パチスロ楽園追放面白い?つまらない?クソ台不評の理由は!感想口コミ評判レビュー!

パチスロ楽園追放感想口コミ評判レビュー

パチスロ楽園追放面白い?つまらない?

サミーから新台、パチスロ楽園追放がリリースです。

最近下火と言われているサミー台ですが、今作の評判が気になるところ。

パチスロ楽園追放は面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

パチスロ楽園追放メーカー公式webサイトはこちら
パチスロ楽園追放メーカー公式webサイト

パチスロ麻雀物語4面白い?つまらない?クソ台不評の理由!感想口コミ評判レビュー!

2021年パチンコクソ台ランキング上半期編ワースト19!一番つまらない・面白くない・出ないのはどの台!

パチスロ楽園追放面白い?つまらない?



パチスロ楽園追放前評判:面白そう・楽しみ

・好き嫌いがはっきり別れるタイプ、頭文字Dやコードギアス3が好きな人は間違いなく、好みが適合すると思います。ただ人気アニメではありますが、頭文字Dやギアスと比べると圧倒的知名度は下がるので、実際に打てる機会があるのか、不安です。

・楽園追放は映画で一度だけ見たことがあり、そのストーリーをパチンコで終追えるのならばぜひやってみたいと思った。個人的には主人公の女の子がタイプなのでどんな演出になるのかを期待していますし、すごく気になります。

・メーカー、サミーの台は業界初の面白い仕掛けが多いので、それだけで期待しています。また、アンジェラちゃんのビジュアルがかわいくて、性能だけでないこだわりがある自分としては、とても魅力的に感じます。楽しみにしています。

・人気アニメのタイアップとの事ですが、自分は見た事が有りませんが、PVを見る限り少し面白そうだなと感じました。新感覚上乗せのタイムリンクシステムというものが斬新そうでいいですね。この台色々な場面でベルが鍵を握るようです。ベル引きが強い人はとても向いてるかもしれません。自分もベル引きは良い方なので、是非打ってみたいですね。

・どこから打っても100G以内の当選率が50%以上あるという仕様がとてもよく、天井も650ゲームと軽いので、CZが外れたとしても何度も狙える台だと思います。純増4枚のAT機の割には遊べるスペックに仕上がっているように感じます。

・アニメ系のパチスロは平均的に面白い台が多いと感じます。コイン持ちも38ゲームと六号機ならではでコイン持ちがよく、低設定だとしても十分に遊べる台だと思いました。巨体が綺麗な青色で目立ちそうで、打ってみたいと感じました。

パチスロ楽園追放前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・コンテンツを全く知らないので今のところ触る予定はないです。スペック的にはちょっと面白そうですが6号機なので…。人が触っているのを見てから判断しますが今のところは無しかな。パチスロに関しては今後暫くは期待してません。

・上の麻雀物語と同様今はスロットは厳しい状況のため最初からユーザーは期待してないと思います。楽園解放というアニメをそもそも知らない人は打たないでしょうし、いつもの新台か程度と受け止める人が多いと思うので期待できません。

・楽園追放という作品は、トップクリエイターが集結して作製されたアニメーションらしいですが、絵のタッチも苦手だし、近未来的なストーリーもあまり受け付けないですし、まったく馴染みがない作品なので、あまり興味がわきません。

・新機種登場となるが、それほど評判のよさは聞こえてこない。台の外観は面白そうではあるが、6号機っぽさが強い印象を受けるゲーム性であり、ファンの離れ方も早いのではないかと懸念される。コイン持ちも良くなさそうであり、自分は様子を見ることにする。

・自分はこの版権を知らないのだが、原作ファン含めてこの台を打ちたいと思うかどうか疑問。ゲームフローをみても普通のAT機といった印象で、ユーザーの心には留まらない。新しい取り組みなども無いので、私はこの台を触らないと思う。

・そもそもサミーのパチスロにはあまり期待していない。スペックを見るとAT当選率が重く感じられるので、たとえボーナス連打が発生したとしても、ダレてやめるのが目に見えています。コンテンツについても魅力を感じないので、触る機会はそうそう訪れないかもしれません。

・設定3から機械割り100%を超えてしまうので、ほとんどのホールで設定1、2のみになってしまうと予想出来る。ゲーム性としては初当たりが軽いことや100ゲーム事にチャンスがある点は楽しめると思うが、反面軽さに甘えて追加投資が増えそうで怖い。

・アニメ「楽園追放」とのタイアップ機。アニメ知らないのでこの辺はマイナス。通常時は38Gという低ベース機なので6号機初期よりはましかも。AT中は己のヒキで展開が変わる自力型。成立役で秒数が進んでいき、ベルを引け等の1G完結ミッションが約7Gに1回というハイペースで発生するので楽しく消化できる可能性はある。しかし機械アニメ、早い初当り、自力感の強いゲーム性と特徴を羅列するとアルドノアゼロと共通部分が多すぎてこのあたりはマイナスポイント。