失言癖を治す方法!気を付けるべき7つの方法!ネガティブな自分を変えるために必要な事とは!

失言癖を治す方法

失言癖を治すために気を付けること・心がけるとよいことはなんなのか。

みんなの意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

失言癖を治す方法:冗談のつもりが冗談になっていないケースに気を付ける

・冗談のつもりが冗談になっていないケースは失言によく見られるケースと思います。ただ、やはりメディアも全文を出していろんな事を論ずれば良いと思います。結局何をどうしたらよいか分かりません。本人にも「本当はこうなんだよ」と説明して戦って欲しいです。

失言癖を治す方法:場の空気を読むように意識する

・人と話すうえ、堅苦しくならないように冗談を交えて話すようにしていますが、相手によっては冗談を嫌う方もいるので、まずは軽く冗談を交えたうえで話をしてみて反応があれば、しつこく思われない程度に話、反応が薄ければ冗談を言わないように様子をうかがいながら話すように意識します。

失言癖を治す方法:語彙力を増やして誤解を与えない言葉を選ぶ

・私はよく失言して相手を怒らせてしまったり、不快な思いをさせてしまったことがあります。悪気はないのですが、早く答えなきゃ、面白く答えなきゃと頭の中がフル回転過ぎて余計なことを言ってしまうのではないかと思います。なので語彙力を増やし適切な言い回しなどを覚えられたら、失言癖も治っていくのでは?と思ってます。

・失言をする人の特徴は、人の話を聞かないことが多く、相手のことを考えずに話す方が多いように思います。言葉には気をつけようと思っても口が先に動くため、どうしようもない。そのためには、vocabularyを増やして会話をうまくする方が早いと思います。

・頭の中でのバリエーションが少ないので、そうなる確率が高まるのではないかと思っています。知り合いに失言癖があった子がいたのですが、本を沢山読んで語彙力を高めることで少しずつ改善をしてきました。なので、ゆっくりではありますが効果はあるのかなと思います。

失言癖を治す方法:注目を集めようとしない

・失言の多くが、悪い言い方をすればイキってしまった故のように感じます。自己顕示欲が強くなり、どうしても自分に目を向けてほしいという感情が失言につながるのではないでしょうか。炎上商法という言葉もあるくらいですし、失言によって注目が集まる世の中だと思います。

・正直なところ自分にも失言癖があり、度々失敗しています。意見を求められるとついつい調子に乗って喋りすぎてしまい、余計なことまで話してしましまい、後で反省することがしばしばです。頭の中でどこかハイになって、極端なときは相手の話を遮ってまで、自分の考えを話してしまします。このような時に往々にして、失言が交じります。とにかく冷静になって、自分中心に持っていかずに、相手の話を「聴く」ことに重点を持っていけば自ずと改善されるかと意識しています。聴く8割、話す2割という感じです。

・自分をよく見せようとすると話を盛りすぎたり、自己中心的な会話になりがちだと思います。会話は相手とのキャッチボールなので、自分だけが一方的に話しても聞いている相手はつまらなかったり、不快な思いをしていることもあります。

失言癖を治す方法:マイナス・ネガティブな発言を控える

・失言の多くは失敗談を話そうとしてネガティブな要因が多く、周りの人からするとそれは笑えないと空気が冷たくなる傾向があると感じます。またポジティブな要素の話であれば人を害する可能性はネガティブ発言よりも遥かにリスクが少ないと思います。

・失言したと思うときはいつもネガティブだったり人を見下したりとそういうときだから、特に気を付けたいポイントだと思います。しゃべりすぎて余計なことをいってしまう時は、自分のことや人のことをマイナス評価したときだったりします。

・どんなにタイミングが悪くても、空気が読めてなかったとしても、発言の言葉自体が明るい言葉なら、何とかただのバカで済まされると思う。反対にNGワードや後ろ向き発言だと救いようがないく、その場の全員を敵に回す可能性が高かなると思う。

・マイナス、ネガティブな発言は、相手にとってマイナス、ネガティブな発想しか生み出さず生産性が全くない。ひいては可能性や将来性、課題解決などもなくしてしまうような気がするのでこのような発言は心にとめて控えるようにしている。

失言癖を治す方法:自分が発言することに相手がどう感じるだろうかを思慮する

・失言というのは空気が読めないなど周りを気にしていないから起きてしまうのではないかと考えるからです。常に自分の発言や行動がどのような影響を与えるのかを考えながら行動することによって少しは改善に向かうのではないかと思います。

・言葉を発言する際はまず頭の中で文章を構成し、その次に自分の声で発言をする。この2段階に分けて考えた場合、頭の中で文章を構成した段階で次に声にする前に止まり再度発言内容を考え直すことで失言癖が改善されると考える。

・失言というのは、相手の言葉に対して浮かんだ言葉を感情的に、反射的に発してしまう事で起こるのだと思う。言葉を発する前に一呼吸おく癖をつける努力をし、言葉の意味、その言葉がどういう影響を及ぼすかを考えるべき。

・失言癖は、相手のことを配慮せずに自分が思ったことをそのまま伝えることによって起こると考える。そもそも相手がどう感じるか以前に、一呼吸おき自分の気持ちを整理することが必要であるが、同時に言った後の相手に与える影響までを考慮して発言すべきだと私は考える。

・状況によっても変わりますが、頭に浮かんだ言葉をすぐに口に出すと失言になってしまう可能性があります。失言を発してしまわないように一瞬だけでもいいので我慢して、発言する内容の意味を客観的に見ることにより失言する機会を減らすことが出来ると思われます。失言する機会を減らすことによって失言癖も少しずつ減っていくと思われます。

・相手の立場にたって考えてから発言しないと相手のことを傷つけてしまうからです。クッション言葉とかも大事だと思います、ストレートに発言するよりも、ふわっとした言葉で話する。やわからかい言葉○○していただけませんかなどきちんと敬語も使うようにする

失言癖を治す方法:本当に必要な発言か考える

・相手との話の流れでボケたりツッコミを入れたときについ余計なことを言ってしまう事が多いと思うので発言しようとした時に内容が相手にどう捉えられるのか、発言しなくてもいいことなのかを考えて言葉に出すようにすればいいと思います。

・発作的に思ったことをパッと言ってしまうと取り返しがつかないので、本当にその発言を今このタイミングでここでしていいのか、熟慮する必要はあると思います。その考える時間だけで、失言はだいぶ減らせる、治せると思います。

・冷静に考えることができるから。一度本当に言うべきかそうでないかを考えることによって、圧倒的に失言を減らすことができます。二択で考えることはそんなに難しくないと思うし、一番最初に取り掛かるべきだと考えます。

・失言をしてしまう理由の多くは、「想定していなかった質問に対してとっさに答えた」場合に起きます。場当たり的な発言をする前に、一度自分の中で「その場に合った発言か」考えることで、失言をするリスクは大きく下がると思います。

・話しをしている人の考え方や言葉と態度に対する受け取り方が人それぞれ違うので、自分自身が考えていたり感じている事が正しいわけではないからです。時には意見を言わずに様子をみる事も必要だと考えます。そのため人に自分の意見を伝える時は、まず相手の立場にたった言葉を選ぶ必要があります。

・あまり考えてしまうと自分がないように感じてしまったり、相手に気を使いすぎてしまい余計に消極的になってしまったりするかもしれません。相手の話を良く聞き、聞きといっても、ただ、聞くのではなく、理解すると言う事が大切なでしょうね。
そうすれば、自分の意見は必ず出てきます。

失言癖を治す方法:軽はずみに発言していないか気を付ける

・その場の勢いで口から出た言葉で、相手に不快な思いをさせてしまう事が多いので「軽はずみ」と言う状況が1番近いかと思った。その前後の問いは同様な意味かと思う。「軽はずみ」に集約されているのではないかと言う事。

・「失言癖」があると本人が自覚しているという前提ですが、場を盛り上げようとしたり特定の相手に向けて気の利いた発言をしようとしてしまっていることが原因ではないかと思います。その発言が他の人にとってはどう受け止められるかということも考えられるようになれば良いと思います。

・自分が言われたら不愉快じゃないか考えたりする。思いついたことをすぐ言うのではなく、少し間を空けて発言した方がいいと思います。自慢話やネガティブな話題は極力避けたり、話題にも気をつけたほうがいいと思います。

・多くの場合がぱっと思ったことをそのまま発言して失敗することが多いと思うから。思ったことや考えたことをそのまま発言せずに自分の中で1度整理して発言が必要かどうかや言葉選びなどをしっかり考えてから発言すると減らすことができると思う。

・こちらが冗談のつもりでも、失言になりかねるかもしれないのを常に意識し色んな人の話しているのを聴きながらはなしをしているつもり。
たまに思ったことをはなしてしまい、失言になりかねる場合があるので、一呼吸置いて話す

・軽はずみで発言してしまい、友達のサプライズを台無しにしてしまったからです。その場に居ない友人が「サプライズしたいから貴方が購入した物と私が購入したものを交換して欲しい」と言われて居て、それを快諾した数日後に話の流れからサプライズしたい相手が居る前で「そういえば今日来てない子と交換する話になってて、何か企んでるみたいだよ!」とうっかり話してしまったので気を付けようと思いました。

・言葉にやり取りは難しいとかんじます、自分が良かれと思った発言でも相手がどう捉えるか感じ方は人それぞれなので、自分や家族を例にとっても相手から言われた一言で傷ついた経験があるのでそれを踏まえて自分の発言も気を付けるようにしています。

失言癖を治す方法:まずは聞くに徹する

・まずは聞く側に徹しないと、相手の話しに対してマイナスな事を言ってしまう恐れがあると思います。失言が無くなることによって相手との交友関係もうまく行くことにも繋がると思うので、まず相手の話に耳を傾ける必要があると思います。

・失言癖のある人は、他人の話を最後まで聞かず、自分の勝手な解釈で話してしまうことが多いと感じたからです。そのため、まずは聞くに徹して最後まで話を聞く訓練をすることで、一度考える癖を身に着けることが第一歩だと思いました。

・聞くことに徹していれば余計なことを言ったり軽はずみな発言をしないように冷静に話の内容を判断できる。相手がどんな返事を求めているのか考える時間ができる。とりあえず聞くだけで終わってしまうことがよくある。

・あまり仲良くない人との会話でなんとか間をもたせようとして、言わなくて良いことをつい言ってしまうパターンが自分の中では多い気がしたので、失言を防ぐためには、自ら無理に話題を提供せずに聞き役に徹して、相手にたくさん話をさせてあげた方が良いと思いました。

・まずは、自分の意見が正しいという気持ちを正す為に、本当に自分が正しいのかどうかを相手の意見を毎度毎度きちんと聞いて判断し直した方がいいと思います。相手が言ってくれたことだけを聞くのではなく、自分を疑いつつ、質問で相手の真意を聞き出す訓練をした方がいいと思います。

・相手のいうことをよく聞いて、自分の中でしっかりと理解をして 相手を傷つけるような言葉を発しないようにするために、どうすればいいのかを考えて発言しないと、言ってしまった言葉は取り返しがつかないので注意しています

・発言の回数を減らすことです。他の人がしゃべり尽くすまで聞き続けて、自分の考えを頭の中でまとめておきます。質問された時は、端的に答えだけを発言します。喋りたくてウズウズしてくるかもしれませんが、それが失言の素になると肝に銘じて我慢をします。

・まず聞くことに徹しますね、発言する機会がへることによっておのずとしつげんが少なくなりましまわりのひとたちがどういうたちふるまいをして自己表現しているかを分析してからしっかり発言する内容を頭で整理することにより失言がなおるとおもいます。

・話さなければ、トラブルは起きない。言った言葉は返ってこないので、失言する癖があるなら、瞬時にこれは言ったらダメだという判断を出来ないと思うので、そう思うのなら手っ取り早く話すのを我慢した方がいいと思います。話すのは気持ちいが、それによって悩むのは大変ということを自覚し、相手が間違っていようが、ただただ相手の話を聞けば相手も話しやすいと思ってくれると思う。

・失言癖がある方は、わかっていてもつい言ってしまう、というケースが多いように思います。そうした場合、会話の流れを掴むのが大切ですが、その最中にうっかり、という場合もあります。まずは聞くに徹するのが、遠回りなようで一番近い方法だと感じました。

・(自分自身も含め、)誰でも自分に感心を持ってもらいたいものだし、話を聞いて欲しいものだと思います。そしてよく聞く事によって相手をよく知る事が出来、軽々しい言動を避ける事にもつながっていきます。何より話し過ぎないのが一番です。

・言おう、言おうと思っているとそのことばかり頭にあって備えているので、他人の発言への注意が薄れてしまう。結果、最新の発言内容を反映しないまま自分の思いをぶつけてしまい、失敗する。深呼吸、だめなら3秒待つ、とか自分の口はチャックして人の意見を聞こう。

・相手が話す内容をじっくり聞くことによって、冷静な判断ができると思う。人の話を聞かないで、自分が、自分がと、我の事ばかり訴えようとすると、本来話さなければいけない内容とズレが生じ、結果的に失言を招く事態に陥ると思う

・失言が多い人というのは経験から言うとやはりお喋りが好きな人が多い気がする。発言数が多いために失言数も増えてしまっているということもあると思うので、先ずは人の話を聞きながら自分の発する言葉を選んで考えて話をすることが必要だと思う。