観戦したくないスポーツランキングワースト13!面白くない・つまらないのはどれ!「ゴルフはマジクソ」「野球興味ない」「サッカーちゃらい」


観戦したくない・観戦してもつまらないと不評なスポーツはどれなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

13位:バスケットボール

バスケットボール
13位はバスケットボール

バスケットボールが観戦するのが嫌いなスポーツと不評な理由(抜粋)

・嫌いというわけではないのですが、試合の展開があまりにめまぐるしくて落ち着かないというのが一番の理由です。もちろん、他のスポーツもスピード感のあるものは多くありますが、バスケットボールは背が高くて体格のよい人ばかりなので、余計そう思うのかもしれません。

12位:バレーボール

バレーボール
12位はバレーボール

バレーボールが観戦するのが嫌いなスポーツと不評な理由(抜粋)

・バレーボールは基本的に高さがないとダメなスポーツです。技術で翻弄しようとしても最終的に読まれてしまうと防がれてしまう可能性が高い。ラグビーも体格差があるが、横に抜ける動きやバックスのスピードなどは体格差を必要としない。勝てるイメージが湧かないのでつまらない。

11位:新体操

新体操
11位は新体操

新体操が観戦するのが嫌いなスポーツと不評な理由(抜粋)

・まず、技自体は華やかではあるものの選手に馴染みがなく、見分けがつかないこと。次に、技の基準や点数の根拠が分からないため、競技としての面白さに欠けること。結果として技を眺めているだけになり、緊迫感に欠けるため。

10位:陸上競技

陸上競技
10位は陸上競技

陸上競技が観戦するのが嫌いなスポーツと不評な理由(抜粋)

・短距離走は特に直ぐに結果が出てしまう点と番狂わせが少ない点がつまらない理由です。その他にも日本代表が決勝に進むことが少なくメディアの取り扱いが野球やサッカーなどのメジャースポーツに比べて非常に少ない点だと思います。

9位:テニス

テニス
9位はテニス

テニスが観戦するのが嫌いなスポーツと不評な理由(抜粋)

・選手が頑張っているのに松岡修造が選手を食ってしまうところが白けてしまいます。選手たちへ先輩風を吹かせていてオリンピックもテニスはみませんでした。テニス自体はとてもいいスポーツだと思います。解説者が良くありません。

・マッチゲーム数の多さやラリーの攻防等でかなりの時間を要するため、野球やサッカー等の1発で興奮できるような球技ではなく我慢の継続の上、得点に結びつく見ていて少し辛くなるようなスポーツと感じています。今も昔も変わらず長丁場での視聴は難しいです。

8位:フィギュアスケート

本田真凜(フィギュアスケート)
8位はフィギュアスケート

フィギュアスケートが観戦するのが嫌いなスポーツと不評な理由(抜粋)

・評価点の評価項目と基準が素人目線ではわからず面白味がイマイチ伝わってこない。技の難易度を解説されても日常でやるようなポーズではない為、難易度もイマイチ伝わってこない。の割に演技時間も長くて退屈してしまう。

・高難度の回転技が主流かと思いますが、技が決まっても正直何回転したか目で追えないのでわからない。表現力の差もプロしか判断できないと思う。具体的に感受性の差でそれぞれ良いと思うのは違うので、難しいと感じる。

7位:ラグビー

ラグビー
7位はラグビー

ラグビーが観戦するのが嫌いなスポーツと不評な理由(抜粋)

・身近にないスポーツなのでルールが分からず、見ていてもつまらないです。何をしたら点数が入るのかが分からず、盛り上がりに欠けます。ラグビー選手の名前やチーム名が一つも分からないので、ニュースで見ていても楽しくありません。

・まず、ルールが分からないから。あと、体をぶつけたり、押し合ったり、危なく感じます。どの選手も、ゴリゴリの筋肉で、THE体育会系という感じで、少し苦手です。全員同じ顔つきをしているように感じて、見分けがつきません。やってみたい、とも感じません。

6位:サッカー

Soccer

Pexels / Pixabay


6位はサッカー

1 2