ご当地グルメ人気都道府県ランキング!食事が美味しい旅行におすすめの地域はどこ!

ご当地グルメ人気都道府県ランキング

ご当地グルメが美味しいと評判の都道府県はどこなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

29位:岡山県

29位は岡山県

岡山県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・桃が大好きで、色々な種類の桃を店舗で買ったり、インターネットで取り寄せたりして食べ比べをした時期がありました。その時に岡山県の黄金桃を食べたときに他とは比べ物にならに程甘くて美味しかった印象が未だに残っているので、岡山県にしました。

28位:岩手県

28位は岩手県

岩手県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・祖母の家が岩手だったので小さい頃は盛岡冷麵や海鮮などをよく食べさせて貰ったなと。私の家は海なし県なので、やはり海鮮とか凄く美味しかったな、、。今なら、美味しく頂けるのにな、また食べたいなと思って選びました。カモメの卵も毎回お土産で購入していて今でも懐かしくて好きな銘菓です!

27位:宮崎県

27位は宮崎県

宮崎県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・地鶏が美味しいから。特に丸万というお店の地鶏は美味しい。九州で有名な柚子胡椒との相性も抜群ある。宮崎のアンテナショップには大体炭火焼きの真空パックに入った地鶏が売られている。しかし一度は必ず丸万の自撮りを食べてみて欲しい。同じ系列かわからないが、同じ店名で福岡で郵送してくれる(通販)ところがあるのでまずはそこからでも良い。

26位:京都府

26位は京都府

京都府のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・抹茶や和菓子、日本食ととにかく沢山のバラエティーがあるのが良い。何度行っても飽きません。特に私が推したいのは人気の阿闍梨餅です。餅と餡子の普通のお饅頭なのですが、なんとも言えないクセになる味で京都に通うたび購入しています。

25位:熊本県

25位は熊本県

熊本県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・熊本は馬刺しにからし蓮根のおいしいものが豊富ですが、なんといっても阿蘇山近郊で有名な赤牛丼です、私は友人に勧められて行列に並んで頂きました、とっても肉厚でやわらかくタレも絶品でした。熊本でないといただけない美味しさです。

24位:高知県

24位は高知県

高知県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・今の時期はメジカの幼魚の新子(しんこ)の刺身が美味しいです。足が早い魚なのでご当地ならではの逸品です。後は、ウツボのタタキも美味しいです。低カロリーで皮の部分はコラーゲンたっぷりで女性には最適だと思います。

23位:埼玉県

23位は埼玉県

埼玉県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・地元なので選びました。これといった観光地はありませんが、意外とおいしい名物があります。有名な草加せんべいをはじめ、秩父の味噌ポテトや、行田市周辺のゼリーフライなど、素朴でホッコリする食べ物で、おやつにもおすすめです。

22位:山形県

22位は山形県

山形県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・さくらんぼやラフランスといった果物も美味しいし、米沢牛や山形牛もブランド牛としてすでに全国区ですし、つや姫といった米も美味しく、まさにグルメ天国の県だからです。肉そばやラーメンも特徴的で山形グルメには欠かせない一品だと思います。

21位:滋賀県

21位は滋賀県

滋賀県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・近江牛や近江ちゃんぽん、鮒寿司は有名なところですがその中でも特にお酒を飲む人には鮒寿司がおすすめです。好き嫌いが分かれますがお酒の当てとしては最高です。また、出しているお店によっても味がかなり違います。値段は少し高いですがおすすめです。

20位:鹿児島県

20位は鹿児島県

鹿児島県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・鳥刺し。鳥の刺身ですが、新鮮でジューシーでお酒のつまみにもってこいで大好きです。中々、鹿児島県を離れると販売されているところは少なく、鹿児島県でしか食べられない物なので、鹿児島県が1位です。私1番好きなお酒のつまみになる食べ物です。

19位:秋田県

19位は秋田県

秋田県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・もともと大阪に在住していたのですがお仕事の都合で秋田に転勤してまいりました。秋田にはハタハタや比内地鶏と言った郷土料理がありますが先日たまたま立ち寄った稲庭うどん専門店で食べた、うどんがが20年食べたうどん人生の中で1番でした

18位:新潟県

18位は新潟県

新潟県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・素材がおいしい、安値で大量。新潟を訪れてたまたま入る食堂、料理屋、ランチカフェで外れたことはありません。米どころ、でもあるためかご飯のレベルがまず高い。本気で炊かれた米を食べると、よそで食べる気はしません。そして野菜、肉。どれをとっても外れたことはありません。この食生活、次に引っ越すならここ、と決めているくらいです。太りそうなので考え中ですが。

17位:神奈川県

17位は神奈川県

神奈川県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・自分は神奈川生まれですが、地元でも都会寄りなのでご当地と言えるかはわからないけどやはり県によって味が違うことはあると思うので、改めて考えてもずっと食べ慣れた味付けや食材が一番飽きも来なくていいな、と感じる。

16位:千葉県

16位は千葉県

千葉県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・千葉県にははかりめ丼というご当地の丼物があります。千葉県特産の穴子の煮物を使った丼なのです。よくうな重と比較されますが鰻ほど脂っこくないのでするすると食べられます。ぜひ周囲の方にお勧めしたい一品です。

15位:長野県

15位は長野県

長野県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・松本市の山賊焼きや、伊那市のローメンがあるからです。また、上田市のおいダレ唐揚げも有名です。個人的にはイナゴの佃煮も好きです。言ってしまえば”ムシ”ですので、苦手な方が多いですが、蜂の子と合わせて、割と美味しい昆虫食かと思います。

14位:富山県

14位は富山県

富山県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・10年ほど前に現地で食べた氷見の寒ブリがとても美味しかったです。
地元(愛知)のスーパーで売っている切り身のブリとは厚さが全然違いました!
分厚くて、油がのっていてとてもおいしかったことを覚えています。
回転寿司「きときと寿司」も新鮮で、ネタもおいしくて最高でした。

13位:福井県

13位は福井県

福井県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・海鮮系が多く取り扱われるエリアですが実はソースカツ丼発祥の地といわれており提供しているお店も多く安定した味で美味しいです。海鮮丼に飽きてしまったときに食べると格別で東尋坊に行ったときによく食べます。もともと通常のカツ丼のシナっと感が苦手だったのでハマりました。

12位:兵庫県

12位は兵庫県

兵庫県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・神戸牛をはじめ、洋食やお菓子などで全国的に有名なものがたくさんあるし、現地では行ききれないほどたくさんのおしゃれなカフェやおいしそうな洋食屋さんなどがたくさんある。中華街での食べ歩きもしかり、高架下もしかり、胃袋がいくらあっても足りないくらい。

11位:宮城県

11位は宮城県

宮城県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・宮城県仙台市でおすすめのグルメはやはり牛タン一択です!「牛タン利休」の牛タンはいつ食べてもあんなにぶ厚いのみ簡単にかみちぎれるほど柔らかく、ジューシーで最高に美味しいです。付け合わせの南蛮漬けもピリ辛で最高です!

・ずんだや牛タン、萩の月など有名な美味しいグルメがたくさんあるので好きです。松島まで行けば海鮮の美味しいグルメ(牡蠣や豪華な海鮮丼など)もあり、またこんにゃくや煮っ転がしなどの素朴で懐かしい美味しいものもたくさんあります。

10位:三重県

10位は三重県

三重県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・自分が住んでいる慣れしたしんだ土地です。一番好きなのは天むすです。手軽でどこでも売っているので特に小腹がすいたときはとてもちょうどいいです。一口サイズと大きすぎず食べやすいのも好きな理由の一つです。一緒についているきゃらぶきもお店によっては味が少し違ったりと楽しめます。

・伊勢志摩と言う地域は海の幸が豊富です。まず、有名な伊勢エビです。三重県で取れなくても名称は全国共通の伊勢エビです。サザエなどを代表とする貝類、真鯛など魚類、もう海の幸の宝庫と言っても過言ではないでしょう。

9位:青森県

9位は青森県

青森県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・青森県は海の幸がとても豊富なので選びました。大間のマグロ有名ですがそれ以外にも、ホタテや牡蛎、イクラなどの新鮮な海の幸を食べることができるのでとても大好きです。それ以外にもリンゴやニンニクなどの果物や、野菜があるので青森は好きです。

・青森といえば、もちろんリンゴだと思います。中学生時代に、3年間毎年遠征で行っていました。その遠征の中で、ねぶた祭りに観光として行っていました。そこで一番印象的だったのが100%リンゴジュースだったからです。

8位:静岡県

8位は静岡県

静岡県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・以前静岡県に行った時に食べた富士宮焼きそばがとても良かったです。あの独特な感じは、静岡というか富士宮だけなのかもしれませんが。また、同じく富士宮にて飲むお茶もおいしかったです。水が違うのかもしれません。

・さわやかハンバーグ!県外には出店せず、本当にご当地でしか食べられない美味しいハンバーグですよね。並んで時間がかかってもその価値がある逸品で、近くに行けた時には食べるグルメです。今はこのご時世でなかなか行けないのが残念です。

7位:大阪府

7位は大阪府

大阪府のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・最近ではたこ焼きパーティという催しが友人内でよく行われます。具材としてたこだけでなく、イカやエビといった他の海鮮類や、ウィンナーや鶏肉などの肉類、チーズやキムチといった味変をもたらす具材など、様々な味が楽しめるかつ美味しくて飽きない料理なので、私はたこ焼きが好きです。

・旅行に行った時に食べた『たこ焼き』と『お好み焼き』は自宅で作って食べたものや、チェーン店で食べたものとは比べられないくらい美味しかったです。何ヶ所か食べ歩きをしましたが、お店ごとにこだわりがあって、どれも職人さんが一生懸命作っているのが伝わります。

6位:長崎県

6位は長崎県

長崎県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・長崎ちゃんぽんや皿うどんが大好きです。長崎ちゃんぽんは肉や海鮮や野菜たっぷり具材に、それらから出た旨味と豚骨ベースのクリーミーなスープで、わしわしと麺を食べるのが快感です。私が一番好きな麺類です。皿うどんはバリバリの揚げタイプより、柔らか太麺タイプが好きです。

・新鮮な魚介類のほか、南蛮貿易時代から受け継がれた伝統菓子。(カステラが代表ですよね)私は甘党なので、長崎県の調味料は基本的に甘めです。そこもお気に入りのポイントです。麺類も豊富で大好きです。また長崎県は離島もあり、同じ料理でも島により若干味付けが違うところが面白かったです。

5位:栃木県

5位は栃木県

栃木県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・ぎょうざがいろいろある。中心地のいたるところに餃子のお店がひしめいている。中心地から離れてもすこしはある。ラーメンも有名。私か一番好きなのは、新鮮な牧場のアイスクリームと牛乳。スーパーでも売っている。チーズ系のアイスが大好きだった。

・宇都宮餃子がほんとに美味しいです。冷凍食品等も含めて全国各地の餃子を色々食べていますが、デパートの物産展で買って帰って食べた宇都宮餃子が一番です。時間が経って冷めていても美味しくて、いつかはお店に足を運んで餃子のはしごがしたいです。

・宇都宮餃子が大好きなため。とくに「みんみん」の餃子は、スイ、アゲ、ヤキのいずれもおいしい。また、ライスととても良く合うので、ライスがあると、余計に餃子の味が引き立ちます。冷凍でお取り寄せも可能なので、宇都宮に住んでいない今でも、おいしい味が体験可能。

4位:愛知県

4位は愛知県

愛知県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・名古屋で初めて小倉トーストをいただきました。名前を聞いた時は本当に美味しいのかと懐疑的でした。しかし、食べてみると、パンはサクッとしており、表面に塗られたバターが香ばしく、そこに程よい甘さの小倉あんが絶妙にマッチしていました。家に帰ってからもその美味しさが忘れられず、コメダ珈琲へ足を運ぶ回数が増えました。

・やはり生まれ育った県ですから、愛着もあるし、舌が求めてしまっているのです。味噌がないと、私は生きていけません。甘くて少し酸味のある味噌は、とんかつはもちろん豆腐、ゆで卵、肉、食べ物であったら何でもばっちり合うのです。はっきり言って愛知県に生まれて本当に幸せです。

・愛知出身です。愛知県は味噌に関するグルメが多いです。味噌煮込みうどんは硬めの麺がおいしいです。みそかつは甘めの味噌が好きです。〝つけてみそかけてみそ〟という調味料があり、おでんや湯豆腐など何にでも味噌をつけて食べます。

・愛知県はひつまぶしが有名で、うな重やうな丼もいいけど1杯目はそのまま、2杯目は薬味、3杯目はダシやお茶をかけて食べたりといろいろパターンがあり味を変えられて飽きないのと自分の好みの薬味の量とダシやお茶の量で食べれるのがいいです。

3位:沖縄県

3位は沖縄県

沖縄県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・日本でありながら本島には馴染みのないような料理や気候が好き。ブルーシールアイスやスパムなど、アメリカの関与による文化の食も好きなため。本島では味わえない食事や時間のゆったりさにより非日常感を感じられ、元気をもらえる。

・沖縄の鶏飯が大好きです。沢山の具とお出汁で頂く鶏飯は、なかなか都内では食べることができないですし、必ず旅行さきではいただきます。その他、沖縄は新鮮なお魚料理など、ご当地でしか食べれない物が多いため、沖縄を選びました。

・「ばくだんおにぎり」が大好きです。揚げた丸いかまぼこの中に色々な味のご飯が入っていて、ご飯とかまぼこのハーモニーが素晴らしく美味しいです。沖縄の炊き込みご飯、「ジューシー」が入っているものが一番最高です。

・高校2年生のときに修学旅行で沖縄に行ったのですが、その時に民泊を経験させてもらいました。その時に食べたタコライスとソーキそばが美味しすぎてとても思い出に残ってます。また紅芋タルトが好きすぎて地元のドン・キホーテで買いました。

2位:福岡県

2位は福岡県

福岡県のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・福岡県はとにかく食べ物が美味しいです。仕事で福岡を行った際、もつ鍋を食べてからハマりました。最近も通販でもつ鍋を取り寄せて家族で食べています。また、鶴乃子や博多あまおうワッフルサンドといったお菓子も好きです。

・福岡のとんこつラーメンや辛子明太子が好きだから。とんこつラーメンは博多に行って屋台でラーメンを食べに行きました。辛子明太子も普段は少し高価でなかなか食べられないものですが一度口にした事のある人なら繰り返し食べたいと感じるはずだからです。

・福岡には様々な名産品があると思います。その中でも、私は個人的に明太子が好きで、福岡=明太子のイメージがあります。明太子といえば、大抵の居酒屋にもメニューとしてあり、またランチタイム営業のお店でも明太子ご飯なるものがあるくらいです。それくらい知名度があり、一般化しているように思われますが、お土産として誰かに渡す時に、福岡で買った明太子、というだけでハクがつくのでコスパが良いと思います。

・単純に地元なので、馴染んだ食べ物が多い為です。ラーメン、明太子のイメージですが、私はうどん派。後は、かしわ飯、鳥のから揚げなどの庶民的なものから、お刺身などの海鮮も美味しく、バラエティーに富んだグルメが味わえると思います。

・モツ鍋、博多ラーメン、明太子と好きなものしかない。去年大学の後輩が福岡にいるので初めて福岡に行ったときにモツ鍋を食べましたが、その美味しさは半端なかった。東京でも何件か行ったことはあるけれど、格別にうまかった。

1位:北海道

1位は北海道

北海道のご当地グルメが美味しいと評判の理由(抜粋)

・海鮮が新鮮でとてもおいしいです。今までウニが食べられなかったのですが、北海道で食べたウニが甘くてとてもおいしかったので衝撃を受けました。その他にもスープカレーやジンギスカンの専門店等、珍しい料理が食べられるのも魅力です。

・海の幸が大好きで、北海道の海鮮丼はとても美味しいです。また、白い恋人も好きで、工場では白い恋人を作る体験コーナーがあり、当日からでも利用でき、友達と白い恋人を作って楽しい思い出を作るだけでなく、美味しく食べることもできるので、好きです。

・食べ物の宝庫。安い回転寿司が衝撃の美味しさ。新鮮な海の幸が取れる北海道ならではの強み。海鮮だけではなくスイーツ系も本当に美味しい。千歳空港はまさに食べ物天国(海鮮、ラーメン、スイーツ、パン)なので、空港だけ遊びに行って帰ってきたいくらい大好き。

・札幌で行われたイベントに参加するために、一人で北海道に行きました。以前から食べてみたかったスープカレーを、宿泊場所から一番近い店を調べて行ってみたら、とても美味しかったです。一番オーソドックスなタイプのスープカレーではなく、ハンバーグが乗ったものを食べましたが、そのハンバーグもフワフワで美味しかったです。

・とにかく海鮮が新鮮で美味しそうなイメージです。山もあり、海もあるので、山の幸も楽しめます。広大な敷地があるので、牧場などで濃厚なミルクを飲むのも美味しそうです。雄大な自然に育まれて、全ての食べ物がストレスなく美味しく育っているイメージです。

・あまり自分の住んでいるところでは食べられないウニ、カニなど新鮮な海鮮がたくさんあり、また牛乳やチーズなどの農産物も豊富であり、それが比較的安く手に入るから。さらに、質が高くて味が良い食べ物が多いから。

・なんと言っても北海道のお寿司の美味しさは別格だと思います。全く臭みのないウニ、生で食べるとこの上ない甘さのエビ。これは北海道でしか食べられない味だと思っています。価格も、このお味でこの料金で良いのかと感動です。

・まず、海鮮が豊富で新鮮で美味しいことが挙げられます。お寿司も回転寿司でかなりのクオリティです。また、個人的にはスープカレーが大好きなので、旅行で訪れた際は必ず食べるようにしていました。量も種類も地元では食べることが出来ないほど豊富で色々と試したい欲求がありますが、短い日程の中では中々叶いません。

・「みよしの」の餃子カレーは手軽に楽しめる地元の有名グルメなので旅行や帰省のたびに訪れます。ラーメンも麺の素材が好みで正直、大体何を食べても美味しいです。水もとても美味しくて環境によるものだと思います。

・北海道は魅力的な素材が沢山あるからです。乳製品、魚介類など幼少期の頃から好きだった食材が豊富なので、毎回それを食べに行くのが好きです。ラーメンやジビエ料理もあり、北海道といえば不味いものはない、という印象が強いです。

・魚や貝などの海産物、ジャガイモなどの野菜、ご当地の銘菓、何を食べても感動するほどおいしい。例えば海産物ではホッケの開きや鮭は地元のスーパーでも手に入るが、現地で食べるものは身の厚みが違う。お菓子はおいしいバターを使っているからかとてもおいしい。スープカレーも、サッポロクラシックビールもおいしい。

・小学生の時に家族で旅行に行ったときに何を食べても美味しかったという印象があるのですが特に十勝の豚丼が好きで、5泊6日のうちの夕飯2回そこの食堂で済ませたほどです。また、花畑牧場の生キャラメルやメロンなど果物やスイーツなど美味しいものしかないからです。

・カニやホタテ、エビやイカや魚など、多くの魚介類があり新鮮で美味しいからです。他にもとうもろこしやさつまいも、じゃがいもなどの野菜も多く作られていて、新鮮で、美味しい野菜も多く食べる事が出来るからです。