN(ゲラン)

5位はGUERLAIN(ゲラン)

GUERLAIN(ゲラン)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・海外ブランド品は香りが独特でとても個性があります、人との距離感が近ければ香りも強く、お若い方には向いていないような気がします。そして口紅は日本ではあまり見かけない発色を見かけます(とても鮮やかです)30代の方ならそこまでしなくともナチュラル勝負で攻めてもいただくのが良いかと思われます。

・品質は良いのですが、価格が30代には定期購入し辛い商品が多いと思ったからです。香りも大人っぽくエレガントでありながらサッパリした部分もあり好感はもてますが、周囲の人が「いかにもできる女」を感じてしまい萎縮や嫌厭する可能性があります。

・実際に自分は使ったことはないですが、このブランドの広告を見かけるのは大抵年齢層の高い人をターゲットにした専門誌だったりするので、30代向けのメディアではあまり広告をみかけないので、そもそも選択肢に浮かびにくいです。

4位:M・A・C(マック)

4位はM・A・C(マック)

M・A・C(マック)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・マックは濃いメイクのイメージが強い。美容部員さんも独特な感じ。舞台に立つお仕事や奇抜なファッションをする人には合うかもしれないけど、一般的な社会人はナチュラルメークのほうが時代にも合っていて良いと思う。

・他のブランドをあまり使用したことがないので、知っている中での私の個人的な意見ですが、M・A・Cは質のわりに割高だと感じます。海外ブランドという感じが全面に出ていて、化粧品自体も派手なイメージがあります。基礎化粧品は使ったことないですが、私にはファンデーションもあまり合いませんでした。アイシャドウもはっきりした色合いが多く、日本人が好む淡い色合いが少ないと思います。

・カラーバリエーションが豊富で、価格も他のブランドと比較すればお手頃。発色も良く、優秀なコスメもいっぱいあります。しかしトレンド重視なのとビビットな色味も多いことから、10代〜20代向けという印象。広告に起用している芸能人も若い層をターゲットにしている感じがします。万人受けというより個性を出したい人向け、つまり若い人向けなのかなと思います。

・若い化粧品ブランドイメージが強いです。また店舗に居るお姉さんもギャルなので、落ち着いてきた30代にとっては壁を感じる化粧品ブランんどの様に感じます。マスカラやアイライナーも発色が良く可愛い色が多いので、若作りに見えてしまうのでは、、と不安になるイメージです。

3位:CHANEL(シャネル)

3位はCHANEL(シャネル)

CHANEL(シャネル)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・とても色彩が良いアイシャドウなどがあり良いと思います。友人からプレゼントでもらい,使ってみたことがあるのですが,私は香料がきついのは苦手で,毎日使うのは無理でした。私はあまり香りがしないのが漉きです。

・シャネルは高価なイメージがあります。ほかにも低料金で良いブランドもあるので無理に買う必要はないのではと思います。海外もので肌があれても良くないです。安くても品質の良いものを選んだ方がお財布にも良いのではと思います。

・30代には高すぎます。肌に良いのかもしれませんが、50代になってからでも十分です。高いものを使えばよいのではなく、自分の肌と合うもので、自分の稼ぎで買える範囲の物の中で、少しの贅沢を味わえる程度のものをお勧めします。

・少しお高いのと、人によっては合わない人も多いのでちょっと勧めづらいです。ルージュにしても下地にしても匂いがキツメなのも気になる所ではあります。私個人としては、肌には合わなかったのでおすすめはしません。

・化粧品のブランドについてはあまり詳しくないですが、30代といってもまだ若いと思います。お値段が高すぎるわけではなく手が届きますが、シャネルはもう少し大人の女性の方がしっくりくるブランドだと感じました。

・値段が高い。日本人の肌に合わない。匂いがきつい。気軽に使いづらい。カウンターに行きづらい。単価が高いため、継続して使いづらい。肌トラブルが起きやすく、ファンデーションが重たく感じる。口紅の色が濃すぎる。

・一度は憧れるシャネルですが、「いかにもハイブランド!」という感じで30代くらいになると謙遜してしまいます…。カラーも外資系特有の濃いめなかっこいい感じが多いので、上品さや華やかさを足していきたい世代には向かないかと思います

・やはりお値段が高いのがおすすめしない理由です。お値段が高いほど上質なものを使用しているかと思われますが、近年ではプチプラコスメでも良質なものがあるので、お値段を考えるとそちらに流れてしまいがちです。自分のご褒美に買いたいという方には勿論、優秀なコスメです。

2位:JILLSTUART(ジルスチュアート)

2位はJILLSTUART(ジルスチュアート)

JILLSTUART(ジルスチュアート)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・パッケージデザインのフェミニンさは大きな特徴だが、30代後半にもなるとちょっと気後れするのでは。身近に置いて気分が上がるとは思うが、やはり中身や成分で効果が得られないとリピートしようとは思わない。もちろん個人の好みで使いたい人もいるだろう。

・プリンセスっぽさがあり、シルバー基調でキラキラギラギラしたイメージ。「少女が思い描く大人っぽさ」であって、実際の大人が身に着けるのは似合わないと感じるから。メイクの色合いもピュアなピンク色など可愛い系のメイク用のものが多い。

・フェミニン、大人ガーリー、エレガント系が好きな20代の女性、大学生などに人気のあるのかなと思います。イメージカラーが“ピンク”で、見た目とても可愛らしいブランドイメージがあるため、30代には不向きかと思いました。

・若い人向けで、質よりも見た目が可愛いのを重視していると思います。外見は非常に可愛いく工夫をこらされていますが、30代からのお肌の状況には、あまり向いていないのではないかと思います。30代からは、外見よりも肌質を優先するべきだと考えるからです。

・アナスイはおしゃれなイメージでコスメを使用したことはないがアイシャドウやリップは色がカラフルでかわいいけど社会人には会社だと使いづらいイメージがある。
ジルスチュアートはパッケージがかわいいがラブリーすぎて持ち歩くには大きすぎたりする。

・華やかなデザインのケースはとてもかわいらしい印象を与えるのですが、10代から20代の女性向けのデザインで30代には少し子供っぽさを感じると思います。化粧品そのものの色味の幅も若年層向きの印象だと思います。

・なんとなくですが、私の周りにはジルスチュアートを使っている友達もいないので、自分も使っていないという感じです。若い大学生などが使っているのかと思うと買いに行くのをやめようと思ってしまいます。で見た目とかの問題で中身は良いと思います。

・20代ではガーリー&フェミニンなメイクが好きでたくさん使用していました。モテメイクの定番で、男子受け抜群。30代で結婚してからは落ち着いたメイクの方が印象が良く、徐々にフェードアウト。一部お気に入りのアイテムは、自分へのご褒美に使用しています。

・以前はよく使用していましたが、見た目はドストライクでかわいさ満点なものの30代女性が持つにはぷりぷり過ぎて少し恥ずかしいです。心では持ちたいと思いますが年齢的には落ち着きたいところ。商品自体はとてもいいので、もう少しシンプルなラインがあればうれしいです。

・ジルスチュアートの化粧品はデザインもとても可愛らしく素敵なのですが、プリンセス系のようなイメージもあり、年齢的に少し若めな印象を受けます。30代中盤以降でこちらのブランドのを使用するのは年齢的に少し厳しいかな…と感じます。

1位:ANNA SUI(アナスイ)

1位はANNA SUI(アナスイ)

ANNA SUI(アナスイ)が30代に敬遠されるデパコスブランドの理由(抜粋)

・パッケージが個性的で、メイク品もカラーが発色が良く目を引く印象のメイクになりますが、30代を過ぎてこのメイク品を持っていると幼いなと言う印象が否めません。また、昔好きだったものに固執しているちょっと痛い感じの雰囲気も感じてしまいます。かわいいんですけどね。

・おすすめできないというほどではないけど、もう少し若い人向けのメーカーだというイメージがあるので。また、値も張るので、それくらいの値段のものを使うなら他の年齢肌向けの製品を買った方がコストパフォーマンスがいいかもしれません。

・ネームバリューはとてもあるが、どちらかというと若年層での人気なのではないかと思う。化粧品自体は悪くはないが、その商品のデザインがどちらかというと若者向けなイメージを持っている。色合いはシックでどの年代でも好まれると思うが、デザイン性は少々20代向けの印象。

・アナスイはパッケージの可愛さが他のブランドにはない魅力ですが、コスメの色合いが明るく奇抜で派手、コスメの香りも強く個性的で独特なラインナップなので、30代社会人としては使いづらいデパコスブランドだと感じます。

・パッケージと色合いが若い子っぽいなと感じる。若い子でも、裏原系やパンク系の子が選ぶようなイメージがある。自分も若い時はパッケージが可愛いと思ったが、今持つとなるとちょっと若作りしているのかなと思ってしまう。

・高校生にも人気のあるブランドなので少しチープなイメージです。
知名度はあるブランドなので使っているとすぐアナスイだとバレます。
もちろん素敵なブランドではありますが女子高生が使っているブランドを良い歳をした女性が使うのは少し抵抗があります。

・私自身は大好きなブランドで、今でもコスメや香水をたくさん集めています。20代までだったら良いと思いますが、30代の女性には少しデザインが子供っぽく見えるかもしれません。若者向けな気がするのと、ゴシックなデザインが好きじゃない人にはおすすめしません。

・このブランドだけで基礎化粧からフルメイクまでを完成させる商品がないイメージ。どちらかというとドール系ブランドなので、マット肌・陶器肌を作るようなメイクが主軸になっているような気がする。30代の肌は、マットよりもツヤ感や透明感・清潔感を出したいので、このブランドではそれが叶いづらいと思う。

・アナスイは20代までというイメージがあります。パケもすごく可愛いですが、30代が持つには痛々しいように思います。機能も30代向けの成分が入ってるように思えませんので、30代向けでは無いかなという感想です。

・消去法で強いてあげると、という感じです。アナスイはかわいいと思うのですが、少し子供っぽく感じていて、自分の年齢でこれを「好き」と言うのは少し恥ずかしいです。10代の頃に好きだった子が多いので、若い子や気持ちの若い女性が好むイメージです。

・ANNA SUIをはじめとして、MAC、RMKはカラーバリエーションがヴィヴィッドなものが多く、価格帯としても、10代~20代くらいの若い年代のコスメだと思う。30代がこれらでメイクしても若作りのようになるし、オフィスにしていくような感じでもないと思います。

・機能的な面で、30代の肌を考えた時に、ケアも足りない部分が出てくる気がしました。見た目は華やかであったり、雑貨やメイクアップという点においては素晴らしいブランドですが、スキンケアとしては他のブランドよりも低めに感じます。メイクアップも雑貨も含めて、若さというのがどうしても強めなプランドなので、30代では卒業するべきブランドなイメージです。

・アナスイは、モチーフも可愛いし化粧品自体の色合いも可愛いのですが、少し30代としては派手かなと思います。マニキュア位でしたら丁度良いかとは私自身のみの意見になりますがよいかと思います。私自身の意見ですいません。

・高校生が多く持っているブランドというイメージです。ショップがある場所も、デパートよりも駅近ファッションビルに入っていることの方が多いと思います。
ただ、逆に言えば、高校生からずっと使ってきた人もいると思うので、好きな人は好きだと思います。

・ネイルやリップなどパッケージも可愛くておしゃれです。天然の成分を使っている商品も多いのですが、ネイルのラメの量が多く感じます。ネイルの限定色で緑やオレンジ系も販売されている事もあるので、10代から20代の若い世代の方が似合いそうだからです。

・ティーンのイメージです。実際中学高校生の時に流行ったのでそのイメージが強いです。色味もラメ系や色の濃い物が多いイメージで30代にはケバいと思います。デザインも綺麗ですが30代がもつ上品さは無いと思います。

・30代以上には、メイクの仕方を変える事をオススメします。特にアイメイクは若い人たちが生えるものを同じようにつけると違和感しかなく、余計に老けてみえるからです。30代以上は、目元は年齢が出る時期なので10代を対象としたブランドはやめたほうがいいと思います。

・個人的には好きなブランドですが、色遣いやパッケージ、香料の強さがやや若者向けかなという印象です。派手なメイクを好む方や休日に使うのであれば良いでしょうが、ビジネスシーン特にフォーマルな職場で使うにはおすすめできないブランドかと感じました。

・10代から20代前半の学生がよく購入しいているイメージです。少し30代ではお店に入りづらい雰囲気があります。アイメイク、チークなど派手な色が多いので、30代社会人向けとなると少し違うと思い選びました。

・原色やはっきりした色味やラメが強いコスメが多く、仕事場では少し派手なメイクになってしまうので30代には向かないと感じます。パッケージもすこし子供っぽく、かさばるものが多いので持ち歩いたり、会社ではあまり出しにくいです。