仕事辞める時の後悔しない転職方法12の大事なポイント!疲れた・向いてないと思ったらチェック!

転職

転職する時に大事なことや、仕事を辞める前にやっておくといい事はなんなのか。

転職に詳しいコンサルタントの意見感想をまとめてみました。

是非ご参考ください。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:具体的な数値を用いた実績をキャリアシートに記載する

・職務経歴書においてこれができますと書いたところで、その裏付けが無ければとても信用されないと思います。ゆらぎの無い事実として、具体的な数値を使い記載する事が重要と考えています。実際数字がある文書は、とても説得力があります。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:専門スキルの掛け算ができるよう目指す

・転職を何のためにするのか、というのを考えた時、やっぱり一番の理由は自分がより成長できる舞台に身を移すためなのだと思います。今の給与がどのくらい上がるか、は確かに重要ですが目先の話ですから、これから先も自分の市場価値を上げ続けるためになる転職を目指すべきだと考えます。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:ステージを替えることを意識する

・今までのキャリアや仕事のやり方が、新しい仕事に通用するかは分かりません。自分の成功体験もステージが変われば過去のことになります。新人でゼロからスタートという気持ちの切り替えを持たないと転職先でもうまくいかないと思っています。キャリアを今までの成果としてアピールすることは重要ですが、新しい職場では新しいスキルを磨いていく意気込みがまず大切です。

・同じ業種や職種でポジションも似たものでも、上司や会社の考え方一つで、レベルやステージが変わる経験をしました。知識の少ない上司の元では、レベルも低く見られてしまい、キャリアアップも見込めないので、自身が動かなければいけないこと、ステージを意識しなければいけないことを感じています。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:資格よりも仕事を回すコツを身につけておく

転職
・記載の選択肢は全て大事なのですが、在職の中で意識してやるべきこととして「仕事を回すコツを身につけておく」ことが重要だと思います。求める方も即戦力を期待しているので、すぐに現場を動かせる力(経験)があれば、どこに行ってもやっていけます。

・仕事を回すコツを覚えておけば新しい仕事を覚えてしまいさえすれば仕事をこなす量も増えるし、仕事が出来れば周りからの信頼も築けると思います。信頼してもらえれば人間関係もある程度は上手くやっていけると思います。

・資格を持っていることは転職の入り口では役には立つと思うが、実際の転職後に新しい職場でやっていくためには実務をいかに上手く回すかというスキルを磨いておいたほうがよいと思う。即戦力として期待されて新しい職に就くのだから「実態に使える人材であること」が大事である。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:社内外問わず、アドバイスを大量にもらっておく

・人生の先輩から色んなアドバイスを転職前に限らず得ることは大事だと感じます 転職する場所にもよるがもしかしたら経験者がいるかもしれないので話を聞くことはいい事だと思う 転職してからも情報共有できたら1番いい

・表向きだけではなく内部の情報がないと入社後のギャップが凄いあると思う。採用ページで紹介されてる部分は会社のほんの一部にしか過ぎない為、それだけ信用すると入ってから痛い目にあう。インターネットは第三者が書いてる事案がほとんどなので全て正しいとは限らない

・転職するうえでサイトなどで調べて情報を下調べしたりすることも大事だし、実際に転職した人・しょうと思った事がある人の経験談・体験談はサイトに載って無いことも多いのでいろんな人からアドバイスを貰っておいて損は無いと思うからです。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:相談できるアドバイザーを見つける

・新卒採用よりも中途採用の方がはるかに難易度が高く、自分ひとりの力だけで仕事を見つけるのは困難だから。また、一人では自分の理想が邪魔をして、自分に合った仕事を見つけるのに時間がかかるが、他人から客観的な意見をもらえると新たな自分の一面に気付くことが出来、仕事を見つけやすくなるから。

・自分を客観的にみようとしてもなかなか正確には分からないものです。信頼できる人からのアドバイスで自分の知らなかったよい部分に気づきそれが仕事に生きる事もあります。逆に自分の弱点を気付かされ、それをカバーするために努力する事もできます。

・転職は孤独だと感じた経験から、どんなことでも相談に乗ってくださる方が身近にいたら心強いかなと思いました。ただ、どの項目も非常に大事なことだと思いますので選ぶのに迷いましたが、あえてひとつということなので「アドバイザー」にしました。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:成功体験をしておく

・成功体験をたくさん持っておくことは、転職の時もそうだし生きる上でも自分の自信にもなり強みにもなってくると思います。また何か失敗をしたとしても成功体験を持っていればダメージも少なくて済むと思うからです。

・自分が過去にこれだけのことしてきたアピールをすることによって、面接官にこの人はこれだけのことができる判断材料になる。さらに、成功体験をたくさん考えておくと面接時にポジティブな印象を与えることもできるから。

・どんな職業でも業種でも、頑張った成果などがあれば自信がつき、その成功体験は必ず他の職業や業種でも役立つ、失敗ばかりでなに一つ成功した事がないと、どんな職業や業種をしても頑張り方、成功の仕方が分からないと絶対に仕事がうまくできず、結局はやめてしまうため

・自分の長所や短所を述べたところでたった1時間やそこらの会話で人を見抜くことは難しいかと考えます。そうであれば転職前の会社での成功体験、中でも自分がこのように考えて、作戦を練って、このように行動して、結果こうなった。それが会社として利益になった。ということまで話す方が面接する側としても、戦力としてどうなれるかをイメージできやすいかと思ったからです。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:退社時期の調整を事前に行っておく

転職
・・退社後の引継ぎを責任をもってしっかり完了させてから転職すること。辞める時に気持ちよく次の仕事に携われるため。前職での心残りをなくすため。辞めた後の前職の人との良いコミュニケーションを続けるため、など。

・退職時期によっては、求人が少ない時期があり、その間仕事をしていない期間が増え、履歴書的にもよくないので、なるべく次の仕事に目処が付いてから、会社は退職できるようにしておくべきだと思う。特に、30代になると若い新卒の子には勝てないと思う。

・どんな理由であれお世話になった会社なので前もって相談は必要。なんとなくとか、アルバイト感覚で辞めず、きちんと退社時期を決め、次の仕事に関して考えがまとまってから上司等に相談する。仕事の引き継ぎなど、会社も人の穴を埋める作業も必要だと思うので、会社に迷惑をかけない退社の仕方も必要かなと思う。

・退職時期を間違えると、退職までの間、精神的に追い詰められるだけでなく、待遇を悪くしてしまう可能性がある。ボーナスをもらう前に退職してしまうと、収入を大きく減らしてしまうということにもつながる。有給消化のことも考えると、退職時期の調整はかなり重要なことだといえる。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:自分の市場価値を確認する

・転職先に何があり、転職先で何がしたいのか、自分が何ができるのかをよく考えてから転職したほうが良い。転職先の職場の方が今の状況よりずっと悪い環境で、もう一度転職を考える羽目になったならば、本末転倒ではないだろうか。

・今の自分は社会として必要とされているのかを確認することで今の自分に不足している事が明確になり、不足している事を転職前に身に付けて市場価値のある存在になれたりすると思います。また、新しい事を身に付けることで気づかなかった得意な事や好きな事の発見につながると思います。

・世の中は常に動いていて必要とされるニーズも刻々と変化してくので、転職するにあたっては自分の価値をきちんと理解した上で行わないと痛い目に合うと思います。一つの会社の中にある程度の期間いると価値観も偏って視野も狭くなるので転職前はきちんと自己分析・市場価値を理解することが大事だと思います。

・自分の価値がわかっていれば、次の仕事を見つけるときに、適切な価値の交換ができると思います。ブルーオーシャンを見つけてそこに売り込むことも自分の市場価値を確認していれば可能だと思います。できるのなら一番いい方法なのではないでしょうか?

・自分の経験上、業界によって 賃金には幅があるので、具体的な希望の年収を決めるよりも 平均賃金が高い業界で自分の興味がある仕事を探し、スキルアップについては必須の環境に身を置くことは覚悟の上で 転職するのが一番良いと思います。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:転職後のキャリアプランを明確にする

・現在働いている会社で、パワハラを受けているなどよっぽど離れないといけない理由がないなら、今後のキャリアがある程度決まってからの方がいいと思います。なぜなら、こんなキャリアを積みたい、またはスキルを手に入れたいから、御社で働きたいです!と、明確に志望理由を言えますし、転職活動の軸になると思うからです。

・目的が無い転職は転職の意味が無くなり、人生を通して自身がどう生きていきたいのかという軸がブレてしまうと思ったからです。極論お金を稼ぐだけなら今の時代、アルバイトなりフリーランスで働くなりいくらでも方法はあるので会社に就職する意味を自身で持っていた方が良いと思慮しております。

・転職をするしないに関わらず、まずは目標を持っている事が大事になります。今の仕事が嫌だから、給料が安いから等でなんとなく転職しても成功しません。まずは時分の夢や目標を持っている事が何よりも大事です。その上で好きな仕事に出会えたら、仕事に関しては、それ以上の幸せはないでしょうね。

・5年後、10年後のキャリアモデルを明確にしないと収入アップが見込めないからです。どんな生活をしていきたいか(目的)をイメージして、その目的のためにどのようなジョブプランが必要か洗い出すことで具体的な職選びができる。

・転職後の新しい会社に居続けるのか、ステップにして最終的に独立するのかということも含めてある程度明確にしておかないと、ただ転職を繰り返すだけということになる気がします。転職が悪いというわけではないのですが、計画に沿ったうえでのアクションじゃないと年を取ったときに増えたのは転職回数だけで他はなにもないということになりかねません。

仕事辞める時の後悔しない転職方法:転職前の会社の悪口は言わない

・陰口をたたく人物であると思われる可能性があるため転職前の会社の悪口は言わないし言う必要が無い。転職の場合は新卒と異なりピンポイントな人材を求める傾向があるため、自身のスキルと面接を受ける会社が求める人物像と乖離していないかを知る必要があり、面接ではそれを確認するようにしている。

・転職は新たな出発なので、以前の会社の事は悪口はもちろん仕事内容等も具体的には話すべきではないと思います。以前の職場を悪く言うと、新しい会社の人たちにここの事も外で悪くいう人なのかと思われ、信頼が得られません。

・自分自身が採用する側だった場合、以前の会社の悪口を言う人材は採用しないからです。実際にあった事を客観的に見て説明できる人材なら良いのですが、悪口はただの個人のものさしで計った解釈での感情論でしか無いため。

・転職前の会社の悪口を言うことは、協調性を求める企業が多い状況においては不利に働くと思います。転職を決意した理由が前の会社が嫌だったからだと思われてしまうのでそうした話は避けるべきであり、前向きな話をすべきです。

・以前の会社の悪口を言ってしまう人は本人は気づいてないが周りには結構こいつはやばい奴だと思われている。転職した会社でもどこかでまた悪口を言い始めると思うので絶対にしゃべらいように注意しなければならない。

・転職する前の会社の悪口は言わないようにしています。自分にとってマイナスになってしまうのと、人から見てあまりいい印象を与えないように思うからです。どんなに嫌だった会社でも悪口を言うということは大人げないと思います

仕事辞める時の後悔しない転職方法:客観的に自分のスキル・能力を見定める

転職
・できる事できない事を知っておけば、希望する転職先が見つかった時に、何を勉強しておけばよいか、どうしていきたいかが分るので、マイナス面があるなら改善すればいいし、自分の価値を上げられるんじゃないかと思います。

・自分のこれまで培ってきた経験から得た技術やスキルがどの程度通用するのか明確にし、入社したあと自分がどのように働くことができるかを転職先にアピールでき、転職先の人事もスムースに選考することができるから。

・今までいた職場での仕事だったり自分の評価だったりするものは、その職場の中のみのことであり、転職先でそれが通用するかはわからないからです。前の職場で当たり前だったことが、当たり前ではないことがよくあります。経験やスキルは変わったり、なくなったりするものではありませんが、一度客観的に自分をみてみることは大事だと思います。

・転職前にスキル、能力を見定めることで転職時に自分のモチベーションを上げることができます。自分はこのスキルがあるから利益貢献ができる、と自分に自信をつけることができます。自分に合った会社を選ぶことができます。

・自分のスキルを過大評価、過小評価していたら転職の本来の意味を見失ってしまうと思うし、いざ違う職場で働くことになったらその仕事内容だったり環境と自分の理想の働き方の齟齬が生じてしまうと思う。そういう不安要素を排除するために、転職前だったり転職するときは客観的な自分のスキルを把握しておくべきだと思う。

・現在の仕事が自分に向いていないからと転職を考える人は多いと思いますが、簡単な仕事でも自分が出来ているか、客観的に見定めておく必要はあると思います。でないと、結局基本的な報連相が出来ていなくて、どこへ行ってもうまくいかないという話をよく聞きます。

・転職後は、前職の経験や社歴や肩書があって出来ていた仕事が通用しなくなるので、個人として出来ることを客観的に把握することが転職を考える際にする最初のことだと思う。全く別の業種で一から覚えるという契約での転職ならば、総合的なスキルでも通用するが、即戦力としての同業種への転職であれば、かなり高い専門スキルを持っていないと通用しないと思う。

・今まで転職してきた中では事前準備はもちろん大事なことであると感じますが、客観的に自分のできることを認識しとくことも大事だと年齢的に思いはじめました。今は職場で多くのスキルを求められることが多いので出来ないことで苦しんでメンタルをやられるより、スキルと能力を見定めながら活動も大事だと感じています。

・転職ともなると、面接のときに、今まで自分が何をしてきたか?何をしていきたい?等の質問があり、しっかり答える必要がある。となると、自分のことは自分が一番わかってるはずなので、相手にそれを伝えられるようにしないといけないと思う。

・現在の会社での仕事内容を分析しておくことで、職歴のアピールになるからです。また、今の仕事は他の会社でも役立つことなのかを考えておくことで、転職先を探す時の参考になります。どんな会社でも役立つスキルを身に付けることが、転職活動につながると思います。

・転職すると私自身決めるときは、現在働いている職場での目標を達成しているときに新たな分野で活躍したいという気持ちがわいてきて、次の仕事先で現在の能力と先方が求めている能力とマッチしていたら、転職をしようと考えるのではないかと考えます。

・自分のスキルや能力を見定めることは大事なことだと思います。客観的に自分のことを判断できる方の方が自分を過信しすぎず、転職前の準備も自分のペースで上手くやっていけるのではないかと思います。早く動ける人もなかなか動けなかったり要領が悪かったりする人もいるかとは思いますが、どちらにせよ自分のことを理解している方の転職はうまくいくのではないかと思います。

・自分のスキルや能力を活かせる場所を探すには、まず自分を客観的に見定める必要があると思うからです。自分のスキルや能力が求められる職場であれば、転職活動や転職後の業務においても比較的スムーズに進められるように思います。

・客観的に自分のスキルや能力を資格取得などで示すことで、「自分はこれぐらいできますよ!」という口頭説明プラスアルファとして説明することができるから。そうでないと、面接の時に自己中心的な評価をした能力を提出してしまう可能性があるから。