ドラゴンボールがワンピースよりつまらない13の理由!伏線・キャラ・セリフがファンに受ける理由は!

ドラゴンボールがワンピースよりつまらないと言われる理由はなんなのか。

みんなの意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

13位:キャラがカッコいい

13位はキャラがカッコいい

キャラがカッコいいがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・ストーリーに関してはどちらもテンポ◎、感動あり笑える部分あり、キャラへの愛着も沸く、、、正直優劣をつけることが出来ません。あえて違いを挙げるとするとワンピースファンには「アイドルを推す」感覚に近い女性ファンが多いところかと思います。女性キャラもスタイルがよく美人なキャラが多いと感じます。

12位:キャラがかわいい

12位はキャラがかわいい

キャラがかわいいがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・ドラゴンボールもだいぶ好きなので、どちらもいい作品なんですが、ドラゴンボールに勝っていると明白に言えるのは、キャラがかわいいが一番だと思います。女性陣の美人なところや体形がセクシーなのはもちろんのところ、チョッパーなどかわいいキャラもちりばめられているのはドラゴンボールにはない所かなぁと思います。プーアルとかもかわいいキャラ寄りですが、チョッパーには敵わないかなぁという印象です。世代の違いもありそうですが。

11位:ロマンがある

11位はロマンがある

ロマンがあるがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・ドラゴンボールも大好きですが、どちらの方がロマンを感じるかといったらワンピースかなと思います。モチーフやテーマが海賊という実際に存在したものを扱っているせいかもしれません。もし自分が悪魔の実の能力者だったらと想像する事もあります。

10位:絵が上手い

10位は絵が上手い

絵が上手いがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・ワンピースの若干影の多さがある感じが僕は好きです、どちらにも言えることですが、今のアニメはは線画のまったく少なくシンプルすぎて僕は好きになりませんでした、初期と比べると線の多さがだんだん減っている気がしました、

9位:敵キャラがいい

9位は敵キャラがいい

敵キャラがいいがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・魅力的なライバル・敵がたくさん出てくる。かつては戦いもした、倒さなければならない敵だとしても、仲間として受け入れる寛容さを持つルフィがすごい。また、ルフィが認めるだけの性根の良さを持っていた敵も憎めない。

8位:話のテンポがいい

8位は話のテンポがいい

話のテンポがいいがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・ワンピース、ドラゴンボールともに戦闘シーンは長いことがおおいですが、ドラゴンボールは戦闘が始まると何話も戦闘シーンがのみが映し出されているような感覚になるのですが、ワンピースはそういうことがなくシリアスとギャグがテンポよく織り込まれており飽きずに見続けることができます。

7位:キャラ設定がしっかりしてる

7位はキャラ設定がしっかりしてる

キャラ設定がしっかりしてるがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・ワンピースでは、キャラクターの使い捨てをすることがあまりない点が、物語に味わいを感じさせると思います。連載初期に登場していたキャラクターや、扉絵連載に起用されたキャラクターが本編に再登場したりと、他の作品にはない面白さがあります。

・ドラゴンボールでは、クリリンやピッコロなどの仲間やサタン、チチなどの主人公たちに関わりのあるキャラクターひとりひとりの過去が描かれたことは無かった。しかし、ワンピースでは主人公はもちろんその仲間やストーリー上で登場する人物の過去が細かく描かれている。そのため、読者・視聴者は一人一人のキャラクターに感情移入できるのだ。

6位:友情・努力・勝利がしっかり描かれてる

6位は友情・努力・勝利がしっかり描かれてる

友情・努力・勝利がしっかり描かれてるがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・第一に宝を探すという目標に向かって困難にも挫けず突っ走れるルフィ。そしてそんなルフィを支える仲間たち。仲間に裏切られても自分が信じたことを信じるという姿勢に自分も頑張ろうと思える。
そして自分が信じて努力した結果がどうあれ仲間の幸せを願える姿に感動を覚えます。

・仲間は船長であるルフィを信じているし、仲間を助けるべ面が多々あるし、力をつけるためそれぞれが2年間の修行に励みまた再開する場面などを見ているとドラゴンボールより友情と努力と勝利がしっかり描かれてると感じます。

5位:セリフがいい

5位はセリフがいい

セリフがいいがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・たくさんの名言があって、ルフィはもちろん、それぞれのキャラクターのストーリーのセリフで泣ける。仲間意識は強く、それをしっかりと言葉で表現しているから、見ているファンも一緒に感動したりと、共感しやすく、胸に刺さるものがある。

・色んな場面場面でとても心に刺さるセリフがあり、感動するところが好きです。ドラゴンボールも面白かったけど、ルフィの言葉はものすごくストレートで分かりやすいので、人の心に入ってきやすくわかりやすいと思う。

・名言だらけ。主人公だけじゃなくサブキャラ、敵キャラ、たまにまちのひととかもハートにぐっとくるようなセリフを言う。特に主要メンバーに関しては一人ひとりに名言がある。自分的にはサンジの海上レストランから降りるときの「クソお世話になりました。」が好き。

4位:わくわくする

4位はわくわくする

わくわくするがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・感動があり、ワクワクハラハラしてて読んでて飽きない。話の展開もありきたりにならない、戦闘シーンではたまに飽きる時もあるが基本あまり気にならず読んでいける。ドラゴンボールよりは全然読みやすいし大好きです!

・とても長い期間漫画を書いていらっしゃるのですが、とにかく伏線がとても多く昔の話からの伏線がありすぎて次はどうなるのかとても気になってしまうし、まさかと思うような伏線もあったりして毎回おどらかされている。

・ドラゴンボールは効果音がキンキン言っているイメージです。ドラゴンボールはすぐにビームばっか撃って見飽きるイメージです。キャラ一人一人がしっかり役を持っているのがワンピースだと思っていて、ドラゴンボールにはない良さがあると思います。

3位:感動する

3位は感動する

感動するがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・ルフィをはじめ、麦わら一味の名言が多いのがすごく印象的で、とても感動します。特に初期のころの「うるせえ!行こう!」などのセリフは心に来ました。仲間の団結している感じや、キャラクターの言動に心を動かされます。

・ワンピースでは涙腺が緩む場面も多々ありますが、ドラゴンボールで感動することは基本的にないかなと思います。ワンピースはキャラ一人一人の背景がしっかり描かれているので、感情移入もしやすく心打たれてしまうシーンなども多くありました。

・一人一人仲間になる度に感動がある。それぞれの思い出したくない過去、それに対してルフィは、全部引き受ける覚悟ができているから出てくる言葉に重みがあって胸にくる。ドラゴンボールとはまた違う楽しさ、感動がある

・セリフの良さもあるが、各エピソードで最後に必ず感動させてくれる。自分は料理人で師匠もいたので、サンジの会場レストランから出る、師匠との別れのシーンにとにかく自分の感情がリンクして涙した事が一番印象にのこっている。みんなどこかしらのシーンで自分にリンクするところがありそう。

・ワンピースはドラゴンボールよりキャラクターの感情が良く描けていて感情移入しやすいです。ワンピースはどんなにクールなキャラクターも感情高ぶれば顔をぐしゃぐしゃにしながら泣きます。感動できます。ドラゴンボールの主人公は戦闘胸過ぎて無理です。

・ドラゴンボールについてはよく知らないのでなんとも言えませんが、一つ一つのエピソードを映画にできるくらい感動や見どころがあるのはすごいですね。一部部分のセリフや場面を切り取ってもそれを見るだけで泣けてしまうなんてこともありますし。

・まず、ドラゴンボールは見たことないですが、ワンピースは内容がしっかりしてるのと仲間たち一人一人のストーリーがちゃんとあって感動しますし、仲間や家族など信じることとかどれだけ大事なのかというのが感じれます。ひとつひとつの言葉や行動も感動が多いと思います。

・個人的にはブルックの話やゴーイングメリー号との別れのシーンで涙腺が緩みました。特に後者は当時読んでいて涙が止まらなかった事を今でも鮮明に覚えています。アニメも単行本も作品スタート時から見ている身としては悲しいお別れでした。

・一つひとつの編で必ず特定の人が困ったことに対し、麦わらの一味が解決にもっていく話が多いが、話数が多いほどその人々の感情に移入することができ、涙が流れるほど感動する話が多く、ドラゴンボールは見たことが見たことがないためワンピースを選んだ。

・とにかくワンピースは感動のシーンが多いと思います。ナミがアーロンの所に戻った時アーロンからナミを取り戻すシーンなども感動しました。チョッパーの話などいろいろあります。初期の時にルフィが怪物に食べられそうになった時片腕を失ってまで助けたシャンクスのシーンなど多々あります。

・私は2作品の違いは「泣けるかどうか」だと思っています。どちらももちろん素晴らしい作品ですが、ドラゴンボールの方では泣いたことがなかったので上記の理由にしました。メインキャラだけでなくサブキャラクターの別れでも泣ける、いい作品だと思います。

・イーストブルー編、アラバスタ編、空島編、etc…とそれぞれのストーリーの完成度が高く、かつその中で登場してくるキャラクターたちの過去の話ややりとりが非常に感動するところ。名言も多く、自分の人生自体考えさせられます。

2位:ストーリーがしっかりしてる

2位はストーリーがしっかりしてる

ストーリーがしっかりしてるがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・両者ともにいい点があるため甲乙つけがたいです。私は女性ですが、ジャンプの友情、努力、勝利を前面に出しつつ、ぐいぐいと引き込まれるようなストーリー、ワクワクさせる展開がワンピースは優れているのではないかと思います。

・ドラゴンボールは最終目標がなく、1つの目標が終わったら次と終わりがなく、いろんなパターンの目標ができるが、始めから最後までのストーリーは決してつながらないので、そこは最初から最後までしっかりストーリーがつながるワンピースがすごい

・ドラゴンボールと比べても多くの良いところがありますが、最も良いと思う部分としてはストーリー構成と考えています。
これだけの長期連載にもかかわらず、終わりまでの構成がある程度出来ているのが読んでいてわかります。
ドラゴンボールに関しては、その点は敵を倒した後に後付けで作られている感があり、その点はワンピースに軍配が上がると考えています。

・ワンピースは、大秘宝を探すためにずっと旅をしていて目的がはっきりしていると思う。ドラゴンボールも、強い敵を倒すというストーリーなので、敵を倒すという目的は明確だけど最終着地が見当たらない気がする。その点ワンピースは最後がどうなるのかという点も想像しながら読める。

・シンプルでわかりやすいのがドラゴンボール。キャラ個人の過去や伏線などの細かな設定がしっかりしているのがワンピース。作中で語られない細かな変化や描写もコマの中にありSBSで初めて明かされる、本編とは関係のないところまで計算された構成がすばらしい。

・ドラゴンボールZしか見たことありませんが、ドラゴンボールZでは体験し得ない部分が、ワンピースにあるとしたらそれはストーリー性や謎が謎を呼ぶ伏線だと考えます。ラブーンが誰かを待ち続けていることが伏線だったり、扉絵などから過去に戦ったキャラクターが何をしているか等別進行のストーリーがあるのも面白いです。

・ドラゴンボールとの違いといえば比較的伏線が多くて、後々ちゃんと回収されるところ。ドラゴンボールって伏線があって後で回収するというよりは、後付けのストーリーが多いのでアニメなどとストーリーや設定内容に食い違いなどがでて「アレ?」ってなる事がまあ時々あるのに対して、ワンピースは土台があってその上にすべてがあるみたいな、ちゃんと作りこまれているところが良いと思う。

・身近で想像しやすい境遇のストーリーからここまでするかと思うストーリーまでたくさんあり子供の頃より大人になった今のほうがのめりこんでいると思います。サブキャラクターにもしっかりストーリーを盛り込んでいるあたりも私がずっとみている理由です。

・ドラゴンボールはストーリーは面白いが、単調だと思う。毎回敵が出てきて、悟空がピンチになるが、何らかの主人公補正がかかりパワーアップ等をして相手を倒すが、ワンピースはキャラ同士の相性が大きく、様々なストーリーのパターンが見れて面白いから。

・ドラゴンボールはただただキャラクター同士を戦わせたいという感じが強く出ていると思います。その点、ワンピースは長い長いストーリーがあります。ワンピースはストーリーはあるけれど、進捗はゆっくりです。たくさんの伏線を回収して完結目指してほしいです。

・ワンピースは何年も前から多くの伏線を張っていて、読んでいて伏線回収があった時は昔の話と現在の話がつながりとても読みがいのある漫画だから。また、麦わらの一味が訪れた国の人々を助けたり、仲間を増やしていくストーリーがとても面白いから。

・最初から伏線をちりばめて、しっかり回収しながら、ワクワクする冒険譚を描き続けられるのはすごい。各キャラの背景からの組み立てもよく出来ている印象。先が気になるのはもちろん、冒険、戦闘、宴のセオリーも大事にしており、安定感がある。現在ではキャラクターや相関図がかなり増えて読みにくい印象を持つ人もいるとは思うが、単行本100巻以上の長期連載であることを考えればおかしくないし、むしろ掘り下げて物語を知ることが出来るので、ファンとしては嬉しい部分もある。

・ドラゴンボールは強敵とのバトルが最大の魅力だと思う。それに対してワンピースはバトルも魅力的だが、ストーリーが最大の魅力なところ。ワンピースとはなんなのか、幕間に入る世界情勢は毎回目が離せない展開となっている。

・長編の為、見ている方がわくわくする点がたくさんあります。また、ドラゴンボールは個人的にライダー系の感じがして子供が見るアニメという印象がついてしまっています。逆にワンピースはあまり幼稚そうな印象がないので抵抗なく見ることができます

・ドラゴンボールも良い漫画だとは思うけど、余りにも矛盾し過ぎていて。。。世界一だとか、宇宙一だとか。。。
ワンピースはきちんとしたストーリーがあり、昔の伏線が今になって解決したりと心をおどらせてくれる!またキャラクターも皆んな個性があり良いと思う

・ドラゴンボールは、世界が広がっていき、登場する悪いやつをただただやっつけて、宇宙最強を目指していきますが、ワンピースは、全てに物語や一人ひとりの人生、思いがきちんと語られてから、悪いやつをやっつけるので、爽快感が全然違います。

1位:伏線がしっかりしてる

1位は伏線がしっかりしてる

伏線がしっかりしてるがワンピースでクズキャラと不評の理由(抜粋)

・やはり伏線がドラゴンボールより圧倒的に張り巡らされているところですね。考察動画などもYouTubeにかなりの数ありますし、想像や予想などできるところもワンピースのいいところだと思っています。ドラゴンボールよりキャラも今っぽいかっこいいキャラが多いのも好きなポイントです。

・読み進めていって伏線に気づいて、今度また伏線を意識しながらその話に戻って読み返し、次は伏線を探しながら読んで予想したりなど、一つの話を何度も違った角度から楽しむことができ、飽きることがないところがいいと思いました。

・伏線がしっかりしてて、ドラゴンボールは悟空が仲間やライバルと共に強くなっていくアニメだけれど、ワンピースはキャラ立ちがしっかりしていて、何よりストーリーが深さが素晴らしい。
コミックスでももう100巻を超えているのに、あれはどうなってるの?えっ、あれは?という感じでまだまだワクワクしっぱなしです。

・ワンピースは伏線がたくさんあるので、重要ではないシーンでも後々に回収するのでロマンやワクワクしてしまいます。あの伏線はどのように回収するのか?これが後々どうなるのか?など見逃せないことが多くいろいろなことを想像しながら楽しめる作品だと思います。

・ドラゴンボールをそもそもあまり見ていない。伏線に関しては初期の頃のものが出るととても興奮しました。最近ではカン十郎が敵だった伏線にはびっくりでした。まだまだ回収されていいないものもあるのでとても楽しみにしています

・ワンピースの方が連載期間が長いのでそこで比較するのもちょっとおかしいですが、ワンピースはドラゴンボールよりもストーリー的に考察する余地が多くて読んでて飽きが少ないというのが魅力的です。それに伏線を張られていたキャラクターが味方になるなどの点も良いですね。

・出てくるキャラクターにそれぞれストーリーがしっかりあり、それが展開によって繋がってくるところが良いです。最近では、ワノ国とゾロの故郷がここで繋がってくることでまたゾロが強くなるでしょうし、今後の展開も面白くなってきました。

・伏線はワンピースの醍醐味だと思う。ドラゴンボールは読んでいるその瞬間に最高潮に楽しめる漫画だと思う。過去の伏線回収で読み返すことはあまりしないが、ワンピースに関しては伏線回収をされると読み返したくなる。

・そもそもでドラゴンボールを知らないので比較しようがないのですが、ワンピースの伏線回収はすごく良く出来てる印象です。要所要所で過去の話が出てきたとき、これって・・・ということが常にありますし、見ていてすごくワクワクしてきます。

・ドラゴンボールは伏線は少なく、重要な伏線も少なかったです。ワンピースは伏線が多く、意外な話も多いです。キャラクターそれぞれの過去の話が現在に生かされ、謎だと思っていないことが重要なことだった時もありました。

・ワンピースは伏線が多すぎて毎話毎話楽しませてもらってます。しかも一つの伏線からの考えられる選択肢の多さが魅力的です。
たくさんの考察動画を含めてとても壮大なエンターテインメントだと感じています。これからの伏線回収も楽しみです。

・ワンピースの魅力は何と言っても伏線にあると思っていて、何年もかけて回収するところや鳥肌レベルの壮大な伏線を多くも張り巡らし回収していくところがなんとも爽快であり、ドラゴンボールにはない最大の面白さだと思うからです。

・1回読んで疑問に思ったことやキャラの繋がりや描かれているものに対して話が進むうちにわかってくることも多く注意深く読もうと思えるのが良い。またすごい小さいことでものちに描かれているものも多くそういった伏線を探したり予想するのが楽しい。

・ワンピースの面白さや凄さは、伏線の複雑さにあると思います。ユーモアやギャグもあるバトルまんがという点では、ワンピースもドラゴンボールも共通しているけれど、ドラゴンボールは、最初の設定からどんどん外れてきたというか、付けたした感がぬぐえない。ワンピースは、始めに伏線まで緻密に考えられているからこそ面白さが薄れないのだと思います。

・1巻でバギーの回想だったと思うのですが、そこで若いときのレイリーが出ていることに感動しました。その伏線はネット情報で知ったのですが、1巻の時点で登場していることにびっくりして感動しました。さらに渋くかっこよく登場して感動しました。

・やはりワンピースと言えば伏線でしょう!ドランゴンボールはやはり行き当たりばったりで話をつなげた感があり、途中で見なくなってしまいました。しかしワンピースは初期の頃の話が後になって繋がってきたり、シーズンの最後に必ず伏線と紐付いた感動があるのが最高です。