LOST JUDGMENT(ロストジャッジメント):裁かれざる記憶面白い?つまらない?感想口コミ評判レビュー!

LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶感想口コミ評判レビュー!

LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶感想口コミ評判レビュー

ジャッジ アイズ死神の遺言の続編、LOST JUDGMENT(ロストジャッジメント):裁かれざる記憶が発売開始となります。

キムタクこと木村拓哉さんがゲームモデルとして出演していることもあり、話題の作品。

今作LOST JUDGMENT(ロストジャッジメント):裁かれざる記憶

LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶公式webサイトはこちら
LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶公式webサイト

LOST JUDGMENT(ロストジャッジメント):裁かれざる記憶面白い?つまらない?

※随時更新


LOST JUDGMENT(ロストジャッジメント):裁かれざる記憶前評判:面白そう・楽しみ

・実際に活躍されている俳優さんたちがほぼそのままでゲーム内に登場するのは前作に引き続き面白そうだと感じます。知っている俳優さんたちとやり取りをしたり、ゲーム内で操作したりして、龍が如くのように遊べるのはとても期待できます。あとAdoさんが歌われる曲も気になります。新しいものを取り入れている点もかなり期待できます。

・木村拓哉がモデルのキャラクターを操作して迫力あるアクションを楽しめる、シリーズ特有の俳優が複数出演する面白いストーリー、今回神室町だけでなく横浜のマップも追加されてやりこみが増えそう、主題歌がどのようにマッチするのか楽しみ

・木村拓哉氏を始めとした俳優陣のアフレコ、演技が楽しみ。また今作は神室町でなく、横浜が舞台となるので、どうなるのか気になる。また、ミニゲームも気になる。また、前作より殺人事件現場が狂気となっていて、犯人がどうしてその経緯に至ったのかも楽しみ。

・臨場感溢れる風景や人物がプレイヤーもこのゲームに実際に入ってみたいと思わせるような魅力があると思います。戦闘もその時によって戦いのジャンルが変わったりするので、次は何が出てくるのかというワクワクするとこがあると思いました。

・前作に引き続いてのグラフィックのきれいさに期待している。また舞台が学校ということで、主人公が高校生たちに混じってダンスをしたりできるのが楽しみ。舞台が横浜で、道路でスケボーができたりするのも面白そう。

・前作がかなり面白かったので、今作も期待しております。また、このシリーズは俳優がメインキャラクターの声を演じており、しかもかなりうまいのです。もちろん、木村拓哉さんもですが。また、龍が如くシリーズをプレイしたことがある人であればマップもわかりやすく助かったので、今回も横浜が舞台らしいのでわかりやすそうで良いですね。

・「調査アクション」という謎を解くための要素が面白そうだと感じています。臨場感のあるアクションができるということは、操作能力や判断力がためされると考えられます。そういった点がやりがいがありそうで楽しみです。

・まず主題歌が最近話題のadoさんが歌うので、そこが個人的に楽しみです。バトルアクションが前作より進化しているということで、より戦略的なバトルができるようになったのは良い改善点だと思いました。スライディングの際スケボーに乗っている画像があって笑いました。

LOST JUDGMENT(ロストジャッジメント):裁かれざる記憶前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・こういった俳優さんやアイドルなどをキャラクターとして使用したゲームの続編は、前作を超えられないシナリオだったりすることが多いのでその辺りを期待していいのか悩むところがあります。あとはやはりこういったゲームは、プレイステーション系やXboxなどに限られてしまうのが残念です。

・前作がとても面白かったので今回のシナリオに期待しすぎてしまって期待外れになりそう、マップが二つに増えて一個のマップ行動できる範囲が狭くなりそう、デラックスエディションの価格が高い、特典の先行プレイが三日前で微妙

・恐らくないと思うが、前作は、出演者の不祥事によって一時販売が中止されていたので、今作はそうならない事を期待したい。前作から登場しているキャラクターもいるので、主人公以外にも操作できるキャラクターがいたらいいと思う。

・ジャンプした時にとどきそうでとどかない歯がゆさがあると思いました。色々と調べることが多いので根気がないと続けていくのが大変そうだなと感じました。このゲームをプレイして現実世界で悪さをする人が出て来ない事を願っています。

・テーマが高校生のいじめということでかなり重く、気分が暗くなりそう。戦闘での新要素もなさそうなのは少し残念かもしれない。これはこのシリーズ通してだけど、ストーリーを進めたいのにミニゲームが多く、苦痛に感じてしまうことがある。

・ひとつ懸念をすると言えば、前回は仲間になるキャラクターにも様々なストーリーがあったので仲間になるまでにひと悶着もあるそれが真相に関わっていたりもしたので見ごたえがありましたが、今回は今のところそういう情報がないのでストーリーが薄くならないか心配です。

・リアルに作り込まれたキャラクターや、前作から追加要素された要素に力が入っている分、内容は薄くなっていないかという点が少し心配です。また主人公のモデルが木村拓哉なので、感情移入できるかという点に不安を感じます。

・強いて挙げるなら、遊ぶ人は選ぶ作品だと思いました。よくも悪くもリアリティのあるシナリオにキャラクタービジュアルなので、アニメ系などの可愛いキャラが出ない分、そういったゲームが好きな人にはあまり刺さらない作品のように感じました。