二郎のラーメン・インスパイア系が不味い・おいしくないと不評なワケ!嫌われるのはジロリアンと店のせい?

熱烈な一部なファンを抱えながら、世間の大半からは不味い不味いと不評な二郎系ラーメン。

なぜそこまでおいしくない・二郎系は嫌いと不評なのか、みんなの意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

客層が悪い

・以前、横浜市内の店舗へうかがった際に、列に並んで待っていましたが前に並んでいるグループの服装・態度が不快だったのでそれ以来行っておりません。ラーメン自体は非常に美味しかったのですが、不快感もセットで思い出されあえて行かなくてもという気分になってしまいます。

麺が微妙・おいしくない

・まるでうどんのような麺を出すお店が多く、ラーメンだとは思えないものもありました。本家の二郎では細い麺も選ぶことができた為、そちらを気に入って注文していたので、太い麺を出すインスパイア系のお店は敬遠しています。

スープの味が微妙・おいしくない

・麺や具材の量に対してスープの割合が少なすぎるために味が薄いと感じる。またスープの味が1種類であるため食べ終わる頃には味自体に飽きてしまう。もちろんトッピングなどで騙し騙し食べますがそれでも味が単調すぎるかなと感じます。

・豚骨は独特の臭いがあるので、具や麺は全く問題ないのですが食欲があまり進みません。店全体も豚骨の臭いが漂っているので、店の中で食べるのが苦痛になってしまいます。カップラーメンも豚骨は食べないので、臭いが無理ですね。

ファンの癖がすごい・うざい

・二郎系ラーメンのファンはお酒を飲んだり、タバコを吸ったりしている人が多いので、たまに絡まれることがある。そして店内が騒がしすぎて一緒に行っている連れとの会話がしにくいなどという居心地が良くなかったという経験があるからです。

・店舗ルールや雰囲気になれていない場合はとっつきにくく、店舗によって味も結構異なるので客層も異なり、スムースに注文できないことが悪いという感覚になってしまうことです。また、そのことを当然としており、分からない者に押し付ける雰囲気があることです。

・二郎系のラーメンで初入店のハードルが高く感じます。ファンの方々のしきたりといいますかローカルルールといいますか何といいますか…。初めて来た店で注文のしかたなどジロジロ観るファン?の人が正直いってウザいです。

店がきたない・ぬるぬるする

・だいたいのお店がどうしても油っぽい感じになっています。コロナもあるので、消毒したりなるべくテーブルなど綺麗に心がけてはいるのでしょうが全てをツルツルにするのは難しそうです。麺を食べる時に山盛りで運ばれてきてその麺を混ぜようとするとどうしてもスープが跳ねたりしてしまうので。

・店内がごちゃごちゃしていたり、メニュー表が読みづらい店が多い気がします。油系のラーメンは好きですが、床がヌルヌルで滑ってしまうことがあったのでもっと清潔感が欲しいです。飲食店ならなおさら徹底して欲しいです。

・店によるところも大きいのですが、カウンターやイス、荷物置き場などがわりとぬるぬるするんですよね……。客が多いので清掃が追い付かないのは分かりますし、脂の量も規格外のラーメンですのである程度は分かるのですが、付き合い以外で好き好んで行くにはちょっとなぁという感じがします。

・衛生的に良くないしコロナ禍なのでやはり除菌や掃除など綺麗にしている清潔感あるお店で食べたい。汚美味い店としてもギトギトぬるぬるはどうしても受け入れづらいのでそれを思い出していつも違う店にいってしまう。

・ラーメン屋の中でも特に二郎系は汚い店が多いように感じたので。忙しくて掃除する時間がないのかもしれませんが、せめて案内するときにテーブルを拭くとかはしてほしいです。食器類もきちんと洗ってるのか不安になります。

店員が怖い・接客がよくない

・一応口ではいらっしゃいませなどの言葉は言いますが、お客さんに対する感謝ゼロという感じがします。スマホを台に置くときにコトッとちょっと音を立てると、キッと睨み、顔をなめまわすように見られます。余計なことはせずに早く食ってとっとと去れと言わんばかりの態度に思えます。それでも美味しいのでまた行ってしますのですが、店員の態度はとにかく横柄です。

・二郎及びインスパイア系を20店舗ほど回っていますが、その中でも愛想の良い店員さんは1人や2人程度と非常に店員の質が悪いです。
いらっしゃいませの言葉も言っても小さな声で聞き取りづらい、注文の際もキレ気味で受け答えされるなどは日常茶飯事なのでそこは改善してほしいところです。

・並ぶのは人気がある証拠なので仕方ありませんが、店舗によって、あるいは、接客する店員さんによって、接客態度がまちまちに感じました。人によって食べるスピードは違うと思うので、出したから早く食べて行けよ的な雰囲気を出すのは止めて欲しい。

・あくまでもイメージですが、初心者には注文方法やルールなどがわからないと怒られるのではないかという恐れがあります。中には親切なお店もあるかもしれませんが、店の人も他の客も初心者には厳しそうなイメージがあります。

・それぞれお店の独特のルールがあって、それに従わないと威圧的な態度で注意される。初めてお店に行ったときに麺少な目でお願いをしようとしたら今はまだ麺の量は聞いていないと言われて怖くなってしまい、麺の量を変えることが出来なかった。

・某二郎系の店でのことです。普段から私は食べるのが遅いのですが、量も量なので普段以上に時間がかかってしまいました。ラーメンに限らず、油やこってりしたものは大好きなので美味しく完食したのですが、時間がかかった事が気に入らないのか、帰る時に無言でなんだこいつというような顔つきで睨まれました。

ロットとかよくわかんないルールが面倒くさい

・ロットだけではないのですが、他にはない変わったルール・特徴が多く、あまりなれていない人からするとちょっとハードルが高い気がします。また専門用語もあるようなので注文するときなどに緊張してしまうという想像をしてしまいます。

・注文したラーメンがきたら会話をすることなく集中して食べなければいけないというルールがあります。これは結構他のラーメン屋さんでもあることですが、お金を受け取りがあるれっきとした商売でお客にこういうことを言う権利はないといつも思います。

・二郎系ラーメンの店舗特有のルールや雰囲気があり、新規には入りずらい印象があります。店舗によってそのルール等の縛りの強弱はあるみたいですが、入ってみないと、体験してみないとわからないため、事前にそういったルールの無い店舗を探すのが難しいと感じます。

・実際に経験したことはないのですが、二郎系のラーメンはロット内の時間で食べきらないといけない等のルールがあると聞くことがあり、その点については一般の人が取りつきにくいと思います。また、注文方式ももう少し簡単にできればいいのにと思うこともあります。

・専門用語がよくわからないし、わからないとにわか扱いで見下されたりしそう。かといって、一般の人にもわかるように表示したり専門用語をなくしたりすると、それはそれでコアなファンにとってつまらなくなってしまいそうなので。

・暗黙のルールとかが多々あると一見様はちょっと入りづらく、敷居が高いと思います。またそういったルールを本当に悪意なくわからなくて店側や常連の方を不愉快にしてしまったりすることもあると中々面倒臭いと思います。

・初めて行った時に、注文方法が分からず、思っていたものと違うものが出てきたという長い経験があります。
また、インスパイア系の場合、店によって少しづつルールが違うなど、下調べが必要で、食べる前に労力を使うから敬遠してしまう。

注文方式がめんどくさい

・自分はあまり外食するタイプではないので大体はじめて入るパターンが多く、その店の量や味などいまいちわかっていないので、ニンニクがどうとか油がどうとか言われても正直よくわからない。カスタマイズしたい人だけが注文するシステムでいいと思う。

・野菜、油などのトッピングのタイミングが初めて注文するのに手間取った。トッピングの注文方式が二郎系ラーメンの魅力であると思うが注文を急かされている気がして落ち着かない。食べ終わったらすぐ出ないといけないような空気が気になります。

・ラーメンというのは国民食であり、ファストフードであるべきだと考える。ふらっと入店して、完食して、さっと店を出る流れを妨げるような、分量、汁、麺への細かい注文受けとその範唱、ルールを知らない人への解説が店の雰囲気を曇らせているように思う。

・ラーメンを外で食べるのは年に2、3回ぐらいです。決まったお店に行くのではなく、出先の見かけたお店となるので、お店の系列が違うとらラーメンの種類、オーダーの仕方も違うので大小戸惑います。また、店員さんの威勢がいいのはいいことなのに、時として早くオーダー決めないとと焦り、質問するのをえんりょすることもあるからです。

・注文の仕方はわかっているので良いのですが、自分がいつ呼ばれるかなど気を払っていないといけないのが面倒だとだからです。家系ラーメンのように最初から好みを聞いてくれて、それが出てくるスタイルの方が客としては良いです。

・専門用語みたいなのが多いとか、それでモタモタすると周りや店員から圧がかかるような噂を聞くので、気後れしてしまい、それなら食べなくてもいいやとおもってしまいます。私は女性ですが男性客が多くて怖い感じもします。

・注文の流れはこれが当たり前ですみたいな風潮気持ち悪いです。初来店だからといって新規客に優しくない訳では無いですが、店舗によっては店員の態度が良くない時があります。忙しいのはわかりますけど、客に当たらないで欲しいです。

アブラが多い

・油が多い事は知っていましたが、想像以上の量でした。それが旨みとなっておいしく感じるので、たくさんあっていいのですが、どうしてもカロリーや身体への影響を考えてしまい、最後まで食べきることができませんでした。

・自分自身あっさりめな味を好んでいるので、背脂マシマシに加えて調理器具も大体油をまとっているので、スープをまとわせてなくても麺だけでも油が多く、苦手と感じることが多いです。二郎系ならではの、その店舗によっての食べ方・ルールがあることも苦手ですが慣れた人といく、2回目以降は気にならなくなるので油だけは多すぎるのはシンプルに体調が悪くなります。

・ラーメン自体そもそも重たい食べ物と感じているので、そこに追い打ちをかけるように油が大量にに入っているラーメンはただ味を誤魔化しているだけと思ってしまいます。使用している油の質も悪くて食べたあとの胃もたれに悩まされます。

・味が濃くて、こってりし過ぎで食べていくと最後の方がきつくなってくる。あの油は最初はおいしいと感じるのですが最後の方に行くにつれて胸焼けというか”うっ”となることがある。決して美味しくないということではなく味も濃くて飽きてくる。

・量も多いし、アブラっこいので、食べつづけていくと次第にしつこく感じるようになっていきます。また、アブラが多すぎるので、健康的でもないと思います。アブラのとりすぎで顔からアブラがたくさん出てくるのも良くないです。

・私は脂が嫌いなので、少ない方がいいです。ラーメンも好きなのですが、こってりしているラーメンは苦手だからです。あっさり系のラーメンを好んでいるので、脂が少ない方がいいからです。体に良くなさそうだからです。

・自分の好みとして油などが入っていると胃もたれをしてしまいます。年齢を重ねると共に食べづらくなってきています。量が多い分美味しく食べたいという気持ちがあるので食べ進めた時に苦痛になってしまうと悲しくなります。

・二郎系のラーメンは、あぶらの効いたとんこつ系のラーメンを売りにして出しているが、私自身もとんこつラーメンは好きですが、二郎系のとんこつラーメンはあぶらが効きすぎているように感じてしまい、味が濃く途中で飽きてきたりしてしまうから。

・自分自身の好みを反映して野菜、アブラ、ニンニク、麺の量などを調節することができるのは利点だが、もともとのアブラの量がすでに多いので好みがかなり分かれると思います。食べている間にアブラの量をより実感するので、気合を入れて食べる必要があります。

・食べているうちは、こってり濃厚な感じが、たまらなく美味しいと感じて、至福の時を味わいながら食べるのですが、もともと胃がそれほど強くないと見られ、油分の強い料理や揚げ物を食べると、だいたい食後30~40分後くらいには、胃が重くもたれてつらくなってしまうから。

量が無駄に多い

・良が多いのは良いことだと思うのですが、女性からすると多すぎ、残すのも悪くて困ることがあります。よく食べる人と一緒に行って残った分を食べてもらうので、時々ラーメンが無性に食べたくても、一人では行けないことです。

・個人的には麺とスープとほどほどのトッピングが乗っているくらいのシンプルなラーメンが好みであり、さらに量が多くなかなか麺にたどり着けないのが煩わしく感じてしまうため。さらに、味もあまり好みではなかったため。

・たまに食べたくなることがありますが、油マシマシや野菜マシマシ等次郎系だからこそのアイデンティティをなくしてまで食べるのがもったいないと感じ、いつもマシマシで頼み後悔しております。適量の案内があれば非常に助かると思っております。

・初めて二郎に行った感想です。とにかく量が多く、大の大人でも食べきるのに一苦労でした。天地返しなどといった方法で下の麺を救い上げるのに、具がこぼれそうになるしでとにかく食べずらかったでした。もう少し量を抑えてくれた方が食べ易いと
思います。

・食べきれないときがあるので、その時はもったいないと思います。あと、トッピングもおいしいトッピングと美味しくないトッピングがある。もやしばかりで、しゃっきり感がなく、味も歯ごたえもなく、ただ量のかさを増すだけの、美味しくない野菜トッピングとして出されると、残す。

・お腹が空いている時は大変満足するが、ちょっとラーメンが食べたい時には野菜の量も多いし麺も太いので1人で食べるには多すぎると思う。子供と一緒に食べに行くには量の問題を考えると食べ切るまで時間がかかってしまうので難しい。

・学生などの食欲旺盛な人達にとっては安く多く食べられていいかもしれないが、歳をとるにつれて量が多すぎるのは食べたいとしても行く気が失せてしまうし、二郎系ラーメンの一番良くないのは量が多いくせに残すことが禁止されている店が多いことだ。

・若い人たちにとっては量がある方が満足度が高いと思いますが、私はそれなりの年齢のためあまり量が食べられません。味が良くても、うんざりしてしまいます。やはり美味しいものを適量で食べられるようなのが私にとっては満足度が高いです。

・パフォーマンス・差別化の一環でしょうし、「無駄に」とまでは言いませんが全員が食べきれる量ではないと思います。もちろんお店で調整してくださいますし、それ以外での理由は特にありませんので、この回答にしました。

・元々少食ではあるのですが、ラーメンは程々食べたいときに選択するので、二郎系は量で躊躇してします。
なら、少なめにすればいいかというと、少なめにすると二郎系に行く意味がないと思ってしまいます。
一度、話のネタで食べれば、もういいやと思っています。

・そもそも近くに二郎系ラーメン店がないので食べたことがなく、印象だけで記載します。
ボリュームがウリなんでしょうが、味が濃くて、油っこくて、山盛りの量なので、食べ切れる気がしないし、身体にもすごい悪そうです。

・もともと二郎系はあまり好みではありませんが、この齢(40代後半)になると無駄に量が多いような気がします。学生さんや若い人ならガッツリ系で良いかもしれません。スープの味も微妙で、注文もなんか親切でやっているのでしょうが度を超していると思います。

・ラーメンにたどり着くまでにお腹いっぱいになってしまいます。麺で野菜のトッピングが多いのは好きですが、あまりにも量が多いので、麺にたどり着いた時に麺を楽しむ状態でなくなっているからです。無駄に多いと感じます。