住みたくない都道府県ランキング!不評な理由は!引っ越し・移住しない方がいいのはどこ!

住みたくない都道府県ランキング

住みたくないと思われている都道府県はどこなのか。

引っ越したくない・移住したくないと不評な都道府県とは?

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

22位:岩手県

22位は岩手県

岩手県に住みたくない理由(抜粋)

・寒い地域であり暖房費が多くかかる事、また東京にも遠く都心へ出るのに時間がかかること、電車の数が少なく車が無いと生活が不便な事、都心ほどイベント会場が少ないため、イベントへ行きたい時は宿泊費を払って遠出しなくてはいけないから。

21位:岐阜県

21位は岐阜県

岐阜県に住みたくない理由(抜粋)

・昔仕事で済んだ経験があります。田舎ならではの閉鎖的な空間が自分には合いませんでした。人の陰口ばかりで話す内容も面白みがなく、企業自体にも成長するチャレンジ精神が感じられませんでした。東海地方全体に嫌悪感があります。田舎暮らしはもうこりごりです。

20位:宮崎県

20位は宮崎県

宮崎県に住みたくない理由(抜粋)

・海や山など、美しい自然はたくさんあって良いと思う。しかし、交通の便が悪く他県に移動する方法に限りがあるから住むのには不便さを感じそうだなと思った。また、台風がよく通過するイメージがあり災害が怖い土地でもあるから。

19位:京都府

19位は京都府

京都府に住みたくない理由(抜粋)

・海外からの観光客や国内からの旅行客が多く、住むとなると移動が大変そう。というほぼ偏見で選びました。また、よく聞くぶぶ漬け出されたら帰れみたいな話を聞くたびに京都になじめなさそう、そのいとをくみ取る自信がないため選びました。

18位:群馬県

18位は群馬県

群馬県に住みたくない理由(抜粋)

・何もなさそうだから。海がないだけならまだしも、友達も来てくれる理由がないと感じる。高崎などであれば首都圏に通うこともできると思うが、だったら埼玉などに住んだ方が良さそう。暑い地形も魅力的に感じられないポイントの一つ。

17位:高知県

17位は高知県

高知県に住みたくない理由(抜粋)

・夏から秋にかけては台風の影響を受けやすいこと、また、本州に出るためには山地を越える必要があることが挙げられると思います。何をするにも山越えが必要で飛行機も地方空港なので割高だと思います。自分自身にも縁がない土地なので選ばさせていただきました。

16位:三重県

16位は三重県

三重県に住みたくない理由(抜粋)

・三重県は非常に好きなのですが、あくまで旅行者として好きであって、住むとなるとなかなか厳しいかと思います。理由としては、北部の都市部(四日市市・津市・鈴鹿市など)であれば住むに苦労しないと思いますが、南部は交通の便も発展具合も良くないため、住みづらいと思います。

15位:山形県

15位は山形県

山形県に住みたくない理由(抜粋)

・実家が北海道なので、交通の便を重要視してしまいます。飛行機だと直行便は便数は少なく、乗り換えは面倒だし、フェリーだと所要時間がかかってしまい、帰省はもちろんですが、急ぎの時など瞬時に移動ができないことは大きなネックに感じます。

14位:秋田県

14位は秋田県

秋田県に住みたくない理由(抜粋)

・今住んでいて、利便が悪いことと行政の対応が遅い・よくないなど、都会に比べて住みにくさをとても感じる。
日本国内でも他府県へ移動しにくく、旅行にも制限が出る。また、コミュニティが狭いので、長期間住むとなると近所との付き合いなどわずらわしさも感じる。

13位:神奈川県

13位は神奈川県

神奈川県に住みたくない理由(抜粋)

・住みたくないと言うと大袈裟ですが、以前横浜に遊びに行った時、たまたま話しかけてくれた奥様方に「オススメの美味しいお店はありますか?」とお聞きしたところ、中華街のお店を教えて頂き、友人と行ってみました。ですが、オススメされる程の味ではなかったので残念な思い出として残っています。

12位:青森県

12位は青森県

青森県に住みたくない理由(抜粋)

・寒くて雪も多い。寒いことが耐えられない。憂鬱になりそうだ。近所づきあいとな田舎だからかなりしんどそう。リンゴ以外にアピールできる点が思いつかない。何を楽しみにして生きていいかわからない。他にも雪が多いところは多いが、青森が一番生活していて気がめいりそうだ

11位:島根県

11位は島根県

島根県に住みたくない理由(抜粋)

・全く知識がない、イメージのわかない場所に住むのはつらいです。一度も行ったことがないのはもちろん、何が特産なのか、何があるのか、気候はどんな感じなのか、全く予想できないというのが大きいです。有名人によるアピールもあまり聞かないし、正直なところ住みたくない、暮らしたくないというよりは、全く記憶にない場所という感じがします。

10位:福岡県

10位は福岡県

福岡県に住みたくない理由(抜粋)

・人口が大変多く、大都市であるから仕方ないのですがとにかく伺うたびに思うのは、みなさん車の運転があらいからです。いえ皆さんといういいかたは失礼ですが、タクシーも特に急いでとも言ってないのに飛ばします。危ないです。

9位:兵庫県

9位は兵庫県

兵庫県に住みたくない理由(抜粋)

・兵庫県というと都会側だと感じる人も多いでしょうが、それはあくまでも大阪に近いところだけで、大半はとても不便な田舎です。なんせ未だにテレビ東京系列が映らないんですから。日本で唯一なんです、コンビニすらろくになく、本当に行ってみたら騙されたガッカリ気分になります。

8位:愛知県

8位は愛知県

愛知県に住みたくない理由(抜粋)

・隣の県で確かに便利でよいところもたくさんありますが、近隣の名物を地元発祥のように謳っているのがあまり好ましくありません。あまりいい印象がないのが一つです。便利がゆえに電車の音がうるさかったりしそうで睡眠できないかもしれないと思う。

・仕事の転勤の関係で愛知県には5年間在住しておりました。余所者を受け入れられない排他的精神が根強く残っているお土地柄だなと思いました。仲良くなるまでが大変です。人見知りの方が多いイメージです。仕事をしていて感じたことは、個性が強すぎること。他人に合わせず自分の考えを貫く人が多かったです。やりにくかった。

7位:茨城県

7位は茨城県

茨城県に住みたくない理由(抜粋)

・現在まさに、茨城県に住んでいるのですが、毎晩毎晩バイクとパトカーの追いかけっこの音を聞かされていて、寝ていても起こされてしまいます。この時期は特に窓を開けていないと寝れないので、余計迷惑しています。静かな、平和な県に引っ越したいです。

・ヤンキーが未だにいて、県内に魅力がなにもない。太平洋に面しているのに海のイメージがない。なんか暗いイメージ。隣の千葉県には観光地もあり、一つ一つの都市も発展しているが、茨城県は栄えている都市が思い当たらない。

6位:埼玉県

6位は埼玉県

埼玉県に住みたくない理由(抜粋)

・パッと観光地や特産品が思い浮かばなかったのが埼玉県でした。
東京が近いことだけが唯一のメリットかもしれませんが、それは埼玉県限定、というわけではないので、
それは魅力には入らず。。。
住んでもあまり楽しく無さそう、というのが正直な気持ちです。

・何となくギスギスしていそうな感じがします。東京が近いためプライドがあるような印象を受けるのですが偏見でしょうか。数回、訪れたことがありますがあちこちにヤンキー風な方が多くて落ち着かなかった記憶があります。

・関東、かつ、東京に近い、というイメージがあるかもしれないですが、住みたいとは思いません。理由としては、①移動時間:場所にもよりますが意外と東京まで時間がかかる、②ステータス:結局東京に住めない人、のような中途半端なイメージ、この2点です。

・埼玉県は東京には近いですが、海もないし、なんかどれも中途半端な気がするので、特に住みたいと思いません。また、埼玉には好きなグルメもありませんし、行きたい観光地も特にないので、出かけたいとも思わないからです。

5位:鳥取県

5位は鳥取県

鳥取県に住みたくない理由(抜粋)

・島根、鳥取は田舎のイメージです。いつも何かしらのワースト1を争っているイメージがあります。(東北だと青森、山形、秋田といい勝負)それぞれに良い所はあるのだと思いますが、おそらく県の観光担当者の売り込み方が下手なのだと思います。

・完全に偏見ですが、特に、魅力的な物があるように思えないため。住んでいる方には失礼ですが遊べそうな場所もなく、住みやすいようには思えず、名産も私は知らないためわざわざ鳥取に引っ越す理由が見つからないため。

・全都道府県、特に住みたくないところはありません。敢えてあげるとすれば、自分の中の印象が特に薄くて想像できない県ですね。なにか特徴があれば、それをわかってくれば住んでみたいと思うかも知れません。知り合いがいないからかもしれません。

・本当に偏見でしかないのですが、自分の中で鳥取砂丘以外の鳥取県の印象がなく、都会って感じがしないなと思ったので住みたくないなと思いました。自分は都会の中で暮らしたいと思っているので、自然の多そうな所はあまり好きじゃないので。

4位:沖縄県

4位は沖縄県

沖縄県に住みたくない理由(抜粋)

・海はきれいで観光で行くのにはとても好きなのですが、就職の面や生活を考えると暮らしづらそうなので住むのには適していないかと思います。本州に行くときは飛行機を使う必要があるし、電車も走っていないので移動が大変だと感じます。

・観光にはいい場所。数日間なら。しかし、南国ならでは?な虫たちのでかさにドン引きで絶対に暮らせない。特にゴキブリさんがでかすぎ。虫に慣れている人であればリゾート感を毎日味わえるのでぴったりだと思う。ちなみに食べ物もあまり口に合わない。

・暑そうだからです。今の時期は台風など自然災害も多くあって、身の危険を感じます。きれいな海や名所など、観光地としてはとても魅力的だと思いますが、気候があまりに厳しそうなので暮らしていくには辛いかなと思います。

・食生活から生活全てにおいて違いがありそうなので。またニュースでアメリカ軍による事件が流れたりして嫌だなと思ったことがあったのと最近、経済的に貧困層が多いとあったので・・逆に物価が安いのかもしれませんが。凄く綺麗な海で綺麗なところのようですが、とても大きなカエルやゴキブリがいるらしいので・・そこは無理だと思いました。観光なら是非行きたいです。

・暑くて県外の人が住むには覚悟がいると思います。気候風土の問題です。台風銀座と言われるように台風が発生すると、必ずと言っていいほど被害を受けます。なので、沖縄の家の瓦は強い風に吹き飛ばされないように作られています。

・暑くて台風が多いからです。後は時間にとてもルーズだと聞いた事があるので慣れるまでに相当イライラしそうで、のんびりな人ばかりだと自分が心の狭い人間だと自己嫌悪に陥りそうです。人口が少ないのに観光客が多い点も何となく住むには居心地が悪そうです。

3位:大阪府

3位は大阪府

大阪府に住みたくない理由(抜粋)

・テレビの影響でしょうか。大阪のイメージはあまり良くありません。テレビに出てくるお笑い芸人さんたちの雰囲気、話し方が怖いなと感じています。それと同様のイメージを大阪に抱いているため住みたくないなと感じています。

・正直に言って声がでかい人が多いのでとても苦手です、他人の事情に土足でずいずいと入ってきますし、全員ではないですがデリカシーがないい人たちが多い気がします。それに治安も悪いイメージがあるので住みたくないです。

・人柄が自分には合わないと思うからです。生まれも育ちも兵庫県ですがお隣なのに全く性格が違います。ズケズケと聞いて欲しくないことを聞いてくるし、あっけらかんとしてるかと思えば仲間意識が高く一つ間違えれば除け者にするような人が多いから。

・大阪で車の運転をした時にガラの悪そうな人に煽りを受けたので住みたくないです。人も多く街もごちゃごちゃしているので住みにくそうな印象を持っています。また、大阪の笑いのノリが嫌で人付き合いが大変そうなのこともあります。

・治安が悪く、人もあまりいいイメージがないため。道は狭いし、人はがめついし、観光客のことをぶしつけな目線んでじろじろと見てきて、田舎者だと馬鹿にされるような雰囲気が感じられる。大阪の人は大阪人としか本当に仲良くなれないような気がする。

・なんとなくうるさくてガヤガヤした街、人柄のイメージが強いから。観光や出張などで短期間いく分には良いし、美味しいものや観光する所もあるが住むとなると話は別だと思う。よく言えば人との繋がりがある昔ながらの人間関係。悪く言えば煩わしい人間関係がありそう。

2位:北海道

2位は北海道

北海道に住みたくない理由(抜粋)

・実際に行ったことはないので想像でしかないのですが、周りにいる北海道出身者から話を聞く限り寒暖差や交通など利便性が都会で育った自分にはきっと不便で耐えられない気がする。一番近いコンビニで数十分かかるとか想像がつかない。

・大雪による悪影響が多そうだと思ったからです。具体的には、大雪による渋滞や交通事故、家の屋根の雪かきによる事故、気温の低下が私にとって避けたいことになります。また、東京や大阪といった場所へ電車ですぐに行くことができないのはつらいです。

・北海道は以前は避暑地として有名でしたが近年では地球温暖化の影響からか避暑地としての魅力が乏しくなってきています。また、冬から春に掛けては豪雪地帯となり永く暮らしている人たち以外では安心して生活していくことは困難ではないかと感じているから。

・なんといっても雪です。冬に雪がふるだけで雪かきしたりと、雪のふらない地域にいるものですからとんでもないことです。それに伴い、灯油の使用量も同時にとんでもないことです。ハッキリ言いまして、罰ゲームですかと言いたい位です。

・美味しい食べ物が多くて良いのですが自分が寒さが苦手でしかも雪かきが大変そうなのと暖房費がかなりかかるんじゃないかって事で住むのは無理だと思いました。雪の降らない時期に1か月ぐらいなら住めるけど在住は無理です。

・夏暑く、降る寒い、雪が降るため。雪が降れば、日々除雪作業に追われ、どこかへ出かけるときも、雪との闘いになるため。一方で、夏には猛暑日も全くないわけではなく、季節の移り変わりを体の中心まで感じられるため。

・海の幸が豊富でグルメ天国なので旅行には最高だと思いますし、YouTubeで北海道のバイクツーリング動画やドライブ動画をよく観て“自分もいつか行ってみたいな”という憧れはありますけど、雪や寒いのが苦手なので住むとなると無理ですね。

1位:東京都

1位は東京都

東京都に住みたくない理由(抜粋)

・観光に行った際、人が多く、駅もごちゃごちゃしていて、行きたいとこに行くのに苦労しました。また、私自身が関西に住んでいることもあり、関東の人の言葉に慣れていなく、違和感がすごくて、道を尋ねるたびに関西人かと聞かれて少し不愉快でした。

・犯罪発生率が多いことと人口が多いのでコロナ等が心配だからです。犯罪発生率に関しては、よくニュースで関東地方の犯罪ニュースがテレビ、スマホ等でよくみるので住むのは避けたいと感じました。人口が1000万人以上いるのでどこに行っても三密は避けられないと思い住むのは避けたいです

・現在住んでいるところは田舎なので都会には住みたくないという理由からです。人が多くゴミゴミしている、周りとの付き合いが薄いというイメージがありあまり住みたくないと思います。東京といってもいろんな場所があると思いますが。

・単純に人混みが苦手なので、首都東京は合わないという感覚があります。一度も行ったことがないのでイメージですが、テレビを見ている限りおしゃれな人も多いので、自由に気兼ねなく生活していたい自分の感覚とは少し違う感じがして、ちょっとした劣等感を感じそうです。

・東京は、みんながせかせか生きているイメージがあり、みんな他人に無関心なイメージがあり、あまり住みたくないです。なんでもあり何不自由なく生きていけるんだろうがやはり自分は、助け合いの中いきたいので田舎がいいです。

・人混みが多いところと人情味が少ないところが苦手だからです。東京に行った際に人の多さと人にぶつかってしまった時も何も言わずにその場を離れる人が非常に多いと感じて、そう言ったところから遊びに行くのはいいけど住むのはきついなと感じました。

・一般的には車がいらないほど交通の便に優れているとおっしゃりますが私のような田舎で車が必須移動手段のような地域に住んでる者からするとやはり窮屈に感じてしまいます。人口密度が高いのも住みたくない要因の一つです。

・東京と言っても広いので、都心、とだけ言わせてください。多分、下町など、住めば違うとは思っていますが、なんだか東京はじっくり食べるには向かない気がします。確かに東京ほど各国の料理を一度に食べることができる町はないでしょう。一方、古くからの和菓子屋さんもあります。日本のトップレベルからメキシコ、アフリカ、エスニック、何でもそろった街ではあります。けれど、なんなのでしょうか。極めすぎて変な趣味のレストランもあるし。ちょっと立ち寄るだけでは、ゆっくり食を楽しめないのが東京の特色かと思います。

・人が多すぎ、私の好きな海は工業地帯や港になっているので、楽しめません。アスファルトばかりの大地も違和感があります。公園が多くても、それは人工的で自然を楽しむのには程遠いです。ネオンや高層ビル群にも嫌悪感を抱いてしまいます。

・とにかく人が多いからです。人が多いから通勤通学電車が大変なイメージです。人が多いから事件や事故が多いと思います。東京も広いので緑の多い所もありますが、都会の高層ビルや車の多さには耐えられません。田舎でのんびり過ごしている方が好きです。

・物価が高いのと、元々東京の23区内に住んでいた時期があり、世の中の流れが速く感じることがありました。私自身ゆっくりとした流れの中で暮らしたいと思っているので、東京にもう一度住みたいと思うことがありません。

・人が多すぎる事。その人口過密状態で災害が起こると大変だろうと思うからです。遊びに行ったりしばらく滞在するには、見る物も食べる物も豊富にあるので楽しいだろうとは思いますが、落ち着いて住むには向かないイメージがあります。