業務スーパー鳥胸肉2kgアレンジレシピ!どう料理する?感想口コミ評判!サラダチキンにもぴったり!売り切れ続出?


【お金が貰えるインターネットプラン】
新規お申込み最大30,000円キャッシュバック実施中!【ビジモ光】をご入力下さい。

業務スーパー鳥胸肉

業務スーパーで大人気の若鳥鶏むね肉2kgパック!

サラダチキンにもぴったりと評判ですね。

安くて美味しいと評判の商品、どうアレンジするのがいいのか、みんなの意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

蒸す

・解凍した鶏ムネ肉を両面フォークで何度か刺し味を染み込みやすくします。そこに酒大匙2~3、砂糖を少量、塩(もしくは塩麹)・味の素で両面に味付けをしてラップをかけ電子レンジで蒸します。大きさにもよりますが600wで3~4分、加熱しその後、5分位寝かします。真ん中を切ってみてまだ赤みがのこっているのなら再加熱。出来上がったサラダチキンにワサビを付けて食べるのが好きです。

煮る

・とても簡単なレシピですが、用意するものは、ムネ肉、白菜、豆腐を醤油、みりん、湖沼で味付けをし、鍋にしています。まず最初に、水を少々いれ、醤油大さじ3杯、みりん大さじ6杯、湖沼をお好みで入れ、前述の食材を入れ沸騰させます。これで完成です。

・胸肉を斜めに削ぎ切りにして、塩胡椒を振っておく。鍋に玉ねぎとトマトと胸肉を交互に段々に重ねる。水は入れずに火にかけて少々砂糖、コンソメ、塩胡椒を入れて中火で煮る。水分も出て鶏肉に火が通ったら出来上がり。

・トマト煮込み。ホール缶トマトとニンニク、玉ねぎとローリエを圧力なべで15分その後、塩コショウと砂糖で味を整えて完成。そのまま食べたり、コロッケのソースとして利用したり、パスタのソースのベースにしたりしています、

漬ける

・鶏ムネ肉でもジューシーで柔らかいチキンカツです。観音開きにしたムネ肉にフォークで数か所突き刺し、ボールにムネ肉が浸かるくらいの水、水に対して5%の塩と砂糖を入れた液に半日ほど漬けます。肉の水気を切って衣を付け揚げます。

・購入したらすぐに観音開きにしてフォークで数か所突き刺し、ブライン液(水、水の5%の塩と砂糖)に半日漬けると、どんな料理もしっとりムネ肉料理になります。から揚げは火を通しすぎず、早めに揚げて余熱で中まで火を通すとパサパサしません。

・2キロのムネ肉を買って、2~3日夕食をムネ肉料理にします。初日に全てブライン液(水、水の量の5%の塩と砂糖を混ぜた液)に漬けておきます。ジューシーな胸肉のから揚げ、ホワイトシチュー、チキンライスなど多様なメニューに使えます。

炒める

・ポリ袋に醤油とチューブニンニク、料理酒と鶏ムネ肉を入れます。外側からよく揉み込んで、冷蔵庫で10分ほど寝かせます。10分経ったら鶏ムネ肉に片栗粉をまぶします。サラダ油をひいたフライパンで鶏ムネ肉をゆっくり炒めて色味がついたら完成です。

・鶏むね肉といろいろな野菜を合わせて 中華調味料で炒めています。とてもさっぱりとしておいしいので、我が家では定番の商品になっています。鶏むね肉はヘルシーなので、いくらでも食べられて、とてもおいしいと思います

・鶏ムネ肉と色々な野菜をオイスターソースで炒めたり、塩コショウで炒めたりして食べています。バンバンジーにも使えますし、サラダに角切りにしていれて食べたりして楽しんでいます。焼きそばに豚肉の代わりに細切りにしていれています

・解凍した胸肉をそぎ切りにして、酒と塩で揉み混んでおきます。なじむまで置いておく間に、醤油、みりん、砂糖、すりおろしにんにくを合わせておきます。むね肉に片栗粉をうすくまぶして油をひいたフライパンで焼きます。両面やいたら蓋をして2分くらい蒸します。混ぜておいた調味料を炒めながらからめて完成です。マヨネーズをつけて食べるとおいしいです。

・鶏むね肉のエビチリ風もしくは、マヨネーズ和えをよく作ります。どちらもマヨネーズで漬け込むので、鶏むね肉がとても柔らかくなり、食べやすいです。お子様にも人気が出そうな味付けなので、主婦の方にはぜひやってみてもらいたいです。

・鶏ムネ肉といろいろな野菜を一緒にあわせて オイスターソースで炒めて食べています。塩コショウで味付けしてもおいしいです。バンバンジーとして、細切りにしてもとてもさっぱりとしていておいしいです。サラダに入れて食べたりします

揚げる

・月並みですがしょうゆ、しょうが、にんにく、日本酒と砂糖(またはみりん)で漬けて、片栗粉をつけてから揚げにするというやり方でよく食べています。味は濃い目にするのがコツ。白いご飯にはもちろん、お酒のつまみとしても最高です。

・塩麹やしょうゆや他にもいろいろな種類のつけダレにつけ込み、からあげにして食べることが多いです。他にもとり天にしたり、ゆで卵多めのタルタルソースと甘いタレを作ってチキン南蛮にしたりしています。子供がたくさん食べてくれます。

・唐揚げにすることがほとんどです、砂糖水につけて柔らかくしてから適当な大きさに切って下味をつけて片栗粉をつけてあげるだけですが、砂糖水につけることによって、とっても柔らかくなって美味しいです。鳥カツにしても美味しいです。

・一般的な唐揚げの作り方です。醤油・味醂・酒・ニンニクで2~5時間ほど漬け込んだものと、塩・胡椒・レモン(柑橘系)で漬け込んだものを、片栗粉と小麦粉をブレンドした粉をつけて軽く揚げ、1通り揚げた後、二度揚げを行って完成です。

・前の晩にヨーグルトに漬け込んでおきます。そなままだと分厚いので、2枚もしくは3枚におろしてから、塩胡椒をして小麦粉をまぶして卵をつけて…と通常のチキンカツにしています。ソースは実はおろしポン酢が合います。大根おろしの水分でパサパサ感も無くなってgood!

・ムネ肉をスジに対して逆から包丁を入れ1㎝の厚みでカットします。それをジップロックに入れ日本酒、胡椒、塩、ニンニクを揉み込み、30分くらい冷蔵庫で寝かして冷えたお水に卵を溶きその卵液に小麦粉を入れて薄衣であげます。

・柿の種衣の唐揚げ。鶏肉は脂身をできるだけ取り除いてから一口サイズに切り、しょうゆ・にんにく・日本酒・砂糖で作ったタレに15分程度漬け込みます。その間に、ビニール袋に片栗粉とおつまみ用の柿の種を入れ、綿棒などで叩きます。漬け込んだ鶏肉を粉袋に投入し、空気でふくらませた状態でよく振って全体にまぶします。フライパンに油を多めに入れ、170℃程度できつね色になるまで揚げてできあがりです。

・唐揚げにしています。大量に入ったお肉を、買ってきて一口大にカットし、下味をつけて冷凍しておきます。下味は数種類です。衣もつけておきます。主菜に困った日に、冷凍庫からそれを出してフライパンに放り込んで揚げ焼きにするだけで、メインのおかずの完成です。

・まず、唐揚げの大きさに切ります。塩こうじかヨーグルトにしばらく付けてうまみとパサつきを少なくします。醤油とショウガと蜂蜜のたれに漬け込みます。片栗粉をまぶしてからっとあげればジンジャー風味の唐揚げの完成です。

・食べやすいサイズに切って、酒に漬け込む。小麦粉と卵の代わりにマヨネーズをいれて混ぜる。
パン粉をまぶして170℃の油で揚げる。
お好みでパン粉に青のりを混ぜてもおいしくなります。
小麦粉と卵をマヨネーズで代用することで、面倒な衣をつける作業が簡単にできます。

・むね肉を一口サイズに切ります。
ポリ袋を用意しむね肉・醤油(大さじ3)・みりん(大さじ3)ニンニクチューブ(2センチ)・ショウガチューブ(2センチ)を入れ、もみこんで冷蔵庫で半日~一日漬け込みます。
その後片栗粉を入れて180度の油で揚げます。

茹でる

・両面に塩、ブラックペッパー、セージをまんべんなく振り、ビニール袋に入れて冷蔵庫に1日~2日寝かせる。鍋にお湯を沸かしてネギの青いところ、生姜の皮、酒を50ml入れ、寝かせた鶏肉を袋から取り出して入れる。再沸騰したら火を止めて鍋を新聞紙とバスタオルで巻き、2時間放置する(保温調理)。完成。

・鶏ハム 調理方法、鶏肉にフォークで両面に穴をたくさん開けて、塩と砂糖を塗り付けて一晩置き、耐熱ビニール袋に鶏肉を入れて、水の入った鍋の中に入れて火にかけ、沸騰して五分ほど置いたら火を止めて、30分放置後完成。

・しっとり鶏ハムです。観音開きにしたムネ肉にフォークで数か所突き刺します。食品保存用ジッパー袋に、肉が浸かるくらいの水、水に対して5%の塩と砂糖を入れた液に半日漬けます。鍋にお湯を沸騰させ、袋ごと肉を入れ、火を止めて湯が完全に冷めるまで放置して出来上がりです。

・いったん茹でます。はじめに茹でておくと、そのまま和え物にしたり焼き鳥にしたりできますし、保存後の調理も、あとは炒めたり煮たりして味付けも変えアレンジできるので良いです。ゆっくり茹でて火を通しておくとその後の調理が非常に楽です。

・サラダチキンにしています。鍋に水を入れて沸騰させます。そして、鶏むね肉を入れて蓋を閉めて、5分ほど放置します。5分後に蓋を開けて、茹で上がっていたら完成。粗熱を取って、冷蔵庫に入れて、翌日などにサラダと一緒にオリーブオイルをかけて食べるのが美味しいです。

・鳥の蒸し焼きレンジ調理
鳥の胸肉、水適量、鶏がらスープの素
鶏肉をフォークなどで全体的にぶっ刺し表裏が満遍なく穴が開いたら容器にかぶせるように水を入れる
鶏がらスープの素を大さじ1全体的にまぶしラップをかけてレンジで5分(500W)
レンジがなったら2分ほど放置し蒸らしさらに盛り付けて完成

・自分は、あっさりと食べたいので軽く茹でてから食べやすく裂いて、湯がいたモヤシと合わせてポン酢又は、鶏がらスープの素・ごま油・醤油をあわせて、お酒のあてにしてたべます、茹でた鶏むねを裂いて酢味噌に付けて食べてもビールに最高に合います。

・愛犬用の手作りご飯用によく購入します。味付けは犬用なので基本的にはなし。茹でるだけ。ほかの野菜など(にんじん、ブロッコリーが多いです)を細かくキリ、鶏肉もサイコロ状に犬のお口の大きさに合わせて切ります。全てを茹でる。

・チキンコンソメのスープを作り沸騰直前に鶏むね肉を投入し、すぐに火を止め蓋をして一時間くらいそのままにしておきます。そうする事で胸肉のパサつきがなくしっとりした蒸し鳥になります。しっかり冷めてから食べやすきサイズにカットしてお好みのドレッシング等でサラダチキンとして食べられます。

・ポリ袋に鶏むね一枚をなるべく空気が入らないように入れて口を閉じる。
しっかりかぶるくらいの深さに熱湯を沸かしてその中に投入し、一呼吸おいてから火を止めて蓋をする。
しっかり冷めるまでそのまま放置し、冷めたら取り出してスライスする。

・むね肉1枚をビニール袋に入れ塩と砂糖を各小さじ2杯ずつ入れよく揉み込む。半日~1日ほど冷蔵庫に入れた後、常温に戻しておく。鍋にむね肉がつかるほどの量の水を入れ沸騰させ、沸騰したら常温の肉を袋から取り出し鍋に入れる。鍋のお湯が再沸騰したら火を消し、鍋に蓋をしてそのまま放置。お湯が室温を同じほどになれば肉を取り出し薄くスライスすれば鶏むね肉のハムの出来上がり。

・茹でた鶏肉を手で割いて、冷ます。次にスライスしたきゅうりを軽く揉んでおく。この2つを白すりごま、甘酢と一緒に和えるとヘルシーな胡麻和えに。鶏肉は手で雑に割いたほうが、タレがなじみます。沢山作って冷蔵庫で冷やしておけば、いつでも食べられる副菜に。トレーニングの後のヘルシー鶏肉メニューとしても常備しておきたい。

・片栗粉をまぶしてからぬるま湯から鍋に入れて弱火か中火でゆでる。短めに茹でて火を消した鍋に入れて余熱で中まで火を通す。バンバンジーにする時は火が通ったら割いてもりつけします。おつまみ用にする時は氷水に浸してからスライスしてポン酢などをつけて食べます。

・胸肉の金華ハムを作ります。胸肉を平たく裂きながら伸ばして塩と砂糖を刷り込みます。1時間ほど味を馴染ませる為にくるくる巻いて冷蔵庫に置きます。胸肉をさっと水洗いし、またくるくる巻いてジップロックにいれ、沸騰したお湯に15分後は予熱で熱を入れると、柔らかい金華ハムになります。

焼く

・お好み焼きの豚小間代わりに、鶏むねを細かく切って生地に混ぜ込んで焼く。生地に塩コショウを混ぜたりオタフクソースの代わりに塩コショウで食べるとお好み焼きとは別の料理に変身!生地に混ぜる前に、ショウガやニンニクなどの薬味と一緒に醤油漬けにしておくのもGood!!

・一口大に切って醤油、酒、キムチの素、その時の気分でその他薬味を加えて焼いています。薬味はにんにく、しょうが、七味唐辛子が美味しいです。他にはシンプルに塩コショウで焼いて柚子胡椒をつけて食べるのも美味しいです。

・単純に塩コショウで味付けするパターンと、バルサミコ酢で甘酸っぱく味付けするパターンが多いです。特に凝ったことをしなくても、鶏肉そのものの味わいを楽しめるレシピで十分だと感じています。特にいい塩を使うことが重要。

・味がしみ込みやすくするためにフォークで表面を何か所か刺しておく、クレイジーソルトをまぶし30分ほどジプロックなどの袋に入れて漬け置き、圧力グリルパンで弱火でじっくり表面が焦げる程に焼く簡単チキンステーキの出来上がり。

・むね肉は1cm程のそぎ切りにし、塩コショウで下味をつけ、片栗粉を大さじ2程度まぶします。その後サラダ油にて中火で両面焼き目がつくくらい(5分程度)焼きます。その後、長ネギ1本をみじん切りにし、ゴマ油大さじ2、鶏がらスープ(顆粒)小さじ1、塩コショウ適量を混ぜ、ねぎ塩だれを作ります。焼きあがったむね肉にねぎ塩だれをかけて完成。

・主に焼く場合はチキンステーキとして食べています。鶏肉全体に塩コショウを振り、すりおろしにんにくを揉み込む。フライパンにバターをひいて温め、皮の面から焼き火が十分に通ったら裏返して同じように焼いて完成。

・シンプルに鶏肉ステーキとして焼いて食べます。鶏ムネ肉は脂が少ないため、サラダ油だけでなく、バターやオリーブオイルを敷いて焼いても美味しく食べれます。調味料はシンプルに塩の時もあれば、しょうゆやオイスターソースやケチャップなどで調理します。

・むね肉の川と余分な脂を取り除いて、食べやすい大きさに切る。切った肉を袋に入れて塩コショウを入れて揉む。その後小麦粉を入れて空気を入れるようにして閉じ、振って全体にまぶす。サラダ油をフライパンに式、砂糖を全体的に振りかけたあと、すぐにポン酢も入れる。水分がなくなったら出来上がりです。

・むね肉を開いて均等にし、軽く塩をして小麦粉をはたきます。フライパンに油を引き、皮目を下にしてパリパリに焼きます。その後ひっくり返してふたをして3分ほど蒸し焼きにして取り出します。同じフライパンにしょうゆ、みりん、砂糖、にんにくチューブ少々を入れ煮たたせます。さきほど焼いたむね肉にかけてできあがりです。

・【鶏ムネ肉のニンニク醬油炒め 二人前】ムネ肉400gは皮を剝ぎ一口大にカットします。炒める時に使うソースの作り方は醬油と酒が大さじ一杯、砂糖と鶏がら小さじ一杯、ニンニクチューブ20mmです。各調味料とムネ肉を炒めてきつね色になれば完成です。ムネ肉を焼く前に片栗粉をつけておくとパサつきが軽減されます。

・鶏肉の皮を除き、フォークで数か所刺して穴をあけます。厚い部分を包丁でひらいてラップをかけ、めん棒などでたたいて厚みを均等にならし、Aをもみ込んで5分おき、片栗粉をまぶします。フライパンにサラダ油を入れ、を入れて7分ほど揚げ焼きにし、焼き色がついたら裏返してさらに2~3分揚げ焼きに。器に水菜を敷き、食べやすい大きさに切った

・1番はそのままステーキみたいに焼くだけ!ヘルシーだし安いし少し贅沢をしている気分になります!!!味付けはやっぱり塩コショウオンリーなのですが最近クレイジーソルトや何とかスパイスとか言うのをかけて焼いてもおいしかったです!

・醤油・みりん・お酒に漬け込み、味がしみ込んだものを複数準備。さらに、ショウガを加えたもの、ニンニクスライスを添えたもの、七味唐辛子をかけたもの、岩塩をかけたものなどに分けます。後は、それぞれアルミホイールに包んで、フライパンなどで素焼きして完成です。体型を維持するために、体脂肪率を気にする方にお勧めです。

・皮目を下にして、アルミホイルを被せてから水を入れた鍋で上から重さで押さえつけるように焼き、皮をパリッパリに焼き上げます。ガストのミックスグリルのようなパリパリ感をおうちで再現することが目標です。塩コショウでとても美味しく頂けます。

・我が家では皮を剥いで調理するので、串に刺して魚焼きグリルで焼いて、焼き鳥を作ります。ねぎまにしたり、タレをつけたり、シーズニングやつけだれをアレンジすると飽きもなく楽しめます。また油も落ちるので、更にヘルシーに頂けます。

・鶏ムネ肉は、パサパサするのでマヨネーズ焼きにします。食べやすい大きさにそぎ切りする。粗びき塩コショウをふる。マヨネーズをたっぷりつける。(ボールマヨネーズを入れてくぐらせるとよい) パン粉をつけて、多めの油で揚げ焼きにする。マヨネーズのおかげでしっとりとして、パサパサ感はなくなります。わが家ではケンタッキーの味になる!と評判がいいです。