韓国料理より中華料理の方が美味しいと言われる8つの理由!見た目・味・種類のレベルが違う!

中華料理

韓国料理より中華料理の方が好き・美味しいと言われるのは何故なのか。

みんなの意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

見た目がいい

・特に大きくすぐれているという風に思わないが、たくさんの人が集まった時に中華料理が喜ばれるケースが多いように感じます。見た目で話の種にもなりますし、一皿にたくさんの料理を並べても安っぽさがでにくいので。韓国料理は家庭的な料理というイメージがあり、大勢の人が集まるパーティーなどでは選びにくいと感じています。(決してそんなことはないと思いますが。)

調理方法が様々

・中国料理はなんでも一度素揚げをしていたりとたっぷり油をつかい、さっぱりした料理がない印象があるが、韓国料理は冷麺やキムチなど、口直しのような料理がいろいろあるのでバリエーションがあるように感じます。

・韓国料理と言えばやはり辛味と赤さが特徴だと思うが、中華料理はあんかけから炒め物、スープなど鶏ガラベースのものが多く日本人に受ける味だと思う。中華料理の中にも順徳料理などあっさりした料理もあり、食べやすいと思う。

癖が少ない

・中華料理も辛いものも多いですが韓国料理に比べるとまだ良い方かなと思います。万人受けしやすい癖が少ない味付けもいいです。見た目も華やかで中華ならではだと思います。

・中華料理は山椒が効いていたり、ピータンなどクセの強いものもある一方、韓国料理は辛さはあれど日本人の好みに合う味付けが多い印象がある。また、中華は油が多いけど韓国料理はそれほど多くの油を使用していない印象でさっぱりめなものが多く食べやすい印象だから。

色々な食材が使われている

・韓国料理は辛い味付けをはじめ、チーズを使う料理がここ10年でかなり増えて、健康上は少しよろしくないですが、中華料理は山菜や野菜や海鮮などヘルシーなものからがっつりまでバラエティが多いところが多いです。

・中華料理は、純粋に少ない材料美味しくで作ってる感じ。韓国料理は沢山のの食材を少しずつ集めてたくさん食べるイメージです。時間をかけて沢山の食材を使うイメージもあります。

・韓国料理メニューをあまり知らないせいでもあるが、中華のバラエティの多さ、味付けの奥深さは、魅力だ。海鮮料理での素材の豊かさ、色鮮やかな盛り付けはなんといっても食欲をそそる。

味の好みに合わせやすい

・味の幅が広いため自分で好みに合わせられる。また、見た目から味が想像しやすいため食べる前からある程度の予想をつけて料理を注文できるのが良いと感じた。韓国料理の大きな強みだと思う。

・韓国は辛いものが多すぎるので、そこまで得意ではない私は中華よりも選択肢が少ないです。
もちろん美味しいものもありますが、おなかに刺激が強いものが多く、食べてからくだすこともある。

・個人的な偏見かもしれないけど韓国料理は変な甘さがあったりするけど、中華料理は味がはっきりしていると思っています。辛いものと言えば中華料理というイメージがあります。

・私は辛いものが好きなせいか、中華料理よりも韓国料理の辛味の方がコクがあって美味しいと個人的には感じています。キムチなどの発酵食品など、美容効果が高いものも韓国料理には多くて、好きです。

・韓国料理はコチュジャンなど頻繁に使うものではない調味料を使うことが多いのに対し、中華料理は特別な調味料を使わなくても中華料理として作ることが可能なため、身近であり自分の好みの味にアレンジすることも難しくはないと思う。

単純に食べやすい

・匂いだけでも食欲が進む味だし、日本人に馴染みのある料理、味だと思います。また調理方法も比較的簡単なものが多くて、メニューに選びやすい点がいいところだと思います。

・韓国料理は家でも作って食べるくらい好きでよく作ります。中華料理は作るのにハードルが高い気がしています。韓国料理の方が作るのが比較的簡単で気軽に食べられる料理のような気がしています。

・味が濃い目のものが多いと思うのですが、韓国系のお料理よりも中華の方が癖が少なく食べやすいというイメージがあります。韓国料理はジャンキーなイメージのお料理が多いように感じますね

・食べ慣れている。その一点だけでも中華料理の方が食べやすい。ギョーザ、シューマイ、麻婆豆腐など中華料理ですが、もはや日本人にお馴染みの料理となっています。舌に慣れているのは良い点だと思います。

・中華料理は王将やバーミヤンなど昔から馴染みのある大衆店が多いので、いつでも安くおいしく食べることができます。また家で簡単に作れるcook doや丸美屋の中華の素など、簡単に作れて食べやすいので、中華料理の方が好きです。

・チャーハンやギョーザなど、子どもの頃から食べなれているものが多く、好き嫌いも少ないと思います。韓国料理は辛いもの中心のイメージがありますが、中華料理は味の幅が広く万人受けすると感じます。

味の幅が広い

・味の系統が料理によって多種多様だと思います。肉好きならこの料理、野菜を摂りたいならこの料理、お魚ならこの…というように、自分の食べたいというニーズにマッチした料理があるのが魅力です。

・韓国料理はやはり、キムチやチャンジャの味付けが多く、ベースが辛いものが多いです。しかし、中華料理は麻婆豆腐などのピリ辛のモノもあれば、肉まんなどの素材の味を活かした料理や、ゴマ団子のように和食に近い落ち着いた味付けのモノもあって豊富だと感じました。

・韓国料理の味付けは、主に辛味に特化しているイメージがあります。その一方で、中国料理は、辛味以外の味付けのバリエーションが豊富で、色々な料理が存在しているからです。

・四川は辛いなど、地域の特色がでた料理があり、味のバリエーションが多くあるように感じます。その点で言うと、私自身は、韓国のこの地域の料理がコレというようなイメージはわきません。

・中華料理は日本に馴染んでいる期間が長いせいか味が日本人好みに適度にアレンジされているし、お店や商品も多いので、食べやすく選びやすいのだと思います。庶民的な味で今や外国の味とは意識しなくなったものから、高級中華まであって料理メニューも豊富な印象です。

・中華料理は、各地方で全く違う趣があるために、からいものから海鮮、揚げ物など非常に味の幅が広いと思います。ただし、中国の場合は料理のレベルに差があるので、外れを引かないように気を付ける必要はあります

・一般的に韓国料理と考えて思いつくのは辛い食べ物だが、実際は甘いスイーツなどの種類も同じくらい豊富にあって辛いものから甘いものまで多種多様なラインナップがあるように感じる。

・辛いものからサッパリしたもの、高級と言われるようなフカヒレもあれば、日本人に馴染みのある餃子などの安いものまで、どれも舌に合うと思います。とくに、魚介系の料理は種類が豊富だと思います。

・中華料理も韓国料理も好きですが、韓国料理は辛い味付け、濃い味付けのメニューが多いのに比べると、中華料理は薄味や濃い味、辛いものやダシの風味があるものなど、さまざまな味付けがあると思う。食材も、中華料理の方がバリエーションがあるように思う。

・辛いものや酸味の効いたもの、甘いものなど様々で、食材に合った調理方法であると感じる。地方により料理の方法が変わり、同じ料理でも味の変化を楽しめる。店によっても味が違う。

・韓国料理は赤く辛い物が多いイメージですが、中華料理は見た目も鮮やかだったり調理法が様々だったりして目でも楽しめる魅力があると思います。自分の好みにあった味付けが多いというのも理由の1つです。

・韓国料理は「辛い」イメージですが、中華料理は四川料理以外では味の幅が広いイメージです。中華料理の中でも広東料理が薄味で素材の味が生かされていて日本人の口に合うのかと思います。

・中国の地区によりお料理の種類や趣向が変わるので、その時の気分に合わせて料理やお店を選択できるのが良いと思います。例えば、広東料理や北京料理などです。個人的には豆板醤を使った、四川料理が大好きです。

・韓国料理は赤いスープや食べ物が多いイメージ。味付けも似た感じになるのかな、と。中華料理は中国の国土が広い分地域によって味付け等がガラリと変わる。辛いものが苦手な人は韓国料理をわざわざ選択しないだろうけど、中華料理ならこれは麻婆豆腐は食べれないけど酢豚は食べれるみたいな感じで、潰しがきく。

料理の種類が多い

・日本で普段食べられてる料理の中に普通にあるので良く食べております。もはや、日本食のような感覚です。ギョウザやラーメン、焼きそば、肉まん、シュウマイなど良く食べています。

・単純に料理の種類が多いと思います。胡麻団子なんかも好きです、最近近所に本場の中華料理屋さんが出来たので仕事終わり言いいてみたいと思っています。値段も比較的安いと思います!

・料理の種類が一番いい点です。どれも口に合わないということはなく、味の好みがあまり合わない友人との外食は韓国料理屋に行くことが多いです。種類が多いため、色んな味が楽しめるのも魅力の一つと思っています。

・とてもたくさんの食欲を刺激する料理がある印象。見たことはあるけれど口にしたことがない料理が多いので食べてみたいですね。なかなか作るのが難しそうなものが多いので是非お店に入ってみたいと思う

・韓国料理は味の好みが分かれますが、中国料理は種類が多く大体の人が食べれますし、実際日本でも中華料理のお店は多いと思います。中華といっても種類がたくさんある中で、家庭で作れる物も多くあり、韓国料理よりなじみがあるものが多いと思います。

・今まであまり食べる機会があまりありませんでしたが、このところ身近にまだ食べたことのない料理が出てきたので種類が豊富にあるのだと気づき食べたことのない味を是非味わってみたいと思うようになりました。

・中国は広くて地域がたくさんあるので、種類もたくさんあります。好き嫌いが多い人と中華料理店へ行っても、何かしら食べれるものがあるのが良いと思います。私は回鍋肉や青椒肉絲、エビチリがお気に入りです。

・中華料理は四川、広東、上海、北京と種類も豊富であり地方の個性ある味が好きな所です。また日本人の口に合う料理と日本に中華料理店が多いことも良い所です。中国どの地方に行っても食べ覚えのある料理でした。

・辛いものから、甘いもの焼いたり巻いたりと色々な料理があり楽しい。サムゲタンなど身体に良い料理も沢山有るため嬉しい。チヂミは、大好きでよく家でも作って食べています。

・ラーメン、焼飯、餃子、春巻など親しみがあり気軽な料理は身近な存在で、外食チェーンも安くで楽しむことができる一方で広東風や四川風など地域性により違いを楽しむこともでき多様性があると思います。

・日本人にも好まれる料理が多く、美味しいものが多い。中華料理店に行かなくても食べられるものも多いので、昔から食べているイメージがある。家庭でも気軽に作れる料理も多い。

・歴史があるせいかやっぱり料理や調味料、食材の種類は圧倒的に多いですよね。一口に中華料理(中国料理)と言ってもいろいろなジャンルのものがありますが。また、韓国料理は辛味を生かした料理がかなり多い気がします。

・韓国料理は主に辛みがベースでありますが、中華料理は辛み・甘み・酸っぱさなど、バリエーションが多く、飽きません。同じ中華でも料理が違えば連日続いても苦に感じることがありません。

・韓国料理は家族に食べるとなると、辛いものが苦手な子供はたべられるものが限られ少ない中にから選ぶことになります。その点中華料理は、種類も多く子供の好きな料理が多くあるます。

・料理の種類がとても豊富だと思います。上海料理、四川料理、広東料理、北京料理。ざっくり分けても4種類。そこから無数に広がる料理の数はすごいと思います。韓国料理はそこまでの料理の種類はないのではないでしょか。

・日本ではないような料理の種類があって見ていて楽しい。名前からはどんな料理か想像がつきづらいが、どれも割りと食べやすいものが多い。その為、料理の種類が多いと選ぶ楽しさも出てくる。

・中華料理と似て野菜がふんだんに使われているところが有り難いです。食材のバランスや栄養価の高さも素晴らしいと思います。にんにくや発酵食品も多彩で、毎日食べても健康的で素晴らしいと思います。

・中国料理は調理法や調味料の種類が多く、地域によって味付けに特徴があるのが魅力的です。また韓国料理に比べて、色合いや盛り付け方など、見た目の美しさも魅力の一つではないでしょうか。