ブルーピリオドアニメ面白い?つまらない?超感動?原作ファン号泣!感想口コミ評判!

ブルーピリオドアニメ感想口コミ評判

アート系スポ根作品、ブルーピリオドがアニメ放送開始です。

原作も人気の作品なだけに、アニメの出来が気になるところ。

アニメブルーピリオドは面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

2021年秋神アニメランキング!今期評判の見るべきおすすめ作品一覧!

2021年秋アニメつまらない作品ランキング!今期面白くないアニメはどれ!鬼滅がひどいと不評の理由は!

ブルーピリオドアニメ公式webサイトはこちら
ブルーピリオドアニメ公式webサイト

アニメブルーピリオド面白い?つまらない?








アニメブルーピリオド前評判:面白そう・楽しみ

・題材が美術とめずらしいなと感じました。最近よくある主人公が俗にいう非リア充ではなくリア充というのも少し興味をもちました。キャラクターデザインも良くアート系スポ根という今まで見たことがないジャンルでどのように話が進むのか気になる作品だと思います。

・美大受験漫画、というジャンルはあまりなかったものだと思うので気になります。あとは青春ストーリーは胸が熱くなるシーンが多く好きなので、本作も夢中になる人が多そうです。個性あふれるキャラクターが多そうなのも気になります。

・絵の感じと音楽とが合っていて、爽やかな感じがしました。美術室で出会った1枚の絵から物語が始まって国際最難関の美大を目指す青春アニメ、とても興味がそそられます。映像が本物の絵具を目の前で見てるかのようで綺麗でした。

・アニメには珍しいアート系のアニメで非常に気になります。CMなどを見ていて凄く世界観がよくてこの異世界ものが流行の中この手のアニメは非常にいいと思います。また背景やキャラの声などに違和感なくとても面白そうです。

・美術系のドラゴン桜みたいでおもしろそう。ドラゴン桜と違って勉強するっていうよりは難関の芸術大目指すからには絵の才能とかもどう表現されるのか気になってます。すごく難しいと思のでどのような感じになるか楽しみです。

・主人公は高校2年生の矢口八虎。特に充実感のない毎日。物語にてよくありがちな始まりのパターン。そこでふと出会った一枚の絵画に心を奪われ、美術の世界へ開眼してゆく。絵画の世界!私自身、絵画はあまり得意ではありません。だからこそ興味が沸きました。この絵画に目的をもち自分の道を歩み始めた主人公、東京藝術大学を目指す。楽しみなアニメです。

・ストーリーのあらすじを見たが、学園物で現実的な作品なので興味をそそられた。また、アートを題材にした作品は珍しいと感じたし、最難関の美大に合格するという高い壁を超えるに当たって、主人公が体験するであろう苦難、努力が姿に見応えがあると感じた。

・CMを見たが、絵がきれいで音楽も素敵で興味を惹かれる。マンガ大賞も取っているのでクオリティーも期待出来る。また、アート系のスポコンという今まであまりないジャンルにも興味を惹かれる。もう映画化しそうな雰囲気を感じて、初回の放送が楽しみ。

・アーティストのアニメはあまり知らないので期待が持てる作品だと思います。またキャラクターも個性的な感じがします。すでに髪型にも癖を感じるのが橋田悠とういうキャラクター。男性キャラで三つ編みおさげをしているキャラはすでに曲者感が半端ないです。

・美術に関する作品はあまり多くないと思う。「ハチミツとクローバー」が美大生の話だったが、あれはあまりに恋愛に主題を置きすぎていて、絵に関しては「天才だから」で済まされる部分があった。予告を見る限り、この作品は描くことに対してもう少し真摯だと思う。

・単行本も11巻まででており、イラストも好みです。これからこのキャラたちが動いて声があてられることが楽しみです。鮎川くんがお気に入りです。今の現代を象徴しているジェンダーレスな雰囲気も好みです。ワクワクします

・個人的な意見ですが、美術部だったので美術の知識が豊富に出てくるアニメだと知り、内容がどうであれ、懐かしく見られるかなと思い放送を心待ちにしています。様々なキャラクターが青春を謳歌している姿を早く観たいです。

・ブルーピリオドは原作を追っていて、とても好きな作品なので期待しています。作品も美術、特に絵画を主軸にした物語なので、単純にアニメ化して絵に色がつくだけでもとても嬉しいです。おそらく大学入試編までの内容になると思いますが、中々にボリュームがあるので、うまくまとめて欲しいと思います。

・人が誰しも持つ虚無感や焦燥感の中で、絵という自分の打ち込めるものを見つけた主人公に感情移入してしまいます。個人的にスポ根アニメが好きなので、楽しみです。声優さんは若手の方が多くよく知らないのですがPVを見た雰囲気がとても良さそうでしたのでぜひ見たいと思います。

・趣味の合う友人に秋アニメのおすすめを聞いた際、この作品が面白いと教えてもらいました。書店やCMでもよく見かけますし、注目されている作品なので面白そうだと思っています。秋クールでは見ようと思っていた作品の一つです。

・絵を描く漫画を読んだことが無く、自分自身絵を描くことが無いためピンとこなかった。でも、絵を描かない人にも刺さる熱くて泣ける漫画ということもありすごく興味をわく。同じ青春漫画でもスポーツではなく絵を通して青春漫画ということも非常に興味がわく漫画であるなと思う。

・アートをモチーフということで、アニメに出てくる絵がすごくアーティスティックで思わず見てしまいます。東京藝術大学合格に向けて奮闘する青春ストーリーは見るものをすごく熱くさせてくれそうです。僕自身も美術に目覚めてしまいそうです。

・原作がものすごく有名で、そのアニメ化だから自然と期待してしまいます。美術の世界を描いている作品なので、アニメそのものの絵柄もかなりこだわっているのではないでしょうか。見終わった後で爽やかな気持ちになれそうなので今から楽しみです。

・まず第一に内容をそこまで知らなくても、CMでの使用や噂で面白いという話が広がってる分期待が高まっていることが理由である。次に美術を題材にしたストーリーは数少ないため、これに学園
・青春要素が加わることは難しい点でもありながら革新的なものになると感じたため。

・作品名だけだとどんな内容のアニメかわからないのも魅力的です。学園物は今学生の人も、社会人の人も面白く、時に懐かしく観られるので、ハマる人が多いと思います。青春をどれだけ描写してくれるのか、今から楽しみです。

・藝大に入学してからの青春群像劇はよくあるけれど、藝大を目指すストーリーは珍しいので興味がわきます。登場人物も多いので注目の声優さんがたくさん出るのは嬉しいです。基本、青春ものはよっぽどのことがない限り外れはないと思うので楽しみにしています。

・現実世界の難関大学である東京藝術大学を目指していくストーリーは現実を生きている人にとってはとても興味深いものがあります。しかも倍率が異様に高いのがとても気になるし、本当に合格できるのかどうかが興味があるから面白そうに感じました。

・主人公八虎は倍率200倍の大学入学向けて努力するスポ根アニメなのだが、アート系スポ根アニメという普通のスポ根とは少し違う点がとても良い。また、出てくるキャラクターのビジュアルもよくとても楽しみな作品。

・まず絵が躍動感があり、美術を題材にするだけあって大変綺麗です。タイトルもピカソに由来する事や、美大を目指す高校生の青春ストーリーは斬新で、東京藝大出身の山口つばさ先生の実体験をもとに描かれるリアルなストーリーに加え、知識と教養のある大人も楽しめる漫画だと思いました。

・アート系スポ根漫画というなかなかなかったジャンルでかなり期待をしている。ただ、美術が題材のため、作画にかなり負担がかかるのではないかと感じている。納期などが間に合わず作画崩壊などが起きてしまうとせっかくのコンセプトが生かせなくなってしまうため、そこだけは回避してほしいが期待している

・漫画原作の美術学校を舞台とした話は色々ありますが、これは美術学校に入るために主人公とその周りを巻き込んだ物語で、珍しい切り口だと感じました。また、油絵に必死に打ち込む姿はスポーツものの物語を見ているようで熱い気持ちにさせられたため。

アニメブルーピリオド前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・映像、音楽等全体の雰囲気は良さそう。美術大学が舞台の物語は、その年代の若い人など刺さる人には刺さる作品なのかもしれないが、面白そうかつまらなそうかというより、青春群像劇というジャンルに個人的に興味が湧かない。

・そもそも題材がアート系というところにあまり興味を引かれませんでした。真面目にに芸大を目指す感じの作品かと思えば、キャラクターのファッションやキャラデザがファンタジー寄りで、世界観が中途半端だと感じました。

・絵柄が特徴的なので、そこで好き嫌いが分かれそうです。人気者の少年が絵に魅了されて美術の道を選ぶ、というコンセプトは面白そうだと思いますが、芸術を楽しめるかなと考えると少し気後れします。個人的にはあまり興味を持てそうにないなと感じました。

・よくある学園物に、美術の豆知識やウンチクが合わさっただけのように思います。例えば絵を描いているシーンなら、動きもさほどないと思うので、観ていて飽きないか不安です。最終的に主人公は夢を叶えるというストーリーは、観る前からでも予想できますし。